拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

4番は良かった&手のひら返し成功

 




書くことがあまりない試合でした。


久しぶりに上沢の悪いとこが出ましたね。
上手くいかないことがあると自分を信じられなくなっちゃう。
それに若い清水がつられてしまった。
バッテリーで反省ですね、この試合は。

鍵谷も厳しいなぁ。
出てくるたびにピンチを作ってしまっている。
玉井が2イニングピシャリの好投を見せただけに、ちょっと苦しい立場になったかな。

それと今年は何度も書いていますが、レアードの守備の意識が低い。
立ち遅れもあるし、飛びつくような気合も見せない。
これで打つ方が戦力になってるならまだいいんですけど、ほぼ宝くじ。
5番で使う理由が未だにわかんないなぁ。

書くことがあまりないような試合ですが、中田の活躍だけは書かなきゃダメでしょう。
一人で気を吐いてましたね。
4番として申し分ない仕事をやり続けてますよ。
投手は先発中継ぎともに形が見えてきましたから、あとは打線が安定してくれればなぁ。



さて代表の試合ですよ。

いやぁ、しょうじきすばらしかったなと。
スペインが、かつての栄光を取り戻すことなく消えたことで、パスサッカーの終焉なんて言われてましたが、まさか極東の島国で、パスサッカーが精密な組織力とともに再注目されることになるとはね。
ムダに相手を削るファールを連発しない。
ファールを受けて大げさに転がり回ることもしない。
日本っぽいなと海外から絶賛ですよ。
パス回しで『日本の醜いサッカーwww』『決勝トーナメント進出しても恥の上塗りwww』とか言ってたやつ?
ざまぁみろ。
世界を驚かせるサッカーができるんですよ、日本は。

まぁ惜しむらくは準備期間の少なさでしたね。
あのセットプレーで当たりに強いコンサの都倉みたいな選手がいたらと考えてしまいました。
けっきょく準備期間が少ないから、それまでハリルが選んできた選手でやりくりするしかなかったわけですよね。
連携とか考えれば。
だからやはりハリルの解任はもっと前にやるべきだったんですよ。
そういう意味でも協会の責任は重いですよね。

メンバーは海外組が多いけど、これでJも盛り上がってくれたらいいなぁ。




週末のカード




飲みに行ったりスポーツ見たりで夜が忙しく更新もできやしない。
というわけで3連戦を簡単に。



金曜日の試合。

マルティネスががんばったんだけどね。
まぁしょうがない。
でも7回の大田の打席は未だに納得できない。
間違いなくボールゾーンに飛んだ球をストライク判定されて4球を逃してしまった。
審判がバカみたいな判定しなければ、その後はどうなるかわからなかったですよ。
審判が主役になる試合は大っ嫌い。

この試合で札幌の吹奏楽部がコラボしてくれたんですけど、ああいうのを前からやってほしかったんですよね。
一部の選手だけやってたんですが、私の希望としては選手の登場曲なしで7回までやってほしいんだよなぁ。



土曜日の試合。

この試合は初回が全てでした。
高梨が立ち上がりにいつものストレートを連発して連打を喰らい、3番ロメロにタイムリーを打たれたと思ったのですが、西川がランニングキャッチ。
何を思ったのか2塁ランナーが走っておりゲッツーになると、この回をまさかの無失点で終える。

逆に裏の回ではトントンとタイムリーが出て、横尾がズドンで5対0。
チャンスを潰したチームと、チャンスを生かしたチームの明暗がくっきりという初回になりました。
やっぱミスは怖い。



日曜日の試合。

吉田が先発。
ストレートが上ずっていましたが、気持ちで抑えてる感じ。
ただ気持ちで抑えられるのは一回りだけ。
二回りめが勝負だろうなと思ったらホントに二回りめで捕まって、そこに石井のキャッチミス、清水お得意のセンターとのキャッチボールが飛び出しあらゆるものが崩れました。
ここで勝負ありでしたね。



