拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

菅野の入団拒否で思うこと




菅野がファイターズ入団を拒否しました。
会見を見ましたが、ジャイアンツへの愛情が強かったというのが本音のようです。
まぁ菅野の場合は浪人した場合でも野球環境が整っているというのが、この決断を後押ししたのかなと思います。
内部でゴタゴタがあろうと、ここまでジャイアンツ愛を貫いてくれるのであればあっぱれでしょう。
親孝行というのもありますしね。


しょうじきファイターズファンとすればスッキリした気分です。
なんてったってこれで菅野がいつになるかわかりませんが、ファイターズと対戦するときには

おもいっきりブーイングができますからね。

たまにこういうことに対して大人気ないとか言う人がいますが、こういうことを我慢することが大人ではないです。
それは僕に言わせれば自己欺瞞であり、ファイターズファンからすればドラフトの1位指名権がムダになったわけですから、恨むなというのが無理な話。
いまだに長野のことで小笠原のことでネチネチとと言うのはあちらの勝手。
そんなことは菅野だって長野だって小笠原だってわかってて決断したんですから。
「仲良き事は美しき哉」なんて武者小路実篤みたいなエセ平和主義は嫌いですから、私。
夢に向って突き進むのに、敵を作らないでなんて甘いことは本人も考えていないでしょ。

こっちは全力でブーイングするから、ジャイアンツファンは全力で菅野をかばってあげてほしい。
1年間というスポーツ選手にとって貴重な時間をジャイアンツに捧げた男への賞賛としてね。


いつになるかわからないけど、ブーイングしがいのある選手になって北海道に乗り込んでこい菅野!
そしてファイターズファンを黙らせるぐらいの快投を見せてみろ!
待ってるぞ!




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村


consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments
 No title
拒否権もルールの内といっても割り切れない思いだってありますもんね。
ドラフト制度を批判したナベツネ氏や貢氏と同じ穴で叫びましょうか。
 No title
『洗脳』、恐るべし!!!
あ、↑『ジャイアンツ愛』と読むんでしょうか(笑)?
小さい頃からの夢か・・・プロ野球=巨人onlyと教わってたのね・・・
敵わないわ~。

しっかし、身近に野球のプロがいながらリスクのある浪人の方を選択するとは、
凄いですね~。
(爺様、あとでまたおかしな難癖つけないでね。日ハムのせいで・・・とか。)
いや、私は最初からこうなると思って見てました。
あの初対面の後の表情で確信したくらいです。
原一族(巨人)を怒らせたらこうなるゾ~ってなもんでしょう。
見苦しい内紛があろうが、12球団一ダサいユニフォームだろうが、
そんなの関係ないんですよ。
今回のゴタゴタにしても、却って意地になって「何があろうと巨人!」
というタイプですよ、彼は。あの面構えを見ればわかります。
ま、純粋に”野球”が好き!って選手じゃないみたいなんで、
ウチには元々合わなかったんですね。
技術はもちろんですが、野球に対する姿勢は大事です。


決めた事は尊重しますし、菅野くん本人は日ハムに対して何も非礼な事は
してないし言ってもいないのに、なんとも嫌~な不快感がずっと漂ってましたね。
理由は明白。最初からあの爺様があんなに出しゃばらなきゃよかったのに。
それにしても実にエゴイスティックで不愉快な一族ですね。
それこそスポーツ一家らしく紳士的なイメージを持っていただけに、なんか幻滅。
わりと好きだった原監督まで歪んで見えてきた。。。

でもまぁ、とにかく菅野くんが決めた道なんだから頑張ってほしい!
な~んて私が言うわけがない(笑)!
もう関係ないんでどうにでもなって下さい(笑)。
そうです。
仰る通り思いっきり敵視できるんで、これをもってスッキリです。

でも、この結末で今後のドラフトへの影響がちと心配でもあります。
虚人以外、これでまた腰が引けたような指名に戻るのではないかと。
そして、虚人はこれに懲りて(?)また”ダーティー澤村戦法”を用いて
確実にくるのではないかと。
北朝鮮を見てもわかるように、ならず者を黙らすのって本当にやっかい。
これで来年の巨人1位指名はもう決まったってこと?


日本シリーズ。
SBの負けなし4連勝という私の予想を覆しての7戦は見応えがありました。
型にはまった内容ではありましたが、緊張感があって私は楽しめました。
やはり、両者の捕手がクローズアップされましたよね。
昔も古田(ヤ)VS伊東(西)とか言われてましたもんね。
とにかく正当な戦いで、正当なところに納まったシリーズでした。
もちろんパリーグ覇者を応援してたので、この結果は嬉しいです。
とにかく打っても守ってもSBは強かったですね。
思いの外、中日も頑張りましたが。
ほんと、あの貧打を見ているとつい感情移入しちゃって。

解説でダルと栗山新監督が出演されてましたが、
なんだか~監督大丈夫か?と思ってしまった!
監督が小さくなってる!本業なのに言葉少なだったし。
やっぱり栗山さんの解説は印象のみならず内容も薄く、
一方、ダルは成る程深みがあって面白かったです。
意外にもダルの方が饒舌で、栗山監督は圧されていたような・・・
どっちが上なんだか・・・
選手との意見交換を重視していくようですが、うーん、どうなんだろ。
初めての現場復帰がいきなり監督業で不安なんでしょうが、
なんだか自信がないみたいに感じられて。
それが、もろ解説にも表れていたようで、こっちも不安。
あまり選手と話し過ぎると情が移って厳しい事出来ないなんてならないかな?


中嶋コーチ、どうやらまた兼任されるんですね。
ってことは、鶴岡も大野も内容は変わらないんでしょうかね。
ワンパターンから脱出できるか?
細川と谷繁の存在感、ありましたよね~。
いいタイミングで間を取りに行くし。

スケがいなくなって私は大喜びですが、
(あの下手な守備に加え、バットやヘルメットを投げる所作も大嫌い!)
1000万でも高いと思っていたホフが増額で6300万ももらって
いたとは!そりゃホイホイ残留しますわね。
実に腹立たしい。
あんなのに高年俸払って、信二を追い出したとは日ハムらしからぬ愚行。
案の定、巨人では持て余されましたね。
そんなに腕が落ちていたのかな?
あのままウチにいればホフより打てたと思うんですがね。
なんでまたホフが居座るのかねぇ。
あのスレッジも2年目から打ち出したらしいですが、どうでしょうかね。
なんか米人にとって美味しい職場になってますね。
私を土下座させるほど豹変してほしいものです。(しませんが。)

これからまだ色々一喜一憂のニュースがあるんでしょうね。
試合がないのは寂しいですが、栄ちゃんや宮西の結婚には私まで幸せ気分です♪
来期もファイターズに期待しましょう!





 No title
残念ですが嫌々入られてもお互いにいいことないですから、これでよかったのでしょう。

でも浪人は反対だなあ。選手として成長する年頃なのに一年間遊んじゃうのは本当にもったいないです。

なぜそう思うというと、コンサどんさんとおんなじ。やっぱり選手としては大成してほしいです。そうじゃないとこちらも強行1位指名した意味がなくなるし、だからこの期間を無駄にはしてほしくない、そう思います。

 No title
こんばんは!
こちらこそ私のくだらんコメントにご返信ありがとう
ございます。m(_ _)m

さて表(ビジター)勝利日本シリーズも最後は裏(ホーム)
が勝ち終焉となりました!
まあ散々悲惨な目にあったホークス日本一おめでとう!!
来年はいくらか抵抗してやるからな!
一方善戦したが最後まで粘ったドラゴンズお疲れ様!!
落合って人はやっぱ違うなと思いますね!
私の周りでも落合嫌いな方ばっかですが私は好きですね!
この方は何かやってくる、仕掛けてくるって感じがして
いましたね。
見ていて本当に面白かった!またどこかで監督をして欲し
いなとも思います!
そういう私は中日を応援していました、私はパリーグ派で
すけど時と場合によってはセを応援する場合もあります。

さてこの話題ですが所詮奴はそんなもんと言うのが本音です!
結局奴は野球をやりたいんでは無く読売で野球をやりたいん
だって事ですよね?
まあ浪人でもご勝手に!でもね1年無駄にするとロクな事に
ならんよ、江川を見てみ、元木を見てみ、力を最大限に発揮
しおていなかった感じがしますよ。
今回の件に関しては原一族は見損ないました!あんな人たち
だとはね!奴らは読売が正義だったんでしょうね!
(私にとっては読売は悪ですが!)
 
>おもいっきりブーイングができますからね。

このコンサどんさん言うように思いっきり出来ますよ!!
私は大人げないです!でもねこの行為はね道産子を敵に回した
と思いましたよ!
もうこいつの面は見たくもないとも思ってるくらいです!!
可哀想とは思いません、こやつはそれを覚悟して発言したので
しょう?
だったらてめえから望んだ茨の道を踏んで大きくなってみろ!
そこで思いっきりブーイングしてやる!
それとファイターズと言う球団をもっと魅力的にしないといけ
ないと言うのもあるかもしれないですね。
逆にファイターズに入りたいって子を増やす為にもね。

コンサドーレですが、もうね昨日のロスタイム2失点は・・・
しかし2位の鳥栖が敗戦で3位の徳島と勝ち点並びました。
3点差で残り2試合!望みは薄いですけど、私は最後まで抵抗
しようと思います!まだ残留が決まった訳じゃないのですから。

この間の返信です。
私も身体の使い方は解らないです、昨日軽くトレーニングを
して来ましたが身体が筋肉痛で痛いです・・・・
無理したのと普段使わない筋肉を使ったからなのでしょうね。
身体の使い方、奥が深いですね。

その裏拳罰ゲームの外人の1人が片言でウルサイ、ボケ、カス
とか言ってましたね。
あの時のDVDは持っていますから解りますね。
そういや今年も罰ゲームやるみたいです、今度は笑ってはいけ
ないCAだそうです。どうなる事やら。

ジャイアンツ言うか清武氏ですね、これは私も他人事ながら
楽しみ言ったら失礼だけどそう思いますね!
そのジャイアンツは高橋信二や脇谷が自由契約になりました。
(信二は望んでたそうです。)
脇谷は何か勿体ない感じもしますねえ・・・・・・

鶴瓶の長男の方は今のテレビ小説のカーネーションの主人公の
旦那役で出ます。(最初は主人公が勤める会社の店員でした。)

こちらはマイナスですよ!ついに来ましたね嫌な季節が・・・

 No title
ただ今ニュースを見ると、まだ『つづき』があったんですねー。

日ハム球団は正式回答とは受け止めておらず、今後も説得を継続するそうで
「ここで諦めるなら最初から指名しない。」と山田GM。
ひゃ~~~!なんてかっこいいの!?
さすが、ファイターズ!
改めて惚れ直しました!
これぞプロのスカウトですね!

