拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

何とも言えないサヨナラで3連勝

 
170817.jpg



とにかく3連勝です。



前回登板で、コントロールが上手くいかなかった加藤にアウトコースを要求しまくって自滅したバッテリーが、どういう形で望むのか期待していたのですが、ピンチになるとどうしてもアウトコースが多くなってしまうリードは変わらず。
苦しい立ち上がりとなってしまいました。


2回裏。
レアードのショートゴロを平沢が送球をそらしてしまい、それを三木が取れずレアードはドスドスと走って2塁へ。
敵とはいえ、こういうプレーはいただけない。

このチャンスを賢介が活かして右中間へ同点タイムリー。1対1。
その後に満塁となり、打席には西川。
インコース甘めのスライダーを振り抜くと、打球はライトスタンドへ。
グランドスラム。5対1。
相手のミスから4球も絡めて5点を奪い、試合の流れを掴みます。
5回裏、レアードのホームランで6対1とし、完全に試合はファイターズ・・・と思われたのですが・・・


6回表。
スタミナ切れを起こした加藤が、2アウトランナー1・2塁で降板すると、マウンドに上ったのは田中。
田村にレフトスタンドへ飛び込む3ランを打たれてしまう。
まぁ今の田中ならしょうがないと思える被弾。
良い時は抑えるけど、悪い時はからっきしというピッチングですから、安定感を求められる勝ちパターンの投手にはまだまだ時間がかかりそうですね。

7回表。
なぜか1点差という状況で堀が登板。
次の日に落とすことは決めていたので、この試合の何処かで投げさせることは決めていたと監督は言うのだけど、えらい勝負に出たなぁと思って見てました。
そしたら2被弾で逆転。
まぁしょうがないわなという結果ですね。
勢いで行けた今までの登板と違い、1点差の緊迫する場面で投げましたから。
あの5回までの楽勝ムードはまったく無く、重苦しい空気が球場を包んでいたのですが、やはりと言うべきか、あの男がその空気を一変させました。


7回裏。
先頭は大谷。
南のインローに抜けたストレートを振り抜く大谷。
うわっ!と交通事故を見たときのような叫び声が思わず出るくらい強烈な同点ホームラン。
スゴいというか怖いというか。
これで一気に試合がわからなくなりました。





11回裏。
引き分けが少し見えてきた場面で打席には代打ドレイク。
なんてことないショートゴロを三木が高めに送球してしまい、1塁根本の足がベースから離れセーフとなりました。
送球もちょっと悪かったんですが、やはりファーストは大きな人がやるものというのを感じましたね。
根本の身長があと10センチ大きかったら、このセーフは無かったかもしれないので。
そして、しっかり走ればこういうラッキーなことがあるっていうのも感じました。

中島バントで送って西川は4球。
ここでバッターは松本。
1ボールから2球目を松永が投げるかと思われたのですが、2塁に牽制球。
代走で出ていた岡は素早く戻る。
すると牽制球はカバーに入った三木のグラブをすり抜け外野へ。
急いで3塁に向かう岡。
次の瞬間目に飛び込んできたのは、横っ飛びして差し出した荻野のグラブの先を、無情にもすり抜けてフェンスまで転がっていくボールでした。
想像もしないサヨナラ勝ち。
うれしいのですが、何とも言えない結末でした。


ウチは大田がクッションボールをベアハンドキャッチしてランナーを2塁で刺したり、西川が背走キャッチを2度見せたりして守備で踏ん張りましたが、マリーンズは守備で崩れてしまいました。
最後の場面も、まず牽制はいらないと思うんですよね。
岡は足からゆうゆう戻ってるわけですから、リスクしかない牽制だったし、三木はいくら引っかけたボールだったとしてもそらしちゃダメ。
前進守備というのと、三木のグラブに当たったことでコースが変わり、荻野が間に合わなかったのは不運でした。
今年はウチに似たマリーンズも応援してますからちょっと辛口になりましたけど、お互いここから少しでもファンが喜べる試合をしていければいいなと思ってます。


なんにせよ3連勝。
この勢いをしっかり活かしてライオンズ戦に臨んでほしいですね。





牽制がそれた時に岩ちゃんが『こういうこと・・・おぉ~~ほっ!』ていうのは何度聞いても笑ってしまう。



スポンサーサイト

Comments
 
こんばんは。
今日はメンドーサが好投し、大谷が先制打を打ち中田が2ランを打って最後はメンドーサがマルセロ君を抱いてヒーローインタビューで占めて4連勝と
良かったのですが昨日の試合を言わせて下さい!