けっきょく1勝2敗で終わりました。
これによって上位5チームが団子になるという恐ろしい展開に。
抜け出したかったのですが、まぁそう上手くいきませんわな。
なんとかこの上位争いに踏みとどまるためには西川の復調と打順をなんとかしなければいけませんね。



さぁ、今日は代表の試合。
どうなることやら。




サヨナラ押し出し


180627.jpg



劇的と言いたいところだが。



上原の地元凱旋登板。
少し調子が下がっているとはいえ、中村晃がチェンジアップを追いかけて三振するのを見て、これは今日期待できるんじゃないの?と思いましたね。
けっきょく5回までしか持ちませんでしたが、審判のクソみたいなゾーンがなければもう少し行けたと思います。
次こそ長いイニング頼むよ。


さて相手先発摂津ですが、こちらも審判のゾーンに苦しむものの、持ち前の技術でしっかり抑えていきます。
まぁ摂津と戦ってきた主力がほとんどいない若いチームというのも苦戦した理由かなと思いますね。
パッと見て対応できる相手じゃないですから。


摂津がスイスイ投げている状況で失点するわけにはいかないファイターズ。
6回から最近好調の井口が登板したんですが、これがすばらしかった。
レアードの怠慢プレーで柳田を出塁させてしまいますが、落ち着いて抑えていました。
回を跨いでも好投は続き、2回を投げて無失点。
勝ちパターンの7回を任せてもいいんじゃないかと思わせる好投の連続に、どこまでこの状況が続くのか楽しみでもあり不安でもあります。
安定してくれればいいなぁ。


7回裏に摂津から代わったモイネロが、アルシアをストレートのみで三振に仕留めると、アルシアはその攻め方と自分のバッティングにイラッとしたのかバットを折る一幕がありました。
確かに物にあたるのはいいこととは思わないけど、こういう行為をするとすごい悪いことしたみたいに言われるでしょ。
これが昔からスポーツを見てる私にとっては不思議でしょうがない。
昔、セシル・フィルダーなんてイラッとしてバット叩きつけて折ろうとしたら、それが折れずに跳ね返って指を骨折なんて笑い話のようなケガがあったけど、まぁ世界ではゴルフだってクラブ叩きつけて折るのもいるし、サッカーならゴール奪われればイラッとしてゴールポスト蹴るなんていうのはよく見る光景。
いつから日本のスポーツはこういう感じになったのかなぁ。
熱くなって気持ちが溢れすぎたという目で見てあげてほしいなと思います。


8回にまたしてもレアードの凡ミスで柳田が出塁し、そこから失点。
足を動かすならサイドでキャッチしようが文句ないんだけど、深く沈み込まず動かないレアードの守備なら正面に入れるのは入れよと。
守備コーチ何やってんのかね。


その裏の回にチャンスを作るものの、またしても審判のクソゾーンが大田に炸裂。
今まで全く取らなかったコースをストライクにされたらそこ近辺は振らないとしょうがない。
けっきょく得点は奪えませんでした。
先頭の鶴岡が出塁し、代打の矢野が今シーズン初ヒットを打って流れはファイターズと思っていただけに、この無得点は致命的と思えました。
しかし、まさかああいうことになるとは・・・


9回裏、マウンドには森。
1アウトとなりバッターはアルシア。
2ストライクとなりホークスのキャッチャー市川はボールゾーンにストレートを要求。
しかし、ボールは驚くほどのど真ん中。
市川は腕を伸ばしてキャッチしようとしたものの、ボールは市川のミットに収まることはありませんでした。
バックスクリーン横に飛び込む第6号ソロホームラン。
昨日といい、まぁアルシアはついてるなぁ。

これで1対2と1点差。
それでも逆転できる感じはしなかったんで、まぁ最後にいい思いができてよかったなくらいに思ってました。
レアードが三振して2アウト。
しかし、ここで横尾が三遊間を破るヒットを放つと、鶴岡はデッドボールで出塁。
ここらあたりから森の様子がおかしくなってきました。

