拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

9回の愚策


F2-3



サヨナラ負けしちゃいました。
しかも関係していたのは賢介。
ん~。


どちらも谷間のピッチャー対決。
どれだけ投手がこらえられるかが勝負でした。
しかしフタを開けてみればライオンズは打てない、ファイターズは取れないという試合展開。
しかもデッドボールが両チーム合わせて6個も飛び出しグダグダに。
どの死球も仕方ないものばかりですが森本の指が気になるところです。


さて、なんやかんやで9回まで同点という展開。
相手ピッチャーはシコースキー。
とにかく球が浮きまくりのシコースキーを、先頭バッターの賢介がよく見て4球で出塁。
続く紺田は送りバントなのだけど、ただでさえ浮いている球で力のあるストレートを紺田がバント出来ず、最後はバカみたいに高いストレートを空振りの三振というていたらく。
それにしても絶対に3バントはしないんだね。不思議。
そして問題は1アウト1塁となって稲葉の打席。
1-2となって4球目に賢介スタート。
ストレートのボールは高めに浮いてクソボール。
しかしそれが幸いし賢介盗塁死。

ここがいちばん解らない。
なぜ9回の攻撃で、球が浮きまくっているピッチャーを稲葉は余裕で見逃しているにもかかわらずスタートを切ったのか。
いるか?その盗塁。
あの場面で走るのなら初回も走れよ。
なぜ緊迫した場面のいちばん頼りになるバッターの打席で盗塁する必要があるのか。
成功してても1塁が空くので無理な勝負はしないだろうし。
この作戦はベンチの指示なのか、それとも単独なのか解らないけど愚策としか言いようがない。
まったくムダな盗塁でした。

結局勝つチャンスを逃したツケはしっかりと払うことになりました。
でも最後のセカンドエラーはかわいそう。
強襲のヒットでしょう。どう見ても。



なんか最後までグダグダした試合で疲れとケガ人だけが残る試合となりました。
明日にひびかなければいいけど打線は好調ですからね。
でも今日は坪井が大ブレーキでしたから。
明日以降はしっかりと軌道修正して下さい。
なんとか明日勝って勝ち越しをしましょう。




はげみになるのでポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ツイッターのフォローのほうもお気軽に。
consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10