拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

続投の理由


20170414.jpg



代えない意味がわかりません。


しょうじき先発の吉田には期待していませんでした。
キャンプ・オープン戦と見てきて、まずコントロールに問題があり、軸となるストレート・フォーク共にそこまでの完成度ではなかったからです。
それでもまぁ先発不足のファイターズですから、いろいろ試していかないといけないのは確か。
なので打たれてもしょうがないという軽い気持ちで見ていました。

内容的には想像通りで、本人はストレートが通用することに自信を持ったようですが、やはりコントロールと決め球に苦労してて、先発の緊張感からスタミナの問題も出ていました。
まぁそれは吉田が今後克服するべきものが明確になったという意味で良かったことだと思ってます。
問題は、なぜ吉田を5回まで投げさせたかなんですよね。


4回、あきらかにスタミナ不足を起こし、球が上ずり始めた吉田。
しょうじき4回途中交代もしょうがないと思ってました。
しかしベンチは続投。
これはまぁ納得できるのですが、4回裏に吉田が投球練習してて目が点になりました。
ウソでしょ、まだ投げるの?と。

5回、先頭は吉田に対して2打数2安打の茂木。
右中間に2ベース打たれ、続くペゲーロに高めの釣り球要求を投げきれずにまた右中間に弾き返され失点。
もう笑っちゃうんですよね、そりゃそうだろって。
失点に対する怒りも湧かないし、吉田に対しての失望感もない。
だって限界だったもの、前の回で。
しょうじきこの試合を吉田にあげるくらいの気持でベンチは送り出したのかななんて思ったくらいです。
そしたらここで交代だって。
何のための続投だったんだかまったくわからない。
けっきょくこれが決勝点ですからねぇ。
ん~~~・・・


この試合ではファイターズの中継ぎ陣が壊れそうだった試合を支えてくれました。
まず鍵谷が吉田の作ったピンチを切り抜け、榎下が公文の危険球退場で作ってしまったピンチを切り抜けてくれました。
まぁ相手も不調な選手が中軸にいたからとも言えるのですが、ナイスリリーフだったんじゃないですかね。


石井がプロ初ホームラン打ちましたね。
風の影響もあったとはいえナイスバッティングでした。
軸でクルッと回る打撃なのでそんなに力強さは感じないのですが、これがよく伸びるんですよねぇ。
なんかおもしろい選手ですね。



最近はベンチがちょっとというのが多い気がします。
ガマン強いんだったらいいですが、この厳しい状況のせいで監督がまたネバーランドに行ってなきゃいいのですが。



ついにカード勝ち越し!



170413.jpg



ついにカード勝ち越し!


先発の村田はコントロールが少し不安定な投球。
4球を5つも出して苦しい登板となってしまいました。
まぁ登板していたとはいえ中継ぎでの起用でしたから、先発としては初登板。
対戦するバッターひとりひとりに気を使っていた感じの投球だったので、4回投げて88球でしたが、かなり疲れたんじゃないですかね。
次からは本来の投球をしてくれると思います。
というか最初から先発で投げさせればよかったのに。


この試合で光ったのは新戦力。
石井・森本・清水の3人。
森本はプロ初スタメンでプロ初ヒットを放ち、球場を沸かせていました。
まぁまだ1試合ですから戦力と呼ぶには大げさだと思いますが、次のチャンスをもらえたことは確か。
そう巡ってこないチャンスなわけですから、しっかりものにして森本という名をファンに刻んでほしいですね。

石井は4回のタイムリーがすばらしかった。
この3連戦で、千賀のフォーク、武田のカーブ、バンデンハークのストレートと、今まで見た事がない次元のボールと戦わなければいけなかったわけですから、ルーキーには厳しいカードだったと思います。
しかし、この日の石井はカウント2-0からストレート一本狙いで、そのストレートをレフトに弾き返しました。
わかっててもなかなか打てないバンデンハークのストレートを狙い打ちできるっていうのがなんかもうルーキーっぽくない。
顔といい、しゃべり方といい、プレースタイルといい、なんか早くも『いぶし銀』という雰囲気を出している。
なんか『飯山2世』となりそうですね。

清水はよく踏ん張りました。
特に4回の苦しかった場面で、カウントを整えるのにカーブ使ったり、盗塁仕掛けられる場面でフォーク連投を要求したり、若さも見えるんですが、度胸も見えるリードをしていました。
ただやっぱりこの試合も8回からはキャッチャーを代えるべきだったんじゃないかなと思ってます。
清水が良い悪いではなく、キャッチャーをベテランに代えることで試合を落ち着かせ、逃げきるぞというベンチの意思を選手に再認識させる効果があると思うので。
でもまぁ終わってみればいい経験をしているなって笑えるので良かったんですけどね。


レアードも本格的に復調気味だし打線の繋がりも出てきたし、この感じを今日の試合に持っていきたいですね。
今日先発の吉田はしょうじきオープン戦を見る限りではまだ早い気がします。
しかし、そうも言ってられないのが今のファイターズ。
ここで吉田が森本のように、次のチャンスをもらえるような投球を見せてくれればいいですね。



ヘイ、オマチ!


