拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

おもしろくない話

 
 
 
ぜんぜん違う記事を書こうと思ったのだけれど、ちょっと気になることがあったのでそちらの話を。
読んだ所で個人的意見だし、まったくおもしろくない記事なので、それでも読んでやるというかただけ「続きを読む」からどうぞ。

今日の「道新」の話です。





 
 
 
今朝新聞を見ていたら、道新の第3社会面に「教育現場に無力感」という記事があった。
内容は大阪で起立条例制定後、初の卒業式で8人の教職員が起立しなかったということから話が展開していくのだが、これが一方的な内容でビックリした。

大阪には多様な出自の子供がおり、国歌国旗について学校でも議論が重ねられてきた。「公務員として起立は当然」という意見の一方で、「生徒のため」と条例に忍従する教職員も。上意下達が徹底される教育現場には、無力感が漂う。

これは記事の冒頭部分の抜粋なのですが、もうここでちょっと「ん?」と思うわけですよ。
「忍従」とは我慢して服従することですが、起立に納得の行かない大多数とは言えない教職員が忍従することで教育現場に「無力感」が漂うって表現はちょっと臭わないですか?


府立学校の入学・卒業式における国歌斉唱時の不起立者は全体の0.3%~0.7%だが、橋下徹大阪市長は、それでもなお「服務規律の徹底」を主張して、府同様に市でも起立条例の制定を目指している。

0.3%~0.7%だからなんだというのだろうか。
0.3%~0.7%の職員が職務命令違反をしたからってグダグダ言うなというのだろうか。
数字を出してきた意味がわからない…
「服務規律の徹底」の前に「それでもなお」という言葉を持ってきたあたりを見ると、さらに眉をひそめたくなる。


卒業生の母親は「起立は当たり前で、座って意思表示するやり方には賛成はできない。でも処分は厳しすぎだ」と話す。圧倒的多数で条例を通した維新の会に「教育への信念があるのではなく、少数派の教員バッシングを政治利用したいだけではないのか」と、不信の目を向ける親もいる。

この発言が事実としても、こういった場合両方の意見を載せるのが報道するものの義務だと思う。
しかしこの場合、どちらも橋本市政への不満だ。
最初の方の意見は橋本市政寄りかと思いきや、最後で突き放している。
後半の意見を載せるのなら、前半は「選んで良かった」とかいう意見を載せるべきだと思う。
そういう発言をした親がひとりもいなかったとは考えにくい。
「政治利用したいだけ」なんていう親の意見を載せるぐらいなら、そこに考えが及んでもおかしくないと思うけど。


在日朝鮮人や外国籍の生徒が多い大阪府内の公立中学校に30年以上勤務する50代の男性教員は数年前、学校でそれまでやっていなかった君が代のピアノ伴奏を新任教員が教頭から頼まれている場面に遭遇した。「いいですよ」と軽く答える若い後輩に、君が代が流れると「体が震える」という在日朝鮮人の親たちとの長い付き合いの歴史を話して聞かせた。「知りませんでした」と後輩は考え込み、結局伴奏はしなかった。男性は画一化した式典には反対だが、毎年形だけ起立する。「条例がなんぼのもんや。人間の教育はもっと複雑でおもろい」との自負はあるが、国旗や国歌の背景について語る先輩が去り、議論さえ消えていく職場に危機感が募る。

何この話?
君が代に嫌悪感を抱くオッサンの話でしょ?
良い話し風にしてるけどさ。
これもまた中立に見せかけた、かなり一方的な話だと思う。
これこそ「体が震える」親は全校生徒の何%なの?と聞きたくなる。


宗教上の理由で起立するのが嫌という生徒がいるのは仕方ないと思う。
そういった生徒は無理に起立する必要はないし、させるべきではない。
だいたいこの条例は教職員に対してのものであり、生徒に対してのものではないんだから。