驚く事にまだ直接話していないそうですね。
そりゃ、確かに正式回答とは言えないですよね。
万が一あれが菅野くん側の正式回答で、これにて終了だと思っているのなら、
それこそ大学・家族ぐるみで礼儀知らずですね。
しかも、場所は定かではありませんが、あんな、立ったままのお手軽な
状況で拒否会見(?)とは社会人として失礼にも程がありますし、
人を馬鹿にしてますね。社会をも野球をも馬鹿にしてます。
爺様を含めて周りの大人たちも一体何やってんのか、と。
自分達は”特別だ”とあまりにも甘えすぎなんじゃないですかね。
これだから世間知らずは困る。

剛速球もいいですが、人間形成からお願いしたいですわ。
そのためにも日ハムは最高の場です。

 環境や刷り込みは最強ってこと
こんばんは、菅野くんはジャイアンツに入りたいんだからいいんでない

リスクの中には色々なことがあるけれど、それも背負うって決めたんだから温情をかける必要もない
決めるということはそういうこと

いいことも悪いことも背負って頑張って行けばいい

ドラフトで取った選手達はファイターズでやっていくと決めた選手達


そういう選手を応援して一緒にやっていくよ
 No title
コメント失礼いたします。

日ハム往生際悪すぎです。
若者の夢を妨げるのはもうよしたほうがいい
 
ファイターズファンは関係ない澤村や脇谷、東野、亀井、サブローらまで叩くのは筋が違いかと・・・
 通りすがりさんへ
割り切れない思いというほどガッカリ感は今回無いですが、まぁもう少し話を聞いてから決めてもらいたかったなというのはありますね。
ナベツネとおじいちゃんは当事者ですからファンとは立ち位置が全く違いますから、同じ穴では無い気がしますねぇ。
 ichieさんへ
2つのコメントに返信させていただきますね。

まぁ間違いなくジャイアンツ好きになる環境がありますから、洗脳と言うより育ちでしょうか。
こればっかりはしょうがないですよね。

まぁ1年の浪人でどれくらいのリスクがあるのか、どの程度まで勘が鈍るのかが僕には全くわからないのですが、野球関係者が身近にいますから、それでも菅野の能力に問題はないと判断しての選択なんでしょう。
とはいえ、じいちゃんの発言や悪しき慣例である挨拶云々があってもジャイアンツを選んだ菅野の先には結構精神的に厳しい未来が待ち構えている気がします。

あぁ、僕もテレビを見て失念していたのと不可解な気持ちになりましたね。
失念していた部分は、まだ交渉が終わってないということ。
山田GMの発言も当たり前といえば当たり前の話で、この話に早く決着を付けたいという僕の気持ちが、もうこれでこの話は終わりとしてしまったんでしょう。

不可解な部分は、今日本当なら2回目の交渉をする予定だったのに、菅野サイドから一方的に入団拒否の電話を入れられたという部分。
交渉すれば話題になるだろうから、シリーズ終了の時期に交渉再開ということにファイターズ側はしようと思ってたんでしょう。
しかしそれはせずに拒否して会見を開いた。
最初は指名までの経緯と、挨拶なしでの指名の謝罪(向こうが求めていましたから)で終わったと思うんですよ。
この2回目からが本格的な交渉に入る予定だったのに、それを断って表明してしまった。
菅野が熟考して決めたと言っていましたが、交渉の予定前日に決断したというのはちょっと腑に落ちないんですよねぇ。
本当に熟考して悩んでの結果なのか?と。
非常に聞こえはいいのですが、だったら今日球団関係者に直接会って意思を告げてから会見を開いて、やはりジャイアンツへの夢がとやってくれればしょうがないなと納得できるのですけど、このやり方はちょっと身勝手と言うかねぇ。
そりゃあ「あきらめずに」と言いますよね。
だって仕事させてもらってないんだもの。
この話を聞いてから記事を書いていたら、ちょっと違った内容になった気がします。


日本シリーズはおもしろかったですね!
やはり良いキャッチャーがいるチーム同士の戦いは、見ていておもしろいです。
振り返ればホークスの強さが本物だったと証明するような内容でしたが、ドラゴンズの粘りがあったからこその証明でした。

僕は鶴のリードが来年どうなるか楽しみにしています。
終盤に見せた「あがき」とも取れる開き直ったリードを来年も続けるのか、それとも今までの鶴に戻るのか。
興味深く見守りたいと思います。
大野は中嶋を目指す限り進歩は無いでしょう。(バッサリ)

あの栗ダル中継は微妙な空気が流れていましたね。
本来ならもっと喋るはずの栗山があまりしゃべらず、寡黙なはずのダルが饒舌という。
まぁダルは野球のことになると楽しそうによくしゃべりますのでいいんですが、栗山さんの発言の少なさには驚きました。
来年は監督と選手という立場じゃないからしゃべりづらいのか、去就問題に触れられたくないから栗山が気を使ってしゃべらないのか。
あまりにも2人に会話が無いので、しまいにはダルから栗山さんに質問してましたもんね。
さてさて、どうなるのやら。

信二も自由契約にしてもらったみたいで良かったですね。
右の中距離バッターで守備が出来る選手ですから、手を挙げてくれるチームはあると思います。
どこも挙げなかったらウチに来りゃいいですよ。

修正出来ると踏んでホフと契約続けたんでしょう。
そうじゃないと外人枠1つムダですからね。
そういうことなんでしょう。

そう思いたい。

そうだと言ってくれ…

 ハムかつサンドさんへ
そうですね、気持ち押し殺してまでウチに来ても、菅野の気持ちは納得しないでしょうし。
まぁまだ交渉は続けるようですからどうなるかわかりませんが、1回ぐらい北海道に来てドームを見てほしかったです。

そうですよ、痛い思いしただけなんて嫌ですよね。
「かわいそうに」と思われないような選手になってもらって、ウチらにブーイングさせてほしいです。
そして「あぁウチに入ってくれてたら」と思わせてみろと。
そんな選手になってほしいものですね。
 youmenさんへ
こんばんは!

良い日本シリーズでしたね。
まぁ思っていたほど心理戦は無かったですが、死力を尽くしてという言葉がピッタリなシリーズだったと思います。

まぁね、普通の人よりはジャイアンツに愛情を持てる環境で育ちましたからね。
この決断はしょうがないかと。
僕には浪人がどれだけ野球選手にとってマイナスなのかがイマイチよくわからないのでなんとも言えませんが、あとから文句を言うような1年にならなきゃいいなぁと思います。

ブーイングは当然ですよ。
そんなのが大人気ないとは思いません。
どうも抑圧するのが大人だと勘違いしている人がたくさんいますが、無理に抑えつけることが正常だとは思わないし、ましてやスポーツに使う言葉でも無い気がします。
他者を傷つけることを異様に怖がるから、外交がうまくいかないんですよこの国は。

コンサは何やってんですかねぇ…
まぁ異常な風の影響で、セットプレーでボールの目測を誤ったのが敗因なんでしょうけど、決めるとこを決めないからこういう結果になるわけで、その点は反省してほしいですね。
あと2試合。
勝つしか無いですね。

小指一本、肘の角度、背中の傾斜角度、息の使いかた、意識の入れかたで、使える筋肉や使えない筋肉が出てきますからねぇ。
パズルのようで難しいです。

信二は自由契約にしてもらったみたいで良かったんですが、脇谷は驚きましたねぇ。
入ってくれば出ていくのは当たり前とは言え、嫌なもんですねぇ、この時期は。
 ウルトラ7だよん♪さんへ
そうですそうです、浪人してまでジャイアンツ愛を貫こうと言うんですからそこは評価しますよね。
ただそういった選択をした若者を非難するなとかいうのは無茶な言い分で、こっちには何の関係もないわけですからね。
まぁどうせならブーイングしがいのある選手になってほしいなぁと思うわけですが。
 njiさんへ
往生際が悪いというのはどういう意味なんですかねぇ?
交渉を続けるなと言うのなら、それはあまりにも自分勝手な話ではないでしょうか。

若者の夢なんてそんなにたいしたことないですよ。
若者の夢を大事にするなら、好きな大学や好きな企業、好きな職業に入りたいときに入らせてあげればいいと思いますがそんなことはムリでしょ?
夢を諦めて現実を生きることはそんなに悪いことではないし、夢を追い続けることが良い事だとは思いませんけどねぇ。

あなたは菅野の人生をドラマ感覚で見ているだけなのでは?
 ブルータスさんへ
僕はこのブログで澤村も脇谷も東野も亀井もサブローも叩いた覚えはないのですが…
あ、取材対象の学生に股を開く女子アナはどうかと書いた記憶はあるかな。

ファイターズファンを代表してなにか言えとおっしゃるなら、「しょうがないですよ」かなぁ。
言う人は言うし、言われる原因を作った事実もあるんでしょうし。(僕にはよくわからないですけど)
ジャイアンツファンの方にはがんばってかばってあげてくださいとしか言いようがないです。
別にチャカしてるわけじゃなくて本当にそう思います。
それがファンの仕事だと思うし、ファンの腕の見せ所でもありますしね。
 No title
おはようございます~
予想してたとはいえ、一縷の望みをいだいていたファンにとっては、少なからずショックです。
1位枠を棒にふったんですから…

うちの旦那は来年も菅野を指名すればいいとか大人げないことを言っています。
来年のドラフトで巨人が菅野を指名する確信がある本人及び原一族がある意味すごいです…
巨人って中小企業にようだなあ…
 パピママさんへ
おはようございます!

まぁ菅野にとっては既定路線だったのかなという感じの会見でしたね。
ファイターズは最後まで仕事をしていけばいいと思います。

もしもジャイアンツが来年1位指名しなければ、ウチじゃないところで有り得る話なんでねぇ。
その意味で菅野は1位指名してもらえるレベルを維持しなければいけないわけですから大変だなぁ。

身体的にも評判的にも大変な道を選ぼうとしていることだけは確かですね。
 
こんにちは、なんか苦笑いだね

私は人の文章を読む時は書き手がなにを伝えたいのかを考えて読むようにしています

冷静さを欠くのもわかりますが、相手の優しい気持ちまで見逃してしまうようじゃよくないよねぇ

スカウトは期限いっぱいまで粘るようですね

ドラフト1位の枠は大きいものだし、仕事はそういうものですよね
 No title
ええ?本当は交渉予定日だったんですか?
それなら尚のこと無礼極まりないですね~、あのやり方は。
いやいや、しかし私は腑に落ちました。
球団側とは一切顔を合わせず電話やマスコミを介してのみの
不躾な拒否会見こそが、原一族のシナリオだったのでしょう。
もちろん、その非礼ぶりも日時も意図的なものでしょう。
今思えば爺様の言動と辻褄が合います。
>本当に熟考して悩んでの結果なのか?
まさか!
最初から結論ありきで、熟考したのはこのシナリオの中身でしょう。
考える時間を与えてあげた日ハムの誠意を逆手にとって11月末を待たず
不意打ちを食らわす。
私にはちょっとした復讐劇に見えましたが。
あの清清しい笑顔を見ると来期の1位指名、裏で密約済みなんじゃないですか?
あそこはなんでもありみたいですから~。
『若者の夢♪』が魔法の言葉なのね。

「ここで諦めるようなら最初から指名はしない」と言う言葉に本心から
かっこいい~と思いました。
「往生際が悪い」とか「もういいじゃん」とか「かっこ悪いぞ」などの
意見もわかりますが、無謀だろうが不毛だろうが大事な1位枠をみすみす
逃してなるものかという心意気に頼もしさを感じました。
これこそが交渉です。
日本人てどうも相手に凄まれたり、NOと言われるとすぐひるんでしまうん
ですよね。
youmenさんへのコメレスで「他者を傷つけることを異様に怖がるから、
外交がうまくいかない」とは正に私も咄嗟にリンクして思い浮かんだ事です。
「もういいじゃない」という大人ぶったというか利口ぶった諦念を美徳
とするような風潮は日本人の癖であり弱点でもあると思います。
だからNOと一言恫喝すれば引っ込んでくれると他国からも甘くみられる
んですよね。
でも日ハムは違いました。実にタフです。
一連の流れを見ても菅野くんの気持ちが変わる事はまずないと思います。
にもかかわらず、こう言うと矛盾しているようですが球団にはとことん
交渉してほしいです。仕事をやり切ってほしいです。
一位指名はそんな軽いものじゃない。
あんなおざなりな会見で「ああそうですか」と引っ込む方がおかしいですから。
私は球団の姿勢を支持します。
あっぱれ♪は日ハムの方ですよ!

ところで前の記事の格闘家のこと、私も新聞で読んだ時「???」
だったのですが、コンサどんさんの記事を読んで少しわかった気がします。
なるほど、身体、筋肉の使い方に共通点があるんですね。
確かに投げる時グラブを前に出すポーズは格闘に似ていますね。
よく解説者が「打席に立つとき壁を作る」とか言ってますが、
言葉で聞いてもピンと来ないんですよね。
まぁ、そういうことも細かく分かると見方も違ってより楽しめるんだと思います。
そうですね、冬のアスリート達は怪我防止策とか伝授できそうですよね。
 ウルトラ7だよん♪さんへ
こんにちは!

