拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2016 日本一!


20161029.jpg



祝・ファイターズ日本一!



いやいや、よくがんばってくれました。
それではまだ酔っぱらってますが、この試合を振り返りたいと思います。



マツダスタジアムに場所を移しての第6戦。
勢いそのままに、一気に優勝を決めたいファイターズ。
野村で勝って、もう一度黒田の勇姿をファンの前で見せたいカープ。
意地と意地がぶつかりあう試合となる事は必定。
ワクワクしながらドキドキする。
ファンにとってたまらない試合です。


1回表。
いきなり西川が右中間を破る3ベースヒットで出塁すると、2番中島がストレートの4球で出塁。
おやおや?という立ち上がりの野村をここで一気に叩きたいファイターズでしたが、続く岡はボテボテのショートゴロ。
あまりのボテボテっぷりに、まぁこれでアウトでも1点取れるからいいやと思っていたら、田中がまさかのファンブル。
内野安打となりオールセーフで1点先制。
最高の出だしとなりました。

さぁ一気に野村攻略!と思ったら、4番中田がしっかりゲッツーを打ち、5番近藤がピッチャーゴロ。
先制点を取ったにも関わらず、なぜかミスして終った感が強い初回の攻撃となりました。


増井はそれなりの立ち上がりでしたが、2回の裏に落とし穴。
先頭の松山にセンター前を打たれると、続く鈴木に対してストレートの連投。
たしかにストレートで押せてはいましたが、連投させる意味がわからない。
しかもそのストレートは上下のばらつきがあるとはいえ、全て真ん中のライン。
4球目のストレートを弾き返されて、レフトオーバーの2ベースヒットを打たれる。
なんかこのシリーズの大野は考えすぎなんじゃないかなと思わせる配球でしたね。

続く小窪は三振に仕留めましたが、次の石原の打席でフォークがベースの手前でワンバンし、それがくぼみかなんかに当たって大野の上を大きく超えていく珍しいワイルドピッチで同点にされました。
もうこれは不運としか言いようがない。
ただここで切れればよかったのですが、石原の打球をレアードがトンネルして1対2と逆転されました。
ガックリなミスなんですが、やはりこの球場の空気に押されてるのかなと思わせるミスの連発でした。


4回表。
先頭の近藤がセンター前で出塁し、打席にはレアード。
期待しましたがボッテボテのショートゴロ。
あ~ゲッツーか~、なんだよ~と思っていたら、ボールの上っ面をこすった打球が不規則なバウンドをして田中がエラー。
ラッキーな出塁となりました。

これを生かさないわけにはいかない。
ここで打席には7番賢介。
3球目のアウトローに沈むチェンジアップを右中間に運ぶ上手いバッティングで2対2の同点としました。
しかし、賢介は波の小さいバッターですね。
あれだけ不調だったのに、もう戻してしまった。
頭が下がりますよ。
中田とか陽とか西川はもっとがんばんなきゃダメですね。


そういえばこの試合は日テレの中継だったのですが、放送は広島テレビでアナウンサーも広島テレビの人。
いちおう日本シリーズなので平等な放送のはずですが、地方アナウンサーが担当という時点で、あれ?だったし、ネットでも解説者の顔ぶれで、あれ?ってなってたし、まぁ多少カープ寄りの実況でもしょうがないと思ってました。
もともとそんなに実況とか解説を気にする方じゃないので。
しかし、この賢介の得点の時に『・・・・・・近藤同点のホームイン・・・』ってやったんですよ。
無言+テンションダダ下がりですよ。
解説者がスコアブックに書くためにボールペンを『カチッ』って押す音が聞こえましたからね。
もうこれで時差があってもいいやとradikoに切り替えました。
さすがに頂点を極める日本シリーズの試合見てて辛気臭いのはイヤですからね。
ラジオではもう岩ちゃんがヒャッホーヒャッホー言ってて助かりましたよ。


さて試合に戻ります。
ノーアウトでランナー2・3塁でしたが、大野、代打矢野とランナーを返せず、2アウト。
せっかく追いついたのに、けっきょくイヤな感じでこの回も終わるのかと思ったのですが、西川がその感じを吹き飛ばしてくれました。
グッと下半身で力を溜めて、カーブを右中間に弾き返すタイムリー3ベースヒット。
いい働きをしてくれました。


