拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

冬道の想像力



この冬の旭川は雪の量が少ないです。
街なかに住んでるせいもあるのでしょうが、それでも少ないように思います。
雪かきが少なくて済むのは幸いですが、そのかわり歩道や道路がツルツルになったりしててちょっとあぶないと感じることが多いです。


この時期になると毎年思うことがあります。
それは道路が雪で覆われると停止位置や車線などを無視する車が非常に多いということです。
こっちが歩いていて交差点を渡ろうとすると横断歩道のど真ん中に堂々と止めて信号待ちしてるアホがいます。
その車をぐる~っと迂回して通るとき運転者を見るとたいてい目を合わせません。
車に乗っていても思います。
2車線の道路で2車線分のスペースがあるにもかかわらず真ん中を走る車。
たいていこういったアホは遅い。
右折する際、中央線にしっかり寄らないアホが多発するので後続の車が詰まりまくる。
ラインが見えないだけでこうも運転が適当になれるものかと思います。
注意力や想像力の欠如、そしてもっとも大きいのが運転者としての適性の無さでしょう。
こういった運転はただ迷惑なだけでなく、事故につながりやすいということが問題です。


よく見る光景で非常に危ないなぁと思うのは、中通りや細い道路から大きい道路に出ようとするときに道路のはしに除雪の際にできた雪山があると、そこの雪山の場所までいっきに行ってそこで一時停止する車がとにかく多い。
道路が見ずらいのはわかりますが、たいてい大きな道路の横には歩道があるわけです。
ですので道路で切れている歩道の延長線上より手前に一時停止線があるわけです。当たり前ですが。
これは雪で隠れていようがそこで一時停止しなければいけません。
そして雪山のきわまで出てもう一度一時停止して道路を確認するのです。
ていうか子供とか飛び出してくるかもと思えば怖くていっきに行けない思うんですが、ほとんどのドライバーは気にしてないようです。
ちょっと想像して目視すれば、そこに歩道があるのか、一時停止線はあるのか、中央線はどこなのかなんていうことはわかるはずなのですが…


雪は道路だけでなく、なんちゃってドライバーの注意力まで覆ってしまうんですねぇ。
歩いてる側もそんなアホに巻き込まれないように気をつけなきゃいけませんねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10