拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

マルティネス好投

 
180406.jpg



素晴らしい投球でした。


先発はマルティネス。
前回登板でもそこまで悪くなかったので、ある程度投げてくれればと思っていたのですが、それ以上の投球でした。

しっかり低めに集め、力ある球で押し込み、凡打の山を築いていく。
球を動かしストライクゾーンにどんどん投げていく、よくいるピッチャーではなく、しっかりコースを狙い、意図を持って打ち取っていくマルティネスには安心感がありますねぇ。


そんなマルティネスを援護したい打線。
2回に早くも援護点が入ります。
レアードがレフトフライかと思われるくらいの高い打球を打ち上げると、ボールはそのままレフトスタンド中段まで。
第2号ソロホームラン。
今まで早い回にまったく点が入らず、先発を見殺しにしてきた打線がやっと仕事をしました。

さらに3回には、ファイターズファンがその活躍に引き、相手ファンがチートだろとドン引く近藤がレフト線に2ベースヒットを放つと、珍しく4番中田が仕事をします。
レフトフェンス直撃のタイムリー2ベースヒット。
これで2対0。
レアードヒットの後、アルシアがセカンドゴロの間に中田が帰って3対0。
この日のマルティネスにはこの点数でじゅうぶんに思えました。
しかし、そう簡単にいかないのが野球。


相手につけ入る隙を与えないマルティネス。
8回に1アウトから4球を出すものの、福浦を理想通りのセカンドゴロに仕留め、この回も無失点と思われた次の瞬間、この日セカンドに入っていた太田がファンブル。
オールセーフとなり傷口を広げてしまいます。
初先発で緊張するのはわかりますが、8回で3点差なわけですから、そこまで焦るプレーじゃないんですよね。
だけどこのゲッツーが取れなかったらとんでもないことになるみたいに焦ってファンブル。
まぁこれも勉強ですから次に生かしてくれればいいのですが、好投してるマルティネスの足を引っぱってしまったのは痛かったですね。
ただこの日のマルティネスなら問題無いと思ったのですが甘かった。
代打の李にカウントを悪くして、ストライクを取りにいったストレートをセンターフェンスまで弾き返されてしまい1点差に。
試合がわからなくなってしまいました。


9回。
石川が出るのかと思われたのですが、マルティネスが志願の登板。
ドキドキしましたが、最後まで持ち味を出し切って完投勝利。
仲間を気遣う行為や笑顔で一気にマルティネスファンが増えたでしょうね。


これで4連勝となりましたが、そんなに喜んでばかりはいられない状況は続いています。
西川の不振。
大田の打席での迷い。
守備のミス。
先発の枚数の少なさ。
中継ぎ陣の不安定。
いくつかの不安が無くなり、調子が安定してくれればいいんですけどね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

3連敗からの3連勝


20180405.jpg



色んな意味でありがたい村田の投球でした。



この試合はなんといっても村田の投球でしょう。
初回こそ球が上ずっていましたが、2回からは低めに集めて打ち取っていく。
ホームランは打たれましたが、終わってみれば8回投げて1失点。
村田らしい投球で3連勝となりました。

ここ数試合は中継ぎを多く使っており、特に抑えで起用されていた石川は5試合で4登板。
慣れない抑えでいきなりの登板過多は、今後にも響いてしまいます。
それが8回まで投げてくれて、最後はトンキンを出すことができたわけですから、これはありがたい好投でした。

そして、先発が不足していると言われた開幕前。
ネットなどでは斎藤だ、いや堀だ玉井だと言われていましたが、どう考えたってキャンプ・オープン戦見たら6番目は村田だろと思ってたんですよね。
投げてみたらこの結果でしょ。
足りないと言われた先発に、頼もしい一枚が加わったのもありがたいし、自分の野球観が認められた気がするのもありがたいなと。
次も期待ですね。


さて打線はといいますと、なんか相手がかなり4球くれたんで点が入りましたが、ホントはもっと点が入ってなきゃおかしい試合なんですよ。
なんか効率の悪さが目立ちますね。
特に期待してる中田は得点圏でどうにもねぇ。
今日はタイムリーを打ちましたが、完全に詰まったラッキーヒットですからねぇ。
もっとがんばってくれないと。

