拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

14連勝 強い


160710.jpg



14連勝。
強い。



先発の大谷ですが、初回から球が浮きまくりで安定しないピッチング。
4球出したかと思ったら、ド真ん中に失投。
あっという間に失点してマズイなぁと思ったのですが、なんとか1失点で助かったという感じ。
このピッチングが何回に修正できるかで勝敗が決まりそうな予感がしていました。

対するスタンリッジはなかなかのピッチング。
好調な打線ですから、どこかで捕まえるだろうとこの時は思ってたんですが・・・


大谷は2回も危ないピッチングをしますが、中島のスーパープレーで事なきを得ます。
しかし3回からはコントロールも戻り、いつもの大谷に。
しょうじきこんなに早く修正できるとは思っていませんでした。
初回より良くなったというレベルではなく、しっかり打者を抑えられるところまでこんなに早く修正できたのは初めてじゃないですかね。
成長なのか、たまたまなのか・・・


さてスタンリッジですが、これがなかなか打ち崩せない。
ランナーは出すのですが、もうひと押しが出来ない。
バント失敗もあったし、連勝が止まるならミス絡みだと思っていたので嫌な感じはしてたんですよね。


そして7回表。
マウンドには大谷の姿が。
しょうじきこれには驚きました。
出来だったり球数考えたら6回で終わりだろうなと思っていたので。
その前にまず大谷登板時のDH解除が最近のお気に入りだった監督が、DH解除しなかったって事は、ある程度大谷の疲労を考慮してという考えがあるからで、展開によっては早々と交代もあるんだろうなと読んでましたから、あれ?あてが外れたなぁと肩透かしを食った感じに。
結果的にこの続投が裏目に出ます。

井口は抑えたものの、鈴木にデッドボール、田村に4球与えたところで豆が潰れて降板となりました。
この回まともに投げられた球はほとんど無く、やはり続投自体が間違いでしたね。
大谷の後を受けたのはバースではなく谷元でしたが、私はこの時点で失点は覚悟しました。
最近点は与えていないという谷元でしたが、しょうじきいちばん悪かった時よりは少しましになっているものの、良い時の谷元とはまったく違う姿を見せ続けてますし、3タテだけは絶対に阻止したいマリーンズが、大谷を引きずり下ろしたという事で意気があがって襲いかかってくる事は想像に難くないんで。
当たり前のように失点する谷元。
7回表で0対5。
満員で膨れ上がった札幌ドームから、ゾロゾロとファンが帰りだしたのはこのタイミングでした。

しかし、ここまでの連勝は投手のがんばりもあるけど、なんといっても打線のつながりで勝ち取ってきた連勝です。
しかも相手のマリーンズは開幕のころとは違って中継ぎに問題を抱えている。
攻撃回数は残り3回。
逆転もじゅうぶんあり得ると思っていました。


7回裏。
これも驚きだったのですが、スタンリッジ続投だったんですよね。
ボールが大きくそれた時にマウンドで自分に気合を入れるように叫んだり、4球出してヒザに手をついたりと、球数以上に疲れているんだろうなと思わせるしぐさを幾つかしていたのでねぇ。
1アウトから大野が4球を選ぶと、バッターは岡。
初球のスライダーが甘く入ったところを振りぬくと、打球はレフトスタンドギリギリに飛び込む2ラン。
2対5。
これが岡の魅力なんですよね。
思い切りバットを振れる。
だからやはり岡が1番で、西川が2番という並びの方がいいと思うんですけどね。
岡の9番は無いわ。
なんにせよこれでわからなくなったと思いましたね。

またここでマリーンズもスタンリッジを代えるかと思ったら代えないんですよ。
そして西川がヒットを打っても代えなかった。
中島がヒットを打ったところでやっと交代。
敵ながら不可解な継投でした。

打席には陽。
スタンリッジに代わって登板した大谷のストレートをセンター前に弾き返し1点追加で3対5。
続く中田は難しいアウトローのカーブを拾ってレフト前へタイムリー。
4対5。
この回で逆転とはいきませんでしたが、まだまだ試合がわからない状況となりました。


8回裏。
1アウトから市川が出塁するのですが、続く岡がどん詰まりのセカンドゴロ。
ゲッツーかと思われましたが、ナバーロのバックハンドトスが高く、鈴木が伸びて取ったせいでボールの収まりが悪くなり、結果的に握り直して送球してゲッツー取れずというプレーがあったんです。
これが勝敗に大きく関わる事に。


9回裏。
先頭の陽がライトフェンスギリギリまで飛ばすのですが、加藤がナイスキャッチ。
しょうじきこれで7割くらい負けは覚悟しました。
中田が簡単に初球で打ち取られてバッターボックスには賢介。
2アウトでフルカウント。
あと1球で連勝ストップという状況でド真ん中に来たストレートを振りぬくと、打球は低い軌道でマリーンズファンが陣取る観客席へ。


It’s gooooooooonnne!!!
+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.



