拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

外好き捕手

120414.jpg





前の試合がああだったので、この試合はマサルにビシッとしめてもらおうかいと思いながら見ていたこの試合。
結果はファインプレーあり、一発あり、相手のミスにつけこむプレーありとファイターズらしさは出たのですが、しまった試合かというとそうでもない感じでしたね。


この試合いちばん問題だと思ったのは、大野のリード。
とにかくかわすリードが目立ち、攻めるリードが見られなかったことに不満を覚えます。

マサルの良さはすべて同じ手の振りから繰り出されるストレートと変化球、そしてコントロールですよね。
たとえば自分がバッターと考えた時に、投げてみないと何が来るかわからないピッチャーは嫌ですよね。
事実「狙い球が来た!」と思ってバットを降りだしたけどタイミングを外され「まだ来ないんか~い」って前につんのめりながら三振するバッターが多いです。
それほど見極めが難しいマサルのピッチングですが、それがアウトコースに限定されたものならどうでしょう。
高低といえど、だいたい高めに来る球はストレート。あとは抜け球しか高めには来ません。
そうするとマサルの投げる球は3種類、ほぼ高めには来ないけど高低の2種類。ただし高めであろうが低めであろうが狙い球ならある程度対応は出来る。それがすっぽ抜け球なら対応は難しくないでしょう。
そうするとバッターの選択肢は4種類ぐらいしか無い。
当たる確率は4/1。
こうなるとマサルの「すべてが同じ腕の振りのピッチング」という良さがちょっと消える気がしませんか。

ではここにインコース、アウトコースというものを入れたらどうでしょう。
高低だとバッターの体の使い方は小さいですが、内外を捌こうとすると重心の位置がまったく変わります。
それだけ対処が困難ということです。
マサルの投げる球は3種類。
先程も書いたようにマサルは意図的に高めへストレートを投げることがありますから高低を考えると4種類。
ここにインコース、アウトコースを入れると単純に考えて8通りの選択肢がバッターには出来ます。
当たる確率は8/1。
こうなると、ちょっと当たる感じが薄れてくるでしょ。

更にインコースへ厳しい球を投げておくと、バッターによっては踏み込めなくなりますから、さらに当たる確率は減っていきます。
更に言うと、インコースは確かに長打の怖さを含みますが、同一のバッターに毎回インコースを見せる必要はありません。
どこか1打席に印象的なインコースの1球を見せておけば、次の打席にそのバッターが入った時、頭の中の選択肢にインコースが勝手に入ります。
そうすればバッターは迷いやすくなりますよね。
だから早いうちにインコースを使いなさいよと解説者はよく言うのです。
自分たちがバッターボックスに入った時に嫌な思いをしたから。

コントロールという武器を持ったマサルに、球質が軽いから間違うと怖いといってインコースを避けるのは「宝の持ち腐れ」と言えるんじゃないですかね。


さらに増井のリードもそう。
大野も鶴岡も困ったらすぐにアウトローにミットを構えるでしょ。
これがどうにも納得出来ない。
そのコントロールがあったら増井はすぐに久を押しのけて守護神になれますよ。

ど真ん中にストレートを投げても、ストレートを待っていたバッターが空振りするんですよ。
それほどストレートに威力のあるピッチャーに対して、なぜもっと意図的に高めを要求しないんですかね。
単純に高めのストレートと低めのストレート、どっちが打ちづらいかって言えば、間違いなく高めの方が打ちづらいんですよ。

手からミットまでの距離。
視覚による距離感の把握。
使う筋肉の違い。
恐怖感とか生理的反応というのもあるかな。
高いことは悪いことではありません。

特に増井のような伸びるストレートを投げるピッチャーには、高めを有効に利用したほうが効果的です。
人間は物が飛んできた時に、その飛んできた物の速度を見て、それに重力がかかったところを自然と想像して飛行の軌跡を頭に描きます。
ですからキャッチボールが出来るのですけど、増井の場合はボールの回転がよく、非常に伸びるので、なかなか球が落ちてこない。
バッターから見るとボールがホップするような感覚なんでしょう。
だからバットがボールの下をくぐりぬけている。
バッターは頭の中で「ここに飛んでくるはずなのに~!」と思いながら振ってるわけですね。
だから報道ステーションで解説をやっている工藤はストレートのことを「変化しない変化球」と名付ていました。
落ちてこない、まっすぐの軌跡を描く変化球。

このストレートを高めに投げない手はないんです。
このストレートを高めに投げると、落ちる変化球が更に威力を増します。
ファールでカウントを稼げます。
いい事だらけです。
しかしアウトローにミットを構える。
なんなんですかね。




外一辺倒のリードはダメ。
ストライクゾーンを広く使わないリードはダメ。
バッテリーコーチは仕事しないとダメ。
勝ったけどスッキリしないよ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう


Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (10)

2018/06 (17)

2018/05 (20)

2018/04 (21)

2018/03 (13)

2018/02 (9)

2018/01 (2)

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (15)

2017/08 (15)

2017/07 (20)

2017/06 (21)

2017/05 (19)

2017/04 (21)

2017/03 (16)

2017/02 (7)

2017/01 (3)

2016/12 (3)

2016/11 (5)

2016/10 (12)

2016/09 (19)

2016/08 (21)

2016/07 (19)

2016/06 (19)

2016/05 (19)

2016/04 (20)

2016/03 (14)

2016/02 (11)

2016/01 (1)

2015/12 (1)

2015/11 (3)

2015/10 (9)

2015/09 (19)

2015/08 (26)

2015/07 (19)

2015/06 (19)

2015/05 (20)

2015/04 (21)

2015/03 (15)

2015/02 (11)

2015/01 (2)

2014/12 (2)

2014/11 (5)

2014/10 (14)

2014/09 (19)

2014/08 (18)

2014/07 (16)

2014/06 (15)

2014/05 (20)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (10)

2014/01 (3)

2013/12 (6)

2013/11 (5)

2013/10 (10)

2013/09 (23)

2013/08 (22)

2013/07 (20)

2013/06 (20)

2013/05 (19)

2013/04 (20)

2013/03 (8)

2013/02 (4)

2013/01 (3)

2012/12 (3)

2012/11 (9)

2012/10 (12)

2012/09 (19)

2012/08 (21)

2012/07 (18)

2012/06 (20)

2012/05 (18)

2012/04 (23)

2012/03 (7)

2012/02 (5)

2012/01 (3)

2011/12 (7)

2011/11 (12)

2011/10 (19)

2011/09 (22)

2011/08 (24)

2011/07 (27)

2011/06 (23)

2011/05 (22)

2011/04 (19)

2011/03 (13)

2011/02 (7)

2011/01 (6)

2010/12 (15)

2010/11 (12)

2010/10 (12)

2010/09 (25)

2010/08 (23)

2010/07 (24)

2010/06 (20)

2010/05 (20)

2010/04 (26)

2010/03 (11)

2010/02 (9)

2010/01 (8)

2009/12 (3)

2009/11 (13)

2009/10 (19)

2009/09 (24)

2009/08 (13)

2009/07 (18)

2009/06 (17)

2009/05 (19)

2009/04 (23)

2009/03 (10)

2009/02 (4)

2009/01 (4)

2008/12 (8)

2008/11 (11)

2008/10 (14)

2008/09 (28)

2008/08 (24)

2008/07 (28)

2008/06 (6)

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07