拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

マジック2つも減っちゃった

F5-3



今日は野球好きの友達とTV観戦。
マニアックな2人で見るのはやっぱり楽しい。
しかし配球や打撃姿勢を話していると、なぜこんな会話が成立してるのかと不思議になります。
まぁ2人とも濃いんだな・・・


さて試合です。
あっ!先に言っとかなきゃ。
SBさんお疲れ様でした。 まぁこれからは楽天との勝負になると思うのでがんばってください。

さて戻りましょう。
先発のマサルは球が低めに集まらず苦しいピッチング。
対するホールトンは力のあるストレートで押してくる。
これは苦しいかなというのが印象でした。

そんな中、ビッグプレーは3回、川崎の打席。
打球は左中間を深々と破るヒット!
今日のレフトの守備は坪井。
川崎はいっきに3塁へ!
坪井から金子の中継プレーでサードタッチアウト!
レフトが坪井ということもあって川崎は3塁に向かったのでしょうが、金子の肩をなめちゃいけない。
深い当たりや苦しい姿勢からファーストへノーバンの送球をすることが出来る金子の肩とコントロールは並みじゃないっスよ。

試合が動いたのは4回の攻撃。
バッターはスレッジ、4球目でした。
ど真ん中のストレートをライトスタンドに叩きこむ18号ソロホームランで1対0!
しかしスレッジはわからない。
調子はけしてよくないが、真ん中の甘い球は変化球でもストレートでも絶対に逃さない。
当たり前のように感じますがなかなかそんなにうまくはいかないですからねぇ。
来年のこともありますから必死なのかな。

小谷野ヒットの後の糸井の打席。
アウトハイのストレートをレフトへ流し打ち。
あぁファールだ。
なに?糸井何見てんの?
ファールだって。
あれ?この光景どっかで見たことある。

あ、入った

2ランホームラン!

手首が返らずしっかりと押し込めるから切れずに入るんでしょう。
いい仕事するわ。

しかし5回、マサルが踏ん張れずエラーもあり3対2と1点差に詰め寄られてしまいました。
ん~。
そして6回、マサルの後を受けた谷元がダメダメ。
いきなり長谷川に4球。次の田上はバント失敗が響いて三振。
松中には気持ちで負けて4球。
本来ならここで谷元降板でしょ。しかし森本が右で続く本多・川崎が左のためここまでは任せようと欲をかいたベンチの判断は4球と最悪。
その結果、1アウト満塁で宮西にスイッチというバカ采配。
結局犠牲フライで同点にされてしまいました。
宮西を出すのなら森本のところでもよかったでしょう。
右バッターのインコースに食い込むストレートは宮西の武器ですから。
ん~わからん。

流れを変えたのは7回から登板した菊地でした。
威力のあるストレートで3凡に抑えるナイスピッチでリズムを作ると歓喜の瞬間はその裏でした。
4球と敬遠で2アウト2・1塁、バッターはスレッジ。
目の前で敬遠されて燃えていました。
対戦相手は三瀬。
初球・2球目とアウトロー低めのスライダーはわずかに外れて2ボール。
ここで満塁には絶対にしたくないでしょうから次の球が勝負球になることはあきらかでした。
私と友達の意見は2つ変化球を見せているし、インコースは怖いのでアウトローのストレートだろうと予測。
しかし三瀬の投じた3球目はスライダー、だが若干甘い!
そのスライダーを読んでいたのはスレッジでした。
待ってましたとフルスイングした打球はセンターの頭上を越える2点タイムリーヒット!
生還したホームでガッツポーズをした後スレッジを指さす高橋。
もう最高!

そのリードを菊地が久につなぎゲームセット。
しかし菊地はすごかった。特にオーティズを三振にしとめた投球は鳥肌ものでした。


さぁこれで1位が盤石なものとなりました。
これからは敵がいない状態でモチベーションをどう維持するかですね。
ぜいたくな悩みだなぁ。



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10