拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

増井の不安


F1-6Ys



昨日は最初のほうしか見られませんでした。
なので試合内容について書くことは出来ないのですが、増井は見てたんでひと言。

昨日の増井はストレートがはしっていませんでした。
それを強く思ったのは初回、ガイエルの打席。
アウトハイのストレート、インローのストレート、アウトハイのフォークで1ストライク2ボール。
間違いなく三振を取るためのピッチングでした。
その4球目、ワンバンするクソボールのフォークをガイエルは空振り。
これで2-2となりました。
この時点でガイエルは次がストレートかフォークか迷っていたはず。
ストレートに比べコントロールの利かない増井の変化球なら、投げるとすれば次のカウントまでの可能性が高いですからね。
結局、鶴岡が選択したのはアウトハイのストレート。
そして増井の投げた球は高めのボール球となる最高の釣り球。
当然のように強振で空振りするガイエル。
バッテリーの完勝でした。

しかしその後に流れたスロービデオで確認するとファウルチップの三振でした。
完璧な釣り球で、増井の生命線でもあるノビのあるストレートが、強振したガイエルのバットに当たるって・・・。
調子の良い増井のストレートならガイエルのバットは5センチぐらい下をくぐっていたはず。
ということはガイエルの想像する球の軌道と増井のストレートの軌道があまり誤差がないんじゃないか?
とか思っていたらヤクルト打線は増井のストレートに照準を絞っていました。
とにかくストレートで空振りが取れない。
しかもストライクゾーンならヤクルト打線は必ず振ってくる。
結局変化球で組み立てなきゃならなくなったのですが、しょうじき増井の変化球はストレートを生かすための変化球。
しかもコントロールが悪い。
抑えられるわけがない。

結局ど真ん中のフォークを満塁ホームランされました。
増井の脆さを見た試合だった気がします。
ストレートのノビで勝負してきたピッチャーが、ちょっと調子が悪いだけで打ち込まれる典型みたいな試合。
コントロールがないというのは厳しいですね。
増井はフォークを低めに集めるコントロールが身に付けばこんな事にはならず、安定したピッチャーになる気配はあるんですけどねぇ。
まぁここらへんまでしか見てないんで後は知りません。


なんにせよ最下位同士の戦いで負けてられないっすよ。
ぶつ切り打線じゃ勝てません。
死ぬ気で繋げろ!




はげみになるのでポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ツイッターのフォローのほうもお気軽に。
consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08