拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

サッカー日本代表がアジア杯優勝!そして多いよ。

 
 
 
日本、アジア杯優勝!
これでアジア杯最多優勝国となりました~!


決勝の相手は天敵とまで言われたオーストラリア。
日本のスペースを潰して前線に一本の縦パスで競り勝ち、セカンドボールを拾ってゴールという戦い方がみえみえのチーム。
そんなおもしろくないサッカーをするチームになんか負けてたまるか!
などという気持ちを持ちながら、いざ観戦。

案の定ロングボールで攻めてくるオーストラリア。
しかしフィジカルでガツガツと予想していたが意外と来ない。
これはラッキーと思ったが日本も予想以上に行かない。
前半の20分ぐらいはオーストラリアのペース。
残りは日本のペースといった感じで、これといったものも無く前半が終了。

たしかに香川が抜けたとはいえ、選手はもう少し裏に飛び出す動きとか、スペースに走りこむ動きを見せてオーストラリアディフェンスを混乱させてほしかった。
さて後半はどういう采配を見せてくれるのかと期待して見ていたら、後半開始してすぐの11分に香川の代わりに出場していたMF藤本を下げ、DF岩政を投入。

ええっ!なんじゃそら!
たしかに岩政は空中戦が強いので、高いボールを放ってくるオーストラリアの対策にはなるがDF5枚ってどうすんだと思っていたら、長友が左の前目に位置し、今野が左サイドバックに入った。
まぁどうしてもオーストラリアのFWは空中戦に強いので、ゴールエリア付近で味方DFが競り合うと、こぼれ球をケアするためにサイドの内田・長友が真ん中に引っぱられることがたびたびあった。
そしてそこに空いたスペースを使われ、走りこんできた選手に高いクロスボールを上げられるという場面が多々あった。
しかし韓国戦で伊野波を入れた時みたいに守備意識が強くなりすぎるのではないかという懸念があったのですが、フタを空けてみれば何のことはない。
完全にオーストラリアのサイド攻撃が沈黙。
スタミナも切れてきたオーストラリアは縦パス一本の単調な攻撃になってしまいました。
オーストラリアの良さを完全に消してしまったザッケローニの采配は、動きまくった長友の献身的プレー、そしてディフェンスの守備位置ならどこでもこなす、今ちゃんの能力の高さが生んだものでしょう。

川島の片足スーパーセーブやら岡崎の惜しいヘディングなどがありましたが、2試合続けての延長となってしまいます。
日本は完全に足が止まってきたオーストラリアディフェンスの間を抜くプレーがいくつか出たのですが、横からのボールに強いFW前田は悲しいかな足がとにかく遅い。
パスを供給する本田も、フィジカルはめっぽう強いがこれまた足が遅い。
本田をおとりに使って意外とフリーにさせてくれる遠藤からキラーパス一本という選択肢が見える状況で足の使えるFWが入ればと思っていたら延長前半8分、ザッケローニが前田に代えて李を投入。
キタ!分かってるじゃんザック~。李!足でかき回せ!
と思っていたらDFが集中力を欠いたプレーで2度失点のピンチ。
集中しろこんにゃろぅと言っていたら李の良いところが出る間もなく前半終了。
じゃっかん嫌な感じがありました。

しかし、この試合最大のクライマックスは延長の後半に待っていました。
左サイドでボールを受けた長友は、深いきり返しで相手DFを簡単に外すと、ファーサイドへ速くて低いクロスを入れる。
それを見つめるオーストラリアのDF数人とGK。
オーストラリア選手がボールの先にみたものはど・ど・ど・ど・どフリーで待ち構える李忠成でした。
どこを守っているのか分からないオーストラリアDFの目の前でパチンと、点で合わせるキックでキレイにパチンと蹴るとボールはゴール左サイド隅に吸い込まれていきました。

歓喜

ぬぅわ~~!!と言って立ち上がった私は、こたつの布団に足を取られながら隣の寝室で寝ていた嫁さんに報告。
眠そうな目でゆっくりと拍手をした嫁さんは、私とハイタッチ(いや、寝ているからロータッチかな)をしました。
夜中の3時に。