三大義務で教育の義務というのがあるが、これもよく勘違いをしている人がいる。
義務教育とは「子供に普通教育を受けさせる義務」であって「教育を受けなければいけない義務」ではない。
これは親に課せられた義務であって、子供がイジメなどで学校に行きたくないと言えばそんな学校には行かなくていい。
どうも起立を嫌がる先生は、こういう勘違いをしている、あるいはわかっててそれを盾にしている人が多い気がする。

もしも親からの教育や宗教上の理由で君が代で起立したくないという生徒がいるならば、先生は他の生徒に対して理解を求めるように全力を尽くすべきだ。
それが思想信条の自由を教えることにもなるし。
ただし、先生の思想信条で生徒をミスリードするのは大間違いだと思う。
この記事のように。


最後はこう締めくくっている。

国旗国歌法ができてからは画一化された式が広がったが、現場の裁量で一定の多様性が保たれた。在籍生徒のルーツを表現し、日本、中国、韓国、北朝鮮、タイの5カ国の国旗を掲げた学校もあったという。


何この気持の悪い終わり方。
だから?って言いたくなる終わり方。
言わなくてもわかるでしょ臭がプンプンする。
ここまで一方的な記事を書いておいて最後はこれって…

結局この記事を書いた記者もひどいんだけど、これを見てオッケーを出した編集長がいるってこともすごいなと思う。
そりゃあ、全国的に左で有名な新聞社になるわけだよ。
千歳の戦車が一般道を走行することに大騒ぎして、「自衛隊の皆さんごくろうさま」と書かれた旗を持っている人の写真を掲載しているにもかかわらず、「沿道では市民団体が抗議行動を行った」と報道してみたりさ。


報道は中立性を持たないといけないと思うんだけど、道新は懲りないからなぁ。



スポンサーサイト
Comments
 No title
私もこの道新記事を読みましたが、突っ込みどころ満載でしたね。
まず、この記事の筆者は色んな意味で非日本人でしょうね。
もちろん許可した編集長もね。
中立を装う事にすら成功せず、もうそのものズバリの内容ですよね。
間違いなく、この方自身『君が代』が嫌いみたいですね(笑)。
ついでに日本も橋本市長のことも。

私は個人的に”中立的な意見”ってあまり好きじゃありません。
単純につまらないですし、一見”大人”なようですが実は反対意見を
恐れるが故の無責任さ、曖昧さを感じてしまうので。
だから”意見”としてこの記事は面白いのですが(突っ込めるし!)、
でも、これは卓上四季でも社説でもなく、”関係者”の生の?声を
寄せ集めた報道という形ですよね、一応。
であれば、やはりそこは条例に賛成の声、あるいは「起立しないとは
けしからん!」と言う意見も公平に載せるべきですよね。
そもそもここに出てくる関係者達の声とやらも怪しいものだわ。
この筆者自身の声だったりして!・・・と私に思われても仕方がない程の
偏重ぶりです。
しかも最後の「5カ国の国旗を掲げた学校もあったという」
こんな曖昧な表現ありますかね?
「あった」ならまだしも、何ですか?「あったという」なんて。
限りなく臭いわ~。

これが本当の話だとして、実に不気味な学校ですね。
とにかく波風立てないようにあっちにもこっちにもへーこら気を使って
5カ国の国旗ですか。。。
バカですね。
ここは日本なんですよ!
何故もっと自信をもって毅然とできないんでしょうかね。
日本人の、特に上に立つ人達の国家観がしっかりしていなくて本当に不安だわ。
ちょっと諸外国に反対されたらたちまちシュンと引っ込むし。

