拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

大田泰示の活躍


20170526.jpg



連夜の中継ぎ勝負でしたが、今回は勝ちました。



先発の浦野はストレートに威力があるものの、コントロールがよくなくて、高めに抜けている感じ。
というか、これまでの浦野の投球と何も変わってない。
勝ちはついてきたけど、一試合として楽な試合はなく、常にコントロールと戦ってきた感じ。
これだけやって改善されないとなると、有原と一緒で不安しかないんですよねぇ。
もう2つぐらい階段を上らないと、ローテ守るのは厳しいかも。


高梨が先発のための調整かと思わせるロングリリーフ。
まだストレートで空振りが取れないのは気になるが、交流戦は先発でやってくれるんじゃないですかね。


7回を回跨ぎの宮西が投げ、1アウト取ったところで監督ならやると思っていた谷元起用。
この日の谷元はストレートに威力が戻っており、前日よりはかなりマシなピッチング。
2人をしっかり抑え無失点。
上手くいったのですが、本当は言いたいことがたくさんあるんですけど、せっかく勝ったのでガマンします。
ただ、変なドラマはいらないよとだけは言いたい。


この試合を決めたのはレアードと大田。
レアードは追撃のホームランに加え、満塁で走者一掃のタイムリー2ベースを放つ大活躍。
助かりますよねぇ。

大田は初球のインハイストレートをレフトスタンドへ。
ストレート強いってのは魅力あるなぁ。
なんか最近、巨人の育成がとか、ファイターズの育成がとか騒がれてますけど、大田の今の活躍は精神的なものが大きい気がするんですけどね。


前々から気になってたんですが、ジャイアンツにいた選手が、ジャイアンツを出た途端にヒゲを生やしたり、茶髪にしたりするじゃないですか。
前々からやってみたかったとか、心機一転という意味合いもあるんだろうけど、せっかく作ったジャイアンツでのキャラクターというのがあるわけだから、ジャイアンツを出たからってわざわざイメチェンする必要ないのにと思ってたんですよね。
大田もご多分に漏れずヒゲと茶髪にしてるんですが、今回の大田の活躍を見ていると、やっぱり精神的なプレッシャーがスゴかったんだろうなって思うんですよね。

球界の盟主である読売巨人軍に在籍し、色んな意味で大きな背番号を託され、マスコミに持ち上げられたり落とされたり。
スゴいプレッシャーと戦ってきた大田が、チームもファンもゆる~いファイターズに入ったことでプレッシャーから開放されたので、過去の自分と決別し、生まれ変わるという意味での儀式がヒゲと茶髪なんじゃないかと。
ジャイアンツから出た選手がイメチェンするのは、ジャイアンツという名前の重さと輝きを一度捨てる行為なんじゃないでしょうか。
なにかこう宗教にも似た感じを覚えます。

宗教を改宗する場合は通過儀礼、イニシエーションを経て精神的に再誕し、新たな自分となって新しい宗教を信仰していくわけですけど、なんか似てるんですよね。
今までの自分を捨てて人生をリセットし、ボーン・アゲインしたっていう感じが大田からするんですよ。
なんかわけわかんない話になっちゃいましたね。

とにかく今の大田の活躍っていうのは、ジャイアンツ時代に培われた練習の賜物だと思うし、それを開花させたのはファイターズの気風だと思います。
なので、どっちの育成がどうだこうだではなく、大田の気持の切り替えが上手くいっているという見方が正しい気がするんですよね。
生まれ変わった大田泰示にこれからも期待です。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments
 
宗教観が語られるとは思いませんでした(笑)

大田に関してはうちは育成をしたわけでなく戦力として期待して獲得した選手ですからね。今まで大田本人が頑張ってきたことがうちにきていい方向に花開いた、そういう表現が正しいですよね。

うちの育成の素晴らしさを語るなら石川慎吾のほうが適切ですよね。彼は大田と逆で注目され続ける環境のほうが彼の力を発揮できるタイプだったのか、移籍して彼も飛躍してくれそうです。慎吾推しだっただけにこのトレードは複雑ではあったのですが、お互い活躍してくれてよかったです。

このトレードの目玉の吉川が心配ですね。危険球体状はうちでもやっていましたが、今回の件はかなり報道が大きくなってしまいましたから、彼のメンタルが心配です。吉川はどちらかというと大田に近いメンタルと感じますので、余計なものを背負い込まなければいいなあと心配しています。公文も危険球退場から上がってきませんね。この二人も働いてくれればそれこそ、両球団ともWIN-WINなんですがね。
 ハムかつサンドさんへ
いやぁ僕もこんなこと書く予定じゃなかったんですよね。(^_^;)
でも書いてるうちに『あれ?似てるなぁ』となってしまいました。
人生はゲームじゃないんだからリセットできないんだぞ!なんて今の若者に言いますけど、キリスト教系は復活の考えがあるので、意外と簡単にリセットできちゃうんですよね。
巨人という大きな存在を無意識のうちに意識しているとジャイアンツを出た選手も言っていましたし、なんか神は常にそばにいるみたいな、だから慎みなさいというキリスト教に近いなぁと。
僕もそんなに詳しいわけじゃないので間違ってるかもしれませんが、そう考えるとジャイアンツを出た選手独特の行動が納得できるんですよね。

そのとおりですね。
石川の活躍こそファイターズの育成を反映している気がします。
大田はきっかけを与えたにすぎない。
やはりバッターはしっかり振るのが第一で、そこから逆方向だのなんだのを考えていくべきだと思います。
まず力強く振る、全てはそこからですよね。

吉川もまた甲子園で鳥谷にぶつけちゃったでしょ。
なんかいろいろ悪い条件が重なった危険球だったので、おっしゃるようにメンタルが心配ですね。
公文も投げてる姿からすると強気な選手と思っていたのですが、ホントにあの危険球でピッチングがガラッと変わってしまいましたね。
どっちも早く復活してほしいものです。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06