拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

僕のためにと本気で言える投球


160614.jpg



日曜日の試合で、お立ち台に立った陽と大谷は『僕のために集まっていただき』と、笑いを誘った。
しかし今日の試合はマジメに『僕のために集まっていただき』と有原が言っていい試合でした。



初回は球が高く、またここ最近の悪い有原なのかとガッカリしたのですが、回を追うごとに球の制球・威力共に向上していき、ついに手がつけられないピッチングを始めました。


この力ある投球を操ったのは市川。
ファイターズではなかなか見られない攻撃的な配球。
有原の球の威力とコントロールがあればこそですが、やはり外からの血を入れてよかったと思いました。


これ以上しゃべる事もないくらいの完勝だったのですが、気になった事が。
この日のカープvsライオンズは、コリジョンルール適用により、カープのサヨナラ勝ちとなったわけですが、この日のファイターズの試合でレアードがホームインするんですけど、それがちょっと気になったんですよね。

レアードの足を考えると、2塁からは生還できないだろうなと思ったのですが、果敢にもホームを狙ったレアード。
アウトかと思われましたが、追いタッチをくぐり抜けてホームインとなりました。
だけどレアードはもうはるか前からファールゾーンに大きくはみ出して走ってるんですよね。
たしかに2塁からなので、どうしたって大きく膨らんでしまうんですけど、最初からタッチをかわそうとして走ってたように見えたんですよね。
だからホームベースに向かわずに、審判がいつも立ってる位置に向かって走ってる感じ。
別にレアードがズルいとかそういう事ではなく、これがタッチをかいくぐる方法としてオッケーなら、みんな膨らむと思うんですよね。
だってそうすればキャッチャーはフェアゾーンからのタッチですから、ある程度のタイミングであれば絶対に追いタッチになるわけです。
そうなるとセーフになる可能性はグンと増しますから、手が届く範囲で膨らまない方がもったいない。
コリジョンルールという縛りの中で守備側はやってるのに、そういうのが本当にいいのかなって。
ウチもやられる可能性がありますからね。
点が入ったからといって喜べないプレーでした。


とりあえずカード初戦は取れました。
明日は高梨。
ベイスターズファンは高梨とバースならいけるんじゃないという人も多いんですよね。
当然の話しで、たいして結果も数字も残してませんからね。
しかも中継ぎで使われたりしてるし。
英語で言うところのスウィングマンってやつですか。
だけど個人的には今の吉川・メンドーサよりも、高梨・バースの方が期待してるんでね。
いい意味でベイスターズファンの期待を裏切ってほしいなと思います。



にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10