拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

光明




おしい。
あと少し。
あの一打。
あの一球。


今日はSBの天敵マサルさん。
すぅぃ~すぃすぃすい~とSB打線を相手にすずしいピッチング。
打つほうでは、初回にいきなり稲葉のソロホームラン。
2回には糸井のバックスクリーンに飛び込むソロホームランと上々の感じ。
これは余裕か?と思ったがその後は4球と三振のオンパレード。
点は入らないが残塁だけ増えていく。

そんな事をしてるうちに6回、松中にソロをあびて2-1。
続く7回、ツーベースとファーストにカバーがいないという凡ミスでノーアウト2・1塁。
8番辻を三振にとって9番高谷。
ここでマサルの負けん気が仇になる。
初球高橋が外角高めのスライダーを要求。高めに浮いてきていた事を気にしていたマサルは、きっちり投げなきゃと力んだ球はもののみごとに真ん中高め。

ガッキーン!

もう少しでホームランという逆転タイムリー。

冷静な表情をする、いわゆるポーカーフェイスの人の特徴は熱血漢であること。
自分の感情が爆発しそうになるのを抑えるための行為です。  たぶん
こういう人はのってるときは良いんですが、弱気になると途端にガタガタと崩れてしまうわけですが、このケースはその最たるものですよね。
SBの杉内なんかもそうですね。まぁここら辺にマサルの被本塁打数の多さが出てるわけで。
逆にダルやEの田中はマウンドで絶叫しますが、クレバーさはハンパじゃないわけで。
冷静というか狡猾というか。
打たれるのが怖いのと、打たれるのが嫌いの違いだと思うんですけどね。

このあと宮西がタイムリーを打たれるんですが、今日のハムはちょっと違う。
ツーアウトから金子のタイムリーが飛び出して3-4。
9回も4球二つとワイルドピッチでチャンスを作るも、ボッツの打球は惜しくもセカンド本多のグラブへ。
ゲームセット。

残塁が多いのは変わりませんが間違いなく打線の雰囲気は良くなってると思いますよ。
1・2番に一本が出てれば変わった展開になっていたでしょうね。
あと少しなんだけど、そう遠い話では無い気がしてる私のこの自信はどっからきてるのだろうか。

勘?

いや希望かな?


いや信頼だな。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08