拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

5球でふりだし


160731.jpg



今CSをやりたいなぁ。



先発の加藤はなんかフワフワしたピッチング。
悪くないんだけど、いつもの相手を飲み込むような余裕が感じられない。
そうこうしてるうちに1失点。
嫌な流れだなと思ったら、レアードがゲッツーを取るために差し出したグローブに打球が当たり弾いて2失点目。
足が遅いしムリせんでもと思うけど、やっぱ目の前に打球があって、ゲッツー取れると思えば手は出すもんな。
けっきょくもう1点取られて0対3。
嫌な立ち上がりになってしまいました。


しかし、この嫌な空気を5球で変えてしまうのが今のファイターズ。
1番の岡が3球目を引っぱってレフト線の2ベースを打つと、2番西川が初球をセンターに弾き返して1点を返す。
そして3番大谷が初球のフォークを左中間に叩き込む2ランショット。
この5球で3点取って同点ですよ。
すごいですね。
しかも大谷がホームランを打った理由が、初球にフォークでボールにしてくると思っていたら抜けてきたのでというもの。
これは怖い。
普通、初球はストレート系を待っていて、甘かったら打つというのはよく聞くんですけど、初球のフォーク読んでて抜けてきたからという理由で逆方向のいちばん深いところに叩き込むなんて信じられない。
これが二刀流の怖さなんでしょうね。


そこからお互いの先発がピンチを作りつつもしのいで6回までくる。
先にマウンドを降りたのは加藤。
しょうじき監督なら5回投げた時点で代えると思ったんですが、6回も投げさせるんだ、ガマン出来るんだと思ったらやっぱり代えましたね。
鍵谷がその後をゲッツーでしのいで無失点で終われました。

すると今度は山嵜が怪しくなる。
いい感じで走っていた球が抜ける事が多く、やはり先発の経験が少ない事が影響しているんですかね。
前日の千賀でも思ったけど、やはりローテをしっかり守った事がない投手なので、どうしても途中で息切れするのかもしれませんね。
そういう意味では来年が非常に楽しみでもあるし、相手としては怖い選手になりそうです。
先頭の西川をストレートの4球で歩かせると、大谷三振の間に盗塁成功。
ここで眠れるというか、眠りっぱなしの4番中田が左中間フェンス直撃となるタイムリー2ベースを打ち、4対3と勝ち越しに成功。
球場がワッと沸くと、今度は陽がライトフェンス直撃となる2点タイムリーで球場の空気は完全にファイターズのものに。
これで勝負ありでしたね。


カード3連勝とはいかなかったけど、勝ち越せたのでよしでしょう。
逆にホークスも、今の打線の状況考えたら1勝2敗は想定内でしょうね。
なのでどちらのチームも喜びはないけど気落ちもしない。
ここからですよ、ここから。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10