拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

流れを掴みきれず


20170701.jpg



前日に続き、流れの重要さを感じた試合でした。


先発の村田はなかなか良かったですね。
アバウトなんだけどストライクゾーンの中で勝負できる投球は、味方ながらやっかいだなと思います。
ただ、5回に食らった加藤のホームランは不用意でした。
いきなりど真ん中にストレート投げちゃぁね。
盗塁を警戒したのかもしれませんが、2アウトなんだから目の前のバッターに集中するべきでした。
ただまぁ次の登板も期待できるんじゃないでしょうか。


『流れ』で痛かったのは初回のミス。
いきなり唐川を攻めたのですが、中田のショートライナーに松本がセカンドに戻れずゲッツー。
これで唐川を楽にしてしまいました。


もうひとつ痛かったのは白村の失点。
これでちょっと試合が決まったかなという空気が流れましたからね。


しかし、完全にマリーンズへと傾いた流れがファイターズに戻りそうだったのが7回の攻撃でした。
先頭の賢介がセカンドゴロ。
しかし、それをファーストのパラデスが追ってしまい、がら空きの1塁を駆け抜けセーフに。
本職の1塁手ならまずやらないミスをやってくれたところから、流れが傾き始めます。

続く大野にデッドボールでさらに流れが傾くと、石井がどうしたんだ?というホームランで3点返します。
それにしても石井はどうなってるんですかね。
打席で落ち着いてる感じといい、迷いのなさといい、以前とは別人。
壁を超えたのか、壁の上にいる状態なのかわかりませんが、壁の向こうに降りてほしいものです。

さて、このホームランで一区切りして、もう一度気合い入れ直そうとした矢先に今度は中島の打球を三木が余裕を持っているのにもかかわらず低い送球。
これをパラデスが取れずにセーフ。
これも本職のファーストならという感じでした。
ここで唐川が降板。
どんどんファイターズに流れが傾いてきてました。

しかし、ここで有吉のアウトハイのストレートを、大田が強引に引っぱって643のゲッツー。
これで流れが向こうに戻ってしまいました。
振るのはいいんですが、つなぐ意識があれば逆方向だったんじゃないかなと思いましたね。
これで勝負あり。
流れを掴みきれませんでしたね。


なんとしても今日の試合を勝ってカード勝ち越しを決めたいですね。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07