拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

好投ではなく


160605.jpg



大谷で勝ったとも言えるけど、ジャイアンツのベンチの打算が勝たせてくれたとも言える勝利でした。



先発の大谷は、ここ最近よく見るソロッとした立ち上がり。
そこでいきなり大田にホームランを打たれる。
こっちはとりあえずのストレート。
あっちは1・2の3。
ホークスの福田にくらったホームランと一緒ですね。
なんかまとめようとしてるのを見透かされているような一撃だったので、イヤな感じでした。

また、大谷が子供っぽいというか負けん気が強いなと思わせるのは、この後の大田の打席は全部気合入れて投げてるんですよね。
そこまで意識しなくてもと思うくらい。
次からかわして小馬鹿にするような投球したらいいのに、無理やりねじ伏せにいってしまう。
このままがいいのか、大人になった方がいいのか。


大谷の163キロにはそんなに興味が無い。
どうせいつかは出る数字だし。
だけど163キロより気になったプレーがありました。
それは松本の走塁。

クルーズが手を伸ばして打った打球がサードライナーになるかと思われましたが、レアードが落球。
すぐさまつかんでホームとサードをフォースアウトゲッツーにした場面なんですが、サードランナーの松本が、走塁ラインから大きくはみ出てフェアゾーンを大野に向かって走るんですよね。
ただこの松本の走塁に関しては別に怒ってません。
大野の送球をなんとか防ごうとしてやった精一杯のプレーだし、結果的に直前で方向を変えて大野とは接触してませんから。
理解できるプレーです。

大野は後ろ足でホームを踏んでおり、走路は開けてる状態でした。
接触を避けるためのコリジョンなわけですから、キャッチャーに、しかもフェアゾーンに入って衝突コースを走る行為は即アウトでいいんじゃないのと思うんですよね。
キャッチャーは走路に入れない。
だけど走者はフェアゾーンに入ってキャッチャーの送球を妨害するとか、大きくファールゾーンに膨らんでタッチをかいくぐるとかはオッケーでは守備側があまりにも不利だと思うんですよねぇ。
理解できるプレーではあるが、ルールが適用されないのは理解が出来ない。
ホーム突入時のみの特別ルールなわけですから、しっかり基準を定めてほしいものです。


8回に中田と陽のホームランで決まったわけですが、しょうじき高木が8回出てきた時点でなんだかなとは思いましたけどね。
どう考えても高木の出気が良くて続投ではなく、中継ぎが厳しいからがんばってくれという続投でしょ。
こっちはクリーンアップなんですよ。
なんか舐められてるなって感じました。
まぁそんな気はジャイアンツベンチにさらさら無いでしょうけど。
とにかく打ってくれてよかった。
ここで簡単にひねられてたら、勝ってもモヤモヤしてたでしょうから。


大谷のフォークが3球に1球くらいしか決まらない。
フォークの精度がもっと上がらないと、これからも厳しいかもしれませんねぇ。




にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06