代打に賢介。
粘って粘って8球目。
アウトコースのストレートを弾き返すと、打球は1・2塁間を破る同点タイムリー!
値千金のヒットでした。

ここから森の投球が完全におかしくなる。
西川にはカットボールを連発するも、ストライクが入らず4球で満塁。
球場中がざわつく中で打席に大田。
ボール、ボール、ボールでサヨナラ押し出しにあと1球。
4球目、森が投げる瞬間に打席を外す動きを見せて揺さぶる大田。
ボールは低めに外れる。
審判が動かずに『ボール』と言ったのを見た大田は、ガッツポーズで喜んで、バットをポイ~っと投げました。
サヨナラ押し出し。
あんな変なバット投げはなかなか見られませんよ。(⌒▽⌒)


ただ、足早にベンチに消えていく森の背中を見ると、サヨナラの嬉しさより、ちょっと物悲しさというか、そういう苦しい気持ちを感じました。
ライオンズに大逆転負けした試合や、カープにサヨナラ負けした試合を思い出したからでしょうね。
ホークスも中継ぎが苦しい状況で森が大抜擢されたわけですから、こういうのもしょうがないのかなと。
森はこれを糧にして次がんばってほしいなとも思ったサヨナラ勝ちでした。


何はともあれホークスに連勝。
あとは今日の代表が勝ってくれれば最高だな。




沖縄初戦

 


いやぁ、眠い。
なので簡単に。



沖縄でのファイターズ戦。
なかなか公式戦ができないところなので、沖縄のファンにいいところを見せたい。
そんな思いに応えてくれたのが上沢でした。


初回こそちょっとふらつく感じがあったんですが、そこから安定感抜群のピッチング。
相手を翻弄するピッチングを続けていく。

それに対して相手先発の千賀は初回から不安定。
西川の走塁、大田の走塁に助けられ2アウトは取りましたが、自分で取ったアウトは無く、4人連続で出塁させてしまうらしくなさ。
ここでアルシアがど真ん中とはいえ、千賀のストレートをバックスクリーンまで運ぶ3ラン。
逆風関係なしの一発に驚き。
千賀のストレートをキレイに弾き返したのはビックリしました。
これはもしかしたら覚醒か!?と思ったのですが、その後にレアードがストレートをライトスタンドに叩き込み、賢介がしっかりカットできていたことから、千賀のストレートが走ってなかっただけでしたね。
その後の打席はいないのと同じ内容でしたから。
それでもストレートを捉えたのは事実。
これでもう少し高いストレートも当たるようになればいいのですが、どうなりますか。


上沢は6回までパーフェクト。
ヒットは打たれましたが、終わってみれば2安打無四球の完封勝利。
マルティネスとファイターズを支える両輪となっていますね。


今日は上原。
地元で勇姿を見せましょう。



とりあえず土日と代表

 



土曜は夜に用事があって飲んでたし、今日は日本戦ですからまとめるヒマなんかありゃしない。
なので簡単に。



土曜日は杉谷のホームランにいきなり驚かされましたが、その裏のバッテリーはダメダメでしたね。
高梨の勝負球がストレートというのはわかるし、長いイニングの組み立て考えたらストレートで早い回は押したいというのもわかる。
だけど、だからといってストレートだけで押していって連打食らっちゃ意味がない。
なんかパターン化してるようでこういうのは嫌いなんですよね。
いや、わかっててもなかなか打てないストレートなら問題ないですよ。
だけどバリバリ三振取ってた頃の高梨のストレートじゃないですからねぇ。
それでもまぁある程度ガマンして投げられたのは良かったと言っていいんじゃないですかね。

この試合で良かったのは中田と井口。
高いレベルで安定してますね。
このままでお願いします。



さて今日の試合。

初戦に続きやらかしてましたなぁ。
初回にいきなり石井と杉谷がやらかしてました。
中島が負傷離脱した現状で、チャンスはいろんな選手に訪れるわけですから、自分から手放すようなプレーはいただけません。

加藤もおなじみの中盤で捕まるしなぁ。
これで先発ローテがますますわからなくなった感じ。

ウチがやらかすと相手にも伝染するのか、ペゲーロがホームランと勘違いして走塁を緩め、シングルヒットにしてしまう凡ミス。
しかも、牽制アウトとか敵ながら何やってんだって感じ。
ここらへんでちょっと冷めた応援姿勢になりました。