1回に加藤が打たれ先制され2回に西川の満塁本塁打が出て5点取った時
にはもうね正直勝てると思いました!
しかし6回あの継投です!そりゃね加藤は100球超えてました、しかしね!
中6日以上与えてねそれくらいいけないかと?
私は打たれてもいいから監督辛抱出来なかったのかと思いました。
何かね100球超えたら俺の役目は終わったと言う風潮が出来て来た様な
気がしてならないんですよ!
そんなん中継ぎやセットアッパー、抑えに負担が掛かると言うのが解らない
のかなと?
正直加藤には6回迄は投げて欲しかったですね!!
打たれた田中にはムカつきもしませんでしたわ。
勿論次の回に投げた堀にもね、勝ちが飛んだ加藤には同情は無かったで
すね。
その裏の大谷の一撃は見事な物でした、しかし7対7って何ちゅう試合だと
おもいました・・・

その後対したチャンスも無く11回ドレイクで内野安打となった時はもしか
したら?と思いました。
西川が歩きそしてあの松本のところでロッテの松永の牽制であの悪送球と
言うか取れるだろう三木!と言う送球がそれてしかも荻野が内野手になった
様な飛びつきでセンターに抜けた時にはもうね勝ったと言うか呆れました・・
勝ったのか?と言うのが正直な感想でした・・・・
喜びと言うか勝って良いのか?と言うのがね。

GAORAで見てましたが実況の方はルーズベルトゲーム(8対7)と言って
ましたが私から見たら馬鹿試合ですよ!!
30年以上野球見ていますがこんなん見た事ありませんわ・・・・

明日観戦に行きますがどうなるやら。

最後に一言。
月曜日のマーティンに水曜日のスタンリッジそして昨日の菊地雄星と種類は
違いますが審判が何か偉そうにしてなりません!
マーティンは対ホークス戦の時にやたらボークを取る!(5回の内4回)
スタンリッジはチェンの判定時に暴言で無いのに退場を食らう!
菊地は2段モーションだろ!と注意する。
マーティンは監督、コーチそしてベンチに引っ込んだ9回に3塁塁審が来た
と言うでは無いですか!
その時中田が止めたから良かったですけどね・・・・
スタンリッジの時はベンチ誰も止めた様子は無かったみたいだしそれはね
あんまりだと思いました・・・
菊地は今更か?と、キャンプで確認してシーズン終盤さしかかった時に
言うのか?と!!
それ言うならまだそれらしきモーションしてる投手いるぞと!!
私ね最近の審判はどいつも信用していないです!明日も観戦して変な
ジャッジしたら野次でも飛ばしてやろうかと思います。
昨年隣にいたおばちゃんから子供もいるんだからと言われましたがこちら
としては正直そんなの知るか!ですよ。
野球と言うのはそう言う物じゃないんですよ!ってね。

ちょっと過激になりましたが申し訳御座いませんでした。m(__)m

返信です。
お盆ですが久々に叔母の家で焼肉をやり飲んで騒げ楽しめました!
(一部ですけどね、中には嫌われている叔父もいるものでね。)
墓参りは霧雨でしたが無事済みました、前日にお世話になっている
散髪屋に行き坊主頭みたいにしてくれと言いかなり短髪にしました!
(1月から悪い事が起きているので少しでも良い方向に向いてと言う事
でね。)

加藤と大野はもう勘弁です、昨日の試合で解りました。
(ファンの方申し訳無い、でも自分はそう思っています。)

ドレイクは何か持っているのでそのまま代打でも良いから起用してと
思います。
松本はとりあえずまた外野で起用していますのでそれで良いかなと。

最近また勝って来たので明日また変な期待を込めて行ってしまいます。
後は仰る通り監督が変な采配をしない事ですね、明日は上沢か!
今一番期待出来る投手だ!期待出来る松本と共に頑張って欲しい!

