拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2人の主役


160519.jpg




恐れ入谷のなんとやら。



ファイターズは加藤が先発。
とにかく球が高い。
案の定、簡単に打ち込まれる。
コントロールが売りの加藤からコントロール取っちゃったらこうなるわなって感じ。
やはり武器となるものを、もう1つ2つ作らないとね。
けっきょく2回途中降板という残念な結果。
しょうじきこの球の高い状況から、何回に修正が効くようになるのか見てみたかったんですが、次の日に試合がないという事でバースと交代。
ホークス相手じゃなかったら続投だったかも。
早いかなと思いましたが、結果的にこれがベンチのファインプレーとなりました。


そのバースですが、中村をセカンドゴロで打ち取り、鶴岡がホームタッチアウト。
槇原が1塁ゴロで、あっさりとこの回を締めてみせた。
3回は先頭の柳田を4球で歩かせるものの、内川をゲッツーに仕留め3人で終わる。
4回は先頭が微妙な当たりで中島が取れずに出塁させて、レアードのエラーと言われてもでもおかしくないヒットでピンチになるんですが、満塁策から牧原を仕留めてピンチ脱出。
やはり中継ぎやってたせいか、スムーズに試合に入ってくれた気がします。
相手の流れを止めるナイスピッチングでした。


このバースが投げている間に打撃陣は反撃。
3回表、中島が出塁し、賢介のヒットでチャンスを広げると、大谷がカーブを逆方向にしっかり打ち返す技ありタイムリーで1対3。
続く中田が、ピンチになるとアウトコースに頼る鶴岡の配球を読んでしっかり踏み込みタイムリーで2対3。
これで試合がわからなくなったと思ったのですが。


5回裏、高梨が登板。
2アウトを取ってから長谷川に4球を出してしまう。
もったいないことやってんなと思ったら、松田にアウトコースのストレートを狙い打ちされて2ランホームラン。
2対5となる。
やはり松田を外だけで抑えようというのは難しい。


このホームランで、ちょっと厳しいかなと思われたのですが、この試合をファイターズが制するプレーが直後の6回に飛び出しました。

6回表。
先頭の近藤が出塁するも、レアードがよく見る外国人助っ人みたいな三振をする。
実はこの三振も、後で驚きの要因になるのですが。
西川が飛ばしすぎてヘロヘロになっていた東浜の甘い変化球をとらえてセンター前。
ここで東浜から森に投手交代。
そしてここで、この試合の主役の1人である谷口がバッターボックスへ。

谷口・中島という左の並びなので、飯田か、もしくは森福かなと思っていました。
しかし出てきたのは森。
まぁホークスベンチの考えはわかるんですよね。
まだ浅い回である事。
そして、今のファイターズの打線で森福を投入する打順はと考えれば、間違いなく賢介・大谷のところなんですよ。
さらに谷口・中島というバッターを見れば、力のあるピッチングの方がねじ伏せやすいと考えたのだと思います。
まぁ理解できます。
しかし試合をちゃんと見ているファイターズファンなら知っているんですよね。
谷口は見た目以上にパンチ力があるって事を。


初球、アウトコースに145キロのストレート。
それを1・2の3で振りにいった谷口のバットがボールの下を通過する。
わかってての空振り。
これでバッテリーは谷口に使えると思ったはず。
しかしカウントを悪くしてしまい3-1に。
ここでバッテリーは初球空振りしたアウトコースのストレートを選択。
もし読まれて振られたとしても、空振りか、もしくはファールが取れると思ったのでしょう。
当然の選択。
しかしここで4球は出したくないと森が思ったのか、真ん中やや外寄りにストレートが飛んで行く。
谷口が振りぬく。
打球はグングン飛んでいって、左中間のテラス席へ。
同点ホームラン。
相手にとってはまさか。
こちらにとってはなめんなよという一撃になりました。
見た目に似合わずかわいくない打球を飛ばすというのがホークスファンにもわかってもらえたんじゃないですかね。
貴重な、そしてこの後の勝利に繋がる一発でした。


