拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ついに見直し




ついにこの日がきたかという感じ。


NPBがボークの見直しを発表しました。
このブログでは再三言い続けていただけに、やっとかという感じ。
早く導入してくれりゃマーティンもいなくなることはなかったかもしれませんね。
オープン戦での審判のジャッジを見ないとわかりませんが、これでただ足が速いだけの選手の盗塁が減ります。
ということは、西川のような技術を持った選手が盗塁王になりやすいということ。
楽しみに注目したいと思います。

2段モーションも廃止して、チャレンジも導入。
あとはくだらないプロアマ規定が取っ払われリャ最高なんですが。



2017 順位予想反省会




誰も見てないこの時期に、順位予想の反省会をしてみる。



開幕前の順位予想はこうでした

1位 北海道日本ハムファイターズ
2位 福岡ソフトバンクホークス
3位 東北楽天ゴールデンイーグルス
4位 千葉ロッテマリーンズ
5位 オリックスバファローズ
6位 埼玉西武ライオンズ


いやぁ、我ながら恥ずかしい。
ライオンズとファイターズが大誤算でしたなぁ。


まずはホークスですが、先発の数はうらやましいが、中継ぎが問題と書きました。
スアレスと森福が抜けましたからね。
しかし、そこにモイネロが入り、腕を下げて覚醒した嘉弥真が入り、完全に穴を塞いでしまった。
これは見事としか言いようがない。
完全に誤算でした。
まぁ嘉弥真は『あれ?』っていうのがオープン戦からあったんですが、モイネロはなぁ。

打線は想像通りの怖さでした。
デスパイネもしっかり仕事したし、内川もがんばってた。
優勝にふさわしいチームでしたね。
なんで2位にしたかね。

あ、石川は新人王候補と書きましたが、中継ぎからの起用だったのでダメでしたね。
でも高い能力は見誤ってなかったと思ってます。
スタミナの問題がなんとかなれば、将来楽しみな選手です。



イーグルスは岸の加入がプラスというのは当たったのですが、安楽がケガで全く戦力にならなかったのは誤算でした。
打線は外国人次第と書いたのですがペゲーロの活躍に加え、茂木も大活躍。
この大活躍は全く読めなかった。
打力で前半戦を一気に駆け抜けた感じですね。
その打線に後押しされるように投手陣も軒並み好ピッチをしていて、付け入る隙がなかった。
しかし、その外国人組がケガだったり攻略されたりして勢いが弱まり、茂木のケガでさらに勢いが落ちてきて打線の勢いがなくなると、投手陣からも自信を奪ってしまい、前半と後半で全く違うチームになってしまいました。
躍進の予想は当たったんですけどね。



全く当たらなかったライオンズ。
打の方は文句ないんだけど、投も合わせて守るほうがという予想でした。
投手は菊地ががんばりましたが、その他はそこまで想像と違うものではありませんでした。
しかし、なんかこう投手みんなが少しづつがんばってたというか、粘りがあった感じがしました。
そして守備は源田が大きかった。
そして源田に限らず、守備もみんなが少しづつがんばった感じがしましたね。
チーム力が全体的に上がった印象があり、なんでこれを読みきれなかったのかなぁ。
反省ですね。



バファローズは想像通りでした。
順位は当たりませんでしたが、全てにおいてちょっと足りないという予想は外れてないと思います。
けっきょく首位とのゲーム差を見ても去年とほとんど変わらないわけですから、予想はドンピシャだったんですよねぇ。
ただバファローズより下位に沈んだ2チームがひどすぎたんだよなぁ・・・



マリーンズはデスパイネの穴と、外国人の活躍が心配と書きましたが、まさか想像以上にこの穴がでかいとはね。
しかも涌井と2枚看板であるはずの石川が大コケ。
期待された中継陣もボロボロ。
打てない守れないという二重苦を背負ってしまったシーズンでした。
そんなマリーンズに私は親近感を持ちましてね、シーズン途中からマリーンズが勝つと喜べるようになりましたよ。
だってファイターズもひどかったんだもの・・・