びゅ~てぃふぉ~、わんだほ~、あめいじんぐゴ~ル。
李は片膝をつくと空に向かって矢を射るポーズ。
そう、これは広島で有名な毛利元就の矢です。
日本代表が一丸となって奪ったゴールという意味でしょう。
体力的にも精神的にもズタボロになったオーストラリアに、もはや反撃の力は残っていませんでした。


長い笛の音が鳴り響くと同時に喜びを爆発させる日本代表選手たち。
ザッケローニの采配がずばり当たった試合でした。


最後は表彰式。
キャプテン長谷部が巨大なカップを掲げると金の紙吹雪が舞いあがる。
そしてクイーンのWe Are The Championが会場に流れる。
うぃ~あざちゃんぴょ~ん♪
さすがオイルマネーの国、紙吹雪の量がすごい。
巨大送風機でゴーゴーと舞い上がる金の紙吹雪。

キラキラしててすごいキレイ。

それにしてもすごい量。

おお、観客席の方にもあるのか。


ああ、長い紙テープもあるんだね。
ファイターズが勝ったときに出るやつだ。
へえぇ



すごいねぇ~




うん…





……






多くね?なんか。

なんかすごいムダに多くない?
ピッチが半分金色になってるし。

お、と思っていたら今度は花火だ。


競技場の屋根から噴き出したかと思ったら打ち上げまでやるんだね。



おお、空撮で見ると競技場のそばのいろんなところから打ち上げられているんだね。




すごいなぁ、ヘタなオリンピックのセレモニーより打ち上げられてるよ。





いやぁすごいねぇ。






……。






だから多くないかいって言ってるだろ!

どんだけ花火打ち上げるんだよ。
かれこれ2~3分はやってるぞ。
ほら~、ピッチ上が煙で真っ白だよ。
あきらかに日本の優勝はもうどうでもよくなっているよね。
やりすぎ。



なにはともあれ優勝してくれて良かった!
遅くまで起きてたかいがあったわ。
ありがとう!



スポンサーサイト

Comments
 No title
見る方も我慢しなくてはいけない試合でしたね。
本田、足遅いと知らなかった。。。
にしては人には長いパス出してましたね(笑
 
李のシュートは本当に気持良かったです!
長友が立役者ですよね~
ザッケローニの采配も素晴らしかったi-189

私も表彰式見ましたv-315
あれだけ華々しくやってくれて日本の選手は気持良かったでしょうね。
でも確かにやり過ぎの感ありました(笑
 今の日本代表おもしろいですね。
表彰式、そんなことになってたんですか。最後まで見ればよかったです。眠くて見れなかった。(泣)

岩政投入のとき、今野をボランチにして遠藤、長谷部どちらかを前に挙げるのかなと思ってましたが、長友の攻撃力を生かすためのポジションチェンジだったんですね。

今までの監督は起用法が杓子定規の方が多かっただけに今のザックは幅が広くて楽しめそうですねえ。(^^)
 ナターシャさんへ
ほんと、がまんの試合でしたね~。
本田はフィジカルがめっぽう強いので、相手DFを引きずりながらドリブルできますから、足が遅くても狭いエリアで勝負してラストパスというプレーができるのですが、(中田・俊輔みたいに当たられるのを嫌がって、とにかく当たられる前に前線へパスというタイプではありません)それなら前は裏に抜け出す足のある選手が良いんですよね。
しかしトップは前田。
前田本人が認めるほど、ジャンプ力と瞬発力が無い選手。
しかし得点感覚と献身的な動き、そしてなにより横からのボールにめっぽう強い。
ザッケローニがサイドから攻撃するスタイルが好きなので前田を使っているんですよね。
でも昨日はあの高さだったじゃないですか。
なかなか前田にボールがおさまらないと周りが動けませんから我慢の展開になったんだと思います。