4回裏。
増井に代打を出したので誰が出てくるのかな?と思ってたら鍵谷でした。
その鍵谷ですが、もう雲の上にいるかのようなフワッフワの落ち着きの無さ。
ストレートはほぼ右上に抜ける。
いきなり先頭の松山に4球を出すものの、変化球だけはストライクが取れる。
コントロールついてないけど。
これが幸いした。
鍵谷のストレートが少し戻ってきただけに相手バッターは当然ストレートに山を張る。
しかしそのストレートは高めのストライクゾーンギリギリに飛んでいって、待ってない変化球がストライクに飛んでくる。
しかもその変化球は逆球やらすっぽ抜けやらで待つのは難しい。
崩れる要素満載なのに打ち取れてしまう。
たぶんこれが逆にストレートでしかストライクが取れなかったら大炎上してたんじゃないですかね。
おもしろいものです。

しかしその鍵谷も5回裏に丸にホームランを食らってしまいます。
これで4対3。
まったく試合はわからなくなりました。


6回裏。
表の回でチャンスを逃したファイターズ。
この回は大事だと思っていましたが、先頭の松山にワンポイントで石井を使うものの、センター前に弾き返されて降板。
代わって井口がマウンドに上がりました。
負け試合を見てるのか?と思わせる継投。
なんか第7戦も見据えてるのかと思わせるような継投に首をひねってしまう。
すると井口は鈴木に対してストレートの4球を献上。
小窪にバントで送られ、會澤は三振に仕留めましたが、下水流がショートゴロの間に1点取られ4対4の同点に。
しかし、ここで鈴木がサードを飛び出しているのを見た中島がサードに送球し三本間に挟まれる鈴木。
まぁ同点で追われればいいかと思っていた次の瞬間、大野がタッチに行って転び、ランナーが3塁に戻ってしまうという大凡プレー。
焦る必要なんかこれっぽっちもないのに、何を考えているんだか。
このあと田中が倒れ失点には繋がりませんでしたが、これでタイムリーでも打たれてたらこの試合はわからなかったでしょうね。


運命の8回表。
相手投手は連投のジャクソン。
バッターは杉谷。
実は7回表2アウトで賢介が打席に入ってる時、ネクストバッターズサークルには大野じゃなくて杉谷がいたんですよね。
しかし賢介が三振して杉谷の出番は無くなった。
まぁこれはしょうがないと思い、7回裏のオーダーを見ると、8番に杉谷がセンターで入っていて、9番に市川が入っている。
そして5番に近藤を下げてピッチャーのバースが入ってたんです。
このオーダーの意味はなんだ?ってズ~っと考えてたんですよね。

杉谷、市川と連続で倒れ2アウト。
市川を9番に入れた意味もわからずただただ見ていました。
しかしここからファイターズ野球が炸裂します。
西川が当たり前のように初球をライト前に弾き返すと、続くバッターは中島。
ラジオでは放送席のマイクにカープファンのおっちゃんの『前飛ばしてみぃ~前へ~』っていうヤジがずっと聞こえてて、解説してた岩ちゃんも、えらい中島に切れてはるおっちゃんがいますねぇ~と笑いながら言ってたんですが、中島がホントに前に飛ばしてヒットを打つというおもしろいやつをやってて、ひとりで爆笑してました。

続く岡もセンター前に弾き返し、2アウト満塁でバッターボックスには中田。
緊張の場面ですが、その中田の後ろに大谷の姿が。
そうか、これかと。
5番バースの意味は、この大谷の起用を考えていたからなんですね。
中田と戦いながら大谷のプレッシャーも与える。
なかなか憎い作戦です。

ジャクソンはストライクが入らない。
ストレートの4球というあっけない形で5対4と勝ち越しに成功。
ここでファイターズベンチは大谷を下げ、そのままバースが打席に。
勝ち越せた事で継投の問題がありますから、この判断は良かったと思います。
ただ、まさかそのバースが追加点を叩き出すとは思わなかった。