さぁ最後は我らがファイターズ。
1位予想でしたが結果は5位。
恥ぁ~ずぅかしぇ~。
では頬を赤らめながら振り返りたいと思います。


まず投手ですが、もうグダグダでしたね。
増井が抑えに回った穴を、村田とエスコバーで埋められるかどうかなんて書いてたんですが、増井どころか大谷のところも大きな穴が空いたし、有原のところも高梨のところも予想してた以上の穴が空いちゃって、もう危なくて歩けないぐらいですよ。
まぁメンドーサは最初から期待してなかったけど、それでも予想以上の残念な結果だったし。
途中から『誰でもいいから投げてくれ』って感じになっちゃいましたもんね。

中継ぎはそこまでひどくなかったと思ってます。
まぁたまに中継ぎが先発の勝ちを消しちゃったのもあったけど、それは先発が毎度毎度早いうちに3点も4点も取られて試合が決まっちゃうという試合が多かったから、あぁ今回はなんとか逃げ切れるかもという期待感を裏切られるからイラッとするわけで、先発がしっかり投げてりゃファンだって『まぁ今回はしょうがないよ』と余裕が持てるんですよ。
それだけ今年は先発がひどかったってことなんですよねぇ。


去年のシーズンオフは『さすがに今年ほどの開幕前の野戦病院化はそうそうないよ』なんて余裕かましてたんですが、まさかそれを超える野戦病院となるとはね。
そこにでかいの打てる2人の不調でしょ。
どうやって戦えというのかって話ですよね。
中田は論外として、レアードなんてホームランこそ打ってるものの、打率がひどすぎた。
特にクリーンアップに入ってからは勝負強さも消えてしまい、ただの振り回す人になってしまいました。
これでは流れが作れませんわね。
近藤も途中でいなくなっちゃうし、大谷もケガ明けに予想ほど活躍しなかったし。
こんなひどい状況になるとはさすがに予想できませんでしたね。
でもまぁそれでも1位予想は目が曇ってたとしか言えないわなぁ。
猛省ですね。



はぁ、やっと順位予想の反省会ができました。
特に今年はあまり反省会したくなかったんで、早めにやらないとやらないままで終わっちゃうなと思ってたから、年明け前にできて良かったです。
来年はバチッと当てたいなぁ。



中田残留・増井FA宣言




中田が残留、増井がFA宣言です。


まず中田の残留ですが、残ってくれてよかったなと思ってます。
清宮ブームで1塁がどうこうと言われてますが、現状で1塁守れるのは実績からして中田しかいないですからね。
確かに今年は惨憺たる内容だったし、そこに監督の意固地も加わってえらいことになってましたが、能力は疑う余地がないわけで、残ってくれればありがたい選手なんですよね。
横尾の覚醒も楽しみではありますが、中田の復調のほうが可能性は高い。
どうせ賭けるなら可能性の高い方に賭けるのがいいでしょう。
来年も状態が戻らない場合は監督もさすがに考えるでしょうしね。
まぁ残るとは思ってましたけど、本人の口から聞けてホッとしました。


増井はどうなりますかね。
宣言残留も視野に入れているとは言いますが、漏れ聞こえてくる情報だと、家族のこととかチーム状況を考えると、あの球団が動くのかなと。
まぁ決断は選手の自由ですから、出ようが残ろうがかまわないんですが、出られた場合、先発も中継ぎも抑えもできるオールマイティーな駒を失うことは事実。
できれば残ってほしいですが、まぁこればっかりは様子を見ないとね。
悔いのないように決断してくれればいいかな。



2017 ホークス日本一

 


ホークスが日本一になりました。
いやぁよかったよかった。
やはりパ・リーグを代表するチームが勝ってくれないとね。


やはりホークス野球の質の高さがべシスターズを上回った感じでした。
特に投手力の差が大きかった。
たしかにやりくりでベイスターズにも光るものはありましたが、山崎・パットン等、中継ぎ陣が打たれてしまったベイスターズと、岩嵜・サファテがしっかり抑えたホークスを見ると、差はあるなと。
特にサファテが鬼でした。
ほとんどあたらないセ・リーグのチームが、あのサファテを攻略しろというのは難しいですね。
MVPも納得です。