20170412.jpg



レアード寿司開店です。



いやぁ、長かったなぁ。
レアードがやっと戦力として機能してくれました。
しょうじきこのままだと2軍再調整もあるんじゃないかと思っていたので一安心です。
ただまぁまだ完全に不調を抜け出したかどうかはわからないので気を抜くのは禁物ですが、復調の気配が見えたのはたしかですね。

スゴかったのは地上波はどうか知りませんが、GAORAだと毎回レアードの打席で『寿司握れ』の応援ボードを掲げてる女の子が映るんですけど、そしたらレアードがホームランを本当にそこに届けるっていうね。
ヘイ、オマチ!って感じで女の子の横にいた家族にドーンッつって直撃してましたからね。
笑っちゃいけないんだけど、なんかレアード寿司開店にふさわしいシーンだなと。
レアード寿司の大将乱暴。(●≧∀≦)


この試合で印象に残ったシーンを幾つか。

まず石川の登板ですね。
相手ホークスの石川も登板して、個人的に応援してるW石川揃い踏みだななんて喜んでたら、こっちの石川は柳田に被弾しましたね。
ド緊張して良さが出てなかった感じ。
そりゃ今までビハインドの状況ばかり投げてきた投手が、いきなり8回の勝ちパターンで相手のクリーンアップに対して投げるわけでしょ。
そりゃ緊張してコントロールもままならないわな。
でもこれが次の登板に生きれば、このホームランもムダじゃなかったってことになりますね。

もう一つは清水を最後まで代えなかったこと。
その石川の登板で私は市川に代えると思ったんですよね。
そしたら代えない。
これ打たれて追いつかれたり逆転されたら、この若いバッテリーの経験不足と言われる場面ですよ。
そして9回も代えなかった。
増井が引っぱれるかもしれませんが、息が合わなければイヤでも気を使う9回に増井の仕事が増えてしまいますからね。
結果の世界ですからベンチの判断も間違っていなかったとなるんですが、まずは連敗脱出がお題目なわけですから、そこを考えるとどうなのかなって思いましたね。
あ、清水はすばらしかったですよ。
糸引くような強肩も見せたし、そのプレッシャーに負けずにがんばってましたからね。



これで連敗脱出。
しかし、それに浮かれてる余裕はありません。
中田の登録抹消、マーティンの登録抹消と苦しいチーム状態は変わってないわけですから。
それにしても去年の今ごろもファイターズは野戦病院化してて、こんなひどい状況はなかなかないななんて思ってたし、今年の開幕前も他球団のファンから『今年はファイターズケガ人多すぎ』とか『去年のファイターズの優勝は、選手のケガが少なくてラッキーだったから』とかいう少なくない書き込みを見るたびに、去年のほうがひどかったしケガ人も多かったろアホと思ってて、それから比べたら今年は開幕から期待できるわ!とも思ってたんですが、まさか去年以上の状態がこんなに早くやってくるなんて考えてもいなかったなぁ。

とにかく今はガマンして耐えるしかありません。
この悪い状況でも打ててはいるし抑えられてもいますからね。
とにかく今は選手もファンも、みんなで耐えましょう。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

やりようはあるはず

 
20170411.jpg




まぁ何がなんでも勝利を目指せという試合ではないので見てて気楽なんですが、もったいないなというのを見せられるとやはりガッカリしますね。


先発の高梨は最後まで修正できずに終わりましたね。
ウチは有原といい、いつからこんなに修正できない投手だらけになってしまったんでしょうか。
さらにもったいなかったのは、ほぼほぼそのコントロールできてないストレートが打たれなかったことなんですよね。
なんてったってストレートが高梨のマネーピッチなわけですから、これで組み立てていくべきだと思うんですよ。
だけど、バッテリーが信用しきれてなかった感じを受けました。
デスパイネが100%ストレートに的を絞っても打たれませんでしたからね。
もっと自信持ってストライクゾーンで勝負してほしかったです。
端ばっかり狙うんじゃなくて。


打線の方は西川が機能しなかったのが痛かったですね。
2番に座ったのが石井で、いくらスーパールーキーであろうが初見で千賀を打てっていうのは酷ですから西川に期待したのですが。

レアードにヒットが出ましたが、はたしてこれで気分良くなってくれるかなぁ。
そうなってくれると嬉しいのですが。

あとこれは触れなきゃいけませんが、岡のミスが痛かった。
2回に先制のチャンスを迎えるものの、セーフティースクイズに岡が飛び出しタッチアウト。
気持ちはわかるけど、千賀の悪い立ち上がりを考えたら絶対にやっちゃいけないミスでした。