西川も元気ないし、松本もイマイチだし。
ただそんな元気のない打線の中で、ひとり違う道を歩いているのが近藤ですよ。
今日は1打数1安打4四球ですからね。
なんじゃそりゃと言いたくなりますよ。
それも驚くんですが、ここまでの打席で空振りが2回しかないっていうのはもっと驚きですよ。
2回空振りの三振してるんじゃないんですよ。
2スイングですからね。
どんだけミート力高いのよって話だし、どんだけボール球振らないのよって話ですよ。
ボール球の見極め率は90%超えるとか。
柳田的に言うと、エグくないっすかって感じ。
どこまで行くんですかね。


これで3連敗からの3連勝。
なんか浮き沈みが激しすぎて、もう酔っちゃいそうですよ。
◝(๑⁺д⁺๑)◞オエップ



もう少し楽な試合が見たい

 
20180404.jpg



気を抜いちゃダメってことなんでしょうね。



前日は苦しみながらの初勝利。
今日はもう少し楽に見たいと思ったのですが、なんでしょう、ウチは5回まで点を取ってはいけないとかいう決まりがあるんですかね。

立ち上がりに少し球が暴れていた先発の高梨。
ピンチをゲッツーで凌ぐなどしていると、3回からカーブが決まりだし、少し楽なピッチングに。
しかし、我が打線は高梨に休息を許さない。

3回。
中島のヒットと、西川の当たり損ねのヒットでチャンスを作るものの、横尾が三振してチャンスを潰す。

4回。
先頭の近藤が4球を選んで出塁するものの、中田が初球を引っかけ最悪のゲッツー。

5回。
鶴岡2ベースヒット、中島4球、西川デッドボールで2アウトながら満塁に。
しかし、横尾が初球を引っかけ2度めのチャンスつぶし。

とにかくヒットは出るが繋がらないんですよね。
お父さんの趣味のそば打ちみたいにぶつぶつと切れてしまう。
これではなかなか勝てませんわね。


しかし、7回表に思わぬ形でチャンスが。
ランナーが1人出て、バッターは横尾。
フラフラっと上がった打球はセンターへ。
センターの田中がダイビングしますが、グラブの前で落ち、勢い余ってボールは体の下に入ってしまい、田中がボールの行方を見失います。
これを見た1塁ランナーの中島は、一気に3塁へ。
紙一重のプレーでしたが、ファイターズに流れが。
続く近藤は当たり前のように1・2塁間へタイムリーを放ち、先制点を奪いました。

8回表。
今度は隙のない野球が流れを生みます。
1アウトからアルシアがセンター前へヒット。
回り込んで打球を取りに行ったセンターの田中が、ランナーから目線を外してゆったりと捕球しに行く動きをアルシアは見逃しませんでした。
再加速で一気に2塁へ滑り込み2ベースヒットにしてしまいます。
結果も出せないのにちんたら走ってる若手がいる中で、こういう走塁は気持ちがいいですね。

続く打席には大田。
初球を引っかけ三遊間にコロコロ。
サードのウィーラーがダッシュで取りに行きますが、途中で自分が処理できないと判断しスルー。
しかし、この打球を処理するはずの茂木は、ウィーラーが取るものだと思い、サードベースのカバーへ。
単なる内野ゴロは外野まで転がっていってしまいました。
これを見た岡はすかさず3塁へ。
守備のミス2つで大チャンスを作り出しました。

こういう相手のミスを点にしないと、流れが変わってしまうもの。
打席には鶴岡が入り、ベンチの選択はセーフティースクイズ。
サードランナーが岡で、バントの上手い鶴岡ですから当然の作戦だと思ったのですが、鶴岡がバントできず2ストライクと追い込まれてしまいます。
しかし、鶴岡が勝負強さを発揮して三遊間を破るタイムリー。
これで2対0となり、なんとかなるかと思ったのですが・・・。


8回裏、トンキンが登板。
先頭の今江にヒットを打たれてから、お前トイレに行きたいんかというくらい投げ急ぎ、ほとんどの球がベルトより上の中途半端な高さに集まっているので空振りが取れない。
それでもなんとか2アウトとし、島内の打球がファーストゴロだったのでホッとしたのですが、中田がエラーで1点返されてしまいました。
打球に強烈なスピンがかかってたのと、少し雨が降ってたので、思ったよりもバウンドが伸びたせいでしょうが、痛い守備のミスでした。
その後4球を出して満塁となり、打席には茂木。
ここで痛恨のワイルドピッチ。
同点とされてしまいました。
ヒットではなく、エラーとワイルドピッチというミスで同点というのは非常に痛いのですが、なんとか同点で終わったというのがこの後の展開に影響しました。


