拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

考えられないミス


20170606.jpg



ミスするのはしょうがないけど、限度があるよ。



カープとの日本シリーズで涙をのんだ加藤がカープ戦に先発。
ちょっと不安定な場面はあったものの、まずまずの投球は見せられたのではないでしょうか。

その加藤を引っぱったのは大野。
やっぱり清水じゃなくてもインコースは攻められるんですよね。
その大野は打撃でしっかり存在感を発揮。
勝っていればお立ち台もあった活躍でした。
ただ、打撃で大活躍の大野ですが、やっぱり送球がひどいんですよね。
今日も抜けてたなぁ。
盗塁阻止率ぶっちぎりの最下位ですからね。
どうなってるんですかねぇ。。


さて、試合の展開がああだこうだ言っててもしょうがない。
この試合は間違いなく7回表が全てなので、そこを書きます。

宮西が出てきて逃げ切り体勢。
先頭の會澤に4球出しましたが、2点差もあるし、宮西ならなんとかなるだろと思ってましたよ。
次のバッター田中はセカンドゴロ。
杉谷がセカンドに送球しようとしましたが、あきらめてファーストへ。
それが悪送球。
けっきょくノーアウト2・3塁という最悪な状況を作ってしまいました。

この時の杉谷はステップも踏まず、腕だけで投げるという雑なプレーでした。
ちょっと考えられないミスなんですよね。
このあとに宮西も谷元も打たれて逆転されるわけですが、先頭4球も悪いけど、やっぱりこのプレーがいちばんダメだった。

ミスはしょうがないんですよ。
やりたくてやるわけじゃないんだから。
だけど、しっかり集中していれば防げるミスは擁護のしようがないんですよね。
ミスにも限度ってものがあります。
いくら慣れてないとはいえ、大問題に発展するミスは一般社会でも、新人だろうがベテランだろうが役職についていようが責任は取らされますからね。
反省して次に生かしてとか軽く言えないミスなんで、杉谷が信用を取り戻すためにどうするのか見ていきたいと思います。



この試合はカープの強さっていうのより、ファイターズの脇の甘さを実感させられたって感じの試合でした。
開幕からこんなのが続いてるんでね。
ちょっともうAクラス争いを意識した見方をするべきかななんて考えてます。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11