2球目の高めのストレートをセンター前に弾き返すタイムリーで6対4。
実はバースってフリーバッティングでスタンドインさせるくらいバッティング上手いんですよね。
しかし、まさかまさかのタイムリーでした。


これで流れは完全にファイターズ。
レアードに対しスライダーを連投するも3球目がド真ん中に。
これを逃すレアードじゃない。
振り抜いた打球は球場にたくさん詰めかけたカープファンを沈黙させるグランドスラムとなりました。
10対4。
これで試合が決まりました。


最後は大谷ではなく谷元が締めてゲームセット。
しょうじきこの状況で大谷を出してたら怒ってました。
ウチは大谷だけのチームじゃないし、大谷が中心じゃないわけですから。
そんなくだらない演出はいらないと思っていたのですが、栗山監督もそこはちゃんとわかっていてくれました。



このシリーズは負けていいかと弱気になった時もありましたが、やはり勝ちたかったんだなと優勝して気づきましたね。
なんか肩の荷が下りた感じがするんです。
それは過去の日本シリーズでの悔しさもあったし、パ・リーグなんて大した事ないって言われたくないというのもありました。
特に最後まで競り合ったホークスまでもバカにされるのはガマンならなかった。
それがこの気持の重さだったんでしょうね。
日本シリーズの応援でこんなに苦しかったのは初めてな気がします。


ついに今年の野球が終わりました。
しかし、すぐにキャンプが始まり、来シーズンが始まります。
それまでは私も少し体を休めようかなと思います。
あ、でも順位予想の反省はしないといけないなぁ・・・・


とにもかくにも
おめでとうファイターズ!
ありがとうファイターズ!




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comments
 日本一です
コンサどんさん、こんばんは

やりました、日本一です!
広島での2連敗では正直、「このまま終わっちゃうかも」、と思いながらも、「まだまだイケる」との思いが交錯していました
札幌での3連戦はファンの思いも力にしての連勝
逆転劇でしたからね、もう、気持ちはイケイケです
そして第6戦も後半の逆転劇
若いチームの柔軟性と強さが出たシリーズだと思いました
このチームが今後、どのように変化を遂げていくのか
またそれを楽しみに来シーズンに期待してしまう私です

オフシーズン、そして来シーズンに向けて、私も自主トレを開始します(笑)
来シーズン開幕まで、ちょくちょくとお邪魔させていただきたいかなと思っています
 satsuさんへ
こんばんは!

やりましたね!!
僕はしょうじきあの2連敗で心が折れかけてました。
こんな経験は30年以上野球を見てきて初めてです。
しかし、選手は諦めてなんかおらず、そこからの4連勝。
いやぁすごいですわ。

ホント、このチームの成熟はあと3年後くらいでしょう。
その時にどうなっちゃうんですかね。
とはいえ、こんな事を毎年言ってる気がしますが。( ̄▽ ̄)
まぁそれだけ毎年若い力が出てきてるって事なんでしょうね。

今年こそキャンプまではちょこちょこ更新したいなとは思ってます。
かまっていただけたらうれしいです。

本当におめでとうございます!o(*^▽^*)o
 
こんにちは。
私もね負けていいと思った事はありました、でもこのまま終わったんじゃ
やはり悔しいやり返してやりたいという気持ちが強くなって来ました!
シーズンそしてCSで争った最後まで強かったホークスに申し訳無いと言う
気にもなりました。
1つ勝つ事にパ・リーグ舐めるんじゃねえそ!と言うのが出て来ましたね。
とりあえず野球は終了ですね、今年はお疲れ様でした。M(__)m
また書き込んだら何かかしら返信しますのでよろしく御願いします。

返信です。
日本シリーズは2007,2009,2012年と嫌な思い出の方が多いので
今年は3度目で初めて勝ち試合を見れて良かったです!

