拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

まさに天王山

 
20160921.jpg




まさに天王山という試合でした。


緊張感の漂う中、試合開始。
先頭西川が相手先発千賀から内野安打をヘッドスライディングでもぎ取る。
しょうじき走り抜けても悠々セーフというタイミングだったけど、この試合絶対に勝つんだという気概をチームメイトに見せるためのヘッスラだったと思う。
しかし、ウチの4番はド緊張が解けず、初球の変化球を簡単に引っ掛けてサードゴロ。
しかも打った後、サードが捕球体勢を取ってから全力で走り始めるという始末。
初球引っかけるしょうもないバッティングした上に気落ちしてんじゃないっつうの。
なんでウチの4番はこうもナイーブなのか。
一昨日までの復活してきた中田の姿は、この試合で見られる事はありませんでした。


さて大谷ですが、相も変わらず初回苦しみます。
しかし、今までと違ってストレートにしろ変化球にしろ、低めに引っかける事はあっても高めに抜ける事はほとんどありませんでした。
これなら修正効くんじゃないかなというのと、球自体に力はあるなっていうのが初回の印象でした。


さて、相手先発の千賀ですが、この試合では大谷と真逆で、とにかく抜け球が多く、制球に苦労している感じでした。
しかし、消えるとまで言われるフォークと、荒れながらもいいところでストライクに入るストレートにファイターズ打線は苦しみます。
特に制球が効かなくなってナチュラルシュートするようになったストレートがとにかくジャマでした。

アウトコースにバツグンのストレートが決まるのですが、レアードが思わず審判に激怒するシーンがありました。
そこまで怒るようなコースではないのですが、それだけ投げた瞬間にはボールと判断するくらいのところから曲がってきてるって事なんでしょうね。
この感じの投手は、ライオンズ打線のようにブンブン振っていくような打者が多いと長打も生まれやすいのでしょうが、ウチみたいにコツコツと当てていくような地味な打線には非常にやりづらい苦手な投手と計らずもなってしまいました。
いい時の千賀のほうが崩しやすかったと思います。


ただ、そんな千賀から値千金の一発を放ったのはレアード。
初球のインハイを完ぺきにとらえてIt’s gone!
さすがハイボールヒッターという感じでした。

しかし、このホームランには伏線があって、その前の岡がストレートの4球だったんですよね。
しかも、スライダーが高めに抜けたあとに、ストレート3球が全て抜けてのスト4だったので、千賀の中でインローの要求に対し、しっかり投げなきゃという気負いがあったのかもしれません。
細川的にはレアードの腕を引っ込ませてからという狙いだったと思いますが、千賀の緊張感まで読みきれなかったって事ですかね。


千賀は苦しみながら、大谷は力投しながら回は進んでいきます。
そして7回。
2対1という状況で千賀から森福に交代。
2アウトを取られたところでこの試合のターニングポイントがやってきます。
それが代打陽岱鋼でした。
打撃自体は見るところもなく空振りの三振だったのですが、その裏の守備で魅せました。

先頭バッター今宮の打球は左中間の深いところへ。
抜けたかと思われましたが、陽がフェンスにぶつかりながらのナイスキャッチ。
しかしこのプレーをよく見てみると、落下点まで全力で追うのですが、最後は歩幅を合わせてという余裕があるんですよね。
打球反応と、落下点の予測、そして俊足という3つが無ければここまで余裕あるプレーは出来ないでしょう。
岡でも取っていたと思いますが、岡ならそのまま肩から激突してたんじゃないかという恐怖感があるので、センターを陽に代えたのは栗山監督の好プレーでした。


さて、このプレーの直後なのですが、ここでもターニングポイントがやってきます。
それは工藤監督が細川に代えて福田を代打で送ったことです。
福田は三振に倒れますが、別にこの采配自体は普通だし、何も問題はなかったんですが、あの9回の伏線となる采配だとはこの時点で誰も考えてなかったでしょう。


9回裏。
1点差のまま。
抑えを誰に任せるのかと思ったら、バースが登板。
個人的にバースは5~7回を投げさせるにはいい投手ですが、8・9回を投げさせるには怖いなというのが私の見方なんですけど、まぁ調子のいい投手を上げればそれでいいと思っていましたから期待はしてたんですよね。
しかし、いきなり長谷川に2ベースを打たれ、吉村にデッドボールをぶつけた時点でもう延長かサヨナラは覚悟してました。
しょうがないと。
ベンチが考えて出した結論ですからね。
ただ同点までで抑えてくれればと願うばかり。

今宮がバントでキッチリ送って1アウト2・3塁。
ここでバースから谷元に交代。
バッターは細川に代わってマスクをかぶっていた髙谷でした。

ネットではここで満塁策という声もファンから上がってたんですけど、満塁策取るんならバースが髙谷を歩かせてるはずなので、それはないなというのと、髙谷は悪いバッターでは決してないですが、ここで代打明石じゃないっていうのでチャンスはあると思っていました。
だから勝負だろうと。

ベンチには鶴岡がいましたが、もしここで同点止まりだった時に、控えのキャッチャーがいないというのはマズすぎるので代打が使えなかったんだと思います。
これがあの細川に代打という策の結果なんですよね。
そしてまだ調子が完全じゃないとはいえ、いまの谷元のフォークなら髙谷から三振が取れる。
そして想像通り髙谷から三振を奪う谷元。
素晴らしいピッチングでした。
当てるのが上手い明石なら満塁策をしていたんじゃないでしょうか。
そうしたら結果は違っていたかもしれません。


2アウトまできてバッターは江川。
3球目のカットボールをセンターに深々と弾き返されます。
前進守備だった陽は懸命に追いかけます。
サヨナラを期待するホークスファンの声が頭上から豪雨のように降り注ぐ中、陽はウォーニングゾーンでしっかりとグラブにボールを収めました。
ゲームセット。
とにかくしびれる凄い試合でした。


最後の陽のキャッチも打った瞬間に判断して途中まで振り向かずに走ってるんですよね。
そして最後は歩幅を合わせて余裕を持ってキャッチしてます。
陽だからこそというプレーでした。
陽の起用がズバリという監督の采配でした。
まぁバースは当たりませんでしたけどね。


とりあえずこれでなんとか首がつながったと思います。
次の試合がどうなるかですが、これはもう復調の気配が見えなかった有原と、試合に飲まれまくった中田の復活が鍵じゃないですかね。
いやぁ、疲れた試合でした。















にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04