同点ホームラン。
鳥肌ものでしたね。
最後の最後でホームラン打って追いつくわけですから。
そうなんです、あのナバーロの守備でゲッツーになっていれば、この賢介の打席は無かったんです。
ミスは怖い。


そしてそして運命の12回裏。
ここでもマリーンズの継投でちょっと首をかしげました。
私はてっきり11回でいいピッチングをした藤岡が来ると思ってたんですよね。
だから引き分けは覚悟してたんです。
そしたら木村が出てきた。
けっこう緊張する場面なのに木村に任せるんだと。
たしかに藤岡は復帰してすぐですから心配があったのかもしれませんが、普段から回跨ぎを経験している藤岡であれば出てくると思ったんですけどね。

打席にはレアード。
ストライクが入らない木村。
4球で出せば代走が出てきますから、歩かせたくはない気持ちがあったのでしょう。
カウント3-1からストレートを投げるのですが、レアードの腕がちょうど伸びる位置に飛んで来る。
レアードが振りぬいた打球は打った瞬間でした。


It iiiiiiiiiiiiiis gooooooooooonne!!!

オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!


サヨナラホームラン。

まさに劇的。
強い強い勝ち方で14連勝。
ちょっと怖いぐらいですね。


今日はマリーンズファンも悔しいとは思いますけど、いちばん悔しいのは7回途中で球場から帰ったファイターズファンなんじゃないですかね。
今シーズンの試合の中でもトップに入る好ゲームだったんですから。



スポンサーサイト

Comments
 進化の連鎖ですね
コンサどんさん、こんにちは

この3連戦、久しぶりに参戦してきました
金曜日は打線の大量援護と踏ん張る高梨くん
土曜日は有原くんのピッチングに応える打線
そして日曜日は負けないチーム力
3試合とも意味合いの異なるものでした

昨日は5点差あっても負けない感じが強かったんですよねぇ
7回の裏の岡くんのホームランで確信に変わりましたもの
あそこでがぜん、ドームの雰囲気は変わりましたし
そして賢介さんの同点HRですもの・・・盛り上がらないわけがない
そして12回のレアードのサヨナラHRですものね
いや、勢いのあるチームは力もつけています

「若いチームは勢いづくと大化けする」ってよく言っていましたが、ここぞの勝負所も選手が感じ始めて実行しているような気がします
個人の進化がチームの進化になっていて、観ていて楽しい私です
 No title
こんばんは。
今日も勝ちまして球団新の15連勝となりましたね!!
昨日ですがもうね、負けを覚悟しましたもん・・・
そしたらねえ、野球はと言うか勝負事は解らない物です。

私もし現場いたらですか?帰りませんでした。
諦め悪い奴ですから最後に1点くらい取れと次の試合に
繋がる試合をしろと檄を飛ばしますね。
それにしても昨日観戦した方が羨ましいですね・・・
500勝の記念の貰えたんでしょう、まあそれは時の運と
していいのです。
私は土曜日に大谷選手の先頭打者本塁打記念書を頂けたの
ですから。

明日以降も連勝続けてホークスを慌てさせて欲しいですね。
そのホークスはマリーンズと対戦。
涌井と武田か、さてどうなりますかねえ?
うちはメンドーサに任せます、では失礼します。


 satsuさんへ
こんにちは!

凄い試合を観戦されましたね。
ブログの写真見たら、うらやましいのと同時によく撮れるなぁと思いました。
僕もね、試合観に行ったら写真を撮りますが、勝利の瞬間とかヤッター!ってなるんで撮れないんですよね。
あれは、うお~~!って言いながら撮ってるんですか?

そうなんですよ、あの負けない感じってなんなんですかね。
特に7回裏の押せ押せの場面は球場中が相手に襲いかかってましたもんね。
いい雰囲気だったなぁ。
あの空気を意識的に作れれば、かなり勝利に貢献できる気がします。

この若いチームが成長する瞬間を見られるって楽しいですよね。
育成チームのファンの醍醐味だと思います。
ホークスとかも育生を謳っていますが、ウチの育成とは種類が違うのでこの喜びは味わえないんですよね。
長く楽しめるチームのファンで良かったですよね。
 youmenさんへ
こんばんは!

15連勝ですか。
勝つには勝ちましたが、もっと気合い入れないとダメですね。
最近はミスも目立つようになり、ちょっと嫌な感じでもあるし。
勝つのに慣れちゃダメですよね。

ホントうらやましいですよ。
今シーズンの中でも興奮する試合トップ3くらいには入りますもんね。
前もyoumenさんとここで話して意見が一致しましたが、帰るのは別に悪いことじゃないし、それもファンの意思表示ですもんね。
ファンが帰るような試合をするチームが悪い。
だけど帰るのってこういうリスク背負ってるんですよね。
前に伊集院光が西武ドームで試合観てて、大量点取ったし仕事があるからって途中で退席したそうです。
そしたら帰りの電車の中にはもう諦めて帰るライオンズファンもたくさんいたらしいんですけど、そのライオンズファンがざわざわしてる。
もしかしてと思って携帯見たら9回裏にえらいことになってて、最終的にはサヨナラホームラン打たれて逆転負け。
歓喜と、残って見とけばよかった~なんて言って笑ってるライオンズファンの中でひとり呆然としてたそうですよ。
まぁ今回のマリーンズのファンにも飛行機の時間があるからという事から途中で出ていったファンも多かったと聞くので、同じような気持ちなんでしょうね。

連勝も大事ですが、この状態を維持する事ですよね。
特に陽と西川は波が激しいので気を抜いちゃダメ。
あと岡も。
できるだけこの状態を維持したまま中田と近藤が戻ってきたら、可能性はありますよね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11