まぁ僕なりのエールなんですけどねぇ。
伝わらないということは僕の文章が悪いんだと思います。

まだ交渉は1回しかしてませんからね。
監督も出張ってないし。
これからという所での会見でしたからね。
残り1秒まで交渉は続けてほしいと思います。
それが仕事ですもんね。
 ichieさんへ
どうもそのようなんですよねぇ。
だからファイターズ側としても、なんら詰めた話はしていないので諦めないと言ってるみたいです。
施設や育成に対する考え、監督の熱意みたいなものはまだ向こうに伝わってませんのでねぇ。
これで社会人に行きます、メジャーに行きます、独立リーグに行きますと言うのであれば、向こうとの契約問題があるので諦らめられますが、浪人でしょ?
諦める理由は見つからないし、誠心誠意と言った以上、ファイターズには残り1秒まで交渉してほしいものです。
それで「やっぱりファイターズさんの熱意に心を動かされました」と言ってくれれば温かく迎えるし、断られても「しょうがないよね」と言えるんですが。

出来れば菅野には断ってもいいから交渉のテーブルについてほしいんですよね。
そうすれば多少ですが、菅野に対するバッシングも減ると思うんですよ。
若者の夢なんて鼻クソみたいなものはどうでもいいですが、必要以上に菅野がバッシングされるのは嫌なんですよねぇ。

いろんなとこを見て回って思ったのですが、菅野を擁護する意見で必ず出てくる言葉があるんですよ。
それは、入団するのも自由だし拒否するのも自由というもの。
これは全然いいんですよ、何の問題もないしその通りだし。
なんで上から目線なんだっていうのは若干引っかかりますがまぁいいです。
しかしこれに必ずついてくる言葉がどうもしっくりこない。
それは「他人がとやかくいう事じゃない」という言葉。
道歩いてる兄ちゃんがどうなろうが知ったこっちゃないですが、人気を商売としているプロ野球選手になろうとしている学生が、とやかく言われるのは、ましてやかなりの注目を集めてる学生がとやかく言われるのは当たり前だと思うんですよ。
てか言うなという方がムリでしょ?
それにかなり外野が参戦したりして、ワイドショーなら放っておかない状態になっちゃったじゃないですか。
だから僕は菅野には慎重に発言してほしいし、慎重に行動してほしいんですよ。

入団拒否を決めた会見でもヘラヘラ笑ってましたけど、あの感じで会見に臨んだら敵を増やすに決まってるじゃないですか。
ウソでいいから、心のなかで舌を出してていいからあの場面は沈痛な面持ちで「じっくり考えたんですけど…」と言葉を詰まらせたりして、「やっぱりジャイアンツが」と言った所で手を目のとこにあてたらフラッシュがバシャバシャ光ったりするでしょ。
そうすればかなり菅野の方に多少は同情が向くはずなんですよ。
ちょっと前なら、挨拶もしないようではねとファイターズ側に非がある感じがちょっとはあったんですけど、今ではファイターズのスカウトが諦めないと言ったので、ジャイアンツ以外のファンがファイターズを応援するようになってしまいました。
菅野の周りの大人は何やってんだよと思います。

自分たちは間違っていない、何も悪いことはしていないと思っていても、周りの評価がダメならダメなんですよ。
理屈や手順が間違っていなくても、それでは人は動かないんですから。
ましてや、状況はわからずともとやかく言う他人がたくさんいるんですから、そこはウソや相手を悪者にしてでもうまく乗り越えていかないと。
おかしなことで潰れてほしくない選手なんで、もっと周りがサポートしろよと思いました。

ボクシングもゴルフもサッカーも野球も地面を蹴る捻転運動ですからね。
地面を蹴った力をいかに伝えるか、そこに筋肉のパワーをどれくらい乗せられるか、そしてそれを制御していかにコントロールを付けるかですから通じるものはたくさんあると思うんですよね。
せっかく北海道にいるのですから、トレーニングとか怪我予防のためにも冬のスポーツ選手の話は参考になる気がするんですけどね。
 No title
昨夜、ジャイアンツファンの友人と飲む機会があったので、今回の菅野選手の決断についてどう思うかを尋ねました。すると彼は、須永英輝投手のことを語り始めました。

須永選手はプロ入りの際にジャイアンツ以外に指名されたら社会人野球へ進む意向だったにもかかわらず日ハムにドラフト2巡目で指名され、最終的には入団。しかし、日ハム在籍の7年間はほとんど活躍できず、昨年末トレードでジャイアンツに移籍できたものの、今シーズンも1軍での出番はありませんでした。

 そのことを前置きした上で、彼は「菅野には須永の轍を踏ませたくない、だから、日ハムなんかには行かなくて正解なんだ」と言っていました。もちろん、ドラフト制度にのっとって日ハムは須永選手を指名し、最終的には須永本人も納得して入団し、そして入団後は本人の精進がいかほどのものであったかが結果として問われるわけだから仕方がないのでは、と彼に言ったのですが、「あんなポンコツにしてから巨人に譲るなんてどうしても納得できない」と言われました。もちろん、酔っ払いの戯言で、取るに足らないことなのですが、そのようなメンタリティのジャイアンツファンも存在するということを紹介しておきます。

 さて、コメント欄には菅野選手、東海大学、原一族さらには読売主筆氏などに対する批判が花盛りで感情的には理解できる側面もありますが、それはそれとして、このままでは日ハムドラフト1巡目指名選手がプロ入りしないことになるわけですね。2000年ドラフトでのオリックスからの1巡目指名された内海哲也選手の場合以来このようなことはなかったわけで、プロ野球球団の戦力補強策としては完全な失敗であり、その損失は小さくありません。その年のプロ野球志望の有望選手トップ12の一人を日本ハム球団に、もっと言えばプロ野球界に入らせることができなかったという結果にこの約10年間は至っていなかったわけですから、3月末日までに菅野選手を入団させられなかった場合には、日ハムのスカウトか編成かはわかりませんが、菅野指名を推進した者、あるいは決断した者は何らかの責任をとるべきでしょう。
巷ではジャイアンツの有力選手一本釣りはけしからん、そのような行為はドラフトの形骸化で戦力均衡の理念に反するなどの理屈が氾濫していますが、それは別の次元の話で、現行制度下での新人戦力補強という観点で、果たして菅野指名というドラフト戦略は妥当だったのかを日本ハム球団は真摯に検討すべきでしょう。ジャイアンツに一泡吹かせる、それによりドラフト会議場で大歓声を浴びるなどのことはありましたが、肝心の菅野選手を入団させられなければ、そんなものは一時のマスターベーションに過ぎません。プロである以上、結果責任です。菅野選手というドラフト1巡目指名選手を入団に至らしめることができなかったという結果が残るだけです。その原因が、調査不足による見通しの甘さだったのか、球団のイメージの良さを頼みにした驕りだったのか、それともそもそも日本ハム球団が魅力不足だったのか、などさまざまな観点で振り返り、今後の球団運営に反映させるいい機会にする必要があるでしょう。

ここまで述べてきたこと、間違いなく日ハムファンに反感を買いそうであり、数多くの反論もなされるでしょう。これは飽くまで私見ですから、異なる考えの人からの批判があるのは当然で、不愉快に感じたならば謝罪します。ただ、これは飽くまで印象なのですが、どうも日ハムファンは他球団のファンに比べて、球団に対して甘いような気がします(間違っていたらごめんなさい)。菅野選手を入団に至らしめることができなかった場合は、「仕方がなかった」で済ませるのではなく、球団に対して物申すという姿勢を見せてくれることを期待します。
 No title
初めまして。
首都圏に住んでいる者ですが、日ハムをはじめパ・リーグを応援しています。

北海道に移転してから日ハムが発信しているメッセージはすごいと思うんですよね。
裏東京ドームの時代(シティ球団って言われていたのをご存知ですか?)を知っている者からすれば、今のファイターズは別次元ですよ!
リーグのためだけではなく、WBCや五輪の国際試合でも代表、それも主力メンバーを輩出しています。
今年は大震災後の球団の素早い対応から始まり、開幕延期の世論づくりには大いに貢献していますし(阪神の新井選手会長が勇気づけられたではないですか!)、北海道だからできることをやっていると思うんですよ。

見ていて過去への柵がないと言うか、球団としても移転した時点で後戻りはできない覚悟をしているんでしょうね。
それがすごく伝わってきます。
地元に定着しようと地道な活動を大事にしていますし。

今回の指名は「プロ野球としてあるべき指名をします」という重大な覚悟をしています。
もちろん、世直しをしようとか副産物は考えていないはずで、チーム戦略に則ってのごく普通の指名だと思います。
副産物は後からついてきただけです。
柵のある他球団ではできないことなのですから、時には上手くいかないことがあるかもしれませんが、これからもメッセージを発信し続けてほしい。

山田GMのコメントは最もだと思いますよ。
まだ一度もビジネスをしていないのですから。
「断られてからがビジネスの始まり」といいますけど、「ビジネスライク」がキーワードの球団ですから、やるべきことはやる、どうなるかは今後を見守ればいいと思います。

私の子供は東海大学病院で生まれたんです。
いい看護師さんがいましてね。
あたふたしている私に「そんな事でどうするんですか!」思いっきり説教してくれました。
あれから随分時間が経ちましたが、今回のことで東海のイメージダウンは避けられないですよね。
彼を通して人間教育ができないキャンパスだと思われたら、大学を創立した人は遥か彼方からどう見るんですかね。

長々と失礼しました。
 ウッドスタインさんへ
コメントありがとうございます!
こういうおしゃべりを他球団の方と出来るのはうれしいです。

まぁどの場合でもファンは身勝手であり、それでいいと僕はこのブログで書いてきました。
ですからそのご友人の方のような意見が出てもしかたがないと思っています。
まぁファイターズファンからしたら須永のがんばりを見てきただけに納得できる意見ではありませんが、その話と今回の話をリンクさせて「ファイターズなんか…」という人がいてもしょうがないと思います。

スカウトが責任をという意見はすごくよく聞くんですが、僕にはなんでそのことをそうまで他球団のファンが鬼の首を取ったように問題視するのかがわからないんですよ。
たしかに大きな仕事に失敗したわけですから、普通の会社なら責任を取らなきゃいけないのでしょう。
しかしウッドスタインさんもたぶんウチ以外のブログを回られたでしょうからわかると思いますが、ファイターズファンは今回の菅野指名に関して全く文句は言っていません。
むしろよくやった(ジャイアンツの悪事云々というのは別として)と言う人ばかりです。
球団はファンを見て仕事をする事が大事であり、ファンを満足させることがいちばんの仕事でしょう。
そしてファンが納得しない仕事をしたときに責任を取るべきだと思います。
今回ファイターズファンは全く怒っておらず、逆にファイターズのスカウトに満足しているわけです。
そのスカウトが何の責任を負えというのか全くわかりません。
多分責任とってスカウトが辞めますって言ったら、球団事務所に辞めないでという電話がたくさん行くと思いますよ。
他球団のファンが問題だ問題だと騒いだ所で、こちらとしては何言ってんの?という感じなんですよね。
普通の会社とプロスポーツチームをごっちゃにするから見えてるものが見えなくなるのだと思います。

見通しの甘さ云々もよく聞くのですが、何を持って入団すると判じるのかは球団それぞれでしょう。
ドラフト前から本人とも話さず、入る入らないを考え指名を回避なんて弱腰の仕事が良い仕事でしょうか?
それこそファンに怒られますよ。
結果として入団しようがしまいが先程も書いたように、ファンを納得させるドラフトであったことは確かであり、その意味においては完全なる失敗だったとは思えません。
おっしゃるように入団してくれなければかなり痛いドラフトであったことは確かですが。
ただ、なぜそこまでスカウトの仕事に今回は固執する人が多いのか、そしてその責任を何の関係もない他チームファンが問うのか。
僕はそこしかファイターズを責める所が無いからだと捉えています。

