拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

簡単に3試合分





土曜日の試合をドームまで見に行ってきました。
金曜日は早めに寝てしまい記事が書けず、土曜日は疲れて寝てしまい記事が書けず。
なので3試合分を軽く。



さて、カード3タテとなったわけですが、1戦目の浦野、2戦目の有原、3戦目のメンドーサという先発3人は、しょうじきそんなに良い出来ではなく、どちらかというとバファローズ打線の調子の悪さに助けられたと言っていいかと思います。
特に浦野・有原はストレートに力があるわけで、そのストレートが低めに集められないようでは勝ち星がなかなか増えない。
中継ぎ勝負のファイターズですから、先発が安定してくれると前を見やすいのですが、ちょっと先発陣に不安がありますね。

近藤がお散歩大魔王と化してますねぇ。
今日なんか1球も振らずに4四球ですもん。
近藤の後ろが中田っていうのもあるんでしょうね。
中田もある程度結果残してますけど、ここまで近藤がチャンスメークしちゃうと、チャンスを潰してる4番に映ってしまう。
まぁそのプレッシャーに潰されるならファイターズの4番は出来ないわけなんですが。
近藤と勝負されるくらいまで中田の調子が上がると、首位とのゲーム差も詰まっていくんでしょうね。


それにしても、ホークスとイーグルスの感じを見ていたら、このゲーム差だとなんとかAクラスにと言いがちなものですが、意外とファイターズファンってまだまだ全然いける!というファンが多い気がしますね。
まぁ私もそのひとりですけど。
やっぱ去年の大逆転を経験してるからなんですかね。
今年もひっくり返したらおもしろいだろうなぁ。




形容し難い


20170517.jpg



何とも言いづらい試合だなぁ。



則本から幸先よく得点を取ったファイターズでしたが、2回の裏に落とし穴が。
加藤はいつものように強気なピッチングでしたが、主審のストライクゾーンがゆがみ始めます。
ボール判定にバッテリーが思わず凍りつく。
内野手まで集まってきてはげますほどぼやけたストライクゾーン。
ここから加藤のピッチングが狂っていきました。

そこに追い打ちをかけるような守備のミス。
石井が勝手に3塁で止まってると判断して送球が遅れ、ホームで刺せるタイミングを逃す。
岡がボールを取り損ね、2塁で止まってるはずだったランナーが3塁まで行ってしまう。
大田も取り損ね、2塁で止まってるはずだったランナーが3塁まで行ってしまう。
こんなことやってたら勝てるわけないわな。

特に石井の守備が気になったなぁ。
中継の遅さもそうだけど、7回の大量失点の起点となった3塁ファールフライをレアードが取れないプレーも、中島ならレアードに任せてないと思うんだよなぁ。
石井は途中からレアードに任せて足を緩めてるんで、取りに行くならじゅうぶん届いていたフライ。
背走するレアードと、横から行く石井なら石井だと思うんだけど、譲っちゃったんだよなぁ。
守備はやらないと上手くならないんだけど、だからミスは許されるんだっていうものではないからねぇ。
攻守に渡って精彩を欠いている石井の立ってる場所がぐらつき始めたかなという感じですね。

あ、あとエスコバーはダメダメですね。
外国人投手が柔らかいマウンドにアジャストしづらいのはわかるけど、常にベルトの高さに投げてて修正が効かないのは問題。
はい打ってくださいという球をボンボン投げていくのは気持ちいいくらい。
いちばん問題だったのは、前からその感じはあったけど、打たれて頭に血が上って周りが見えなくなること。
どう考えてもファーストゴロという当たりに突っ込んでいって、走者にタッグ。
中田はエスコバーを避けようとして転倒。
さすがにイラッとしたのか、しばらく立ち上がりませんでした。