先がどうなるかわからない、フワフワした雰囲気が漂い始めた8回表。
もう1人の主役が現れます。

1アウトからレアードがバッターボックスへ。
その前の3打席はすべて速い球見せられて落ちる球で凡退というしょうもない内容。
ここもそのパターンだろうなと思って見てました。
すると、1・2球目のスライダーがワンバンとなるボール球でカウントは2-0。
ここでやってはいけないのはホームランなんですが、簡単に歩かせるわけにもいかない。
外国人ですから、ここでストレートを投げてカウントを整えようとしても、山を貼ってフルスイングしてくるかもしれない。
そうなれば致命傷ですからね。
だから当然バッテリーは、もう少し中のスライダーでカウントを整えるという選択に。
しかし、ここで寺原の投げたスライダーは真ん中やや高めに。

金属音のような高い音が響いた次の瞬間、ボールはレフト上段へ飛び込みました。
勝ち越しホームラン。
強烈な一撃でした。


しかし9回に増井が追いつかれて同点に。
ただ同点のきっかけとなった今宮の2ベースは、逆球とはいえいいところに落ちてるフォークなんで、打った今宮を褒めるしかないんですよね。
ただここから投げるフォークは、投げた瞬間ボールというベース手前にワンバウンドのものばかりだったんで、ちょっとこれからも心配ですね。


10回表。
相手はサファテが登板。
先頭の近藤が初球をセンター前に弾き返すと、バッターは先ほど豪快なホームランを打ったレアード。
近藤が余裕の盗塁を見せた後の3球目。
鶴岡はアウトコースに外すストレートを選択したのだが、投げた球は逆球のインハイへ。
逆球とはいえ飛んだコースは難しかったのだが、レアードはそれを強振。
打った瞬間それとわかるホームラン。
これで勝負あり。
2人の打者の活躍でカード勝ち越しが決まりました。



おもしろかったのは、この試合の解説を若菜がやっていたのですが、サファテが投げた初球高めのストレートをレアードが空振りした時に『やっぱり好きな高さでも、この速さがあれば(ヘラヘラ笑)なかなか難しいでしょうね』と言ってたんですよね。
盗塁された後でも『まぁ意識して右方向っていう(ヘラヘラ笑)その器用さがあるのかねぇ』と、終始レアードをバカにした発言。
それまでもさっきのホームランは、そこしか打てないやつにわざわざそこへ投げるから打たれたんだという感じをずっと出してたんですよ。
安牌なのにと。
しかし打った球はインハイの難しい『力のある』ストレート。
若菜は絶句。
リプレーを見て『あ、まぁインコースですけど、高め・・・やっぱり・・・まぁうまく打ってますけどね~。逆球だ、け・・・ちょっと弱いのか・・・・・・う~ん・・・』と解説になってない解説を披露。
爆笑。
レアードはヒジをうまくたたむので、意外とインコースでもさばけるから事故ではないホームランなんですがね。
現役時代から強気で相手を挑発するようなところがありましたが、解説になっても変わらないもんだなとあらためて思いましたね。
いちおうファイターズOBなんだけどねぇ。


ただ勝ったからといって喜んでいられない事も。
まず陽ですね。
初回にアウトハイの初球をわざわざ引っかけてショートゴロ。
3回はランナーがいるのに進める気の無いバッティングでセンターフライ。
内容から言って、明らかに1番ではなく7番バッターのバッティングなんですよ。
何考えてるのかなぁ。

西川もヒットは打ったけど、内容は悪い。
落ちるボールに同じスイングで空振りしたり。
特に気になったのは、8回にレアードがホームランを打った後の打席。
長いリプレー検証の後の打席だったので、寺原のコントロールが乱れ、カウントは3-0。
ここで西川は1球待つんですよね。
わかるんですよ、勝ち越した後で、なお且つノーアウトなわけですから。
ここで足の速い自分が出塁すれば、流れ的にさらに得点のチャンスになるぞと。
だけど、この試合で西川が起用された理由は何かっていうと、やっぱり前日のホームランでしょ。
もしここで西川にもホームランが飛び出せば、流れ的に試合は完全に決まるんですよ。
そして西川にはその打撃があって、将来的には1番とか3番が見えてるわけじゃないですか。
なのになんでここで歩く事を考えてしまうのか。
けっきょく最後はフルカウントになってストレートを空振りの三振。
その打撃をしてる選手が、よく平気で3-0からのバレバレのストレートを見逃せたなと。
なに余裕ぶっこいてんだってイラッとしました。
西川はカットとか、逆方向とかいうものではなくて、ガツンと強く引っぱる打撃、流れを変えるインパクトの強い打球を打ってほしいんですよ。
やれるはずだよ。西川なら。