ファイターズファンが甘いのではなく、北海道の人間は総じて甘いのですよ。e-454
ただこれはこのブログでさんざん書いてきたことなんですが、その甘さこそ北海道の強みなんですよ。
コンサドーレというサッカーチームの応援を、元日本サッカー協会会長の川淵三郎が見たときに「理想の応援だ」と言いました。
厳しくもあるが、その厳しさは温かさの中にあるという応援をします。
ファイターズもその感じがもう少しで出そうなんです。
おっしゃるようにまだまだファンは甘いのですが、それを生かした応援、それを強みに変える応援をするからファイターズは北海道で成功したんだと思っています。
ですからウッドスタインさんの考えは間違っていませんが、ちょっと違うかなというところですかね。
地域によって応援は様々でいいのではないですかね。

きつい言葉を並べましたが、しっかりとした文章を書いてくれたウッドスタインさんには嫌な気持ちなんてまったくございません。
小汚い文章を書く人は書きっぱなしで逃げますからね。
出来るだけ菅野に対する風あたりが弱まることを願っているファイターズファンがいることも知っておいていただければ幸いです。
 kazeさんへ
はじめまして!
こんな汚いところまでわざわざお越しいただきありがとうございます。

たしかに僕もこんなに早く北海道に定着するとは思っていませんでした。
まぁ北海道はムダに広いので、まだまだ地域密着とはいきませんが、このまま地道に行ってくれればなと思っています。
野球人気の凋落なんて言われていますが、今年の日本シリーズの視聴率や話題性などを見ると、日本一のプロスポーツであることは揺るがないなと思います。
日シリの福岡瞬間最大視聴率は60%と言うから驚きです。
と言ってもこちら北海道でも負けてはおりません。
北海道は東京の主要テレビ局はすべて放送されていますが、今まで地方局には聖域だったゴールデンタイムの番組をスッ飛ばしてファイターズ戦を放送するということを、東京のキー局に納得させるという荒業を見せております。
当然ラジオはほぼ全試合中継されています。
こういう状況が地方で展開されているということを東京の人がもっと知ってくれれば、野球人気の凋落は1球団の凋落だというのをわかってもらえると思うんですが。

そうなんですよ、別に普通の指名だし、ジャイアンツがどうのとか野球界がどうのとか、ましてやドラフトのあり方がどうのとかそんな事考えて指名したわけじゃないんですけどね。
どうも面白おかしく他球団ファンに書き換えられている気がするんですよね。
ただこのドラフトに対する姿勢はファンとして支えていきたいなと思います。

そうですよ、まだ仕事をさせてもらっていませんからねぇ。
入ってくれる可能性がある限り交渉を続けてほしいと思います。

表には出てきていませんが、かなりの数の抗議が何の関係もない東海大に行ったでしょうし。
そんなことは無いと思いますが、これでファイターズスカウトが東海大に出入り禁止なんてなったらえらいことになりますよ。
出来るだけ菅野の風当たりが弱まってくれればと思います。

これに懲りずにまたいらしてくださいね。
 No title
ああ、あれ、私も苦手です。
「菅野くんの人生なんだから、菅野くんが決めたんだから
他人がとやかく言うことじゃない。」ってやつですね?
そのセリフ出されると、そこで会話終わっちゃいますよね(笑)。
言ってる本人は達観した大人のつもりなんでしょうけど、
ちょっとそれじゃぁ会話にならないなー。第一盛り上がらない!
私も彼ら、スポーツ選手や芸能人がとやかく言われるのは当然だと思ってます。
だって、公に出て不特定多数の目に晒されてるんですもん。
そりゃああだこうだ言われるでしょう。
乱暴な言い方ですが、それが嫌なら一般人として暮らせ、と。
今回の菅野くんの件に関しても確かに私達は他人で、彼とは関係ないわけですが、
こういう事象(あるいは単なる噂話)を通して、意見や感想や批判を
交換し合うことで互いの考え方や性格を知って世界を広げていくんですよね。
それが会話というもの。


それにしても、あんなヘラヘラした拒否会見で球団への回答とするとは
あまりにも人を小馬鹿にしてますね。
あの爺様を筆頭にろくな大人がいないようなので仕方ないのかな、と思います。
人には挨拶がない!と理不尽に激怒しておいて、自分達がこれじゃあ・・・


一番欲しい選手を指名すると言う日ハム球団の純粋な姿勢はブラボー!です。
今後も支持します。



 No title
 今回、コンサどんさんのファンサイトにたどり着いたのは、私の周辺でもあまりにもこの菅野選手の問題が盛り上がっており、それでは当事者である日ハムファンは何を思っているのだろうと興味が湧き、ネット検索した結果、このサイトが寄せられるコメント数が多かったようにみえたからです。投稿してみたのは、一昨日の件もあり、殆ど勢いのなせる業でした。
まだ、自分がどのような立場かを、明らかにしていませんでしたね。東京在住で、かつてはジャイアンツファン、現在はフラットな立場でプロ野球を楽しんでいる40代のオジサンです。ただ、生来の天邪鬼なので、巷の意見が一方に傾くと、その反対の視点はないのかと思ってしまう癖があります。今年のドラフト会議のテレビ中継は、たまたま見ることができたのですが、菅野選手の交渉権を日ハムが獲得したときの会場の盛り上がり方には逆に違和感を持ちました。

菅野選手を入団に至らしめることができなかった場合(まだ確定したわけではないので飽くまで仮定の話ですが)のスカウトの責任論について、コンサどんさんと意見の相違がありましたが、日ハムファンの皆さんがそう考えているのならそれまでのことで、これは価値観の相違としか言いようがありません。
責任論を唱える人の根拠として挙げられるのが、前回の投稿で例示した内海選手の場合以降、過去10年間にドラフトで指名されたにもかかわらず入団を拒否した選手はほとんどいなかったということでしょう。入団しなかった選手で目立つところでは2005年にジャイアンツに指名された福井選手(現広島)、2006.2008年にそれぞれ日ハム、ロッテに指名された長野選手(現ジャイアンツ)といったところでしょうか。いずれも2巡目以下の指名です。ただ、ドラフトでの世間の注目のほとんどは1巡目指名の選手がどうなるか、ということですので、その1巡目指名の選手が入団拒否となればインパクトは大きく、批判の矛先がスカウト陣に向けられるのはやむを得ないでしょう
 古い話をひとつ。1973年のドラフトで江川卓投手の交渉権を阪急に獲得されてしまったジャイアンツは、愛知学院大学の小林秀一投手を1位指名したのですが、この選手をはじめとしてドラフト指名7名中4名から入団を拒否されました。9連覇最後の年でジャイアンツが指名すれば入団させられるという驕りと慢心か導いた結果で、その結果スカウト陣は更迭されました。これは極端な例ですが。
コンサどんさんのおっしゃるとおりに、仮に菅野選手を入団に至らしめることができなかった場合でも責任の追及をすることはないというなら、ファンとは有難いもので、実に麗しい話です。ただ、ファンの方々にそのように思ってもらえるのと、目的を果たせなかった場合のスカウト陣の身の処し方とは別の話で、そのようなファンの優しさ、甘さに依ってしまいっぱなしというのも、いかがなものでしょうか。スカウトの職を辞せよとは言いませんが、何らかのけじめをつけるべきではないかと私は思います。

前回の投稿で最後に蛇足的に述べた「甘さ」のことに関して、コンサどんさんから予想以上の言及がありました。道民性に関してはよくわかりませんが、日ハムファンの印象は良くも悪くも、お行儀が良い、というものです。例えば、2年前のバレンタイン監督の去就をめぐってのロッテファンの抗議や、10年以上前の王監督に対するダイエーファンの生卵事件など、自分の御贔屓球団に対する過激な直接行動を見たからそう思うのかもしれませんが。

投稿に対する返答がコンサどんさんから頂けたことを受けて、さらに投稿してしまいましたが、取り留めのない内容となってしまいました。ただ、この菅野選手の件に関してはまだまだ言いたいことがありますので、機会があれば披露したいと考えています。
 ichieさんへ
あの言葉って「それ以上何も言わないで、大人なんだからわかるでしょ!」と一方的に言われているようで納得しかねるんですよ。
そんなことは百も承知で、それでもあえてみんなしゃべってるんじゃないのと。
聞こえのいい言葉で発言を遮っているだけだと思うんですよねぇ。

まぁ他球団のファンならアレですが、こっちはその問題に直面してるチームのファンですからねぇ。
そりゃぁしゃべりたくもなりますよね。

あの会見はしょうじき失敗だったと思います。
菅野サイドが事を急ぎすぎた感じがしてしょうがありません。
もう少し家族も含めてうまく立ちまわってくれればなぁと願うばかりです。

僕もファイターズのスカウトは支持します!
 ウッドスタインさんへ
コメントありがとうございます。
僕も二十数年間はジャイアンツファンでした。

え~!ここのコメント多いですか!
いやぁ、たしかに訪問者が3倍くらいになりましたけど、他の方のほうが多いと思ってました。
ましてや結構過激な方も多いので。
あ、ウチも過激と捉えられているんだろうか…
ぬ~…

まぁ間違いなく一本釣りと言われた菅野をファイターズが指名したことで会場が盛り上がったのはわからないではないですね。
長野・澤村と続きすぎたというのもありましたから。
ただ、ファイターズファンとしてはそこまで盛り上がったわけではないんですよね。
入団してくれるかどうか難しい指名でしたから。
ただし陽の件もありましたから、北海道のファンは菅野の入団に多少の自信があったというのは知っておいていただきたいです。
ですから特攻などという思いはこちらに無かったし、最初からムリな指名を…という空気もそんなにありませんでした。
ですからスカウトに責任を追求する動きは今でもコチラには無いし、誰も望んでいません。

おっしゃるようにスカウト自身が責任を感じているとは思いますよ。
ウチらがなんとも思っていなくともスカウト本人は入団させられなかった場合、当然責任を感じるでしょうし。
ただしこの件を糧として、挨拶には必ず行く、入団してもらえるかどうか確信を持ってからでないと指名しない、常にオープンでなんて言い出したらそんなものはファンからブーイングでしょ。
現行ドラフトのルール上、出し抜き囲い込みは有りなわけですから、ウチらはウチらのやり方で自信持って行けとなりますよ。
だからこれが甘えだと言うのはちょっと違うし北海道のファンはそんなにバカではないですよ。
それにまだ交渉は続いてるわけですから、交渉の最中に責任を取るとか言うのも変な話ですしね。

道民気質について、元ヤクルト監督だった若松さんがうまいことを言っていました。
北海道では、たいしたことないよ、大丈夫だよ、気にするなという時に「なんもだ」という言葉を使います。
まぁ今の若い人や道央の人が使うかどうか微妙ですが、若松さんは浜育ちなので。
沖縄で言うところの「なんくるないさ」ですね。
この言葉が北海道の人を表していると言ったんですよ。
それを聞いて、あぁうまいこと表しているなぁと。
そんな感じなんですよ、北海道の応援って。

マリサポMVPの事件は、まぁサッカーの影響を受けていたことと、球団があまりにもひどかったことが原因だし、生卵事件はもともと西鉄時代からの歴史と応援気質が招いたものでしょ。
多分今ならそんなことは起こらないと思いますし。
北海道は野球未開拓だったし、チーム応援のしかたというベースはコンサドーレが先に作っていましたからね。
最初から温か~い、まぁ僕から見ると生温か~い感じの応援なんですよ。
同じ温かさでも、やっぱり福岡と札幌は違いますよ。
応援を見ているとよくわかります。
応援に地方色が出るのは当然だし、思ったより日本は広いということですかね。

