拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

カード勝ち越しは嬉しいけど

 
20170615.jpg



連日の接戦を制し、カード勝ち越しです。



先発の上沢は、ストレートの力強さで押していくピッチング。
市川のタイミングをずらすリードもあって、順調に回を重ねていきました。
こんなに先発を楽に見られたのは久々じゃないですかね。
メンドーサとか無失点だけどフラフラしてたり、高梨も安定しなかったりして安心できませんでしたからね。


上沢が抑え、ファイターズ打者陣がチャンスを潰すという展開で0対0のまま迎えた5回。
松本の内野安打を足がかりに、中田の4球、レアードの死球で2アウト満塁に。
バッターは市川。
2球目のストレートをライト前にはじき返す。
2塁ランナーの中田までホームに帰ってくる2点タイムリーとなりました。
しかし、ここでレアードが2塁を過ぎたところで転んでしまい、ヒザを強打して途中交代となってしまいました。
明日以降はどうなるのか気になります。

勝ち投手の権利がかかる5回裏の上沢。
2点取ってもらったことで楽になるのかなと思いきや、やはり意識するのか2アウトからの連打で1点取られてしまう。
上沢は次の回にも点を取られてしまい、勝ち投手の権利を無くすんですが、やはり勝ってない投手というのは意識してしまうもんなんですね。
村田もそうだったけど、やっぱりプロは気持が大事なんですねぇ。


この試合の勝敗を分けたのは7回の守備でした。
7回裏、マウンドには宮西。
1アウトから京田がヘッスラのセカンド内野安打で出塁すると、続く亀澤はバントの構え。
しかし、これが盗塁をアシストするための偽装バント
らくらく2塁に進まれたところで代打に堂上。
ヘッスラ、偽装バント、試合終盤、代打の切り札。
失点する可能性がかなり高いカードが揃ってしまった感じのファイターズ。
やはりという感じで、堂上が初球をライト前に弾き返す。
やられたかと思ったら、松本が素早い処理でホームにワンバウンドのストライク送球。
市川がそれをキャッチして、滑り込んでくる京田をタッチアウトにすると、すぐさま2塁へ進んでいた堂上を刺すために2塁へこれまたストライク送球。
ピンチを一気にゲッツーでしのいでしまいました。
これが大きかった。





ピンチのあとにチャンスはやってくる。
8回表、矢野のヒット、大田のヒットで1アウトランナー1・2塁。
1・2・塁となったところで2塁ランナーに代走の大累が送られました。
ここでマウンドにいるのはジョーダンなのですが、この回が3イニング目。
先発をやっていたといっても、中継ぎと先発では疲労も違うし、なによりこの日のジョーダンはコントロールがあまり良くない状態だったので、ラッキーだなと思っていたんですよね。
まぁ前日も中継ぎをお互いたくさん使ってしまいましたからしょうがないと見ることもできますが、この状態の投手をそこまでして引っぱるかね?という不思議な采配でした。

バッターボックスには松本。
ジョーダンの2球目がすっぽ抜け、ワイルドピッチでランナー2・3塁となりチャンス拡大。
そして、5球目のスライダーでした。
甘かったのですが、打ち損じた松本の打球はライトのファールゾーンへ。
背走しながら追いかけるビシエド。
かなりフェンス近くまで追いかけている。
サードランナーは大累。
このまま取ったら間違いなくタッチアップするから、取らないのかなと思ったら、ビシエドがポケットキャッチ。
大累スタート。
ビシエドの強い送球は、キャッチャーの遥か上をものすごい勢いで通過していく。
4対3、勝ち越し。
このあと西川にタイムリーが飛び出し5対3となったところで勝負あり。
しんどいカード勝ち越しとなりました。






ただ勝ったとはいえ喜べないのは、この試合でレアードがヒザとヒジ、マーティンが右脇腹を負傷したこと。
レアードは本人が大丈夫と言っているのでなんとかなりそうだけど、マーティンはもし腹斜筋やっちゃってるなら2~3ヶ月は出られないかも。
もっと喜びたかったのですが、詳しい状態がわかるまで不安ですね。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06