拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

来年から18試合?

ジャイアンツの清武代表が、他のセリーグ数球団から交流戦の試合数減少を提案されたことをうけ、
24試合から18試合に減らす代わりに「サッカーの天皇杯みたいなもの」をやってもいいんじゃないかと発言しましたが・・・
本気でしょうか?

サッカーの天皇杯みたいということは
高校野球・大学野球・社会人野球・地域リーグなどがプロと戦うという事になるんですが・・・
高野連などプロアマの壁が大きくのしかかってきます。
大学野球にプロが負けたら・・・特に高校野球に・・・
まだ問題があります。
バットはどうするのか
DHも問題でしょう
新聞屋もだまっているとはおもえません。

サッカーの場合JFLを頂点に、ピラミッド型に組織が形成されてるので天皇杯のような事ができますが、野球の場合みんなで手をつないでということになります。
特にプロアマの壁を作ったジャイアンツからこんな提案が出るとは・・・

多分、清武はナビスコカップと勘違いをしているのでは。
ナビスコカップなら、東西で分けるのかグチャグチャにするのか分かりませんが、総当たり戦をホームとビジターでやって上位2チームでトーナメントというのは見えます。
それでも少ないチームで10試合、トーナメント一発勝負か2戦先勝か分かりませんが、決勝まで残ったチームはそれでも12~16試合前後でしょう。
試合数が変わるということはトーナメントがリーグ戦に影響しないということです。
選手の個人成績。
ローテーションや疲労の蓄積の問題。
選手の年俸に影響するのか。
このカップ戦にそれらの問題を払拭できるほどの意味や権威をつけることができるのか非常に疑問です。

T・G戦の減少で集客率が下がるのは分かりますがセの下位球団ももう少し我慢してもらえないですかねぇ。
毎年毎年ルールが変わるとそれこそ興味がうせちゃいそうだ。
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10