拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

近藤に引く

 
170514.jpg



スウィープという結果ですが、しょうじきウチが強くてという結果ではないのでそこまで喜んでません。



先発のメンドーサは、いつもどおりのメンドーサ。
ゴロピッチャーだったはずですが、メンドーサの場合は外野でゴロになるピッチャーの意味らしい。
低めに投げて打ち損じを待つのではなく、甘い球を投げて打ち損じを待つというのはファンからすると心臓に悪い。
点数は追いついたけど、ここからどうなるのかと思っていたら危険球退場。
清田のヘルメットにかすったかどうかという危険球で、清田にもそこまでダメージは無いようだったので、この交代はどっちに転ぶかわからないけど、まぁいいきっかけになるんじゃないのと思いましたね。

代わって登板したエスコバーがいきなり鈴木にぶつけてずっこけましたが、なんとか抑えてピンチを切り抜けました。

6回は谷元でしたが、落とすべきところで球が落ちないという危ない投球。
相手打線の不調に助けられましたが、まだかかるなって感じです。

7回の宮西はしっかり3凡。
もう大丈夫でしょう。

8回のマーティンもしっかり。
だけどストレートのキレを取り戻すにはもうちょっとだけかかるかな。

9回の増井はピンチを作ったけど、あの低めに力強いストレートが飛んでいるうちは問題なし。
バッターはストレートとフォークの2択ですが、そのストレートがあれだけの威力なら両方対応するのは難しい。
それが遠くのアウトローに飛んでくるならなおさら。
しばらくは落ち着いて9回を見ていられそうです。


中継ぎが充実してきたのはいいことなのですが、そうなると石川の使いみちが中途半端になる気が。
だったらさっさと先発の調整を下でさせたらいいのにと思うんですがねぇ。


打つ方に目を向けると、近藤が頼りになるというより、なんかもう怖い感じがしますね。
この試合でも3打数2安打。
相手の投手が甘いところに投げてたというならまだわかりますが、けっこう厳しい低さだったり近さの球をポンポン弾き返してるのを見ると、ヒットを打った瞬間に『やったー!』と喜ぶのではなく『えぇ・・・』って引きますね、もう。
どこまで続くんだろうか、このバッティング。



次のイーグルス2連戦をバンバンと取ると勢いに乗りそうな感じがしますが、逆にバンバンとやられちゃうと、やっぱり調子悪いチームと当たってたから勝ててたんだとなってしまうので、ここは優勝チームの意地を見せてほしいですね。



スポンサーサイト

Comments
 
近藤は確かにここまで来ると引いてきますね。^^

仮に4割打つようなことがあったらマスコミは天才打者と呼ぶのでしょうか。どうも天才と呼ぶには風貌があまりにも失礼ながら似合わないですからね。どう呼ぶのか楽しみだったりします。バットを持ったマキバオーでいいでしょうかね。
 ハムかつサンドさんへ
いやホント引きますよね。
えぇ…まだ打つの?って。

まぁまだまだ気が早いですが、期待はしたくなりますよね。
巷では『山田花子』と言われてますが、僕も『マキバオー』のほうがいいなぁ。
んあんあ言いながら走ってる感じがあるし。

でも意外と近藤みたいな選手が女子アナと結婚したりするんですよね。
なんかスゴい世界だなぁ。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11