ライトの近藤がボールを置いてくるミス。
杉谷が追いつきながらもフェンスとの距離感が取れず落球してしまうミス。
極めつけはピッチャー石川が、ファーストゴロに中田が自分でベースを踏むと勘違いしてしまい、足を緩めて内野安打にしてしまったミスでしょう。
相手バッターの田中が、チームでも1・2を争う俊足というのが頭にあればこんな凡ミスはしなかったでしょう。
これがけっきょく決勝点ですから、笑うしかないでしょう。

なんか、今年のファイターズはこんな感じだよと思い出させてくれる負けでした。



それよりも日本代表の試合ですよ。
身体能力に組織力で上回った試合でした。
試合内容はほぼ勝ちと言っていいでしょう。

おもしろかったのは1点目。
長友が後方からのボールをちょっとトラップミスするのですが、それを拾って乾にパスを出し、それを乾がゴールに叩き込むんですけど、その長友の反応がセネガルの選手より速かったんですよ。
身体能力はかなわなくても、やっぱストップ&ゴーの速さは背が小さくて体重が軽く、足の短い日本人の方が小回りがきくから速いんだなと。
長友の身長があと5センチ高くて、あと5キロ体重が重かったらこのゴールは生まれてなかったでしょうね。

勝てなかったのは残念と思わせる試合を見せてくれた代表には拍手ですね。




プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (7)

2018/06 (17)

2018/05 (20)

2018/04 (21)

2018/03 (13)

2018/02 (9)

2018/01 (2)

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (15)

2017/08 (15)

2017/07 (20)

2017/06 (21)

2017/05 (19)

2017/04 (21)

2017/03 (16)

2017/02 (7)

2017/01 (3)

2016/12 (3)

2016/11 (5)

2016/10 (12)

2016/09 (19)

2016/08 (21)

2016/07 (19)

2016/06 (19)

2016/05 (19)

2016/04 (20)

2016/03 (14)

2016/02 (11)

2016/01 (1)

2015/12 (1)

2015/11 (3)

2015/10 (9)

2015/09 (19)

2015/08 (26)

2015/07 (19)

2015/06 (19)

2015/05 (20)

2015/04 (21)

2015/03 (15)

2015/02 (11)

2015/01 (2)

2014/12 (2)

2014/11 (5)

2014/10 (14)

2014/09 (19)

2014/08 (18)

2014/07 (16)

2014/06 (15)

2014/05 (20)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (10)

2014/01 (3)

2013/12 (6)

2013/11 (5)

2013/10 (10)

2013/09 (23)

2013/08 (22)

2013/07 (20)

2013/06 (20)

2013/05 (19)

2013/04 (20)

2013/03 (8)

2013/02 (4)

2013/01 (3)

2012/12 (3)

2012/11 (9)

2012/10 (12)

2012/09 (19)

2012/08 (21)

2012/07 (18)

2012/06 (20)

2012/05 (18)

2012/04 (23)

2012/03 (7)

2012/02 (5)

2012/01 (3)

2011/12 (7)

2011/11 (12)

2011/10 (19)

2011/09 (22)

2011/08 (24)

2011/07 (27)

2011/06 (23)

2011/05 (22)

2011/04 (19)

2011/03 (13)

2011/02 (7)

2011/01 (6)

2010/12 (15)

2010/11 (12)

2010/10 (12)

2010/09 (25)

2010/08 (23)

2010/07 (24)

2010/06 (20)

2010/05 (20)

2010/04 (26)

2010/03 (11)

2010/02 (9)

2010/01 (8)

2009/12 (3)

2009/11 (13)

2009/10 (19)

2009/09 (24)

2009/08 (13)

2009/07 (18)

2009/06 (17)

2009/05 (19)

2009/04 (23)

2009/03 (10)

2009/02 (4)

2009/01 (4)

2008/12 (8)

2008/11 (11)

2008/10 (14)

2008/09 (28)

2008/08 (24)

2008/07 (28)

2008/06 (6)

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07