菅野の件に関してコメントを頂くのは構わないのですが、頭の悪い僕でもわかる内容でお願いいたします。<(_ _)>
理解力が乏しいのでねぇe-441
 No title
本日は祝日でお日柄も良く、さらには昨晩、U22がバーレーンに快勝して気分もいいので、言い足りないことを勢いに任せて記していこうと思います。

まずは、他愛もない話から。道民気質を反映する表現としてコンサどんさんが挙げた「何もだ」という言葉、久しぶりに見た(聞いた)様な気がします。20年以上前の松竹制作で北海道を舞台にした松坂慶子主演の映画「椿姫」の中で、宮下順子がこの台詞を話していました。ほかにこの映画の中で北海道独特の表現だと思われたのが、「ゆるくない」でした。鈴木ヒロミツ、すまけいがこの台詞を話していました。前後の関係から、おそらくは「大変だ」「骨が折れる」という意味に解釈しましたが。

今回は、そもそもこの問題を感情的なものとする一因となった、いわゆる「挨拶問題」について述べます。結論から言うと、またもや日ハムのスカウト批判になってしまうので、スカウトに寛容な立場をとるコンサどんさんをはじめとした日ハムファンからは非難されるのは必至なのですが。
改めて、日本ハム側が東海大・菅野選手側に対して事前交渉がなかった件についてです。
日本ハム側の態度は
「事前のあいさつがないのは、巨人の横槍、あるいは懐柔を避けるためには仕方なかった。言い換えれば、挨拶がなかったことこそ、日本ハムの真摯な姿勢を物語っている」
というものでしたが、事前の挨拶がなかったことで東海大・菅野選手側が態度を硬化させ、入団交渉はさらに難航の様相を呈したわけで、この点はやはり日本ハム側に問題があったといわざるを得ないでしょう。この場合は、日本ハム側が菅野選手に対して入団をお願いする立場であり、「入団させてやるよ。」ではないわけです。であるならば、日本ハム側は東海大・菅野選手側のニーズに応えなければならなかったわけであり、事前のリサーチが不十分であったことになります。
ドラフト会議翌日の指名の挨拶の会談後の記者会見で、日本ハムのスカウトが事前の挨拶がなかった件を東海大側に謝罪したことを話していましたが、自分たちの主張が正しいならば謝罪する必要はなかったわけで、東海大側の態度に日本ハム側が狼狽したことが伺えたのは、少し見苦しかったようです。
 まあ、この件に関しては日ハム側も説明を尽くし、菅野選手側も納得したようでしたので、これ以上の進展のない話ですが、双方のイメージを悪くする話でした。

あと本当は、原貢氏への批判についても述べようと思ったのですが、この話を展開すると完全に感情論に陥ってしまうので封印します。果たして原貢氏が本当に「人権蹂躙」「だまし討ち」「人の道に外れている」などの発言をしたのかも疑わしいことですし。ただ、原貢氏が高校・大学野球発展の果した役割は小さくなかった、ということは尊重して頂きたいですね。

最後に残っている大きなテーマはいわゆる「浪人問題」ですが、まだ日ハム側や日ハムファンの立場では入団交渉は終了していないということなので、これを論じるのは時期尚早でしょうか。管理人のコンサどんさんの了解があれば、また別の機会にこの問題について語りたいと思っています。そして、そのことが終われば、これ以上はこのファンサイトをお邪魔することも打ち止めにしようとも思っています。
 No title
こんにちは!
いつも間にかこの件だけで凄い書き込みがありますね。
私もあの時は怒りのあまり書き込んでしまいました。
あれから冷静に考えましたけどファイタースのやった
事は悪い事ではない。
そして菅野から拒否されましたがフロント陣の諦めない
と言う姿勢は買えますね!
そうですよ、こっちだってドラフト会議を盛り上げる
為に指名したんじゃなくて本当に欲しかったから指名
した訳でね。
それで挨拶無いだの違反だとか言われたらこっちだって
たまった物ではないですよ!
読売のファンの方も来て意見を述べていましたけど、
まあ双方言う事が違いますのでそれはそれでいいです。
須永の件を出していましたが、それはお互い様ですよ。
読売だって横浜が指名しようとした栂野を強引に指名
して入団させて使えなくなったら捨てたでしょ?
まあこういう事言うとキリがないですけどね。
行きたいとこ行けなかったけど活躍した清原や正田
なんて格好いいと思いました。
(正田は元広島の野手の方で元々阪神ファンでしたが
広島に指名されるとお金を稼ぐところは広島ですと
言い入団しました。)

まあ言い方悪いけど山田GMに島田総括部長には交渉
を続けて欲しい。
門前払い食らうかもしれないけど粘って行って欲しい
と思います。
何だかんだ言ってもね浪人して活躍した選手っていない
んですよ、あの江川だって3年かかったんですから、
彼にもねそういう目にあって欲しくはないですから。
(菅野顔見たく無い言いましたが言い過ぎました・・・
しかし原の親父はちょっとね・・・・・)
うちに入団してFA使って読売行っても私は文句無い
ですよ!それは自分の権限ですからね。


コンサどんさんへの返信です。
日本シリーズが終わりようやくプロ野球は終了しましたね。
その優勝したソフトバンクもFAで杉内、和田、川崎が抜ける
とも言われますし、しまいにゃホールトンも・・・・・
優勝後バラ色とはいかないかなあ・・・・
ドラゴンズの落合前監督の会見見て改めてお疲れ様と思いました。
またどこかで監督やってくれないかなと思いました。

落ち着きましたが、やっぱそうなったらブーイングはするで
しょうね。
それは菅野に限らず他の選手でもね、応援してたらそれは
やってしまいます。

コンサドーレは次の湘南ベルマーレ戦に勝つことですよ!
それ勝てば次の日の徳島VS鳥栖戦にプレッシャーをかける
事が出来ます!
もし負けたらあいつらわざと引き分けにして同時昇格なんて
事になるかもしれないですから。
セットプレーでの失点は昨年も嫌と言う程やられて今年に
いくらか改善されたと思ったんですけどね・・・・・

脇谷は育成にするみたいですね、信二はどこか取るでしょ!
大村はFA使うか!やっぱ彼はサブローなんでしょうね。
 ウッドスタインさんへ
こちらは雪が降っており、いちめん真っ白で路面は凍結していてあまりお日柄はよくありませんのですのよ。
さらに僕は昨日のバーレーン戦にはまったく納得しておりません。e-454

へぇ~そうなんですか!
それは見ておりません。
宮下順子がねぇ。
あぁ「ゆるくない」というのも言いますねぇ。
その解釈であってますよ。e-454
まぁこれも浜の方の言葉でこちらの旭川ではなかなか聞かないかな?
北海道は道央部と海岸部、そして北部と南部で使う言葉がちょっと違うんですよね。
函館は東北の表現に近く早口、稚内のほうはなまりがきつくゆったりという具合になってます。
そして北海道弁というと「だべさ」が代表のようになっていますね。
SMAPの中居もお父さんが北海道なのでよく使ってますよね。
でも北海道では「だべさ」より「しょや」がよく使われています。
「だべさ」より物腰が柔らかくて使いやすいです。
昨日約束したしょ(したでしょう)、そこに有るしょや(有るだろ)などと使います。
だべ、だべさ、べさ、が乱発する北海道を舞台にしたドラマとか見てるとイ~ッ!てなります。
「しょ」「しょや」が使えたら、もう北海道人になれますよ。


さて、スカウトのことですが、まず寛容というのもちょっと違うかな。
それもなんかこう北海道弁で言うところの「いずい」、標準語にすれば「座りが悪い」感じですかね。
寛容だとは多分こっちのファンは思ってないです。
僕は「挨拶がなかったことこそ、日本ハムの真摯な姿勢」とは思ってないんですよ。
戦略として取らざるを得なかった行為であって、それが真摯な態度だというのは違うと思うんですよ。
これは多分他のファイターズファンとは意見がわかれる所ではあると思うんですが。

おっしゃるように菅野側の態度を硬化させた要因の1つであることは間違いなく、それが混乱を招いた形になりましたが、だからと言って挨拶が無い事がスカウトとして決定的なミス、言葉を借りるならリサーチの不十分とは思いません。
何度も言っているように球団側もファン側も、そういったことがあったとしても入団させる自信があったんです。
どうもここのところが本州側に伝わらないんだよなぁ。
それくらいこっちはチームに自信を持っているんですよ。
原の甥であろうが東海大総監督の孫であろうが関係ない、そう思えるくらいの自信なんです。
それを見通しが甘いとおっしゃるのなら多分ファイターズファンは全員、ウチの何を知ってるんだと反論しますよ。
それくらいの熱が北海道にあるんです。
熱に浮かされて冷静になれず、取れもしない選手を指名していてはと言われるかもしれませんが、そんなことはこちらもバカではありませんからわかっているし、冷静に判断してもいけると思ったから指名したんです。
そしてその意気をファンも汲んだから責任問題にはならないんです。
だからそれが失敗したといってもしょうがないよ、よくやったよだし、これからもこの姿勢をつらぬけというエールにもなっているんです。
だからそれを「寛容」と言われると、別に広い心になんてなってないのにとなるから「いずい」わけです。

そして「入団させてやるよ」という立場ではないことは理解できますが「入団してやるよ」でもないでしょう?
個人事業主である菅野が「俺の技術を買ってくれ」というのがドラフトでしょ。
それに対し交渉権を獲得したファイターズがウチと契約してくれないかと持ちかけてるわけです。
だからそれに納得しなければ契約しなくていいし、逆にこちらも契約しなくてもいいわけですよね。
どうも菅野にへりくだって入ってくださいとお願いしなければいけない立場みたいな感じも聞いていて「いずい」んですよね。
そりゃ相手が納得するような態度や条件を提示することは大事ですよ。
だからこそ謝罪を求めてきた菅野側に謝罪をしたわけですから。
ですから当然こちら側のファンからしたらスカウトの行為にも菅野側の態度にもブーイングでしたよ。
なんで謝るんだ、向こうが謝罪するのが先だろと。
しかしそれも交渉の内でしょ。
先程も書いたように挨拶に行かなかったのが混乱というか、向こうの弁明の元なわけですから。
そこでわざわざ「ウチに非はない、謝罪はしません」なんて言う交渉人はバカでしょ。
そんなことを言うバカはそれこそファイターズファンから責任問題だと追求されますよ。
説得するというのは、相手の考えを入れず自分たちの考えを押し通すことですから、そりゃいろんな顔を見せますよ。

じいちゃんの発言ですが、誤報であるならとんでもない問題ですよね。
それこそ人権問題です。
しかしそれに今まで反論をしないところを見れば自ずと答えは見えるのではないですかね?
もし誤報であるなら、あの発言以降も世間に発信する機会はたくさんあったわけだし、あの発言で菅野が必要以上のバッシングにあっているのですから、孫のピンチに自分が発言したとされる誤報を事実無根、マスコミが必要以上にこの問題を煽ろうとして書いたウソだ!と言わないことのほうが問題なのでは?
テレビや新聞で報じられ、野球関係者などにも発言の問題性が問われているこの状態を未だに家族や関係者が誰も知らないと考えるほうがムリがある気がするのですが。
終わりよければ全てよしと言いますが、ウチの実家が花屋で葬式の花祭壇の手伝いをするときによく思いますよ。
どんなに金持ちであろうが、最後の最後が悪ければこんなもんなんだなぁって。
だからこそ菅野側には慎重に発言してほしいし、慎重に行動してほしいんですよ。

そちらの立場とこちらの立場が違うので、きつい表現も使っていますが、おっしゃりたいことはわかるし間違いではないと思います。
ただ観測者が観測した時と場所から観測が始まるので、納得がいかなくてもこの人にはそう見えているんだなと鼻で笑ってもらえれば幸いです。
 youmenさんへ
こんにちは!