とりあえずカード勝ち越し。
先発不足、中継ぎ不足という不安を抱えながらなんとか戦ってます。
弾が尽きるのが早いか、立て直すのが早いか。
交流戦が勝負どころになるかもしれませんね。


スポンサーサイト

Comments
 No title
こんにちは。
お久しぶりです、木曜の試合ですが私は2-5になった時点で
負けたかなと思いました。
でも少しでもホークスを苦しめてくれと思いましたね。
返信方式で書き込みします。

>ファイターズは加藤が先発。
とにかく球が高い。
案の定、簡単に打ち込まれる。

私、13日の金曜日も観戦していましてスターシートで観戦して
いたのですがその時も二番手で出た時にえっ?と思いました。
そんな使い方するのと!先発や中継ぎとこういうおかしな起用は
ダメだよと、前に座っていたおばちゃんもおかしいと言っていま
したわ。
とりあえずバースの好投が光りましたね、これは金曜日試合が
無いから出来た事でしょうね。
4失点目取られていたら正直解らなかったです・・・・

>松田にアウトコースのストレートを狙い打ちされて2ラン
ホームラン。2対5となる。
やはり松田を外だけで抑えようというのは難しい。

この選手を調子づかせると厄介ですね、最初言ったとおり負けた
かなと思わせましたからね。
内川が当たらなくなりましたが松田が当たって来たのはねえ・・

>谷口が振りぬく。
打球はグングン飛んでいって、左中間のテラス席へ。
同点ホームラン。
相手にとってはまさか。
こちらにとってはなめんなよという一撃になりました。

東浜から森に代わったのは仰る通りまだ森福は早いと言う事なん
でしょうね、でも谷口は左打者は打てないけど右打者は打てますし
最近は調子いいんですよね。
これはテラス様々です、でも谷口は昨年前田健太からも打っていま
すし中々のパンチ力はありますからね。

>金属音のような高い音が響いた次の瞬間、ボールはレフト上段へ
飛び込みました。勝ち越しホームラン。強烈な一撃でした。

レアードの本塁打でポールを巻いてないじゃないかとホークスベンチ
から抗議がありましたが馬鹿言ってるんじゃねえと思いました。
確かにポールの上でしたが明らかにフェアラインでした、審判団が
話し合いましたが案の定ホームランで試合再開と。
これファール言われてたら怒りましたよ!

>しかし9回に増井が追いつかれて同点に。
ただ同点のきっかけとなった今宮の2ベースは、逆球とはいえいい
ところに落ちてるフォークなんで、打った今宮を褒めるしかないん
ですよね。

あれは確かにあのボールを良く打ったなと思いました、今宮の勝ち
かなと。
それにしても増井は本当に安心して見ていられないと言うのが正直
な感想です!同点にされた時、またか!と。

>逆球とはいえ飛んだコースは難しかったのだが、レアードはそれ
を強振。
打った瞬間それとわかるホームラン。これで勝負あり。
2人の打者の活躍でカード勝ち越しが決まりました。

ええ、これで決まったかなと思いました。
勝負は最後まで解らないと言うのを改めて感じさせてくれました。
途中負けたと言った自分が恥ずかしいです・・・・・
レアードはサファテからは昨年からも本塁打打っていますからね。

>しかし打った球はインハイの難しい『力のある』ストレート。
若菜は絶句。
リプレーを見て『あ、まぁインコースですけど、高め・・・やっぱり
・・・まぁうまく打ってますけどね~。逆球だ、け・・・ちょっと
弱いのか・・・・・・う~ん・・・』と解説になってない解説を披露。
爆笑。

解説者でも例え相手選手でもそういう馬鹿にしては行けない言い方は
ダメだとと思いますね。
そういう人を小馬鹿にした言い方はちょっとね・・・・
この若菜は確かにうちのOBではありますが正直あまり印象無いですね。
まあ、私も何言ってんのこの人?と思い見ておりましたわ。
ラジオで解説やってた島田誠氏の方が西川について、この選手にチーム
はどういう方針で教育しているんだろうか?勿体無いですね。
しっかりやれば豪快な選手になるんですがねえと言ってました。
この方もファイターズOBですがまだ良いこと言ってくれてます。

