拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

形容し難い


20170517.jpg



何とも言いづらい試合だなぁ。



則本から幸先よく得点を取ったファイターズでしたが、2回の裏に落とし穴が。
加藤はいつものように強気なピッチングでしたが、主審のストライクゾーンがゆがみ始めます。
ボール判定にバッテリーが思わず凍りつく。
内野手まで集まってきてはげますほどぼやけたストライクゾーン。
ここから加藤のピッチングが狂っていきました。

そこに追い打ちをかけるような守備のミス。
石井が勝手に3塁で止まってると判断して送球が遅れ、ホームで刺せるタイミングを逃す。
岡がボールを取り損ね、2塁で止まってるはずだったランナーが3塁まで行ってしまう。
大田も取り損ね、2塁で止まってるはずだったランナーが3塁まで行ってしまう。
こんなことやってたら勝てるわけないわな。

特に石井の守備が気になったなぁ。
中継の遅さもそうだけど、7回の大量失点の起点となった3塁ファールフライをレアードが取れないプレーも、中島ならレアードに任せてないと思うんだよなぁ。
石井は途中からレアードに任せて足を緩めてるんで、取りに行くならじゅうぶん届いていたフライ。
背走するレアードと、横から行く石井なら石井だと思うんだけど、譲っちゃったんだよなぁ。
守備はやらないと上手くならないんだけど、だからミスは許されるんだっていうものではないからねぇ。
攻守に渡って精彩を欠いている石井の立ってる場所がぐらつき始めたかなという感じですね。

あ、あとエスコバーはダメダメですね。
外国人投手が柔らかいマウンドにアジャストしづらいのはわかるけど、常にベルトの高さに投げてて修正が効かないのは問題。
はい打ってくださいという球をボンボン投げていくのは気持ちいいくらい。
いちばん問題だったのは、前からその感じはあったけど、打たれて頭に血が上って周りが見えなくなること。
どう考えてもファーストゴロという当たりに突っ込んでいって、走者にタッグ。
中田はエスコバーを避けようとして転倒。
さすがにイラッとしたのか、しばらく立ち上がりませんでした。

しかもエスコバーは左なので、ゴロをベアハンドキャッチしてタッグに行ってるんですよね。
この状況でそんなリスク負う必要性あるわけがない。
頭に血が上っちゃってるもんだから俺が俺がになっている。
こういうのを独り相撲と言うんですよね。
打たれるのはかまわないけど、仲間にケガさせるようなプレーはかんべんだわ。
まぁしばらく見なくてもいいです。



エスコバーは置いといて、打たれた加藤も石井もそこまでひどい投球じゃなかったと思うんですけどねぇ。
石川も良かったし、バッターもがんばってましたよ。
だけどこの結果。
なので、こんなひどい試合を忘れるなとも言いづらいし、忘れろとも言いづらい。
締めの言葉も見つからない試合でしたねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07