拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

だんだん出来るようになってきた


20170429.jpg



最後はファイターズの野球でした。



勝ちが付かない有原。
初回からインコースにカーブに使いまくって攻めてました。
ただストレートとカットの速球系が高い。
これが修正されたら完投もあるかもというピッチングでした。

早く点を取ってやりたい打線は3回。
先頭の市川が左中間にスタンダップダブルを放つと、中島が送って西川がちょっと浅い犠牲フライで待望の先制点を奪う。
待望の先制点だったが、1点では心もとない。
すると5回に、大田が移籍第1号となる特大ソロホームランを放ち、2点差に突き放す。
なんとかこれで逃げ切ろうとしたが、有原の球の高さは修正されず、7回につかまり1点差に。
ここで出てきたのは谷元。
しょうじき石川の回跨ぎかなとか思ってたんですが、まさかの谷元に驚き。
当たり前のように失点する谷元。
これで同点。
がっかりしてたら回跨ぎで谷元から宮西という、今ファイターズでいちばん危ない継投を披露する栗山監督。
あぁ、まだネバーランドにいるんだなって少し笑ってしまいました。

当たり前のようにピンチを作る宮西。
なんとか無失点でしのげたから良かったようなものの、危ない投球でした。
谷元は前回も書いたように、好不調の波がある選手ですからそこまで心配してないんですが、宮西は波があっても期間が短い選手で、ここまで長いのはあまり記憶に無いんですよね。
どうしたんですかねぇ。


さて最終回。
増井がしっかり3人で締め、裏の攻撃に。
相手は抑えの切り札松井。
1アウトから近藤が11球粘って4球を選び出塁すると、2アウトからレアードがヒットでランナー1・3塁。
ここでバッターは賢介。
3球目の真ん中に入ったスライダーを弾き返すと、打球はライト線を一人旅。
サヨナラの一打となりました。


近藤が粘ったことでサヨナラを呼び込めたんだと思います。
粘って繋いでキッチリ決めて。
やはりファイターズ野球は強いなってあらためて思いましたね。

もし明日勝つようなことがあったら・・・
もう本物かもしれませんね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

這い上がるんでしょ?


20170427.jpg



連敗脱出?
あぁそうですかという感じ。
なんだかね。



先発の加藤はすばらしかった。
抑えたこと自体もですが、今日の審判はホームベースの左右ビッタリで、上下に厳しい極狭の審判だったんですよ。
そのクッソ狭いストライクゾーンで勝負していくその度胸がすばらしい。
FOXスポーツでは実況が途中まで『未だノーヒットに抑えてるバンデンハーク!』と連呼していましたが、しょうじき投球内容を見たら、加藤のほうがノーヒットピッチやってるような内容でしたからね。
バンデンハークはそんなに良くなかったです。
この快投を続ける加藤が投げてる試合で連敗止められないのなら相当だなと思って見ていた7回、ついに試合が動きました。


しょうじきバンデンハークは6回からおかしかったんですよ。
1番からの打順ということもあってか、かなり気合い入れて投げてて、特に近藤の打席なんかはかなり力んで投げており、コントロールのばらつきを見ると限界が近いと感じさせるものでした。
しかし6回の時点ではノーヒット。
ここでヒットでも打って、7回から代えられる方がイヤだなと思って見てました。

7回表。
先頭の中田に対してストレートで押してくるホークスバッテリー。
調子の上がらない中田には、変化球よりもストレートのほうが合わないだろうという判断。
それは至極当然な選択だったのですが、見せすぎた上にド真ん中に投げては、いくら今の中田とはいえヒットを打つ。
左中間を破る2ベースヒット。
私はこれでバンデンハークを代えられるんだろうなと思ってたんですよね。
そしたら続投。
ホークスベンチの判断は間違ってないと思うけど、これはチャンスと見てました。