9回表。
マウンドには松井ではなく高梨。
1アウトから打席には途中から守備についた太田。
3球目の真ん中低めに入ったスライダーを振り抜くと、打球はグングン伸びて右中間のフェンス際まで。
太田は一気に3塁をおとしいれ、大チャンスを作ります。
しかし、左バッターが打ちづらい高梨から長打を放つというのはスゴいアピールですね。
そしてもうひとり、左だろうがなんだろうが関係ない左バッターが打席に立ちます。
近藤が同じように右中間を破るタイムリー2ベースヒット。
いやぁ、味方ながら怖いバッターですね。

中田がガッカリな三振の後、レアードが申告敬遠で打席にはこちらも途中出場の岡。
レフト線を破る2点タイムリー。
これで勝負あり。
最後は石川がしっかり締めてゲームセット。
苦しみながらもなんとか勝って連勝となりましrた。


気持ち入れてやらないとというプレーが良い面でも悪い面でも多かった試合だったと思います。
サブ組もアピールしてるし、打順の問題もあるのでいろいろ試していくという試合が続きそうですね。



初勝利


20180403.jpg




初勝利です。



上沢と岸の投げ合いで始まった試合。
期待通りの好投で打線を封じていく両投手。
まぁファイターズファンはわかってるけど、イーグルスファンからしたら、上沢ってこんな投手だっけ?となったことでしょう。

普通なら初勝利に期待が持てる上沢の投球なんですが、岸の投球がその希望をかき消します。
低めにビタビタと決まるストレート。
バットが出ないファイターズ打線。
どう崩していいかわからないくらいの投球でした。

しかし、7回に近藤がもう少しでホームランというフェン直の2塁打で出塁し、なんとか攻略できるかと思ったのですが、中田がフライを打ち上げ、レアードが申告敬遠され、アルシアが軽くひねられチャンスが消えてしまいました。
8回には先頭の大田がセンター前を打ち、清水がバントで送って第だの切り札矢野が出てきたのですが、あの勝負強い矢野が見逃し三振するほどのすばらしいインローストレート。
この日の岸にはちょっとお手上げでしたね。


ただ上沢も負けてはいない。
中島がジャックルしてピンチを作ってもしっかり抑え、1・2塁のピンチで球場がものすごい空気になってもアマダーをゲッツーに打ち取る。
けっきょく7回を投げて無失点という素晴らしい結果。
岸に引っぱられたような好投でした。


9回表。
相手はクローザー松井。
延長も考えられた状況ですが、先頭の賢介がライト前ヒットで出塁すると、近藤は詰まりながらのセンター前でチャンス拡大。
ここでバッターボックスには中田。
期待された打席でしたが結果はピッチャーゴロ。
ゲッツーかと思われたのですが、松井が投げたセカンドにショートの茂木が入り遅れている。
オールセーフ。
何が起こったのか理解できない松井の顔が印象的でした。
見てるこっちも何が起きたかわからなかったのですが、あとでビデオを見てみると、茂木がピッチャーかキャッチャーの方に指さしてるんですよね。
もしかしたらサインプレーで何かあったのかなというミスでした。

ここでバッターはレアード。
チェンジアップの連投でしたが、甘く入ってきた4球目を捉え左中間に2点タイムリー2ベース。
さすがの仕事でしたね。

ただここで疑問が。
こうなると9回裏はトンキンか石川なんですが、どちらにしてももう1点は欲しいところ。
ノーアウトでランナーは2・3塁。
3塁ランナーは中田ですから、外野フライにしても大きいのが欲しいところ。
次のバッターは左のアルシア。
初対戦の松井の球を外野まで運ぶイメージが見えてこなかったので、ここはベンチに残ってる右の松本か横尾が出ると思われたのですが、監督はそのままアルシアを選択。
想像通り三振するアルシア。
ちょっとこの采配はどうかと思いました。
初勝利がかかってるのですから、もう少し慎重に行ってほしかったですね。


さぁ9回裏。
マウンドに立ったのは石川でした。
ここでリリーフ失敗となると、抑えの起用がどうなのかと言われてしまう緊張の場面。
先頭バッターはウィーラー。
初球こそカーブを投げたものの、ここから怒涛のストレート勝負。
ウィーラーもどこで変化球が来るのかと警戒しながらのバッティングだったのですが、7球目辺りからストレート勝負に行ってました。
そして10球目のストレートで空振り三振。
息をするのも忘れるような熱い勝負でした。
そして続くアマダーには変化球攻めで三振を奪う。
バッテリーがよく戦ってるなと思わせる2打席でした。