しかもエスコバーは左なので、ゴロをベアハンドキャッチしてタッグに行ってるんですよね。
この状況でそんなリスク負う必要性あるわけがない。
頭に血が上っちゃってるもんだから俺が俺がになっている。
こういうのを独り相撲と言うんですよね。
打たれるのはかまわないけど、仲間にケガさせるようなプレーはかんべんだわ。
まぁしばらく見なくてもいいです。



エスコバーは置いといて、打たれた加藤も石井もそこまでひどい投球じゃなかったと思うんですけどねぇ。
石川も良かったし、バッターもがんばってましたよ。
だけどこの結果。
なので、こんなひどい試合を忘れるなとも言いづらいし、忘れろとも言いづらい。
締めの言葉も見つからない試合でしたねぇ。




近藤に引く

 
170514.jpg



スウィープという結果ですが、しょうじきウチが強くてという結果ではないのでそこまで喜んでません。



先発のメンドーサは、いつもどおりのメンドーサ。
ゴロピッチャーだったはずですが、メンドーサの場合は外野でゴロになるピッチャーの意味らしい。
低めに投げて打ち損じを待つのではなく、甘い球を投げて打ち損じを待つというのはファンからすると心臓に悪い。
点数は追いついたけど、ここからどうなるのかと思っていたら危険球退場。
清田のヘルメットにかすったかどうかという危険球で、清田にもそこまでダメージは無いようだったので、この交代はどっちに転ぶかわからないけど、まぁいいきっかけになるんじゃないのと思いましたね。

代わって登板したエスコバーがいきなり鈴木にぶつけてずっこけましたが、なんとか抑えてピンチを切り抜けました。

6回は谷元でしたが、落とすべきところで球が落ちないという危ない投球。
相手打線の不調に助けられましたが、まだかかるなって感じです。

7回の宮西はしっかり3凡。
もう大丈夫でしょう。

8回のマーティンもしっかり。
だけどストレートのキレを取り戻すにはもうちょっとだけかかるかな。

9回の増井はピンチを作ったけど、あの低めに力強いストレートが飛んでいるうちは問題なし。
バッターはストレートとフォークの2択ですが、そのストレートがあれだけの威力なら両方対応するのは難しい。
それが遠くのアウトローに飛んでくるならなおさら。
しばらくは落ち着いて9回を見ていられそうです。


中継ぎが充実してきたのはいいことなのですが、そうなると石川の使いみちが中途半端になる気が。
だったらさっさと先発の調整を下でさせたらいいのにと思うんですがねぇ。


打つ方に目を向けると、近藤が頼りになるというより、なんかもう怖い感じがしますね。
この試合でも3打数2安打。
相手の投手が甘いところに投げてたというならまだわかりますが、けっこう厳しい低さだったり近さの球をポンポン弾き返してるのを見ると、ヒットを打った瞬間に『やったー!』と喜ぶのではなく『えぇ・・・』って引きますね、もう。
どこまで続くんだろうか、このバッティング。



次のイーグルス2連戦をバンバンと取ると勢いに乗りそうな感じがしますが、逆にバンバンとやられちゃうと、やっぱり調子悪いチームと当たってたから勝ててたんだとなってしまうので、ここは優勝チームの意地を見せてほしいですね。




お立ち台がいちばんドキドキした試合


20170513.jpg



打ち勝ちました。



前回は結果を出しましたが、内容的にはそこまでよくなかった有原。
今回こそはと期待したのですが、今日も高めに抜けるのは変わらず。
2回に修正されたかと思ったのですが、そこから球が中途半端になり、5失点してしまいました。
まだかかるなぁと思ったのですが、もしこの長いトンネルがトンネルじゃなく、これが今の有原なのかもという不安が。
『復活』してほしいなぁ。

谷元はまだ復調に時間がかかりそう。
ただ、前よりは間違いなく良くなってきてるので、気長に待ちたいと思います。


さて打線ですが、レアードが鬼のような活躍ですね。
第1打席で左中間にホームランを放つと、第2打席にもレフトへホームラン。
前の試合で連続ホームランのあとに連続4球だったので、プロ野球タイ記録となる4打数連続本塁打となりました。
本塁打数も11本となり、一気に単独首位に躍り出ました。
ちょっと出来過ぎで怖いですが、打てる時に打っておいてもらったほうがね、いいかなと。
これで首位打者の近藤、本塁打トップのレアードと反攻を仕掛けるにはカードが揃った感じがしたのですが、4番がね・・・