最初の球は変化球。
これを引っぱってファールにするレアード。
タイミングは良かったです。
2球目は胸元に厳しいストレート。
そして3球目はアウトローにストレート。
ガツン!
ライトテラス席に飛び込む先制2ランホームラン。
コースは悪くなかったが、レアードが最初からアウトコースを右方向に狙ってたのと、やはりバンデンハークの球威が落ちてきたが故のホームランだったと思います。


これでね、これで勝たなきゃいけないんですよ。
そしたら8回に石川かと思ったら宮西が出てきた。
中村・柳田の左対策ということなんだろうけど、しょうじき不安しかありませんでした。
結果は真ん中に投げて柳田に同点2ランですわ。
今の宮西と谷元は好調時に比べたら全然ダメ。
そんなのは百も承知だろうになんでベンチは送り出したかねぇ。
それこそそういった信頼はぶっ壊して、今目の前の選手を見てほしいわ。
というか2点差の8回で石川投げさせない意味がわからない。
アクシデントならしょうがないけど、そうじゃないならさっさと先発に回せばいいのに。
ここらへんからイライラが募っていきました。


そして延長10回表。
ランナー2人を溜めてバッターは中田。
相手ピッチャーは森なだけに、ここはバンデンハークといっしょでストレート押しだろうと思ってました。
しかし、初球は変化球。
けれどアウトコースのはずが真ん中に。
中田はこれを打ち損じ。
もったいない1球。
2球目はストレートが外れてカウント1-1。
3球目。
ストレートで押してくると思われたのですが、ホークスバッテリーが選んだのはカーブ。
しかしこれが真ん中に。
中田は本当にこういう甘い変化球を打つのが上手い。
勝ち越しの3ランホームラン。
もう普通はこれで勝負ありでしょ。
しかし、ベンチは連敗中にもかかわらず気を抜きます。


10回裏。
セカンドを賢介から石井に。
これが大失敗でした。
ここから石井が3つのミスを犯します。

まずひとつは先頭本多の足を考えずにゴロを待って取って内野安打にしてしまうミス。
しっかり準備していればそんなゆるいプレーはできなかったはず。

もうひとつは今宮の打球をダイビングして取ったまでは良かったが、今度は送球を焦ってしまいアウトに出来なかったミス。
右バッターで、しかも今宮クラスの足ならそこまで焦らずともしっかり投げればアウトには出来た。
しかしミスを引きずってまたミス。

最後は内川の打ち上げたフライを奥まで追っていって、ライトの松本と交錯するミス。
これ取ったから良かったけど、落としてたら同点ですからね。
打ち上げたフライと、自分がどのポジションからどれだけ走ったかが頭に入ってないから、余裕のライトフライをムリに追っていってケガしそうになってる。
周りが見えていないとしか言いようがない。
守備固めじゃなくて守備緩めじゃんかそんなの。
ベンチは何やってんだよ。

増井もピリッとせんし、相変わらず大事な場面でベンチはキャッチャーを代えないし。
苦しい連敗中じゃなかったのか。
これが最善の策なの?


勝ったところで喜べない。
這い上がるんでしょ?今の状況から。
だったらちゃんとしようよ。
特にベンチ。
頼みますよホントにもう。




毎度同じようなことを書いてますが


170426.jpg



毎回同じようなことを書いてる気がしますが、そんなに悪くないですよ。


ここ最近は投手がガマンできないという感じなので、この試合もそうだと言えばそうなのですが、初回以外はこらえて無失点なんですよね。
中継ぎ4人がしっかり仕事したというのはプラスです。
まぁしょうじき村田のような相手を幻惑するタイプの投手には市川のほうがいい気がしますけどね。


問題は打線だったのですが、この日5番に入った賢介が上手く機能しなかったのは残念なんですが、結果を見れば5安打4四球。
そこまで悲観的になる結果ではないと思います。


この試合で私をいちばん興奮させてくれたのは石川。
ホームランを2本打たれた柳田と真っ向勝負。
石川はその打たれたストレートで勝負し、柳田は点差もあったからフルスイングで対抗。
結果は空振りの三振。
非常に見応えがある対戦でした。
これで石川は自分に自信を持てたんじゃないですかね。


