拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

何も起こらない


20170530.jpg




たまにあるんですよね、こういう試合。
あ、これはもう何も起きないで終わるなってやつ。
こういうのを流れって言うんでしょうね。


初回に連続4球から満塁。
白崎の打席で初球カーブ投げて2点取られるという失点の仕方なんですが、まぁ狙いは分かるんですよ。
相手の裏をかいて初球のカーブでストライクを取るっていうね。
だけどそういうのってもっと楽な状況でやる配球だと思うんですよね。
連続4球出したあとならバッターは初球狙ってくるに決まってるわけですから、気をつけなきゃいけない場面。
相手が積極的に振ってくるのは予想できるわけですから。
そこに緩い球投げて打たれるのはちょっとね。

白崎を見ると、確かにタイミングはずらしてるんですが、待って打たれてしまった。
インサイドを強く意識していたというのもあるんでしょう。
アウトコースならと悔やまれるんですが、清水見てみるとほぼ真ん中に構えているので、裏をかいて確実にストライク取りたかったんだろうなっていうのが伝わってきます。
ピッチャーの精神状況考えたら、かなりリスキーな選択だと思うんですが、バッテリーが若いってことですかね。
それ以前に清水を使う理由がわからないですけど。


初回に得点チャンスを作るも、頼みの近藤が倒れ、中田が相変わらずでチャンスを潰し、2回には石井・清水という何も起こらない並びで何も起こらずチャンスを潰しました。
この時点で『あ、これは何も起きないで終わるかも』って思いましたね。
流れとか、球場の空気とか、選手の顔とか、チャンスの潰し方だとか、とにかく静かだった印象なので。
たま~にあるんですよね、こういうの。
相手にもっとこう派手な動きがあればまた試合も動くんでしょうが、ベイスターズも静かだったでしょ。
まぁしょうがないかなって感じですね。


この負け自体は空気に飲まれたような敗戦なので気にしなくてもいいんですけど、問題は明日の斎藤でしょう。
これはかなりリスクのある起用だと思うので、もし斎藤がいいところなく降板してしまうとチーム自体が下降していきそうな予感がしています。
なので斎藤にはとにかくがんばってもらいたい。
監督のドラマに付き合うのはしんどいかもしれないが、背番号1が輝くのをファンは待っているので。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08