拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

納得のいかない警告


F4-2Bs



あれを警告とは・・・



また勝ちました~。
最近ちょっと怖いです。
しかしよくよく見ればスミ4という試合、投手の踏ん張りが伺えるスコアですよね。


初回、絶好調の賢介が出塁すると森本が送って稲葉ジャンプ。
しかし稲葉が凡退、続く小谷野に期待がかかりました。
でもまさかホームランを打つとは思わなかった。
第6号先制2ランホームラン!
いやぁ最近の小谷野は神がかってるわ~と思っていたけど、ここで終わらないのが今のファイターズ。
5番糸井が火の出るようなライト線の当たりを放つと、6番鵜久森が1・2塁間を気持ちで抜くヒット。
7番陽は逆らわないバッティングで1点追加すると、負けてられるかと8番大野がタイムリーとなるセンター前ヒット。
怒濤の5連打で相性の悪い山本から4点を奪取!
鮮やかなラッシュでした。

その得点を先発木田が低めに集めるピッチングで守っていく。
その木田が降板すると中継陣がしっかりこらえて勝利をベテランにプレゼント
みんな先輩思いですねぇ。


昨日の試合でいちばんの話題はなんといっても稲葉の激怒でしょう。
めずらしくキレた稲葉。
高橋のことがあるからとかいわれてますけど、そんなことでなかなかキレるもんじゃないでしょ。
やはり以前から山本との対戦で「危ないなぁ」と思っていたからキレたんじゃないですか。
一悶着あったあと今度はF石井が後藤にデッドボール。
当然怒る後藤。
ざわつくドーム。
しかし何事もなく後藤は1塁へ。
しかし審判団が集まって協議。
まさかと思っていたら、案の定警告試合の宣言が。

試合後に岡田監督も怒っていましたが、これぐらいのことで警告試合にしていてはやりにくくてしょうがない。
仕方ないじゃんという意見もありますが、それはどうですかね。
ここで警告試合に審判がすることで当然雰囲気はもっと悪くなります。
インコースにも投げづらくなるし、ちょっと審判にストライクゾーンの不満やセーフ・アウトのことで詰め寄ろうものならドームの雰囲気は悪くなるでしょう。
審判はジャッジするだけではなく、試合を円滑に進めるという仕事もあります。
決められたことだから、それが仕事だからといちいちデッドボールがある度に警告試合にしていてはきりがない。
だいいち昨日の試合の流れを見て「これは警告にしなければ」と思うのは空気が読めてないとしか言いようがない。
稲葉の時は両チーム出てきましたが、後藤の時は出てきていません。
石井もすぐに帽子を取り謝っていたし、それで後藤は一応怒りをこらえて1塁に走ってくれたじゃないですか。
そこでわざわざ警告試合にするのはむしかえしているようなもんです。
そこを岡田監督は怒っているし私も納得が出来ない。

問題が起きることを恐れ、先に言っといたよね!だからこちらには問題がないよね!と言い訳してる感じが今の社会に蔓延している閉塞感と似ていて嫌だ。


嫌な感じを最後のヒーローインタビューで忘れさせてくれた木田と小谷野には感謝!
思う存分抱いたげて



はげみになるのでポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ツイッターのフォローのほうもお気軽に。
consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08