いやぁ僕も驚きですよ。
訪問者さんも3倍くらいになっちゃって。
だけど拍手やランキングが上がらないというのは、ほとんどファイターズファン以外の方が見てくださってるということなのでしょうね。
ちょっと緊張しちゃいます。e-451
でももっととんでもない書き込みがあるかと思ったのですが、意外と静かで助かっています。

はい、ほしいから指名したんであって、ドラフトのあり方を説いたわけではなく、純粋に戦力としてですよね。
そして説得できると信じているから指名したわけです。
これは他のファンにはわかってもらえないのかもしれませんね。

まぁそれもね、僕もわかってますけど、おっしゃるように言い出したらキリがないじゃないですか。
そういう中で生き残らなければいけないのがプロなんでね。
まぁ立ち位置が変われば見え方も変わりますからしょうがないことですよね。

諦める理由はどこにもありませんから交渉は続けるべきでしょう。
それが仕事ですからね。
今の施設でどれくらい体が維持できるのか、どれくらい実戦感覚というのは無くなるものなのか、僕にはわかりませんが、もし入団拒否となったときは後悔しないでほしいですね。

え、ホールトンがまた?
アメリカへの意識が強いのですか?
ホークスもいろいろ動きがありそうですねぇ。

落合がマリーンズの監督になったら嫌ですねぇ。
同じ色の球団ができちゃうので。
まぁしばらくはじっとしてるんじゃないでしょうか。

コンサは勝たなきゃならない、いや、絶対勝つしか無いでしょう!
もう怖いものは何も無いわけですから、ぶっ倒れるまで走りまわって拾いまくって決めまくってもらいましょう。
頼むぞコンサ!
 
こんばんは、私も色々なチームのブログ村やツイッターをみることが結構ありますが、ジャイアンツファンも監督が電話をして断った事をおかしいと書いている方がいたり、自軍のことを冷静に分析している方達が多いなぁと思いました

わかってもらえない訳じゃない

同じチームが好きなファン同士でも見解が違うでしょう?

人によるだけのことです

大きくみると野球ファンなので、浪人することによるリスクを多くの人達が心配している

野球界にしてみたら素晴らしい人財だからです

それだけの関心事ですもんね

それぞれに思うことが色々あるだけ

しっかり文章を書いて来てくれる方々の意見をきけることだけで楽しいです

コンサどんさんのブログに定期的に来る人達はきちんと自分の意見を書き、やり取りしていてすごく気持ちがいいです。
波風をたてたくないとか思って自分の意見を書けない人達が多いので、このブログは私にとって面白く楽しい場所なのですよ!

意見を書かないことも自由なので別にいいけどね
 No title
コンサどんさんとウッドスタインさんのやりとりを興味深く読ませて頂いてます。
こういう、立場の違う意見の交換はいいですね♪

まず、私も何故他球団ファンの方が「日ハム球団の責任を問え」などと
言われるのか不思議でした。しかもファンの姿勢にまで及んで。。。
他球団のドラフト失敗。私ならむしろ喜びますが(笑)。
バッシングの矛先が菅野サイドばかりに向けられ日ハム球団に向いていないって
ところが面白くないんでしょうかね。

いやー、ここまで偏屈一家だったなんて誰も想像できませんでしたよね~。
もう、社会人として常識を超えてる、と言うより常軌を逸してる感じです。
爺様、せっかくこれまで高校・大学野球の発展に貢献してらしたのに、
その栄光も一連の醜態ぶりにすっかり色褪せてしまいました。
ま、自業自得でしょう。
野球人、ましてや教育者とは思えない言動です。
あの拒否会見シナリオの作者は爺様だと思います。
ところが、巨人ファンの中からはあの一連の言動が疑わしいとまで
ささやかれ始めてるんですね(笑)。
どこまでも庇いたい気持ちはわかりますが、それこそ見苦しいですよね。
残念ながら、もうあの事実は消せません。

日ハム球団はもちろん入団させる自信があって指名したんですよ。
今だってその自信は全く揺らいでいないと思います。
ところが、今度は父上(←ここがミソです)が出てきて
「今後も会うつもりはない」との事です。
会って交渉しようものなら、絶対入団に気持ちが動く事がわかってるんですね。
それが怖いんでしょう。
とにかく直に会わなければスカウト陣の本領が発揮できません。
何も始まりません。
さすがのプロのスカウト陣もここまで一族が社会性を欠いてるとは、
また、人格者?の祖父があんな風に噛み付いてくるとは想像できなかった
と思いますよ。
全て思い通りに運ぶはずが日ハムのせいで狂ってしまった~~~!!!と
怒り心頭なのでしょう。
もうそこから失格ですね。なってない!
しかも紳士たる?巨人の原監督やアマ球界に多大な貢献をしてきた原貢氏が
身近にいながら、この有様です。

そもそも『挨拶』云々は後づけのイチャモンと私は捉えてます。
日ハム側の主張が正しいのなら謝罪する必要はなかった、とウッドスタインさんは仰ってますが、こちらが低姿勢で臨まなければあちらさんはそれこそ会ってもくれなかったでしょう。そんなこと目に見えてますよね。
コンサどんさんの仰る通りです。
決して狼狽したわけではなく、引いたり押したりが交渉術ですよね。
それを見苦しかったなどと仰るのはあちらサイドに立っていたからでしょう。
誰が見ても見苦しいのは原一族の方です。
日ハムブログだけじゃなく、他球団のブログ巡りもおススメします。
「見苦しい」と言う言葉のオンパレードです。

会って交渉さえ出来れば必ず入団させられるでしょう。(ただし、
周りのちゃちゃが入らなければ)
ところが前述のように、伝え聞くところによると父親がしゃしゃり出て
(恐らく貢氏は世間のバッシングに屈して大人しくしているのでしょう。)
会わせないと言う。
ですから、日ハムファンは球団の失敗とは捉えておらず、増してや
責任を問うなんてするわけがありませんよね。
それは優しさとか寛容さとはまた別のものです。
他の日ハムファンはどうかわかりませんが、私個人はただただ
原一族が”普通”じゃなかったから、と理解しています。
それにしてもあの一族の陰湿な意固地さ無礼さは表彰ものですね。

よく「いやいや入団されても・・・」と言う言葉を目にしますが、
そんな事は絶対あり得ないですよね。
今どき無理強いなんてしませんし、入団するからには納得して快く、
となるのが自然でしょう。


交渉が出来ればいいのですが、あちらが頑として会わせないとなると
やはり厳しいと思います。
と言うか、接触できなければどうにも出来ないですね。

私、今回のケースを逆の立場で考えてみました。
日ハムの梨田前監督の甥がもし・・・
やっぱり嫌な感じですね。
ファイターズ愛は嬉しいものの、そのベタベタぶりとそれがチームメートや
コーチ陣にもたらす影響を考えるとチーム全体が心配になります。
それとあのドラフト指名のやり方!
なんだか原監督を見る目も変わってしまいました。
感覚が違うんですね。


 No title
 本論に入る前に、youmenさんのコメントについて、少し述べさせていただきます。
 まず、私はジャイアンツファンではありません。もう、20年以上前にやめました。「読売のファン」というレッテル貼りはやめてください。迷惑です。これだけは強く言わせていただきます。
あえて自分がどのような立場かを言えば、ヤジ馬ということになるのでしょうか。以前にも述べたとおり、菅野問題の盛り上がりに興味を持ち、その当事者といってもいい日ハムのファンサイトにたどり着き、勢いで投稿しただけです。ただ、私の投稿内容に対し、管理人のコンサどんさん以外も反応し始めてしまったので、現在の立場は、日ハムファンの聖域の引っ掻き回し屋ということになるのでしょう。
あと、須永選手のことに関して私が日ハムを非難していると思われているのかもしれませんが、日ハムが須永選手を獲得したことも、その後ジャイアンツにトレードしたことも、何の問題もないと考えています。栂野選手に対するジャイアンツの扱いも同様です。
行きたいところに行けなかったけれど活躍した選手の右代表として正田氏、清原氏を挙げていましたが、プロ野球の歴史の中に、そのような選手は無数にいます。私なら、ドラフト制度導入後でいうなら、日本プロ野球最後の300勝投手(多分)の鈴木啓示氏や現楽天監督の星野仙一氏を挙げますね。ドラフト以前ならば、長嶋茂雄氏、王貞治氏、張本勲氏というところでしょうか。

 バーレーン戦を快勝としたのは、とにかく結果を出したからです。私はサッカーを見る頻度は野球ほどではないので、詳しい内容について突っ込まれると反論はできませんが、日本がいるグループの最大のライバルはシリアであることくらいはわかります。そのシリアと少しでも良い状態で対戦するために2点目をとった後に、当たりの強くなったバーレーン選手に対して引き気味になったのは、理解できる気もします。まあ、見る人が見れば不満なのでしょうね。

 映画「椿姫」は、ビデオはとっくに廃盤、おそらくDVD化もされていないので、なかなか観る機会はないでしょう。題名からもわかるとおり、ヴェルディのオペラ「椿姫」をモチーフにした映画で、私は理屈抜きに好きな映画です。北海道独特の表現で気づいたのは前述の二つだけでしたが、言われて思い出したのが、登別のバーのシーンでマスター役の俳優が「だべさ」を使っていたということです。道民の方が見れば、さらに発見できるのでしょう。

 ここから本論となるわけですが、その前に一言。文字でのやり取りはなかなか真意が伝わりにくいということを、この2日間で本当に実感しました。自分の作成する文章の拙さに起因するのがわかるだけに落ち込みますが。特にichieさんという方には、本当に伝わっていないと感じました。

 まず挨拶問題ですが、端的に言うと、交渉する前段階の配慮が足りなかったのではないのか、すなわち、東海大学・菅野側に「挨拶がなかったのは失礼だ」という、はっきりいえば難癖に近いことを言われたわけですが、そういう余地も与えないようにすべきではなかったのか、ということです。菅野選手の指名はかなり前から決めており、しかも指名権を獲得した後の入団交渉は困難を極めることが容易に予想されるなら、そのための不安要因はできる限り、排除すべきでしょう。そのためのリサーチでもあるわけです。もっとも,最初の交渉でこの件に関しては氷解したことを思えば、些末なことでありましたが。

『球団側もファン側も入団させる自信があったんです。(中略)だからそれが失敗したといってもしょうがないよ、よくやったよだし、これからもこの姿勢をつらぬけというエールにもなっているんです。』
この部分については、そうなんだ、と思うだけで特に異論はありません。菅野選手を入団に導けるかどうかに関する日ハム側の自信の有無については、日ハム側の事情でしょう。

『どうも菅野にへりくだって入ってくださいとお願いしなければいけない立場みたいな感じも聞いていて「いずい」んですよね。』
というのが、コンサどんさんの考えですが、これには多少異論があります。
もうかなり前になりますが、私はかつてプロ野球のスカウトをしていた人と話をする機会がありました。そのとき印象に残ったのは、まず、条件面を交渉して契約書を交わし、入団発表して、入寮させるまでは、指名選手はお客様である、接する態度は「入団していただく」、そして、選手に関するリサーチは、人間関係や親族の資産状態にまで及んでいたとのこと、でした。もちろん、全球団がそうであるわけでもないだろうし、昔と今でも違うかもしれません。ここまでは前提です。
 ですので、元スカウトの話を聞いた私の率直な意見としては、選手の側は「入団してやるよ」で構わないと思います。入団させてしまえばこっちのものであり、その後の選手の立場は究極的には自己責任、ということでいいのではないかと私は考えます。この点は、コンサどんさんと私の価値観の違いでしょう。

事前の挨拶のなかったことを謝罪したのは良かったと私も考えます。様々な見方がありますが、東海大・菅野側を慮って譲歩したのならば、あるいは交渉上のテクニックであるとしても、賢明な対応であったと思います。

原貢氏のことは、言葉足らずで誤解を招いたようです。この点は反省します。前回の投稿のような言い方をしたのは、「人権蹂躙」「だまし討ち」「人の道に外れている」という言葉を御本人の肉声として聞けていないからです。そして、仮に御本人の口から出たとしても、それがどのようなニュアンスで使用されたのかは、御本人の肉声を聞かない限り、御本人の意図を判別できないと思っています。言葉だけが独り歩きしている可能性もあるわけですし、また下手に反論するよりは沈黙しているほうが得策であるとの考えかもしれませんし。
ただ、この件は、自分でも述べていることについて歯切れが良くないというのは自覚しています。でも、伝聞を断定的に捉えて物事を論ずる怖さを実感した出来事が数ヶ月前に起きたので、少し慎重になっています。

 コンサどんさんは、「浪人問題」には興味なかったようですね。私も長居しすぎたようです。「浪人問題」以外については、自分の思いの丈とまではいきませんが、かなり語れたようです。そろそろ潮時かも。
 ウルトラ7だよん♪さんへ
こんばんは!