>まず陽ですね。
内容から言って、明らかに1番ではなく7番バッターのバッティング
なんですよ。何考えてるのかなぁ。

私から見たら陽は1番ではなく6番辺りだと思っていますね。
そこで打たせた方が彼に取ってもチームに取っても良いと思うのにね。
とてもじゃないが突撃出来る選手じゃないと思います。
それなら中島が淺間かなと。

>西川もヒットは打ったけど、内容は悪い。

この選手もまだこんなもんじゃないと私は思っているんですよね。
正直数年前までは私ら夫婦のイチオシでしたから、どこでこうなった
んだかな?彼には危機感って物が無いのかな?
これで岡も戻って来たら確実に出番が減ってくるぞと。

この間の返信です。
その大野がホークスとの2戦目、吉川とのバッテリーでインコースを
バンバン使ったのにはビックリしました!やれば出来るじゃないか大野も!
ただそればかりはダメだと、時にはアウトコースも交えてと言う事で
すが、まあ難しいですね野球は。
明日は大谷だと思いますが、そこはうまくインも使ってと。
それと大谷なら明日は1回は市川と組ませてと、前回メンドーサも市川
と組んで5回まで0点に抑えましたから。

監督がとにかく頑固なんだと思います、中田4番に陽の1番(たまに
打順変えますが起用はします。)それに大谷の起用と。
中田の起用は良いけどたまには打順を変えてもいいのではないかと。
大谷はもう組んだ捕手次第でしょうね。

ホークスに五分なのはうちだけです!後はマリーンズが2つの負け
越しで後はライオンズが2勝でその他1勝って・・・・・
もっと意地見せてくれよと言いたいです!!
これから交流戦ですけどセリーグ6球団に託すしかないかな?とは
言っても勝てるかなあ・・・・

千歳のビール工場はそんなにおりませんでしたが小樽運河では、
外人さんは少しいましたね。
後は観光客、若い姉ちゃん共が旅行なのかやたら写真を撮っており
ました。
まあ滅多に来れないのですからドンドン撮っとけよと。
日本酒が海外で売れてるのは嬉しいですが国内で売れてないとはね。
私もここ最近ハマって購入していると言うのに・・・

ダイエット後すぐ飲むとグワッと酔いが回りそうですね・・・・
私も4年前ダイエットやってましたが糖質オフのビールや焼酎なら
飲んで良いと言われていましたのでガンガン飲んでました。

その1日散歩切符は富良野までもエリア入っていましたね。
次回使うんなら栗山町行こうかなと、あそこは確か煎餅屋や日本酒
製造のとこもあるそうですから、また見学で一気に楽しもうかなと。
札幌から小樽に行く時ビール3杯効いたのか寝てしまいましたね・・

うちの選手はレベルアップしないですね、そんなレベルではない
とは思うのですが。
先程も言いましたがね、じゃあ何か、気持ちの問題なのかと?

人助けとは凄いですね!(゜Д゜)
そんなん咄嗟に出来る物ではない大した物です、こっちも救急講習は
受けてはいますがその場面で出来るかどうか・・・

吉原宏太氏は母親からそう言われたんですね。
親の教育がキチンとなっているんですね、移籍で捨てる?私はそうは
思いませんでした。
人それぞれ考えかた、道って物があるのですからこちらが残留してと
言うのは我が儘だと思います。
その選手の人生や進路を止める真似をするんじゃねえよと!
確かに当初のコンサと言えば吉原氏でしたもんね!

鳥栖、サガンではなくフューチャーズ!また懐かしい・・・・・・
今の鳥栖とは別チームですね。
ちなみにチーム名代わっているチームありますね仙台もブランメル
名乗ってたし福岡もブルックスと名乗っておりました。
あんまり古いと残っていないのかな?
今度20周年のDVDを発売するそうです、そのDISK1に全
ゴールを収録するそうですよ!購入を考えてみては?

なるほど、勝負事はビビる方がいいと。
慎重になって考えるから、どっかの監督?んー誰だろう・・・・

主審で連発で笛吹かれるとサッカーの流れが止まり折角の試合が
面白くなくなるんですよね。
こちらの攻撃でやられるとそこで笛かよと!
勿論守り側でも同様!たまに見逃す主審もおりますがね・・・・
もっと慎重に行って欲しいです。

では今日の試合をテレビ観戦しますのでこれで失礼します。


Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07