でもパス回しでリズムを作って崩してましたよね。
スピードでも負けなかったし。
良いチームですねぇ。

長かったですよね!
じゃっかん引きましたもん。
これは負けて見るのと勝って見るのとではえらい違いだろうなぁと思いましたe-454
 ハムかつサンドさんへ
すごかったですよ!表彰式。
ちょっと怖かったですもんe-440
もったいないな~、見れなかったなんて~。 フフフ…e-440

あ、それは僕も考えたんですよ~。
吉田・岩政は高さ対策ですからCBとして、今野がボランチの底に入って遠藤・長谷部が前に行ったとしても動きの無い前線でしたし、縦パス一本で来る相手に対して中盤を厚くして意味あるかなぁ?と思って見ていたら変則5バックでしたね。
それで相手のサイド攻撃を封じれたのと、長友・内田が後ろを気にせず上がって行けたためにオーストラリアのディフェンスがゆるくなりましたもんね。
セルジオ越後も言っていましたが決勝で急きょこのフォーメーションをやるのはすごいですね。
で結果出ちゃったしe-454
さすがカテナチオの国から来た男というところでしょうか。

決勝はまさにそう思いましたね。
浦和サポのかたが「オジェックは意外と戦術の幅が無いことを浦和サポは知っている」とつぶやいていましたが、まさにその通りだなと思いました。
延長前半でどう修正してくるのかと思ったら、何も変わっていませんでしたよね。
それに比べるとザッケローニは柔軟だなぁと。

いやぁホント楽しめそうですね~e-454
 No title
いや~良かった良かった♪
あの時間まで起きてて良かったです。

そうよ、お肌はピチピチだから気にしなくても大丈夫よ♪

てか、一人で観てたけどコンサどんさんと一緒に観てるような
そんな不思議な感覚でした~v-33

まりもっこりも・・・ね(笑)
 カッコいいボレーでした(^O^)
こんばんは(^O^) ザッケの手腕はなかなかなようですね☆ それにしても「ハンド」とらない審判だわ(-.-;) オ-ジ-は選手がけっこう年だからキツいのかもね。ケネディがいなくてよかったなぁと思いました♪ 今ちゃんが頑張っているのがうれしいですね!コンサOB頑張れ☆ 長友はいい所から声がかかるでしょうね!すごい子だなぁ(*^-')ノ
 うぴさんへ
起きてた人だけ味わえた感動ですよね~!
僕は李がどフリーだと分かった瞬間から脳内麻薬が出始めてゴールの瞬間にはじけました。

やっぱりツイッターの実況は盛り上がりますよね~e-454
僕も一人でしたけど盛り上がりました!
でもブラインドタッチがヘタだから、サッカーみたいに常に動いているものの実況は難しいです…
画面見てキーボード見て。

そうですよね、永遠のハタチのお肌はカッサカ…じゃねぇや、ピッチピチですもんね!
え、まりもっこりって?
永遠のハタチの口からもっこりの言葉が出るとは思わなかったけどe-440
 ファイターズ最高(^_^)vさんへ
こんばんは!
まだ数試合とはいえ、一気にザック株が上がりましたね。
バブルになってはじけなきゃいいけど……
PKにつながるハンドが2回ありましたもんね。
ただどっちも腕を引いているのと、ペナルティーエリア内というのが笛をためらった理由でしょうね。
決勝の舞台というのもあるから審判は試合を良く見せたいという欲もあったろうし。
そのくせ最後に岡崎のハンドを取りましたけど…
一応アジア最高と言われる主審ですからね。
ゴール前で勝手にコロコロ転がるケーヒルを無視してくれましたから助かった面もあったし。
サッカーが盛んではない国の審判であれば吹いていたかもしれませんね。

今ちゃんは良いプレーヤーになりましたよね!
守備に気を使うザッケローニなら、辞めるまでレギュラー確定じゃないでしょうか。
長友のスピードと運動量は世界でもトップクラスですから、ステップアップしていくんじゃないですかね。
岡崎も声がかかったみたいだし。
みんな世界で戦って日本をアピールしてもらって、Jリーグに世界クラスの選手が来るようにしてもらいたいですね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10