拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

大毅新チャンピオンに




亀田大毅がWBA世界フライ級の新チャンピオンになりました。
まぁチャンピオンになってもアンチからはやいのやいの言われるんでしょうが。
とりあえずごくろうさん。



たぶん対戦相手のデンカオセーンは別人と対戦しているような感じだったでしょう。
ガッチリとガードを固め、すり足でジリジリと追い詰めてカウンター狙いという戦い方から一変、ジャブを突きながら近づき、ヒットアンドアウェーという戦法に変えてきました。
手もよく出てましたし、特に兄・興毅直伝のノーモーションの右は効果的でした。

試合序盤は大丈夫か?というぐらい気合が入りすぎていました。
しかし相手のクリンチに惑わされることなくいい感じで乗り切ると、中~終盤は完全に大毅ペース。
特に6Rのクリンチ多用によるデンカオセーンの減点1が大きかった。
クリンチはできない、パンチは見切られる、思ってる以上に大毅が手数を出してくる。
デンカオセーンはどこでポイントを取ればいいんだという思いだったでしょう。
試合終了時のガックリ感は完敗したという表れでしょう。
ほぼチャンピオンを完封しての勝利はすばらしいの一言。
この試合に全てを賭けたというのが伝わってくる試合でした。



しか~し、褒めるばかりでは面白くない。
反省点もあります。
まず感じたのは戦い方が不器用。
やってきたことは出来るのですが応用がきかない。
その場その場の流れに乗れないとでもいうのでしょうか。
メリハリが無いんですよねぇ。
あと気合いが入りすぎること。
序盤はあきらかに力が入りすぎていました。
スタミナの心配があるので気合を集中力に変えるようにしないと。

そしてなによりも問題なのは相手の挑発にいちいち反応しすぎ!
KOできれば問題ないですがボクシングは人が判定しますから、わざわざ印象を悪くするような態度をとるのは絶対にダメ。
アピールもそう。 作戦かもしれないけどあからさま過ぎるのは逆効果。
クリンチで掴まれればヘイヘイと腕を上げてアピール、後頭部を叩かれたといってアピール、腕を極められたとアピール、倒されたといってアピール、ローブローだといってアピール。
はぁ・・・   アピールヘタすぎ!
挑発に乗ってガン飛ばしたりしてるヤツが、こんなひどいことされてるよ~とか言ってアピールしまくるのはあんまり意味無いって。
要所要所でアピールして、もう勘弁してくれよというアピールをするならわかるけど、なんにでもクレーム付けてたら見てるほうもうんざりするよ。
判定も考えるならもっと戦略的にやらなきゃ。


まぁいろいろ言ったけど実力はあるんだし人よりつらい道歩いてきたんだからもっとチャンピオンらしくなれ。
安い挑発を鼻で笑えるくらいにならなきゃねぇ。


さぁ、兄弟全員世界チャンピオンになれるかな?



あ、親父の処分取り消しは無しね。 絶対。
兄弟のためにもボクシング界のためにもならないから。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10