コンサも試合だが明日はフロンターレか!勝てそうにない・・・・・・
でも意地は見せて欲しい!
では失礼します。

 棚ぼた勝利
この試合、球場で生で観戦していました。

こんな形でのサヨナラは空前絶後じゃないでしょうか?
逆にそういう試合を見に行っていた私は運が良いということなんでしょうかね。

ただ、ゲームの進め方が裏目に出て勝ち試合を落としかけた点は大いに反省すべきでしょうね。6回に加藤を引っ張ったこと、その後を田中に託したこと、そして7回にルーキーの堀を登板させたこと、いずれも来季を見据えての育成の一つだと思うんです。ただ最低限勝ち試合を拾わないとチームのムードが悪くなるというのは頭に入れておくべきだと思うんです。

少なくとも田中がホームランを打たれて1点差になった段階で、7回は宮西か鍵谷で行って勝ちいくべきだったと思うんです。もし、堀を登板させたいのであれば5回で加藤を下して、6回の頭から4点差で堀を登板させでもよかった思うんですけどね。こういう順位なので育成シフトになるのはししょうがないにしても最低限の一線を超えるとチームのバランスがおかしくなると思うので、一線を決めて残りの試合を臨んでほしいです。

まぁ、それ以前にyoumenさんが仰るように加藤は話にならないですし、田中にしてもおそらくポスト谷元の軸にして球団としては育てたいんでしょうが、まだ軸にするには私は危険だと思います。素質は確かに良いものがあるのでポスト谷元の候補ではあると思いますが、軸と言うには話が早すぎます。
もう少し調子の良い選手を登板させて競争させるべきだと私は思います。

ただ、打線が復調してきたのは良い材料ですね。いろいろなツキを味方につけての勝利だったと私は思いたいです。
 youmenさんへ
こんばんは!

けっきょく加藤の場合は三振が多いので球数はどうしてもかかるピッチャーですよね。
でも大野がアウトコースで勝負に行くもんだからさらに球数がかかってしまう。
ビシッと締める場面が少ない。
6回入ってピンチを迎えた。
それじゃあちょうど100球超えたしと監督も腰を上げやすかったのかなと思いますね。
ベンチの信頼を掴みきれないバッテリーにも問題はあるのかなと。

ルーズベルトゲームって名前だけは立派なのが付いてますけど、いい試合ではないですよね。
そんなバカ試合見るなら1対0の緊迫感ある試合のほうがいいなぁ。

ボークはさっさと考え直したほうがいいと思いますね。
やはりあれでは盗塁がしやすくなってしまうので。
やはりそれなりの技術を持った人だけが高い確率で盗塁できるとならないとダメな気がするんですよね。

2段はブログにも書いたんですけど、取っちゃったらもうなかなか後戻りできないのかなと。
それはどうなのっていうのも実際にいるし。
どこを落とし所にするんですかね。

調子が上がってきただけに、できるだけ勝利をファンに見せてあげてほしいですね。
今年はかなりうっぷん溜まってるわけですから。
若手使うのはいいけど、最初から勝利が想像できないスタメンとかやめてほしい。
ファンをつなぎとめるためにも必要ですよね。

コンサは・・・
どうしても受けのサッカーになってしまうんですかねぇ。
 北の日ハムファンさんへ
かなり運はいいほうだと思いますよ。( ̄▽ ̄)
だって時間がたっても酒の肴になる試合ですもん。

僕もそこは反省点だと思います。
確かにこれからを見据えてというのもあるんでしょうが、ファンのこれからも見据えてくれよと思うんですよね。
特に今年は注意してここから試合をしないと、後々に響きそうで。

堀を登板させた理由が、次の日落とすからっていうのを聞いちゃうと、それは言わなくてもいいよって思いました。
育成するにしても、やはり勝負にはこだわってほしいと思うんですよね。
每年終盤になると、下位に低迷してるチームが若手を起用して淡々と負けていくのを見ていて、こんな試合をするチームが来年は期待してくれってどの口が言うのかなって思うんですよね。
若手を育てるためなら負けてもいいなんてごく一部のファンしか納得しないしじゃないですか。
やっぱり興奮しながら試合を観て、勝った負けたで騒ぐからおもしろいんで、チームの育成も大事だけど、ファンをつなぎとめるというのも大事にしてほしいなと思います。

なんか田中・玉井のどちらかをポスト谷元にみたいな空気を感じますよね。
そんなに早く決めていいのか?と思うし、おっしゃるようにそこまでのピッチングしてませんからねぇ。
良いときは良いけど悪いときはダメなんてピッチングは誰でもするんで、悪いなら悪いなりのピッチングが出来てこそですから、そういう意味では作るんじゃなく、待つっていうほうがいいのかもしれませんね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11