拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

リーグ戦再開初戦を取る


20170623.jpg



今日は一部を除き良い試合でしたね。


先発のメンドーサは立ち上がり良かったんですよね。
低めにも集まってたし、清水の配球もあって今シーズン最高の出来だったと思います。
2回まではね。
3回からちょっとおかしくなってきて、4回でいつものメンドーサが顔を出してきて、5回でしっかり吐き出すメンドーサになって降板。
トータルで見ると、けっきょくいつものメンドーサだったってことですね。
ちょっとでも期待した自分がバカでした。


そこから登板した中継ぎがしっかり仕事したのが勝利につながりました。
公文・谷元・宮西・鍵谷・マーティン・増井。
とくに谷元とマーティンは復活を予感させる投球でした。
谷元はストレートに力が戻り、あとコントロールさえもう少しなんとかなればというところまで来てると思います。
マーティンは来るとわかってるストレートで空振りが取れていました。
こうなるともうほぼ復活だと思います。
安定するかどうかだけ。
中継ぎの充実があってこそのファイターズですから、ここに負け試合で投げる投手とロングリリーバーが加われば、かなりおもしろいことになる気がします。


打つ方はというと、中田が2ホーマーの大暴れ。
ランボルギーニのオーナー権も効いたんでしょうが、あのスッと立っているようなバッティングフォームが合っているのかもしれません。
フォームが長続きしない中田ですが、今回のはなんか雰囲気を感じるので、長続きしてくれればいいなと思います。


いい形で初戦が取れました。
4位も見えてきたし、勢いに乗っていきたいですね。







にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

交流戦終了

 




いつものように土曜日は試合後に朝まで飲んでたのでブログが書けず。
まぁムカついて書く気が起きなかったのと、酒呑んで忘れようというのが理由なんですが。



まず土曜の試合を簡単に。

土曜は好守備を連発するスワローズと、守備が綿毛のように軽いファイターズの違いが出た試合でした。
1球に対する慎重さが足りないプレーは見ていてガッカリします。
メンドーサはいつものメンドーサだったし、エスコバーは・・・まぁいいんじゃないですかね。どうでも。



日曜日の試合。

有原の復帰試合。
ストレートがベルトより上にしか行かなかった有原ですが、この日はある程度低めに集まっていました。
投手が有利な交流戦とはいえ、初回以降スイスイ投げていた有原を見ると、次以降の登板が楽しみです。

ここ2戦の嫌な負けを払拭する試合になるのかなと思ったら、最終回にグッダグダ。
またレアードは体の横でボールを受けようとしてイレギュラーについていけずエラー。
白井コーチは何をしとるのかね。
同じ失敗を続けるレアードを見て何を思うのか。
なんとか抑えて勝ちましたが、不安の残る交流戦最終試合となりました。


これで交流戦は終了。
しょうじき始まる前はこの交流戦ぐらいから選手が揃うと思っていましたが、フタを開けてみたらまったく揃わず、逆にケガ人が増える結果に。
うまくいかない時はどうにもならんもんですね。

さぁ、もう1回仕切り直していきましょう。




寝る





久々に頭にきた試合でした。


書きたいことはいろいろありますが、ハッキリいって負けた原因は大野の配球だと思ってます。
8回の調子の悪い山田に対するムダなストレート2球。
荒木に対するバカの一つ覚えみたいなインロー攻め。
何がしたいのかさっぱりわからない。

もう書きたくないので寝ます。



カード勝ち越しは嬉しいけど

 
20170615.jpg



連日の接戦を制し、カード勝ち越しです。



先発の上沢は、ストレートの力強さで押していくピッチング。
市川のタイミングをずらすリードもあって、順調に回を重ねていきました。
こんなに先発を楽に見られたのは久々じゃないですかね。
メンドーサとか無失点だけどフラフラしてたり、高梨も安定しなかったりして安心できませんでしたからね。


上沢が抑え、ファイターズ打者陣がチャンスを潰すという展開で0対0のまま迎えた5回。
松本の内野安打を足がかりに、中田の4球、レアードの死球で2アウト満塁に。
バッターは市川。
2球目のストレートをライト前にはじき返す。
2塁ランナーの中田までホームに帰ってくる2点タイムリーとなりました。
しかし、ここでレアードが2塁を過ぎたところで転んでしまい、ヒザを強打して途中交代となってしまいました。
明日以降はどうなるのか気になります。