歯車が噛み合えばという試合が続いてます。
あと少しなんですよね、あと少し。
ファンは応援しかできないので応援していきましょ。



驚きの2人


170425.jpg



連敗でファンは暗くなってますけど、しょうじきそこまで悲観はしてません。
というか間違いなくチーム状況は上がってますよ。


高梨のピッチング自体はそんなに悪いものではありませんでした。
5回に審判のストライクゾーンが可変式にならなければ問題なかったはずなんですよね。
そこで連敗というプレッシャーが高梨を襲ってしまった。
なのでピッチングがどうこうじゃなくて、気持ちをもっと強く持ってくれれば高梨は結果がついてきますよ。

問題は谷元。
しょうじき下に落としてもう一回作り直したほうがいいんじゃないかと思うんですよね。
オープン戦終盤から調子を落としていて今の状況なわけですから。
でも谷元はこんな感じなんですよ。
一年間通して確実な仕事をしてきた投手じゃないわけですから。
意外と波のある投手です。
なので、ここらでちょっと気持ちを切り替えるためにも一度下に落としてリフレッシュしてもらえば、調子も上がってきてくれるんじゃないかと。
絶対に必要な戦力なわけですから、しっかり調整してほしいなと思います。

中島も難しいですね。
たまにヒットを打つものの、しょうじき打線に問題を抱える現状では守備がいいだけでは厳しいんですよね。
売りである粘り自体もそこまで発揮されてないし。
あのシフトを打破する打撃がコンスタントに出るのか。
試される年になりそうな予感がします。


この試合でいちばん光ったのは松本。
決まらない2番打者に名乗りを上げる2ホーマー。
インパクト抜群。
この後もチャンスはもらえるでしょうから、ここまでの活躍じゃなくていいので、松本という名前を野球ファンに知らしめてほしいですね。


私がこの試合でいちばん褒めたいのは松本でも鍵谷でもなく大野。
この試合の大野はおもしろかったなぁ。
勝負球でカーブとか大野ワールドも出たんですが、とにかくこの試合はなんとしても勝つんだという気持ちがリードから伝わってきました。
デスパイネのインコースに果敢に飛び込んだり、カーブを初回から有効に使ったり。
今まではインコースに投げられる投手にしか要求しなかった大野でしたが、この日はどの投手にもしっかり要求しており、まさに『攻める』という言葉がピッタリなリード。
これが見たかったというリードをついにやってくれた気がします。
いやぁ、こんな日が来るとはなぁ。

攻める大野、硬軟織り交ぜる市川。
こういう風になったらおもしろいなぁ。
大野の見方が変わりそうな気がします。


間違いなく状態は上がってます。
ベンチの采配が悪いだけ。
勝てば自信が付くし、若いから乗っていくと思います。
もうちょっとで這い上がれると思うので、ファンも暗くならず応援していきましょう。




手がかり


170423.jpg



いやいや、いいんじゃないですかね。



そりゃ大敗はしましたよ。
けれど、メンドーサはいいピッチングしてても突然崩れるのがメンドーサだし、谷元はオープン戦終盤から調子悪かったし、宮西は今シーズン未だにらしいピッチングなんて見たことがない。
だから打ち込まれたところで不思議じゃない。
問題はぶつ切れ打線だったわけで、それがつながって点を取れたというのが収穫じゃないですか。

大田のヘッスラ良かったなぁ。
中田の打球の角度が良くなっているのも一安心。
打線に怖さが出てくれば、相手もミスをしますからね。
今までは完全に上から目線で投げられていたファイターズ打線でしたが、ここからはそう簡単にいかないよという感じを見せた試合だったと思います。

問題は、出て来る投手の自信の無さですね。
ドキドキしながら投げてるのが伝わってくるのはいただけない。
ここから反撃するには投手がいつもどおりの力を出し切ること。
そうすればウチの投手力なら抑えられます。


さぁ這い上がっていこうか。



プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04