そうなんですよ、意外とジャイアンツファンの方は冷静な人が多いんですよね。
ただその冷静さがこちらとちょっとズレてるから意見が合わない。
でもお互い大きく間違ったことは言っていないという。
難しいところです。

ええ、もうおかげさまでウチに来るお客さんは他球団ファンのかたも含め良い方たちばかりでねぇ。
ブログやってて良かったなぁと思います。
できるだけこの感じを変えないように続けたいと思いますので、どうぞこれからもごひいきに。e-454
 ichieさんへ
こんばんは。

ん~、まぁたしかに客観的に見て今現在流れが悪いのは菅野サイドなんでねぇ。
もう少し周りの大人がうまく立ちまわってくれればなぁと言いたくなります。

挨拶無しという問題から始まって、一方的な会見まで来たわけですが、どうも全てがうまく回っていない気がしますねぇ。
なんなんでしょうね、この感じ。
ichieさんのストレスがたまるのもわからなくはないです。
ずっとボタンがずれてる感じというのかなぁ。
ぬ~…

まぁまぁ、あちらはあちらで感じられる所があるのでしょうし。
ただこちらにも、なんでそんな罵りや誹りを受けなければならないんだっていう怒りがあることは事実ですよね。
チームをバカにされればファンが怒るのは当然です。
それがいくら道理が通っていようと理論が間違っていなくても。
言葉を間違えただけなのでしょうが、大きな話になっちゃいましたねぇ。

もう少し長文を楽しもうと思ったのですが、立川談志が死んじゃってなんか力が抜けてるんですよねぇ。
次は今回のようにはならないと思うので、これに懲りずにまた長文お願いします。<(_ _)>
 ウッドスタインさんへ
え~っとですねぇ、まず言っておきますね。
ウッドスタインさんのコメントは歓迎なのですが、ここはファイターズファンのブログで僕もそのようなファン同士の楽しいブログにしたいと思って管理しているわけです。
ですからこのブログはファイターズファンが第一であり、僕の意見に賛同してくれる方が続けていく上で大事なわけです。
ですからご自身も自覚してらっしゃるとおり、今ウッドスタインさんは部外者という立場です。
その方がご自身で自覚していて反論があるだろうと予測していたにも関わらず、名前を出して反論に再反論するというのは困るんです。
それをやっちゃうと必ずコメント欄が荒れます。
ルール違反です。
ご自身で引っかき回しているという自覚がおありならこらえてもらわないと、コメントそのものを削除しなければいけなくなります。
せっかくウッドスタインさんと意見が交わせているのでそういう措置は取りたくありません。
みなさん僕の大事なお客さんですから。

というわけでこれを読まれたみなさんも、そういうことでよろしくお願いします。

さてサッカーですがなんとか勝っただけですので大した結果は出ていないと思いますよ。
選手のインタビューを聞けばわかります。
オリンピックの相手はもっとあたりが強いですしね。
そして引くという作戦は、相手よりもかなり戦力が上の時にしか効果を発揮しません。
オリンピックで当たる相手は日本より上のチームばかり。
今から引いてたら話にならないです。

え~っと不安要素は取り去るべきと書かれていますが、あの戦略を取った時点でムリでは?
だったら戦略を変えろとなると本末転倒です。
それが出来ないからこうなってるんであって、それが間違いだとおっしゃるなら僕の答えは「そうかな?」です。
何度も言ってますが、それでも入団させる自信があったんですって。
挨拶が無いことだけが拒否の理由というなら、ファンは「そんな奴獲るな」と言うでしょうし。

ですから今回の菅野の場合は交渉時にファイターズのスカウトがへりくだった態度をとっているではありませんか。
気持よく入団させることがおだてることだけではないでしょ。
キミとボクたちで球団を盛り上げていこうじゃないか!とか熱い交渉が効くならそれをするだろうし。
押し引きあっての交渉ですから「入団してやるよ」というタイプには「入団してください」でいいし、「僕なんかで大丈夫でしょうか」というタイプなら「ウチならバックアップは万全だよ」というのでいいでしょう。
入団を拒否する権利があるとよくジャイアンツファンが言うから、交渉はイーブンでしょというのを言ったまでで、交渉時までその姿勢を変えない奴はバカだと言ったのです。
挨拶がなかったことを「入団させてやるよ」と取るのは悪意があるし、まずそんなことは瑣末なことの筈だったんですよ。
それが発言のインパクトもあって大きく取り上げられてるだけです。
ですからウッドスタインさんと僕の考えはそんなに遠くないのでは?

「人権蹂躙」は独り歩きするには危険な言葉ですよ。
放置しておくほうがどうかしています。
言ってないなら言ってないと言わなければ孫のイメージはどんどん悪くなるんですよ。
この場合沈黙は金とならないでしょ、どう考えても。
だから僕はなんでその言葉を記者が書いたのかと思うんですよ。
なぜ止めなかったのか、なぜ撤回させなかったのか。
孫可愛さで出た言葉だと僕は思っていますが、それにしてもマスコミのやり方には憤りさえ覚えます。

