拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

たくさんの『なんで?』


160729.jpg




なんかいろんな『なんで?』があった試合でした。



先発の有原ですが、序盤はバツグンのピッチング。
頼もしい限りだったのですが、浮いた球が多いというのが気になっていました。

すると5回から浮いた球が多くなり、低めを取らない審判と相まって苦しいピッチングに。
6回、先頭の明石に3ベースを打たれるのですが、これがわからない。
この日の明石は有原との対戦が少ない事から変化球にまったく合っておらず、おもしろいように崩されて三振をしてたんですよ。
そしてこの第3打席もまったく変化球に合う感じがしませんでした。
言ってしまえば有原にとってこの日の明石は安パイだったんですよね。
しかしここが市川の良いところでも悪いところでもあるんですけど、相手の裏をかいて打ち取るのが好きな市川は、第2打席で見逃しの三振を奪ったストレートをこの打席でも決め球に使うんですよね。
しかし明石もガンコでストレートしか待っていなかった。
変化球投げればクルクル回ってくれる明石に対して、同じ球で打ち取ろうとした配球は『なんで?』と言わざるを得ません。
合ってないんだったらストレートは見せ球にして最後まで変化球でいけばいいんですよ。
もったいない。


次の『なんで?』は7回表。
私はストレートもフォークも浮いていて、球数的にも100球近く投げている有原を代えると思ったんですよ。
監督本人が大事なカードと言う試合の初戦。
いくら有原とはいえ、ここから良くなる可能性はまずないし、1点差ですからそこは厳しくいくもんだと思っていました。
しかし有原続投。
ここで私は監督が有原にこの試合を預けたんだなと思ったんですよね。
この試合だけではなく、この後のホークス戦や、CSも見据えての登板だと思ったんです。
責任を持たせる事で成長してくれよと。
それならこの続投は納得がいくんです。
実際に有原は7回を三者凡退で切り抜けましたし、特に最後の今宮の打席では、打てるもんなら打ってみろという渾身のストレートで空振り三振に仕留めてますから、あぁこれはベンチのナイス判断と思ったんですよねぇ。

しかし8回も有原が出てくるんですよ。
これがまた『なんで?』と思うわけですよ。
球は浮いてるんです。
その前の回に全力で抑えにいったんです。
その状態でクリーンアップを迎えるわけでしょ。
だから柳田にホームランを打たれた時も、別にショックはありませんでした。
そりゃそうだよねとしか思わない。
この失点をベンチが納得してるならいいんですけど、期待して送り出してるとするならそれはベンチがどうかしてるでしょう。
前者だと思いますが、このホームランが後々響く事になるんですよね。


さてファイターズだけに『なんで?』があったわけじゃない。
7回に市川に代わって矢野が出てくるんですが、この矢野が出塁したら森福が出てくると思ってたんですよね。
中島・西川・賢介と続くわけですから。
しかし矢野が倒れてしまった。
なら8回頭から森福だなと思ったらスアレスが出てくるんですよね。
ここで『なんで?』と思うでしょ。
西川は最初森福がまったく打てませんでしたが、なんとか克服して最近では結果も出しています。
しかし中島と賢介に関しては前に飛ぶイメージが無い。
しょうじきスアレスが出てきてラッキーと思いましたね。

そして案の定、ファイターズはスアレスを攻めノーアウト満塁で陽が打席に。
ここでまたしても『なんで?』が飛び出します。

スアレスは陽に対して初球にストレートを投げるのですが、このアウトコース寄りでベルトの高さに来たストレートを陽はピクリともせずに平然と見逃すんですよ。
もうここででっかい『なんで?』が頭に浮かんじゃいました。

満塁で、変化球は浮くかボールにしかなってないストレートが武器のスアレスがノーアウト満塁のピンチを迎えてるわけですよね。
そんで3点差がありますから、ここは陽なら右打ちを狙うと思ったんですよ。
そこにおあつらえ向きの中途半端な高さのストレート。
しかも初球。
きた!と思ったらまったく反応しない。
もうただただガッカリ。
そしてら次はド真ん中にストレートが飛んで来るんですが、ここで陽は気持ちはレフトスタンドっていうスイングをして空振るんですよ。
またまたがっかり。
ここにきて台湾のスーパースターが頭をもたげたのかと。
つなぐ意識はどこに行ったのと。
最後は変化球を手打ちして最悪の5-4-3。
よく陽がお立ち台で『知るか!』と言ってますが、まぁこの打席の気持は誰にもわからないし、わかりたくもないですね。


さてチャンスがしぼんでしまったあとの9回表ですが、ここで久をマウンドに上げるんですよね。
これも『なんで?』となるんですが、有原にマウンドを託したところを考えると、この日の監督はロマンチックモードに入っていたんでしょうねぇ。
今シーズン何の実績も残せていない選手を、とはいえ2点差まで詰めた状態の9回表で使うわけでしょ。
もう好きにしたらいいよって感じだったなぁ。
んで、想像通りに失点し、これまたこの失点が後に響くというね。
なんだかね。


3点差でむかえた9回裏。
先頭の大谷が右中間を破る3ベースヒットでチャンスを作り、レアードがフェンス直撃のタイムリーで2点差とします。
しかしレアードの足なんで、フェンス直撃でもシングルにしかならない。
それでもまだノーアウトだったんで、ここはサファテを揺さぶるためにも代走だと思ったんですが出ない。
『なんで?』
杉谷もいたし、出さない理由が見つからない。
案の定サファテは足を大きく上げて投球し、岡と谷口を打ち取る。
ベンチからこの試合勝つんだっていう気持ちがまったく伝わらないんだよねぇ。
そんな事をうだうだ考えながら試合を見ていると、サファテが誰もいない1塁に牽制して、ボールが一人旅。
『な・・・なんで?』
走る可能性もないレアードなのにいるか?牽制。
最後まで『?』だらけの試合でしたが、西川が三振してゲームセット。
有原を7回で代えていればとか、久じゃなければとか、陽が逆方向の意識持ってればとか、大谷が4番だったらとか、いろいろ考えちゃう試合でした。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08