拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2番とルーキーと亀田




今日は2番とルーキーが鍵でした。



ダルvs渡辺の投手戦と思われたこの試合ですが、フタを開けてみればお互いイマイチ。
ダルはマリーンズ球場特有の風で変化球が曲がりすぎ、ストライクを取るのに四苦八苦。
4球に苦しみランナーをため、抑えて吠えるのくりかえし。
相手の渡辺は生命線であるコントロールがイマイチ。

そんな二人のピッチャーを打ったのは両チームの2番でした。
Mルーキーの荻野はバットを短く持ち、インコースの速い球を打ちヒットで出塁すると、2盗、3盗と引っかき回し金泰均の犠牲フライで生還というホームラン以上の活躍でダルから点をもぎ取りました。

これはめんどうなことになったなぁと思ったら、やってくれましたよウチの2番。
渡辺が投じたインコース高めのクソボールを下半身をいったんためた後、こんにゃろぅとひっぱたいた球はライトフライ…か? いやライト下がってる、まだ下がってる、アレむこう向いた。
あ…入った…。
同点ホームラン!
こう言ってはなんだけど、まさかまさかの伏兵紺田の一発であっという間に同点。

そしてこちらのルーキーもやってくれました。9番加藤!
紺田のときとまったく同じインハイ高めのクソボールをパカンと打った球はグングンとライトへ。
フェンス直撃のタイムリー2ベース!
いい仕事してくれました。


このまま久が抑えて終わりかと思いきや
久、救援連続失敗。
どした久!
投げにくそうだぞ久!
がんばれ久!
はふぅ~ ε=(‐ω‐;)


けど金泰均の打ったタイムリーは事故。
あの打ち方が金泰均にできるわけない。やれるんならとっくにやってる。
しかし久の責任もある。
初球のスライダーは明らかに手の出ない見逃しかたでストライクをとったので、次はボールからボールのスライダーでオッケーと鶴は思ったはず。
そうしたらまったく同じところに投げてしまったという。
失投とたまたまが合わさった同点劇でした。

結局引き分けに終わりましたが、継投で出てきた木田の好投、好守備があればこそと思います。

勝てたのにもったいないなぁと思う試合ではありましたが、向こうさんもダメージが残る引き分けだけに、これがほんとの痛み分けですね。
明日こそはスカッと勝ってほしいなぁ。




さて今日、もう一つの注目は亀田vsポンサクレックの試合。
亀田の真価が問われる試合となりましたが、結果は判定負け。
ちょっと試合の分析を私なりに。

まず、同じ左ということで亀田が得意としているノーモーションの左がポンサクレックの右で邪魔され打ちづらかったのと、やはり対左の経験不足がモロに出たように見えました。
前半4ラウンドはいわゆる中間距離で、亀田とすればあと半歩下がったところがベストポジションのはずですがその距離がとれない。
ガードを固め素早いステップで踏み込み、打ってすぐ下がるというヒットアンドアウェーが持ち味ですが、どっちつかずの距離で戦ってしまいました。
しかもポンサクレックが先に先に手を出す展開。
その結果4ラウンドを終えた時点で採点は1対2。
ということは亀田の方がパンチは効果的だったと見た人が点を入れたということで、他の二人は手数を取ったということです。
これで戦い方が変わるかと思ったのですがあまり変化なく、ポンサクレックのうまさもあって8Rの中間採点でも亀田の不利は変わらず。
結局判定負けとなってしまいました。

もうこの階級で勝負する必要はないんじゃないですかね。
減量もきついようだし。
上の階級でやったほうがいいんじゃないの。
けど手が出ないならどこでもいっしょ。
もっと手を出せ。



徐々に上がってきております
はげみになるのでポチッとお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

ツイッターのフォローのほうもお気軽に
consadonをフォローしましょう

スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10