この試合で犠牲フライを放ちましたが、それも岡の足が犠牲フライにしたようなもので、中田が仕事したとは言いづらい感じ。
併殺、打ち上げでチャンスを潰す中田。
恐怖の4番バッターというのはよく聞きますが、味方にとって恐怖の4番バッターになったらイカンでしょ。
調子は上がってきてると思うんだけど、3歩進んで2歩下がるみたいな感じはなんとかならないのかねぇ。


矢野は良かったなぁ。
ずっと好調はキープしてる感じなので頼もしい限り。
ただお立ち台はドキドキしました。
インタビュアーが文化放送のアナウンサーということで、もしやお約束を知らないのでは?という不安があったので。
ファンは昨日の大田の『ファイターズ最高!』に続き、今日は同じジャイアンツ移籍組であり、このフレーズを定着させた矢野の『ファイターズ最高!』が聞けると頭のなかでワクワクをふくらませてましたからね。

矢野らしい、素直でマジメなインタビューが続いていきますが、インタビュアーが『チームはこれで3連勝です。明日の試合に向けてお願いします。』と言った時、あれ?これ締めに入ってるよなぁとイヤな感じがしたんですよ。
そしたら『ありがとうございました。今日のヒーローは・・・』ってなった時に『おおおいいぃぃ!!(# ゚Д゚)』って叫んだんですが、矢野がサッと手をかざし制止してくれました。
危なかった、やっぱりわかってなかった。

『ファンビシャス』からの『ファイターズ最高ぉぉぉーーー!!』
聞けて良かったです。



とりあえずカード勝ち越し。
借金を考えれば次も勝ちたいところですが、そう簡単にいくとは思えないので、しっかりファイターズ野球をやって、勝っても負けても今の勢いを殺さない試合をしていきたいですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

勝って兜の


20170512.jpg




それにしてもよく打ちましたねぇ。



先発は浦野。
この日の浦野はストレートが低めに集まっていました。
変化球さえ低めに投げられればそう簡単に崩れない感じ。
相手は涌井で、しかもストライクゾーンが少し広かったので、これは投手戦になるなと思ってたんですよねぇ。
それがまさかあんなことになるとは・・・


2回裏。
大田が詰まりながらもバットを振り抜くと、打球は左中間スタンド最前列へ。
大田のパワーと、左中間右中間が狭い東京ドームということもあって飛び込んだホームランでした。
形はどうあれ涌井相手に大田がホームランということもあって、流れ的には上々だと思ってました。

そしてら3回に近藤がライナーでライトスタンドに叩き込み2対0。
レアードが右中間に2ランホームランで4対0。
4回は西川がライトに2ランで6対0。
5回は1点返されたものの、その裏にレアードが左中間に飛び込む2打席連発の特大2ランホームランで8対1。
大田が今度は逆方向の右中間に2ランホームランで10対1。
マリーンズのミスが飛び出して12対1。
渡邉のランダウンプレーの間に走者が生還して13対1。
最後は4番中田が打った瞬間ベンチにガッツポーズを決めるレフトへのホームランで15対1。
どうなってんだと驚きまくりの大爆発でした。


浦野は大量得点もありスイスイ投げて、久々のエスコバーもノープレッシャーで腕がよく振れており、150キロを出す力のピッチング。
石川はピンチを作るものの、こちらもノープレッシャーからか力押しのピッチングで無失点。
あまりにも出来過ぎた試合となりました。


見てて非常に楽しい試合ではありましたが、まぁこういう試合も忘れたほうがいいかなと。
なんでも過ぎるのはよくないので。
勝って兜の緒を締めよという感じの試合でした。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05