あ、あと捕球の場面も危なかったな。
もうちょっとで西川とぶつかりそうになってました。
声出せって。
センターとレフトですから、捕球の主導権はセンターに有るはずなのに『あ、チョウチョが飛んでいるのら~』って感じで『あ、ボールが飛んでくるのら~』っつって口開けてボール追っかけるでしょ。
危ないって。
実際に賢介とぶつかってるし、岡が取るべきボールを譲って落球っていうのもあったし、もう少し俺が取るんだという気合をいれなきゃそのうちまたやらかしますよ。


中田が出場直訴してるとか。
幸いなことに今のファイターズにはDHの枠が空いています。
なので出れないことはないのですが、はたして栗山監督はどういう決断をしますかね。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

2試合分





なんか試合見て飲みに行きたくなったので土曜日の試合が書けず。
なのでまとめて2試合。



20170408.jpg



まず土曜日。

先発は有原だったのですが、打ち込まれましたねぇ。
確かに甘く行き過ぎたボールが多く、この結果もしょうがないといったところ。
エースを狙う投手がこれでは困ります。
ただ、この結果は有原だけの問題じゃない。
敗戦の責任を問われるもう一人は大野です。


WBCで誰をキャッチャーにするかという議論になった時、ネットでは『キャッチングに問題のある小林』 『バッティングに問題のある炭谷』そして『リードに問題のある大野』と言われていました。
テレビで古田が大野の配球批判をしたことがきっかけですが、そんなの前から知ってるって言いたくなりました。
大野に限らず鶴岡もそうだったけど、とにかくリスクを負う配球を嫌がる傾向がウチのキャッチャーにはあるんですよね。
だからどうしても外が多くなる。
特に右対右、左対左では顕著。
この試合でもアウトコースに目付けされて、ストライクを取りに来る早いカウントを積極的に振られて失点を重ねてました。
外に目付けされてるから微妙な球でも見極められてしまう。
そこに有原の調子もあって甘い球を痛打。
カーブも少なかったし、打たれるべくして打たれたなって感じ。
しょうじきバッテリーごと3回から代えればいいのにと思ってましたよ。
マリーンズの伊東監督ならやりそうなんですが、栗山監督はそういうことをまずやらない。
優しいなと思って見ていたら、そんなに優しくなかったですね。
なぜかと言えば、4回途中で代えると思われた有原を続投させたからです。
そして、そんなしょうもない投球をしてしまった有原を応援したくなる打席が4回にありました。


4回裏2アウト2・3塁でバッターロメロ。
絶好調の相手4番を前に有原が2ストライクから大野のサインに首を振ったんですよね。
しかも数回。
有原が選択した球はインコースでした。
そこに投げきりサードゴロでこの回を終わるのですが、それを見た時にやっぱり攻めなきゃダメだって結果に行き着いたのかなって思ったんですよね。
そこに気づけたんだったらもうこの試合は有原のものでいいやと。
何失点しようが次に活かす投球になればどうでもいいと。
見てる悔しさが無くなった瞬間でしたね。


さて、打撃は書いてもしょうがないんで書きませんが、やはり大谷のケガが痛かったですね。
最初見た時にはしっかり歩いて帰っていたのでそこまでじゃないなと思って見てたのですが、ベンチに入る時には顔しかめて足引きずってましたね。
診断結果は肉離れで二度。
これ相当痛いはずなんですが、なんか大谷の負けん気を見た気がしました。

もしもこの肉離れが右足をかばってのものなら問題ですよね。
再発する恐れもあるので。
ただこの1ヶ月の離脱で右足の方も痛みが抜けてくれればいいんですが、どうなりますかねぇ。



20170409.jpg



今日の試合。


メンドーサはいつもの感じで2アウトから4球出して失点というのをやってましたね。
7回途中まで投げて2失点ですが、しょうじきよく投げたとは言いたくない内容です。
でもこれがメンドーサなんでしょうね。


鍵谷はあれだけ低めに集めて投げられてたのにこの試合ではダメでしたね。
力みまくって球が上ずってました。
やっぱ満塁という状況が力ませたんでしょうか。
ここで冷静に投げられたら勝ちパターンに入れる投手なんですがね。


石川はすばらしかった。
早く先発で投げる姿を見たいのですが、どうなりますかね。


この試合で中田とレアードが途中退場。
次の試合に出られるのかどうかもわかりませんが、もし出られないとなったらえらいことですね。

ただ、ちょっと楽しみな自分もいるんですよね。
だって若手にとったら大チャンスなわけでしょ。
このチャンスを逃す理由がない。
もし若手ばかりの打線で打ち勝ってなんて試合やったら、それこそ流れ変わりそうじゃないですか。
どうせもう落ちようがないんだし、気楽に暴れまわってくれないかなぁ。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04