拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

こういう負け





こういう負けがいちばん嫌いです。



先発加藤が秋山に先頭打者ホームランを打たれました。
初球外れて2球目をインコースでストライク取りにいったところをガツン。
まぁバッテリーが若いって感じですね。
というかなぜ加藤に清水を使い続けるんですかね。
大野・市川がロートルで休みを入れないと体が持たないってんならわかりますが、そうじゃないわけでしょ。
確かに清水ならではの強気なリードというのもあるんですが、それが大野・市川にできないとも思えない。
3人でキャッチャーを回す意味ってなんなんですかね。
清水が打てるんなら別ですよ。
打てるキャッチャーを作りたいなら納得もできますが、打てない若手のキャッチャーを使い続けなきゃいけないほど、ウチのキャッチャーってやばいですかねぇ。


8回表、連打でノーアウト1・2塁という絶好のチャンスで中田が内野フライを打ち上げてアウトになるんですが、久々にイラッとしましたね。
私はこんなネガティブブログ書いてますけど、大差の試合で負けても、選手が決定的なチャンスを潰しても、そこまでイライラしない方なんですよね。
それこそ試合で感動したりというのもあまりない。
グ~っとのめり込んで見るタイプではないので。
けどこの打席の中田はひどかった。

チャンスで回ってきた4番の打席。
2シームが上下に2球外れてカウントは2-0。
3球目も2シームだったのですが、今度は胸元に食い込んでくる。
それを打って内野フライなわけなんですが、そんなムリして手を出す球だったかっていう球なんですよね。
狙ってたのはスイングを見たら分かるんですが、カウント2-0ですよ。
終盤8回で2点負けてるんですよ。
いくら狙ってても胸元の厳しいコースなんで打つのかねと。
矢野のようにストライクゾーン狭くして甘い球だけ狙うカウントでしょ。
ルーキーじゃあるまいし、狙った球が来たら思いっきり振るなんてやってたらダメでしょ。
4番なんだから。
数字は残すけど、頼りないのはこういうとこなんですよね。


守備でイラッとする場面も。

7回裏。
木村の打球がセカンド後方に。
賢介が追いかけますが捕球できなかった場面。
これ間違いなくセンターが取るべき球だったんですが、西川が賢介に譲っちゃうんですよね。
野球観を養うためのセンターとかベンチが言ってるんですけど、こういった連携ができないようではただの準備不足。
賢介も賢介で、風が強く吹いているのに追いかけて追いかけて落としてしまった。
こういう判断ができなくなってきたのか、単に西川を信頼しきれてないのか。
こういった打球の受け渡しはファイターズが最も得意としていたはずなんですよね。
だからこそ鉄壁の外野陣と呼ばれていたわけですが、今年は本当にこういうしょうもないミスが多い。
チームが乗り切れないのもうなずけます。



こういうしょうもないミスがたくさん出る試合はホント嫌い。
しっかりやろうや。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06