そもそもこんな条例を作らなければならないこと自体、
職務命令しなければならないこと自体、相当おかしいです。
「”公務員”として起立は当然」とありましたが、そんなの
「”日本人”として当然」でしょう。もう自然と体が動くくらいに。
国歌や国旗を否定する連中が子供達を教育すること自体に恐ろしさを感じます。
ま、その50代の男性教員とやらも恐らく非日本人でしょう。
一体誰のための学校なんだ!?と言いたいです。
いつまでもネチネチと日本を恨み嫌悪する在日のための学校でしょうか?
どうも勘違いの人権主義者とか平等主義者とかがけっこう教育現場に
いるんで困りますね。怖いです。
在日にばかり気を使い、肝心の日本人そっちのけで教師が自国の国歌を
歌わせないなんて考えられません。
また、君が代を歌ってくれるなと要望する方もする方です。
私、教育というのは上から目線でいいと思ってます。
でもこんなミスリードは本当に困りますね。
よく君が代嫌いの教師たちが口にする”思想信条”って別に大したもんじゃ
ないと思いますけどね。
案外自分勝手に、インテリっぽくてかっこいい~くらいのものだったりね。

どの国の報道においても多かれ少なかれ偏重は見られますが、
それにしても道新の偏重ぶりは目に余るときがあります。
以前、菅前首相の所信表明だったか質疑応答だったかの国会中継をTVで観て
その時の外国人参政権に関する発言を文章で再確認しようとしたら、そこだけ
スッポリ抜けてた事がありました。
確か「これに関しては党内でも議論の分かれるところでありまして、
引き続き論議をしてまいりたいと思います。」と言う当たり障りのない
(まぁ相変わらず曖昧な)表現だったにも関わらず、道新的にはアンタッチャブル
だったようで・・・実に不自然な抜け方でした。
で、去年その事を意見として書いたら、なんと!日ハム戦チケットが
当たりました(笑)!


 ichieさんへ
おお、この記事にコメがつくと思いませんでしたe-454

世論が橋本市長側に流れていることは間違いなく、発言の過激さから危うさを感じるのはわかります。
本当にこのままでいいのか、違う面から見て問題点は無いのか、そういう問題提起をするんならわかるんですよ。
だけどこの記事は感情論と反対側からだけの視点で描かれてますから、これはただのネガティブキャンペーンでしかないですよねぇ。

ここまで引っぱっておいて「あったという」と読者にぶん投げて終わるなんてすごいなと思いますよ。
まぁどこかに「中立性」を入れなきゃというのがあったんだと思いますが、それならこんな記事を書くなよと言いたくなりますけどね。


自分の国に自信を持てない原因は戦後教育にあると思いますが、相手のことを考えられる良さっていうのもあるわけで、それが今日の世界における日本の信頼に繋がってるわけですよね。
ただそれが異常な卑屈さに変わっちゃうのが問題で、文句を言われながらお金を無償で渡すとか、防衛問題が最優先事項にもかかわらず「地元の方たちが」といつまでも決断できないとかね。
そういうのを優しさと言うんですかね。

運動会で同時にゴールインするという馬鹿らしい話はよく聞きますけど、最近は「青春」「希望」とか書いた習字を教室に貼るのを止めてくれという親が出てきてるそうです。
理由は「文字の優劣が差別につながる」からだそうです。
もう鼻で笑っちゃいますよ。
こういうバカが子供を育てたら、そりゃ競争しなければいけない社会になんて子供は怖くて出ていけないですよね。
これも優しさと教えてるんですかね。

道新は道新ですからしょうがないのかなと思いますけど、自分たちが全国的にバカにされているという意識は持ったほうがいいと思いますね。
北海道民として「また道新がこんなこと書いてる~!」という記事を見るたび、嫌な思いをしますから。
北海道民は左が多いなんて無茶苦茶なことを言われる元凶は道新と北教組ですからねぇ。
 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 マルさんへ
それはおもしろい話ですね~。
やっぱり実際に見ている人じゃないと気付かないですもんね。
なるほどなぁ。
まぁあからさまに表明しなければ別にいいと思いますけどね。

今、またネコ作っとります。
意外と雰囲気が出ないので苦労しますけど…
あ、僕はかわいくないで~す。
でかい体で小さいものを作ってます。
そういうのを一般では気持ち悪いと言うそうで~す。

(ノД`)・゜・。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10