ただ、ホークスにも問題はあったんですよね。
それは打撃がとにかく淡白だったこと。
特に柳田を1番に置いたため、どんどん振っていく打線になってしまった感じがします。
ファイターズであれば5回か6回途中で降ろせるだろうにという内容の先発を7回まで投げさせてしまう。
今宮や明石などのバッターが粘っていやらしさを出すべき場面で早打ちしてしまい、相手先発を助けてしまっている場面が多かった。
振っていくのが今の流行りですが、粘るのも大事。
ホークス独特の強さはもっと出せた気がします。


日本シリーズは、そのシリーズを象徴するようなプレーが出るものです。

山井の完全試合継投。
森福の11球。
田中将大の抑え登板。
加藤の危険球。
見せ大谷。

最近の試合だけでもこうやって出てくるのですが、今年の日本シリーズはこういったシリーズを象徴するプレーが無かった気がします。
しいてあげるなら、毎試合守備のミスが勝敗に大きく影響したシリーズだったかなと。
内野のダブルプレーミスもそうですが、余計なインコースのホームランや送球の迷いが目立ちました。
まぁミスしたほうが負けるのは当たり前ですが、ファンが頭を抱えてしまうようなミスが多いってそうない気がします。
だからってこのシリーズのレベルが低いというわけじゃないのもミスが目立つ理由だったのかなと。
ファンからするといろいろストレスの多いシリーズだったかもしれませんね。

あ、まぁサファテの3イニングがあるか。
ただ劇的なと言われるとちょっと弱いかな。


さぁここから本格的なストーブリーグに突入。
誰が出て誰が入ってくるのか。
いろいろ楽しみです。



2017ドラフト




ファイターズのドラフト1位は

清宮幸太郎に決定!

いやぁ木田が手を上げたときに思わず叫んじゃいましたよ。
ネットでは、またファイターズかよという声が多いですが、そんなの気にしない。
取りたい選手に行くだけですからね。

まぁ清宮で心配されるのは守備ですよね。
ケガの影響で肩も弱いという話も聞きました。
しかし、もしプロでも厳しく1塁以外に守れないというのであれば、この数の球団が競合するはずない気がするんですよね。
もしにっちもさっちもいかない、守備に関して肩に関して将来性がないというのであれば、なんで推してくるんだよとスカウトが責められると思うんですよね。
そこの課題はある程度クリアできるよというものがあるからこれだけの球団が1位指名した気がします。
それはもうスカウトがずっと何年間も見てきたわけですから。
DH専を最初から考えてドラフトはやらない気がするんですよね。

もともとファイターズの場合はピッチャーとキャッチャー以外は複数ポジションやらせてますから、清宮も1塁以外に挑戦はするんじゃないでしょうか。
反応もかなりいいようなので入団は間違いないでしょう。
沖縄とかどっちでキャンプやらせるんですかね。
すごい数の報道陣とファンが行きそうだなぁ。


2位はNTT東日本の西村 天裕。
150オーバーの球を投げる右投げで、全身を使って投げるタイプ。
なんかリリーフで使えそうな感じ。
最近のファイターズに多い、コントロールより勢いというピッチングですね。

3位は柳ヶ浦高校の田中 瑛斗。
140キロ半ばのストレートを持ち、淡々と投げてる感じのピッチャー。
まだ体はできてないけど、コントロールで勝負する技巧派先発ピッチャーっぽいですね。
なんか入団前から家族問題で有名になっとるなぁ・・・

4位は創志学園の難波 侑平。
投手ではなく野手として指名ですね。
これは完全なる素材型。
肩がいいので、ショート・サードはおもしろそう。

5位は白鴎大足利の北浦 竜次。
左腕投手らしいのですが、動画が見つからず何とも言えません。

6位は東北学院大の鈴木 遼太郎。
なんだかまとまった感じの右腕。
強烈な武器はない感じなので、これからの化け方に期待。

7位は東大の宮台 康平。
かなり注目されていた投手でしたが、ウチに来ましたね。
150近い球を投げる左投げ。
なかなか貴重な存在だと思うので、早いうちに出てきたらおもしろいかな。


とりあえず評価されてもいいドラフトだったんじゃないですかね。
いやぁ良かった良かった。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728 02