拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

野球日本代表、メダル獲得ならず。

金しかいらないを合言葉にやってきた星野ジャパン。
これで星野神話が崩壊するでしょう。
マスコミによって祀り上げられたイメージは、本人の思うところよりも高く高くなってしまいました。
これはこれで星野にとって辛かったろうと思います。
上司にしたい有名人に選ばれたり、ニュースにコメンテータとして世界情勢を語ってみたり。
ただの野球選手なのに・・・

んで総括ですが、間違いなく金をとってもおかしくないメンバーでした。
ただこういう短期決戦の向き不向きがあったように思います。
日本シリーズやCSで経験してんじゃん、と言う方もいましょうが。
これが代表の試合なんです。
闘将と呼ばれた男まで惑わされるんです。
ダルを坊主にさせるほどのプレッシャーなんです。
仕方ないっちゃー仕方ない。国際試合の経験が少なすぎるんですから。

異様としか言いようが無い緊張感。
試合後の宮本の涙が語っていました。
涙が止まらないG・G佐藤。
それを笑ってなぐさめる阿部・・・・・ってお前なぐさめられる立場か!
・・・まぁまぁいろいろありましたが、ヤリ玉に挙げられるのは岩瀬・村田・GG・新井・森野あたりですか。
みんな国際試合では気合が緊張感に変わってしまう選手。
普段の半分も実力が出ない。悔しい思いをしたことでしょう。
逆に緊張が気合に変わる選手もいました。
川崎・西岡・青木・田中。
とくに田中は良かった。
噛み付かんばかりの迫力。
田中は絶対抑え向きだと思うんですけどねぇ。

なんにせよ、これで3月のWBCの星野ジャパンは白紙となりました。
実績重視で、今現在の状況を見ていない。というかパリーグを見ていないと思われる人選。
情に流される選手起用。
極端に仕掛けが少ない采配。
固執した投手起用と打者オーダー。
星野らしいといえばそれまでですが、これではなかなか難しい。

ナベツネを納得させるためにできた長島ジャパン。
その後を受けた星野ジャパン。
いつまで野球はヒーローをもちあげ続けるのか。
もうそろそろ監督・コーチの育成を本気で考えなければいけないんじゃないかなぁ。
日本の野球にとって良い薬になってくれる事を祈ります。

もう一つ、ソフトボールの事ですが、負けたのに金なんておかしいと言う人もいますが・・・
その発言がおかしいとは思わないんですかねぇ。
これはソフトだけでなくWBCの時の日本もそうですし、去年の中日も言われました。
特に去年の中日は監督自ら言っていました。
セもCSを導入すると決めたのはシーズン前です。
シーズン中なら問題がありますが、シーズン前ですから問題ないでしょう。
ソフトボールだってそうです。
最初に優勝に関しての取り決めがあって、それに対してどうするか対策を立てて、臨機応変に対応していくのが監督でありチームでしょ。

リーグ優勝がCSの決定でほぼ意味をなさなくなった今、どうやってCSに進出するか、どうCSに臨むかが最重要課題であって、リーグ戦はそのCSに出場するための予選でしかないんです。
そこを履き違えて、あそこのチームに勝ち越したのにとか、長いリーグ戦の結果をこんな短期間で決めるのはおかしいとか言うのがおかしい。
結果を求められる勝負事に何故プロセスを持ち込むのか理解ができません。
自分の手に惚れこむ勝負師は、自分の勝てない理由を他人のせいにしがちです。
自分が状況判断できないだけなのに。

ソフトボールは、シドニーでは逆のパターンで金を逃したんですから、胸を張って金メダルを見せびらかせばいいんです。
そうすればアメリカが悔しがって、オリンピックでソフト存続に動くかも。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10