ジャクソンにしても今村にしても登板過多でしたね、投手見て思いましたが
どうして福井、市岡、九里と投手がいたのに起用しなかったと。
そりゃシーズン通り勝利の方程式言うんですか?そうやって勝って来たのは
解りますよ、でもやはり疲労言う物は出るものです。
程々にしとけば良かったのではないかと、それに先程言った3投手もシリーズ
を経験させておけば違うよとね。
仰る通り監督も有りますが経験値もあるのではとも思いますね。

お二人さん凄いですね!朝の4時なんて、私らには無理です・・・・・
数ヶ月前酔って帰って来た時私何故かパンツ1丁で寝ていて妻に怒られました・・
次の日には二日酔いで死んでましたわ・・・・

岡の件ですがあれは声掛けも大事だと思いますよね、岡が俺が取るみたいなね。
動作もそうですが将来センター任されるならそうしたプレーはしっかりとね!
メンドーサは来年が本勝負でしょうね、来年シリーズみたいな投球すれば契約出来る
と思いますよ。

階段ってドームのですか?どの辺りですかね?椅子の通路でしょうか?
それとも出てトイレか出口に向かう階段でしょうか。
まあどっちにしろ良い物では無いですけどね、私らは普段歩いていますから良いですが
高齢化している今現在あの階段は危険ですもんね足腰弱ってるしなあ・・・
そりゃドーム観戦敬遠するってえのも解る気がするな。

あの死球はテレビでも私らブチ切れました、中田と同じ気持ちでした。
何故、中崎帽子を取らないと。(見ましたが彼は取っていなかった。)
更に頭に来たのが広島ベンチの逆キレ行動でしたね、ジャクソン、新井何故お前らが
来ると?こちらは当てられてるんだぞと。
(大人げなくて申し訳ないです、でもこちらも大事な選手こういうのやられたら一番
腹が立ちます!ホークス戦でも陽が当てられた時にスタンドから、てめえ!帽子を
取って謝れ!と叫びましたから。)

最後の中田押し出しにバースのタイムリーそしてレアードのグランドスラム!!
私もねしばらくは優勝は良いかなと思いました。(贅沢ですね本当に。)

その道新ホールで当たったパブリックビューイングの件をちょっとだけ。
この日は午後2時開場で3時に開催しまして司会が吉原宏太氏にTVHの千葉アナ。
ゲストにMFの上里選手にGKの杉山選手でした。
(私らは一時間前に来まして前から15人くらいで席は正面の10番目くらいにしました。)
30分くらい前からトークショーが始まり上里選手に吉原氏がもっと元気出して喋べらんかい!
と言ってましたね。(声が小さかったものでね。)
杉山選手はGK目線でソンユンには頑張って欲しい後彼がいなかった時には金山、阿波加
が頑張っていたと言ってました。
10分前に野々村社長と電話で繋がり、今10分前だから忙しいんだとの事でした・・・
吉原氏がファイターズ優勝しましたがと言いましたがあまり感心が無かった感じで残念でしたね・・
そうこうしてるうちに試合の画面が出ましたがこの日熊本は7市町村デーでバス10台で
会場に来たとの事!偉い気合が入ってるなと。
そんで審判が池内明彦と聞いてこの主審あまり札幌に言い判定しないし出身広島だし大丈夫
かなと思いました。(出身は関係無いと思いましたが野球で仕返しは無いだろうなと。)

メンバー見たら上原に前兄弟に永坂と聞いてこれで大丈夫か?と言う不安は有りました。
そしたらいきなり振り切られた永坂がPK取られて熊本の清武にPK決められ先制されます・・・・
その後も見てたら攻撃は前半なんとシュート0ですよ、こんなん盛り上がろうにも無理ですよ・・・
そうこうしてるうちに後半追加点取られるし代わりに神田にジュリーニョ投入しても遅いし・・・・
周りは「前に行け!」「何故攻めない!」「打て!」「何で取られる」とかそんなんばっか・・・・
私はもう呆れてたから言う気もなかったです、ただ良かったのは3人目交代した菅選手かな。
彼の相手DF交わしてのシュートは何か持ってる物が有りました!
結局試合は0-2で敗戦、道新ホールは昨日ファイターズに負けたマツダスタジアムのごとく
お通夜状態でした・・・
試合後吉原氏曰く、熊本の選手の方が足釣りながら走っていましたね!と言うのが印象的
でしたがその通りでした、札幌の選手そういうのいないんだもん・・・・
その後抽選会が有りまして入場の際に渡されました抽選番号でプレゼントが当たるのですが
最初のサインはあらかじめ引いてありましたとあったので発表を待ってるとその中に私の番号
がありました!(゜Д゜)
*)18番と言われ次に20番と言われましてその20番が私、妻は19番でした。
その後トートバックやサイン入りユニフォーム、練習着等も言いましたがそれは当たらず・・・・
中には言われても出なかった人がいて吉原氏曰く怒って帰ってしまったんじゃないでしょうかね?と
このパブリックビューイングは熊本地震のチャリティーも兼ねているので最後は募金して帰りました。
その際に吉原氏と上里選手がいましたのでお疲れ様でしたと握手してきました。

