拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

山が動いた?

 
160627.jpg



山は・・・
動いたのか?



ホークスとマリーンズが直接対決していて、週末はホークスとの3連戦が控えている。
モチベーション的にも出来ればこの3連戦はひとつも落とさずに週末を迎えたいところなんですが、先発のメンドーサがまたしても情けないピッチングを見せる。

ストライク取りに行ったところを簡単にポンポンッと打たれて打席にメヒア。
ここでも簡単にストライクを取りに行ってバックスクリーンに叩きこまれてしまいました。
そして中盤にムダな4球から失点し降板。
今シーズンよく見る光景ですよ。
吉川と一緒で改善する気配が見えない。
調子がいいとか悪いとかじゃなくて、単なる不注意。
吉井コーチも登板するたびに『今日は調子がいい』『球自体は悪くない』『いい球は投げている』というコメントをするのですが、けっきょく『なんでだろう』と首を傾げてしまう。
こういう投球されるのがいちばん困るんですよね。
ローテから外しづらいけど、結果はついてこない。
クンロク大関というのがありましたが、あんな感じだな。
困ったもんだ。


んで、のっけから4失点とけつまづくわけなんですが、今のファイターズ打線には勢いがあるんですよね。

まず先頭の西川がショートの内野安打で出塁するんですが、これが相手のショート永江の好プレーと思われる守備だったんですけど、西川の足が速すぎるんですよね。
これでセーフになるのかと永江が驚きの表情を見せるくらい。
そして簡単に盗塁を決めると、中島がセーフティーバント。
これをサード金子が悪送球。
西川が悠々とホームインという、足だけでガガガッとかき回して取った1点。
実にウチらしい得点の仕方で嫌な流れを食い止めると、続く好調の陽が簡単にセンター前に弾き返し追加点。
好投手岸から2点を奪い返し、試合をまだまだわからないものにしました。
岸とはいえケガ明け2試合目ですから、2点差があると言っても、この2点は『まだまだわからないぞ』と思わせてくれる2点でした。


メンドーサがなんとか抑える間に陽がホームランを打って3対4と1点差に詰め寄るのですが、どうにもゲッツーが多く、岸をとらえきる事が出来ません。
そんな事をしているうちにメンドーサが失点し、ランナーを残したまま降板。
継投した加藤も打たれてしまい、3対7となってしまいました。
普通はここで勝負ありなんですが、ファイターズの打線が粘りを見せます。


7回裏。
岡がセンター前に弾き返し、谷口がコロコロッと1・2塁間。
代打の大嶋がセンター犠牲フライで4対7。
一気に行きたかったのですが、西川が倒れると、中島はピッチャーゴロ。
いい攻撃だったけど、1点で終わりかと思った次の瞬間、岸がまさかの1塁悪送球。
谷口が生還して5対7。
やっぱり投手は短い距離を上から投げるのが意外と難しいのかねぇ。

続くバッターが陽だったのですが、ここでネクストバッターに中田ではなく矢野の姿が。
ホームランを含む猛打賞を打っている陽ですから、ここはほぼ敬遠という形に。
そして矢野の名前がコールされると、球場が驚きと歓声が入り交じるなんとも言えない空気に。
4番は絶対に代えないと言っていた監督が、ついに不振の中田を代えたのかという驚きと、ここで矢野が結果を残したら大英断という事になるぞというドキドキで興奮してました。
結果は4球。
じゅうぶんな結果です。

そして賢介の打席。
ストレートでポンポンとストライクを取る岸。
しかしここから決めるはずのチェンジアップに賢介が反応せずカウントは2-2に。
しかたなくバッテリーはインローにストレートの力勝負に行きますが、力んでしまいワンバウンドでフルカウント。
2点差あるんだからと思うのですが、やはり球場の雰囲気と、エースの意地というのが影響したのですかね。
岸が投げた6球目のストレートはアウトローを狙うはずがド真ん中に。
弾き返す賢介。
ついに同点に追いつきました。

続くレアードは中島が乗り移ったのかというくらいファールファールで粘ると、10球目のアウトローに落ちるボール球のカーブを、前に倒れながらバットの先でまさに『拾う』バッティング。
打球はフワッと内野を越えてセンター前にポトリ。
ついに逆転。
なにか球場の空気が産んだ逆転劇だった気がします。

最後は宮西とマーティンが締めてゲームセット。
大きな大きな勝利となりました。



中田を代えないと言っていた監督が、大事な場面で代打を送った。
これは大きな分岐点になるかもと思って、試合後の監督のコメントを待っていたのですが、出てきた言葉は『腰の張りがあったから』というもの。
たしかに代打を送られた後はベンチにも出ていなかったし、うなずけるものなんですが、何かちょっと肩透かしを食らった感じがするのは中田に対して私自身に不信感があるからなのかな。
ただ中田の打球に角度がついてきた気がするというのは前回書いてますんで、復調も期待はしてるんですけどね。


ついにガンコな栗の山が動いたかと思ったんですが、大山鳴動して鼠一匹という事なんですかねぇ。



スポンサーサイト

Comments
 No title
栗山を少し見直した!と思った”中田外し”でしたが、(遅すぎるくらいです!)
仰る通り、肩透かしのコメントに私は心底ガッカリです。
しかも「本人から交替を申し出た」なんて、いかにも面子に気を使った感の
嘘っぽいオマケまでついて。
やっぱり中田への弱腰は変わらないってこと。
いやいや、あの球場の反応は称賛の歓声でしたよ。やっと動いてくれたと。
僅差負けのうち、あそこで4番が打ってくれれば勝てていた試合が殆どです。
毎年なぜか打点は稼いでいますが、数字ほどに感じないのはここぞの場面で打てていないからです。
まあ勝負弱いったらありゃしない!
チャンスに中田に回ったらもう打ち損じ?の凡打が定番~無得点は当たり前。
まったく期待できない。
そもそも当時の4番小谷野の勝負強さを超えたわけでもないのに、
正当な競争もさせず無理矢理4番にして、結果も出していないのに不動の4番などと
おだてて使い続けるからいつまでも成長しないんです。
もう、今季はシンプルに4番レアードでいいのにと思います。
本当は私も外人にまかせるのは嫌なのですが、勝利のためには
勝負弱い選手を依怙地に使い続けるのは足を引っ張るだけです。