勝ち投手の権利がかかる5回裏の上沢。
2点取ってもらったことで楽になるのかなと思いきや、やはり意識するのか2アウトからの連打で1点取られてしまう。
上沢は次の回にも点を取られてしまい、勝ち投手の権利を無くすんですが、やはり勝ってない投手というのは意識してしまうもんなんですね。
村田もそうだったけど、やっぱりプロは気持が大事なんですねぇ。


この試合の勝敗を分けたのは7回の守備でした。
7回裏、マウンドには宮西。
1アウトから京田がヘッスラのセカンド内野安打で出塁すると、続く亀澤はバントの構え。
しかし、これが盗塁をアシストするための偽装バント
らくらく2塁に進まれたところで代打に堂上。
ヘッスラ、偽装バント、試合終盤、代打の切り札。
失点する可能性がかなり高いカードが揃ってしまった感じのファイターズ。
やはりという感じで、堂上が初球をライト前に弾き返す。
やられたかと思ったら、松本が素早い処理でホームにワンバウンドのストライク送球。
市川がそれをキャッチして、滑り込んでくる京田をタッチアウトにすると、すぐさま2塁へ進んでいた堂上を刺すために2塁へこれまたストライク送球。
ピンチを一気にゲッツーでしのいでしまいました。
これが大きかった。





ピンチのあとにチャンスはやってくる。
8回表、矢野のヒット、大田のヒットで1アウトランナー1・2塁。
1・2・塁となったところで2塁ランナーに代走の大累が送られました。
ここでマウンドにいるのはジョーダンなのですが、この回が3イニング目。
先発をやっていたといっても、中継ぎと先発では疲労も違うし、なによりこの日のジョーダンはコントロールがあまり良くない状態だったので、ラッキーだなと思っていたんですよね。
まぁ前日も中継ぎをお互いたくさん使ってしまいましたからしょうがないと見ることもできますが、この状態の投手をそこまでして引っぱるかね?という不思議な采配でした。

バッターボックスには松本。
ジョーダンの2球目がすっぽ抜け、ワイルドピッチでランナー2・3塁となりチャンス拡大。
そして、5球目のスライダーでした。
甘かったのですが、打ち損じた松本の打球はライトのファールゾーンへ。
背走しながら追いかけるビシエド。
かなりフェンス近くまで追いかけている。
サードランナーは大累。
このまま取ったら間違いなくタッチアップするから、取らないのかなと思ったら、ビシエドがポケットキャッチ。
大累スタート。
ビシエドの強い送球は、キャッチャーの遥か上をものすごい勢いで通過していく。
4対3、勝ち越し。
このあと西川にタイムリーが飛び出し5対3となったところで勝負あり。
しんどいカード勝ち越しとなりました。






ただ勝ったとはいえ喜べないのは、この試合でレアードがヒザとヒジ、マーティンが右脇腹を負傷したこと。
レアードは本人が大丈夫と言っているのでなんとかなりそうだけど、マーティンはもし腹斜筋やっちゃってるなら2~3ヶ月は出られないかも。
もっと喜びたかったのですが、詳しい状態がわかるまで不安ですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ミスに助けられる

 
20170614.jpg



喜んだり悲しんだりいそがしい試合でしたねぇ。



先発は斎藤佑樹。
前回が前回なだけに不安だったのですが、モロその不安が的中。
ガガガガンと打たれて4失点。
幸先悪いことこの上なし。
抑える抑えないの問題じゃなくて、勝負球が甘く行き過ぎるから勝負にならない。
ま~たアンチからなんか言われるんだろうなと、もう重たい気分。
それでもそのすぐ次の回に中田がホームランを打ってくれて1対4となりました。

これで試合が動くかなと思われたのですが、そこから両チーム沈黙。
斎藤は初回に球数を投げてマウンドに慣れたのか、低めに球を集めて凡打の山を築いていく。
最初からやってくれよとこぼしたくなる。
結果的に5回を投げて4失点。
評価に迷うピッチングでした。


6回表。
2アウトから松本がヒット。
西川が技ありのレフト前にヒットを打つと、バッターボックスには中田。
外から入ってくるシュートをムリなく弾き返すと、打球は右中間真っ二つ。
ランナー2人が帰ってきて3対4となります。
やっぱ3番をやったのが勉強になったのかね。
打席に余裕が出てムリをしなくなった気がするなぁ。