最後は藤田を打ち取り三者凡退でゲームセット。
色んな意味で大きな大きな勝利となりました。



やっと開幕した感じ。
ここからのりきれてない選手も乗っていってくれるといいのですが。




開幕3連敗





繋がらないこと鬼のごとし。


3連敗だけは避けたいファイターズ。
先発の加藤が、その気持ちを表すようなバツグンの立ち上がりを見せてくれました。
なんとか早めに点を取って援護したいのですが、やっとヒットを打った西川を、この日2番に入った近藤が生かせず3-6-3のゲッツーに。

続く2回は三者連続三振というすばらしい投球を見せた加藤。
先頭のアルシアがヒットを打ち、今度こそ先制点をと期待したのですが、初先発の松本がバント失敗から4-4-3のゲッツーに。
近藤は1・2塁間を狙って、松本は久々の実戦ということで、どちらも仕方がないとガマンできるゲッツーなのですが、やはり好投してる加藤をなんとか援護してほしいという思いがあるので、どうしてもため息が出てしまう。

3回は加藤がピンチを作るものの、ライト松本がバント失敗のミスを帳消しにするバックホームで犠牲フライを防ぎ、球場中が大きく盛り上がりました。
今日はいけるぞ!絶対勝つぞ!といういい空気が出来上がったんですがねぇ・・・


5回表。
先頭バッターの外崎に、初球の甘く入ったスライダーを捉えられヒットを打たれてしまいます。
ライオンズは源田と外崎が要注意で、この2人が先頭バッターのときは気をつけなければいけないのですが、ちょっと簡単に行ってしまったかなという印象。
ただ、この日の加藤ならそう問題はないかなと思われたのですが、続くメヒアの時に三振は奪ったのですが、盗塁されてしまいます。
清水の手にボールがつかず、こぼしてしまったのですが、これが痛かった。
続く金子にセンター前タイムリーを打たれついに失点。
秋山に4球を与えた後、源田・浅村に連続タイムリーを打たれ、けっきょくこの回は3失点。
三振ゲッツーが取れていればという結果になってしまいました。
バッテリーの若さが出たかなという印象ですね。
点を取られてから考えすぎてしまった感じがしたので、もう少し落ち着いていけたらこの日の加藤なら問題なかった気がします。

ただ、この日のバッテリーはホントによくがんばってたんですよ。
加藤はしっかり攻めきれていたし、清水は相手バッターのことをよく調べていて、嫌がるリードができていました。
それだけに結果として残してあげたかったなと。
まぁやってたことは間違いないので、次に期待したいですね。


西村が気合のピッチングを見せ、宮西が完ぺきなピッチングを見せても打線は繋がらない。
中田が意地のホームランを見せたものの、けっきょくその1点のみ。
まさに見殺しという感じになってしまいました。


2番近藤で3番レアード4番中田ってラインアップを見たとき、これって繋がるのか?と思ったのですが、見てるうちにある思いが。
私はファイターズに5番がいないと書いてきました。
4番はホームランバッターでいいのですが、5番はやはり勝負強く、長打があって相手が嫌がるバッターがいいと思うのですが、横尾もレアードも大田も賢介もアルシアもそれに当たらない。
どこかが物足りないバッターばかりで、どうしたらいいものかと思っていたのですが、昨日の打線を見てて、近藤が3番だとしたらと考えると・・・5番中田はいいかもと思いました。
レアード4番にして5番中田なら、中田もつなぎを意識するようになると思うので、これからの選手生活に生かせるんじゃないかなんて。
監督はそういうことしないか。




そういえば道新がファイターズ移転に関してけっこう辛辣な記事を何度か書いてますよね。
この間も札幌市に抗議の電話が来たと報じているのですが、最後の方で少ないながらファイターズの方にも問題があったという電話もあったと書いていました。
その前にも同じような感じで記事が書かれていたんですが、一方の意見だけを載せるより全然ましだと思います。
ただ、あの道新なんですよね。
安倍政権の批判『しか』しない道新なんですよね。
私は与党にも野党にもアホな政治家が多いと思ってる立場ですが、それでも露骨すぎる野党上げ記事には違和感しか覚えないので基本的に道新は微笑みを持って見る新聞だと思ってます。
その道新が、少ない反対意見をいくつも載せるのはどういうことだろう?と思っていたのですが、ハッと気がついたんですよね。
あの上田の後を受けた秋元だったっけと。
そうかそうか、ファイターズファンを敵に回しても再選してほしいのねと。
さすが道新だな。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04