拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

チャンスを生かせない若手

F1-3



勝負には間違いなく流れがあって、その流れをどう読むか、どうつかむかで結果が変わります。
今日のファイターズは自分から流れを離した試合でした。


初回に早々と先制すると武田勝が粘り強いピッチングでその1点を死守する。
対する杉内は2回以降キッチリ修正してファイターズ打者陣を寄せ付けないピッチング。
非常に見ごたえのある投手戦になりました。

そして迎えた6回裏。
先頭バッターの川崎にいきなりデッドボールを当てるマサル。
嫌な予感がありました。
盗塁を決められるもののオーティズを三振にしとめバッターは小久保。
ここがこの試合の全てでした。
外野に飛んだ打球はレフト前ヒット!川崎はホームへ!


打球を後逸・・・


ハァ・・・信じられないミス。
次の多村を打ち取ったと思ったら田上を敬遠して長谷川勝負。
ここで2点タイムリーを打たれます。

・・・どう理解していいのかわからない。
結局そのまま杉内に押し切られゲームセット。


1アウト2塁、ランナーは足の速い川崎。
しかし小久保が打った球はレフト前ヒットですよ。
当然川崎は自分の真上を飛んでいく打球ですから距離感がつかみづらいためヒットを確信してからのスタートとなりました。
陽の所に球が届いた時点で川崎はサードを回るか回らないかという場所。
陽は前進してきていましたから定位置よりは前です。
ソフトバンクとしては同点の絶好期、ランナーが川崎でレフトの守備が陽ですからサードコーチャーは回れの指示をだすのは当然でしょう。
しかし中継を挟んでのバックホームで間違いなくクロスプレーのタイミング、中継がスムーズにいけばアウトのタイミングでした。
それを後逸・・・
ここでもしアウトが取れていたら、仮に同点に追いつかれたとして小久保が1塁で止まっていたら・・・
勝負の流れがSBに大きくかたむいてしまうミスでした。

この陽のミスはしかたないよ、そんな時もあるよのミスじゃないです。
もともと内野だからとかばえるレベルじゃない。
単にヘタクソなだけ。
厳しいかもしれませんがそれだけです。ヘタなんですもん。
反省してすむプレーじゃないんです。
2軍にまた落とされるかもしれない、陽の生活が左右されるプレーなんです。

はっきりいえば、まだSBとは3ゲーム差ありますからチームもファンもそうそう焦ることはないんですが、たまたま集団インフルで出番が回ってきた若手は違います。
相当な気合いで中田にしろ陽にしろ試合に臨んでいたはずです。
しかしこの内容では・・・
チャンスはしっかり生かさないと。


田上敬遠で長谷川勝負は意味がわかりません。
だったら田上のところで交代でしょ。
わざわざ長谷川と勝負して打たれたのですからベンチの失策です。
毎度のことながら投手交代のタイミングが僕みたいな素人には全く読めません。
球にばらつきが出てきてストライクを取るのが難しくなっている同点に追いつかれた打たれ弱いピッチャーを、三振の可能性があり今日まだ打たれていないバッターをわざわざ敬遠して、第一打席でヒットを打たれた.317のバッターと勝負させるという作戦がド素人の僕には理解できないわぁ。

わからないわぁ・・・


とにかく今は勝つことがチームにとってもファンにとっても最高の特効薬でしょう。
とにかく勝て!
インフルがあーだこーだの言い訳はいらないから勝て!
そして若手はがんばれ!



気がむいたらでいいので
ぽちっとおねがいします
にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08