続くバッターはレアード。
粘って7球目のシュートを三遊間に。
ボールはコロコロと転がってレフト前。
中田がサードを回る。
レフトからの返球。
タイミングは完全にアウトでしたが、ジャッジはセーフ。
リプレー検証でも覆らず、同点タイムリーとなりました。
コリジョンルールがあるので、どうしてもキャッチャーは腕を伸ばして待つという感じになりますから、こういうことが起こりますよね。
足を叩きに行けば落球の可能性もあるし。
キャッチャーは難しいなと思わせるプレーでしたね。


その裏の守備。
マウンドにはなんと玉井。
同点に追いついた裏の守備で、ルーキーの勝負球が無い玉井をクリーンアップ相手に登板させる理由は何だ?と首を傾げながら見ていたら、いきなり大島に4球を与えてしまう。
ビシエドにも危ない球を投げ続ける玉井。
しょうがない。だってこんな場面で使うベンチが悪いんだもの。
4球目の甘く入ったカットボールを捉えられ、打球はピッチャーの足元を抜けてセンターへ。
と思われた次の瞬間、杉谷がシフトと盗塁の関係からセカンドに寄っててジャンピングキャッチ。
エンドランをかけられており、2塁はアウトに出来ないと判断した杉谷は1塁に送球。
しかしこれがワンバウンドとなり、上手くすくった中田のグラブからボールが真上に飛び出す。
これを見た大島が3塁へ。
こぼれたかに見えたボールを中田が素手でキャッチしてアウト。
中田が振り向くと3塁に向かっている大島が。
3塁へ送球。
余裕のアウトでゲッツー成功となりました。
うわっ!ていうのと、やったーっ!ていうのが短い間に繰り返しすぎ。
なんかわけわからなくなるわ。
ついてました。


7回表。
1アウトから中島の内野安打、杉谷のバント、大田の内野安打、松本のヒットで満塁となり、バッターは西川。
ゲッツーの可能性が少ない西川が、セカンドに転がしてゲッツー崩れの間に勝ち越し。
5対4となりました。
守備隊形にも助けられたかな。

鍵谷・マーティンが昨日の反省を活かしてしっかり抑え、9回のマウンドに増井。
1点差ですが、まぁ増井ならやってくれるでしょと思っていたら、ビシエドの初球はフォークのすっぽ抜け。
それに驚いたのか、ビシエドは打ち損じて1アウト。
いやぁラッキーだなと思っていたら、次のゲレーロにも初球フォークから。
これが落ち切らない。
しっかりすくわれると、打球は無情にもレフトスタンドへ。
同点ホームラン。
この日は1球もフォークがしっかり落ちませんでした。
なんかイヤな感じです。


延長10回裏。
マウンドには宮西。
2アウトランナー2塁というサヨナラ負けのピンチでバッターボックスには堂上が。
粘られてイヤな感じだなぁと思っていたら、市川が2塁に送球。
飛び出していた松井がタッチアウトとなりました。
これも大きかった。
やっぱ市川の送球は安定してますね。


延長11回裏。
公文が完ぺきなリリーフで流れを作ると、12回の表でした。

ピッチャーは回跨ぎで田島。
しょうじき11回がちょっとフラフラしていただけに交代だと思ったのですが、普段からドラゴンズの野球を見ているわけではないので、こういうのが普通なのかなと思っていました。
すると先頭の中田に4球、続くレアードにはストレートの4球と荒れまくり。
やっぱ回跨ぎはダメだったんじゃないのと思っていると、市川がバントを決めて、バッターボックスには賢介。
やっぱりコントロールが良くない田島。
まぁ1塁も空いているんだから、ここはしっかり勝負して、満塁でオッケーということなんだろうなと思って見ていたら、やっぱこういうときってしっかり低めにいかなきゃとピッチャーは思うんですね。
ワイルドピッチで安々と勝ち越しに成功。
ここでピッチャー交代で小川。
ドラゴンズの継投がどうなのかなっていう勝ち越しでした。


バッターボックスには中島。
サードゴロ。
3塁ランナーのレアードは突っ込む。
ゲレーロはホームに送球。
しかし、これがファールゾーンに逸れて追いタッチとなり、追加点をもぎ取り7対5。
これで勝負ありとなりました。


勝ちましたが、ドラゴンズのミスに助けられた勝ちですね。
勝ったから良かったけど、負けてたら疲労感の強い試合だったでっしょうね。


ヒーローはプロ初勝利の公文。
マウンドではふてぶてしい態度で投げる公文なので、どんなコメントするのかなと思ったら、声はちっちゃいし、マイクを両手で持とうとするし、なんか乙女なんですけど。
最後の最後でビックリする試合でした。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06