拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

マジック6


160922.jpg



天王山の2連戦は連勝という形で終わりました。


心配された有原の先発。
結果から言うと、合格ではあるけど不安感は拭えないというものだったかと思います。

初回、低くは来てるけどたまに抜けるものでしたが、中村には苦手意識からか全てがベルトの高さに集まってしまい、一発をくらいました。
今まで通り勝負どころで浮いてしまう投球は変わっておらず、非常に不安な立ち上がりでしたが、気持ちだけは見えていたので期待はしていました。

一方、相手先発の武田ですが、こちらも最近の不調はこの大一番でも変わっておらず、ストレートは浮くし変化球は入らないしという不安な立ち上がり。
どちらの先発が先にまともなピッチングをするかという戦いになりました。


2回表。
まだまだ抜けてる武田の球。
しかし、この抜け球が予測できないものだから思わず振ってしまったり、球審の白井が相変わらずの安定しないストライクゾーンなので、ボールと思った高めをストライクと言われて困惑したりと、難しい状況になっていました。
しかし、さすがというかファイターズらしいというか、焦らずしっかり選んで打っていく打線に好調さを感じました。
気がつくと2アウト1・2塁でバッター中島。
簡単に追い込まれますが、そこから粘りフルカウント。
変化球の入らない武田ですから、ストレートで勝負してくる事はわかりきっていました。
しかし、この日の武田のストレートなら、いくら投げても中島はファールにしてしまう。
フルカウントになった時点で4球は確信してました。
けっきょく想像通り、中島は2球ストレートをファールにして4球を奪いました。

こうなったらファイターズペース。
西川が初球の抜けたスライダーを思いっきり引っぱると、打球はセカンドの右を抜けていく2点タイムリー。
これで逆転。
後続の近藤は倒れますが、2アウトからというファイターズらしい攻撃が見られた場面でした。

2回裏。
逆転してもらったあとの有原がどうかと心配だったんですが、良いとは言えないものの、気持ちの入った投球で3者凡退。
流れを渡さない投球が出来ました。


3回には武田のカーブが決まり始め、4回からは有原のカットとフォークが決まり始めます。
これで不安定だった両先発のふらつきが無くなり、1点差という現実が重くのしかかってくる事に。
しかし、6回に状況が変わります。


6回表。
私はこの回で武田は代わると思っていました。
立ち直ってきたとはいえ、球が上ずっているのは変わりなく、球数も100球を超えていましたから。
しかしホークスベンチの判断は続投。
大一番という試合でも、工藤監督は普段の野球と、投手の気持ちを考えた野球をやるんだなと思ってました。
これがどっちに出るか見ものだったのですが、流れはファイターズに傾きました。

賢介・レアードと連続ヒットでバッターは陽。
ここでバントをしますが上手く出来ずに2ストライク。
まだ脇腹がバッティングに響くのかと思っていたら、1・2塁間を抜くタイムリー。
これで3対1。
続く大野に4球を出してノーアウト満塁。
ここで武田がマウンドを降りました。

ここで森福が登板。
バッターボックスの中島が森福を打てるとは思えなかったのですが、ゲッツーは無いだろうと思っていた私がバカでしたね。
ピッチャーゴロでホームゲッツー。
その後の西川も三振に倒れ、最大のチャンスを逃してしまいました。

そうなったらおもしろいもので、流れは相手に傾くんですよね。
6回裏に明石にタイムリーを打たれ、またも1点差に。


7回表。
1アウトから大谷が森福のストレートをライト前にはじき返すと、ここでピッチャー交代。
私は岩嵜だと思っていたのですが、出てきたのは五十嵐。
もしかしたらチャンスあるかもなと思っていたら、中田が2球目のナックルカーブを逆方向へ。
打球はそのままテラスに落ちました。
ホークスを突き放す2ランホームラン。
これで勝負あった気がします。

今まで調子が良かったのに、この大一番でまたおとなしくなっていた中田。
ナイーブにも程があると思っていたのですが、この1打席でやってくれましたね。


これでマジック6が点灯。
しかし勝負はここからですよ。
どこのチームが目の前で胴上げを見たいというのか。
相手も必死でくると思われるので、こちらも必死でいきましょう。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村






Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
過去記事(ログ)スクロール

2018/07 (7)

2018/06 (17)

2018/05 (20)

2018/04 (21)

2018/03 (13)

2018/02 (9)

2018/01 (2)

2017/11 (3)

2017/10 (6)

2017/09 (15)

2017/08 (15)

2017/07 (20)

2017/06 (21)

2017/05 (19)

2017/04 (21)

2017/03 (16)

2017/02 (7)

2017/01 (3)

2016/12 (3)

2016/11 (5)

2016/10 (12)

2016/09 (19)

2016/08 (21)

2016/07 (19)

2016/06 (19)

2016/05 (19)

2016/04 (20)

2016/03 (14)

2016/02 (11)

2016/01 (1)

2015/12 (1)

2015/11 (3)

2015/10 (9)

2015/09 (19)

2015/08 (26)

2015/07 (19)

2015/06 (19)

2015/05 (20)

2015/04 (21)

2015/03 (15)

2015/02 (11)

2015/01 (2)

2014/12 (2)

2014/11 (5)

2014/10 (14)

2014/09 (19)

2014/08 (18)

2014/07 (16)

2014/06 (15)

2014/05 (20)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (10)

2014/01 (3)

2013/12 (6)

2013/11 (5)

2013/10 (10)

2013/09 (23)

2013/08 (22)

2013/07 (20)

2013/06 (20)

2013/05 (19)

2013/04 (20)

2013/03 (8)

2013/02 (4)

2013/01 (3)

2012/12 (3)

2012/11 (9)

2012/10 (12)

2012/09 (19)

2012/08 (21)

2012/07 (18)

2012/06 (20)

2012/05 (18)

2012/04 (23)

2012/03 (7)

2012/02 (5)

2012/01 (3)

2011/12 (7)

2011/11 (12)

2011/10 (19)

2011/09 (22)

2011/08 (24)

2011/07 (27)

2011/06 (23)

2011/05 (22)

2011/04 (19)

2011/03 (13)

2011/02 (7)

2011/01 (6)

2010/12 (15)

2010/11 (12)

2010/10 (12)

2010/09 (25)

2010/08 (23)

2010/07 (24)

2010/06 (20)

2010/05 (20)

2010/04 (26)

2010/03 (11)

2010/02 (9)

2010/01 (8)

2009/12 (3)

2009/11 (13)

2009/10 (19)

2009/09 (24)

2009/08 (13)

2009/07 (18)

2009/06 (17)

2009/05 (19)

2009/04 (23)

2009/03 (10)

2009/02 (4)

2009/01 (4)

2008/12 (8)

2008/11 (11)

2008/10 (14)

2008/09 (28)

2008/08 (24)

2008/07 (28)

2008/06 (6)

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07