本当にね松本と清水も勝ってね、勝ち点差が二位と3で三位と6でもう尻に火が付いた状態です!
明後日の讃岐戦行きますがどんな形でも良いから勝って欲しい言うのが本音です。
先程名前出しました永坂、前兄弟(弟はまだ言い)、上原はもう良いですわ、どうせ使うなら後半の
高さ合わせ要員でスタメンはまだ石井謙吾の方がまだ良い!
その日は大黒摩季も来ますので正にチームよ熱くなれ!ですね。
では失礼します。
 youmenさんへ
こんにちは!

なんかものすごいプレッシャーがありましたよね。
というか、ここまで戦前にファイターズ有利と言われた日本シリーズも無かったですよね。
解説者のほとんどが4勝2敗でファイターズという声が多かった。
たいして見てもいないくせに、変に持ち上げられた。
そしてそんな解説者の口から出てくるのは大谷大谷大谷…
ウチが大谷だけで勝ってきたみたいな言い方をされてムカつきました。
しかし、ウチは大谷だけじゃないんだと証明するはずが2連敗。
やっぱり大谷ショックが…なんて言われて自暴自棄になっちゃったのかなと今になって思います。
しかし、最終的にはカープファンの方からも『やばいのは大谷だけじゃない』と知ってもらえたと思います。
ホントに良かったなと安堵しました。

カープは初戦の勝ちパターンはわかりますが、2戦目で4点差ついての勝ちパターンが余計でしたよね。
手堅いなと思いましたが、それだけ余裕が無かったという事でしょうかね。
逆に6戦で、鍵谷・石井・井口と来た時には「余裕見せすぎだろ!」と怒りましたけど。
まぁ結果が出たから褒められるし叩かれるんで、これでカープが勝ったら普段着の野球をつらぬいた緒方カープと持ち上げられてたんじゃないですかねぇ。
勝てば官軍と言いますが、栗山監督が持ち上げられてる状況を見るとまさにそのとおりだなと思います。

ダラダラ飲んでたんで飲む量はそんなでもないですよ。
話す方が楽しくなっちゃうんで、どうしても長っ尻になっちゃうんですよねぇ。

そういえばメンドーサは勝負の年ですが、バースはメジャーを最優先にするみたいですね。
それはかまわないんですが、なんかバースがいないと大きな痛手みたいに書かれてるのを見ると『は?』と思ってしまいます。
確かに好リリーフもありましたが、ガッカリする登板も多かった。
いいときのバースはあの日シリのバースですけど、それが続かなかったから勝ちパターンで使われなかったわけで。
戻ってきてくれるなら大歓迎ですが、メジャーに行くならがんばってってそんな感じですよね。

確か歩道橋のところです。
救急車が何台も出たと聞きました。
もしかしたら勘違いでしょうか?

あの試合じゃいくら宏太がいても盛り上がらなかったでしょ。
ホントにどうなるんですかね。
なんか攻めの迫力が無い気がします。
特にラストの決定力が無いから余計にそう感じるんだと思います。
しょうじき内村を使うなら菅を使ってほしい。
引っかき回すけど決定力が無い内村よりも可能性を感じます。
前にも書きましたが、大野が出てきた時に『こいつはJ1でも看板選手になれる!』と思ったのですが、菅選手にも同じ事を思いました。
あのキレのいいドリブルと、懐の深いボールキープは図抜けてますね。
得点不足のコンサドーレにはピンズドの選手だと思いますがねぇ。

これからどうなるんでしょうか。
かなり不安ですね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06