昨日なんて中田が引っ込んでからチームの雰囲気もガラっと良くなりました。
心なしか選手たちも生き生きして勢いづいたような。。。
もし矢野の代打で結果が出なくても私は大拍手でした。
しかし昨日の解説、建山さんも最後まで「栗山監督の胸中を思うと・・・云々」
なんて4番交替にショックのようでしたが4番を外すことがそんなに一大事でしょうかね?
なにをそんなに気を使ってるのでしょうか!??
食うか食われるかの勝負の世界、力ない者は落とされて当然です。
その証拠に不調の増井を落としてからしっかり勝てるようになりました。

解説者もやたら中田を「復調傾向に~」と言っているんですが、
そんな感じはしませんけどね。
第一、もともと好調期間が異常に短いですし、明らかにパワーダウンして飛距離が
出なくなりましたし。
だいたい、先日のベイ戦で筒香のバットを借りたなんて事をやってるんですから、
自分の実力もわからず相変わらずバットのせいにする情けなさ。
それより柳田にタイミングの取り方でも教わって来い、と言いたい。

あ、本当に本当に腰の張りが原因なのだったら1か月くらいじっくり
休ませればいいと思います♪
選手の体調を見極めるのも首脳陣の仕事だと思うんですがね。
とにかく戦力的には全然問題なし!むしろ僅差の試合も取れるようになります!


メンドはどうしようもないですね。
ずっと繰り返しになりますが、この人はとにかく”安易”なんです。不真面目なんです。
しかも、疲れてくると(というかピッチングに飽きてくると)
「だるいからもう投げたくなーい。早く帰りたーい」とばかりに
意図的にフォアボールを出してベンチに『交替アピール』するという
先発の気概もプライドもない三流投手ですね。
しかも!ランナー残してベンチに帰っておいて笑っていやがる!
まったくどうしようもない。
さすが見る目のない栗山がラブコールで連れてきただけあるわ。

それと似たり寄ったりの吉川が今夜の先発ですね。
スタミナが心配ですが、中田が4番に戻っていなければ充分勝てると思います。
明日は久々にドーム観戦です。
先発は噂のあの投手なんでしょうか・・・?
楽しみです。
 ichieさんへ
中田本人からという話もありますけど、それがどこまでの張りなのか、本当に張りだったのかみたいな疑問は残りますよね。
まぁ僕は、賭けでお金を上乗せしすぎた結果、自分の手がそこまでよくないのに降りられなくなったという感じで監督を見てますけどね。
掛け金が上乗せられて熱くなってるものだから、何か理由をつけて自分に言い聞かせてるという。
まぁそういう人は負けるんですけどね。
勝ったところで『自分の考えは正しかった』と思うから同じこと繰り返すし。
だから監督は勝負師にはなれないと思うんですよね。
自分を見ているようで苦しくなりますよ・・・

あの矢野の打席はなんとも言えない空気でしたね。
中田の代打で矢野が出てきて4球選んで結果出したわけでしょ。
球場は、代打策が当たった!と思ってるし、選手たちは追いつける!という感じだったので、ichieさんが雰囲気が変わったと思ったのも理解できる話ですね。

まぁそこが勝負のおもしろいところで、その時に調子いい選手を使えばいいと思うんですけど、そうなると自分の勝負事の芯みたいなものが無くなるんですよね。
で、無くなるとどうなるかって言うと安易な方に安易な方に転がっていくんですよ。
そうなった時に勝てばいいですが、負けちゃうともうどうしていいかわからなくなる。
これだけ勝利に対して穴の無い状況を作ってるのに、チョロチョロと水が漏れるんですから。
なんでなんだどうしてなんだとなった時に、今度は変わった事やってみようとかわけのわからない方向に走り出しちゃうんですよね。
これが怖い。
だからある程度のこだわりはしょうがないと思ってるんです。
ただ何度も書いているように、栗山さんは勝負師ではないですから、そのこだわりは違うんじゃないのとみんなが思っている事にこだわってるというね。
まぁ難しいですよね。

僕はすごく疑問なんですけど、稲葉がいれば中田の不調がなんとかなるんじゃないかって言う人がたくさんいるんですよ。
今日は稲葉さんが来てるから翔も打つだろうとか。
でも僕の覚えている限りでは、稲葉の助言で中田の不振が改善したというのは聞いた事ないんですよ。
秋山監督の助言でとか、原監督のひとことでとかは知ってますけど、稲葉のはねぇ。
だいたい稲葉の助言でなんとかなるなら、今までの不振も、もっと早く改善しててもいいはずなんですよ。
なんかみんな稲葉に幻想を持ち過ぎというか、稲葉・中田の師弟コンビを美化し過ぎというか。
僕は稲葉ファンなんで、この変な信頼感が怖いんですよね。
将来稲葉が監督になった時、この感じがチームの低迷で悪い方に働くんじゃないかっていうね。

メンドーサも自分で限界を作ってるんじゃないかって思う事がありますよね。
あまりにも同じ形でやられすぎてます。
ローテに関しては、ホント一回考えなおしたらどうかと思いますけどね。

今日の吉川はどうなりますかね。
そう簡単に変わるとは思えませんが、何か見せてほしいですね。

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10