拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2016 クライマックス第3戦 王手


20161014.jpg



王手です。



先発有原の立ち上がりが注目でしたが、やはり球がベルトの高さに集まっており、三者凡退でしのぐのですが、不安は拭えない立ちあがりとなりました。

相手先発の千賀は中5日で投げるので、ものすごい飛ばして来るかと思ったんですが、自分をグッと抑えてる感じの投球に見えました。
西川が粘って出塁しますが、投球内容を見ていると得点は難しいかと思われました。
しかし、大谷がまさかまさかの振り逃げでチャンスを広げると、近藤が初球を三遊間に弾き返し先制。
欲しかった先制点が相手のミス絡みで取れました。

この日は打線の組み換えがあったのですが、私が懸念していた賢介・中島の打順が変わっていて、なんと賢介が9番にはいるというオーダーに。
そしてタイムリーを打った近藤が5番、レアードが7番から6番に上がっていました。
この打順組み換えが大当たりします。

ランナーを2人置いた状態で打席にレアード。
3球目にフォークが来るのですがインコースに抜けてボール。
4球目もフォークですが、これに引っかかって空振り。
バッテリーはこのまったく合っていない空振りを見て、フォーク勝負に出るだろうというのはわかりました。
ある程度のところに決まってしまえば、高確率で空振ってくれますからね。
しかし千賀が中5日と先制されたという精神的動揺があるのか、このフォークを制御できません。
5球目はフォークが胸元に抜けてしまうのですが、バットにあたりファール。
そして6球目。
まったく落ちないフォークが真ん中低めに。
ここまで3球フォークを見せられていたレアードは、これを逃しませんでした。
レフトスタンドに3ランホームラン。
バッテリーの選択は間違っていませんでしたが、投げきれなかったのがこちらに幸いしましたね。


さてこの日はホークスも打順をいじってきました。
5番に松田を上げて、6番に明石。
7番に昨日のラッキーボーイ福田を入れてきました。
理解は出来るのですが、この打順だと明石・福田・今宮・細川という下位打線になり、お世辞にも得点が期待できる打順ではないんですよね。
工藤監督にしてみれば昨日の勢いを活かすための打順なんでしょうが、ちょっと迫力不足に感じました。
そんな事を思っていたら、やっぱりという場面が。

2回表。
内川・松田の連続ヒットでノーアウト2・3塁の大ピンチ。
得点した後だけに、ここはしっかり抑えてほしかったのですが、失点を覚悟しなければいけない状況に。
しかしここで明石がショートファールフライ。
福田が三振。
今宮がセカンドゴロでランナーをホームに返す事が出来ません。
有原が好投したというよりは、打ち損じてくれたという感じの内容だっただけに、このオーダーの変更がこちらに有利に働いた形となりました。

こちらのオーダー組み換えが大当たり。
あちらのオーダー組み換えが外れた。
これがこの試合最大の勝因かもしれません。


4対1で迎えた8回表。
石井がノーアウトでランナー2人を出してしまいピンチに。
本多のバントを上手く処理しましたが、けっきょくランナー1・2塁でマウンドを谷元に譲る事に。
打席には柳田。
非常に厳しい場面でしたが、フォークを引っかけさせて4-6-3のダブルプレー。
これでこの試合勝負あり。
高さを間違わない谷元の好投が光りました。


最後は驚きのバース登板がありましたが、グダグダしてゲームセット。
日本シリーズ進出に王手をかけました。


明日見に行くんで、なんとか決めてほしいですが、どうなりますかねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06