野球浪人は、どんなことをするのか、どれくらい実戦感覚に影響が出るのかわからないので論じようがないんですよね。


すいませんね、もう少し詳しく言葉を選んで書きたかったのですが、立川談志が死んじゃって気が抜けてるんですよね。
これが限界です。
ちょっとボーッとします。e-456
 No title
ウッドスタインさん。
いえ、ちゃんと伝わってると思いますよ。
瑣末なことだから”イチャモン”と言う表現を使いました。
まぁ、あの類の人達から『満点』を取るのは不可能、でしょう。
いくらでも難癖の余地を探すと思います。
挨拶がなかった理由はコンサどんさんがすでに述べた通りで、
少なくとも、球団は「指名するかもしれません」と言う事は伝えていた
そうです。その事はメディアでも伝えられていますよね。
ウッドスタインさんの見解は本当に興味深かったです。
お2人のやりとりは見応えがありましたよ。
でもやっぱり、コンサどんさんの理路整然とした返答にはいつもいつも
感服します。

~~~~~~~

すみません、コンサどんさん。
どうしてもこれだけは言いたくて。↑↑↑

私も荒れたり荒らしたりするのが嫌で本来は他の方のコメントには反応
しないんですが、つい日ハム側から異見したくなりました。
この方は悪意があるわけでもなく反対の立場からきちんと冷静な意見を述べて
いらっしゃいますが、私の方はいつものようにズケズケでしたね(笑)。
私は異論・反論をケンカとは捉えていませんが、確かにこういう文字上では
難しいですね。
以後、気をつけます。

 ichieさんへ
いえ、かまいませんよ。
ファイターズブログである以上、相手方の言い分で終わるというのは座りが悪いですからね。
仕方が無いと思います。

ここはファイターズファンブログで、管理人である僕が許している以上ichieさんのトーンを変える必要はないですよ。e-454
らしい文章でこれからもお願いします。
 No title
こんばんは。
何か私の名が出てたみたいですね。
ウッドスタインさんへ

まあ私も早とちりして読売ファン言ってしまいましたが
それは謝罪します。m(_ _)m
他のファンでも投稿はかまわないと思います、まあ私も
コンサどんさんのところへお邪魔してる身ですからそんな
大きいことは言えないですけどね。
それに他の方々もどの様な意見あると言うのもいいと
思います。
まあ、熱くなるのも解りますけどもうちょっと抑えて行き
ましょう。
(ってお前が言うなって言われそう・・・・・(>_<))

ただ私は読売と聞くとつい反応してしまうのでそこは
ご勘弁願いたいです。
人それぞれ違うのですからね。

まずはここはこれで失礼します。
 さようなら
立川談志氏の訃報は、私にとっても衝撃でした。こちらでは、氏と縁の深かった毒蝮三太夫氏や高田文夫氏がラジオでレギュラー番組を持っているので、録音してその放送を聴きました。生前の談志氏の声とともに、故人のエピソードが哀愁とユーモアを鏤めながら紹介されていました。

さて、前回申し上げたとおり、今回を私の最後の投稿とします。もともと場違いであったし、日ハムファンの聖域であるお花畑を土足で踏み荒らしているような感覚にもなってきたので、自分としても潮時と感じました。自分では中庸を維持していたつもりでしたが、結果的には引っ掻き回したかたちになってしまったことに関しては、管理人のコンサどんさんに謝罪します。あと、コンサどんさんはともかくとして、このサイトに投稿している他の日ハムファンの方々には、単なる批判者(あるいは非難者?)と思われている節もありますし、最初に自分はジャイアンツファンではないと言っているにもかかわらず、ジャイアンツファンであるかの扱いを受けるのは、私の文章力がなくて自分の考えを伝える能力に乏しいことを差し引いても、釈然としないものが残りましたしね。
最後ですから、落葉拾い的に話を記していきます。

今晩、また例のジャイアンツファンの友人と話をする機会があったので、須永選手は日ハムに入団して現在のようなことになったのだが、横浜と相思相愛だった栂野選手は今シーズン末で楽天を戦力外となってしまった件をどう思うか、を尋ねました。彼の回答は
「ジャイアンツが栂野を指名した際は社会人の3年目だったので、どうしても横浜に入りたかったら、あと1年我慢すれば済む話だった。それに対して、須永は日ハムに指名された際は高卒だったので、あと3年は我慢しなければならなかった。この差は大きい」
でした。私が二の句を継げずにいると、さらに彼は
「やはり入団時に巨人入りを熱望していた選手にはファンとしても思い入れは深い。栂野はそうではなかったから、戦力にならないのならば、それほど思い入れはない」
と続けました。そういえば、こんなことも言っていました。例の日ハム拒否会見以前の段階に、菅野選手はどういう進路をとるべきかを尋ねた回答が、
「菅野は社会人に行ってくれれば、来年は亜細亜大の東浜巨(ひがしはまなお)を、再来年は菅野を指名できるのになあ。」
一応、紹介しておきます。

そういえば、菅野選手がどうした方がいいかに関して、私の意見を述べていませんでしたね。私はこのまま日ハムに入団すべきと思っています。理由は、一義的には巷でよく言われている話と大差ない内容です。そして二義的には、このまま菅野選手が日本プロ野球に入らないのは、単に日ハムだけではなく、日本プロ野球界の大きな損失となるからです。数字的に詳しく調べたわけではなく飽くまで印象ですが、現在のプロ野球において第一線で活躍している選手のドラフト1巡目指名選手の占める割合は、それ以下の各巡回で指名された選手より明らかに多いはず、すなわち活躍の確率の高い選手をプロ野球入りさせられない損失ということです。これは最初の投稿の際に申し上げたことで、ここから責任論という話になっていったわけですが、もういいでしょう。

挨拶問題は、結局のところ、議論が噛み合わなかったような気がします。これは、難攻不落といっていい牙城を攻め落とすのに、日ハムのとった戦略が傍から見ていて歯がゆいと思い、そもそも何がいけなかったのかを検証してみようということだったのですが、まだ入団交渉は終わっていないという状況が日ハム側にある以上、進めづらい話でした。現在進行形の話を検証するというのが、そもそもありえないことでした。この件に関して、私の記してきた文章は表現力に乏しくて、批判(あるいは非難)と捉えられたかもしれませんが、私としてはやや辛口の提言を行ったつもりでした。

 もうお察しのこととは思いますが、私は原貢氏についてはかなりの思い入れがあります。そのことについて語り始めると収拾がつかなくなるのでこの場では控えますが、そういう立場からすると、このサイトのコメントでも散見され、コンサどんさん御自身も『じいさん』といって揶揄してきた、原貢氏に対するリスペクトの念のない書き込みは、個人的には耐え難いものがありました。ここに限らず、マスコミやネット上の扱いを見ると、それこそ「お前たちには何がわかるのだ」と叫びたいほどです。ただ、この思いを前面に押し出して論じ始めると、完全な感情論になってしまいます。半ば原貢氏を敵視している場で、部外者がそのことをまくし立てても「荒らし」になるだけですしね。
果たして原貢氏が本当に「人権蹂躙」「だまし討ち」「人の道に外れている」などの発言をしたのかも疑わしいと、以前に述べましたが、正確に言うと「信じがたい」ということになるでしょうか。このことを伝えたマスコミ自体も原貢氏の肉声を発しない限り、信じられない気持ちです。

このサイトへの投稿に携わった3日間は、それなりに有意義でした。東京にいては感じることのできない、日ハムファンや道民のメンタリティの一端を知ることもできましたしね。これは、単にブログの記事やコメントを読むだけではなく、実際に文章のやり取りをして初めて叶ったことですから。

 ここまで長々と読んでいただきありがとうございました、菅野選手への交渉権は来年の3月末日までですが、1月から自主トレが始まるわけですから、年内で決め切れなければならないでしょう。日ハム及び、日ハムファンの健闘を祈っています。また、今晩は北海道地方で大きな地震があったそうですね。よろしく御自愛ください。では、失礼します。
 youmenさんへ
こんばんは!

とりあえず僕宛ではないので、あっちの記事でまたお会いしましょう。
 ウッドスタインさんへ
いえいえ、ここは決してお花畑などではなくこ汚い庵でございますから、そのようにとりたてて美化されずとも結構です。
世辞もすぎれば傲慢になりますよ。

中庸ですか。
僕にはウッドスタインさんの立ってる位置は中庸ではなく中間、あるいは若干ジャイアンツよりと捉えていますが。
発言の内容もじいさんという言葉に反応するところでも。
まぁ僕なんかが中庸なんて言うとお釈迦様に叱られますね。

そのご友人の言い分は理解出来ますねぇ。
そんなもんですよファンなんて。
それでいいと思うし。
他球団のファンが聞けばなんじゃそらという理屈でも、ファン同士で繋がるんならいいんですよ。
ファンとして正しいと思います。
でも東浜1位で、ハズレ1位か2位で菅野だったらまためんどくさいことになるでしょうねぇ。

僕は菅野が入団しようがこのまま浪人しようが、とにかくもう少し菅野への批判が落ち着けばいいなぁという感じですかね。
とにかく菅野の周りの大人が甘すぎますよ。
浪人による肉体的問題はそう影響は無いでしょうが、精神的な面がねぇ。
まぁ入ってくれるならこちらは全力でサポートしたいとは思いますが…

ん~、噛み合わなかったですか。
噛み合わないと言われるとこちらもガッカリしますなぁ。
それは納得が行く答えが僕から出なかったから噛み合わないと感じられたのですかねぇ。
それとも僕の意見が全く論点からずれていると感じられたからなんでしょうかねぇ。
どちらにしろガッカリには変わりないのですが。(_ _|||)

よく知らない人をリスペクトしろと言うほうがムリですよ。
それと僕はしゃべるときでも文章にするときでもリズムを大事にしています。
ですからいちいちその場にいない人や有名人にまで敬称をつけてしゃべったりするのが嫌いです。
話の流れが悪くなりますから。
そしてこちらにとって不愉快な発言をした人であっても、孫可愛さで出た発言だと思うから出来るだけ柔らかい表現にしようと思って「じいさん」と言ったので、ムカついてるならそれこそ糞ジジイでもあの野郎でもあのバカでもなんでも言ってますよ。
あと「何がわかるのだ」と声高に叫んだ所でムカついているファイターズファンには「バカだってことだけはわかるよ」と言われるでしょう。
けっきょくここまでこじらせてしまった言葉が「人権蹂躙」であって「道義的」なんですよ。
ですから発言していないなら打ち消さなければならない言葉なんです。
まぁこの言葉が事実無根だということだったとしても、今度は「菅野のじいさん叩いてたクソファイターズファン、なんとか言ってみろや~!」と大荒れになるでしょ。
なんかこう、どっかスポッとうまいところに収まりませんかねぇ。

こんなアホな僕との意見交換で、それなりに有意義と感じてもらえたなら幸いです。
東京で想像する北海道のファンの感じとは結構違うように感じられたかと思います。
そういえばこういう言葉があるのをご存知でしょうか。
「北海道は2度泣く」というのを。
会社員が1度目は寒い寒い北海道に飛ばされて嫌だ嫌だと泣き、2度目は北海道から本州に戻るときに、ここがいい戻りたくないと言って泣く。
まぁそういうことですよ。

旭川では地震がほとんど届かないので大丈夫です。
札幌では3ぐらい揺れたそうですが。
お心遣いありがとうございます。
それでは。
 No title
 数日前からこのブログを閲覧するようになり、これまでは読むだけで皆さんのやりとりを楽しませて頂きました。特にコンサどんさんとウッドスタインさんのやり取りは面白かったです。でも、ウッドスタインさんはもうこのブログにか来ないのですか。さびしいですね。コンサどんさん、何とか呼びかけて,ウッドスタインさんを連れ戻して、またやりとりしてもらえませんか。
 tomoさんへ
こんなブログに足をお運びいただきありがとうございます!

一応このブログはファイターズブログなので、あちらも肩身が狭いでしょうし、僕も足りない頭を働かせて自分の意見を文章にしているのですっごい疲れるんですよねぇ。
お互い譲り合えない部分があるし、それが当然だと思うので、この決着でいいと思っています。
ですからこれ以上続けるのは勘弁していただけませんか。

なにか別の話題でtomoさんをおもしろがらせるような記事をがんばって書きますので。
スイマセン。
 No title
早速の御返事ありがとうございました。

そうですか。やっぱりダメですか。意気投合したファン同士のやり取りも楽しいですが,立場や意見の違うスマートな御二人のやり取りも,本当に楽しかったです。何よりも,御二人がお互いを尊重し合っていたのに,とても好感が持てました。
 でも,コンサどんさんはそのやり取りのために相当神経をすり減らしていたのですね。でしたら,無理強いできませんね。私のわがままな提案をお許し下さい。

私は,東京ドームを本拠地としていた頃からのファイターズファンです。特に,西崎さんが好きでした。でも,サッカーは東京に住んでいることもあって、FC東京のファンです。1年でJ1に復帰できてホッとしています。
あっ、ここのブログはコンサドーレファンじゃなきゃダメなんですよね。すみませんでした。そういえば、今週末は直接対決ですね。コンサドーレには一緒に昇格して欲しいと思う反面,試合には負けたくない気持ちです。ごめんなさいね。

では、これからも皆さんの書込みを楽しみにしています。コンサどんさんが、FC東京のファンでも構わない,といって下さるなら,また書込みするかもしれませんが、そのときはよろしく。
 No title
こんばんは!

tomoさんへ
FC東京サポ(ファン?)ですか、私はそれでもかまわない
ですよ!
私ごとですが、うちの兄貴は東京の小平市に住んでいまして
家の窓からFC東京のグラウンドが見えるそうです!
(ある意味サッカー好きとしては羨ましい。)
その兄貴の息子ですが、サッカーでもイナズマイレブンに
はまってるそうです・・・・・(そっちかよ!)
コンサどんさんもいいと思いますが、私はかまいませんよ。

私はファイターズは東京から応援しています!
私は1994年からのファンです。
私も妻も西崎氏さんのファンで昨年地元テレビ局でのシートがあり
まして西崎氏が来た時に東京時代からの愛用のオレンジジャンバー
にサインを貰いましてね、その時は嬉しかったですね。
(サイン貰った時はジャンバー見て懐かしいなあと言ってました。)

さて来週ですが私たちも負けたくないです、FC東京は昇格が
決まったからいいだろ?なんて言いません!
勝負は勝負です、お互い良い試合だといいですね。

コンサどんさんへ
出しゃばった感じで申し訳ありません。 m(_ _)m
つい東京からのファイターズファンと聞くとつい・・・・・・
何てったって北海道で東京時代からのファイターズファン
ってそんないませんでしたから・・・・

では失礼します。 m(_ _)m
 tomoさんへ
いやぁ、リクエストにお答えしたいんですが、だいたいコメントに返事を書くのが夜中になっちゃうんですよ。
うちの嫁さんがパソコンを使っていますので。
たまに寝落ちをしたりすると次の日の昼とかになっちゃうんでキツイんですよねぇ。
ご期待に添えず申し訳ありません。

東京のファイターズファンの方でしたか!
お仲間ですね。
コンサを馬鹿にするような書き込みでなければ大歓迎ですよ!
それにしても1年で昇格できて良かったですね。
落ちたチームは翌年昇格できなければけっこう低迷するチームが多いですからね。
やはり自力はFC東京がNO1でした。
しかし最終節は負けませんよ!e-454

またコメントお待ちしています。
 youmenさんへ
こんばんは!

あちらのコメントにお返事書きますね。
 No title
youmenさんへ
 私の知り合いに浦和レッズのサポーターがいるのですが、ホームの試合には必ず行く,首都圏内の近郊のアウェーの試合には可能な限り行く、そして遠方の試合でも重要な試合,節目の試合にはその地まで赴く,としています。もちろん全部自腹で。さすがにここまではいき過ぎだと思いますが,これくらいの情熱の持ち主でないと,サポーターとは言えないのではないかと思い,私はFC東京のファンということにしています。
 1994年からのファイターズのファンということは,あの故・大沢親分の土下座や、上田監督の時に途中までぶっちぎりの首位だったのを最後に失速してオリックスに油揚げを奪われた悔しさを味わっているということですね。

コンサどんさんへ
 前々回では「勘弁してくれ」,前回は「リクエストには応えたいのだが…」。コンサどんさんも揺れ動いているようですね。
 FC東京のファンの私を受け入れてくれてありがとうございます。そういうことで、また書込みしちゃいました。
 ところで、U22のバーレーン戦にはコメントしていましたが,日曜日のシリア戦には特に何もなかったですね。コンサどんさんとしては、評価なさっているということなのでしょうか。
 tomoさんへ
いえいえ、リクエストにお答えしたいのですが、いろいろな事情があるので勘弁して下さいという意味で。
わかりづらくてゴメンナサイ。
昨日もコメント返ししている途中で寝てしまいまして、体中が痛いです…e-444

あ、シリア戦はおもしろかったです。
大津とか良かったし、ホームだったんでしっかりパスサッカーが出来ましたから。
ただ相手の速さにつきあっちゃうお人好しサッカーは健在だなと思いましたけど。
中盤でね、球をキープして速さを変えられる選手がいればいいんですけどねぇ。

こういうファンブログって不思議なもんで、その他のことも書いていきますよと言ってても、「ファイターズブログだと思って来たらファイターズのことが書いてないじゃないか!だったらランキングに参加するのやめちまえ!」と言う人がいるんですよ。
ですから本当は格闘技のこととかサッカーの事とかネコのこととか書いていきたいんですけど、かなり言いたいことがある試合以外書かないことにしています。
まぁ今はシーズンオフなんで色々書きますけど、そういうことなのです。
あぁ、次はコンサ昇格!という記事を書きたいですねぇ。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08