拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

やっぱ守備だね。でもホームランもね。

 
160511.jpg




ファイターズらしくない試合だけど、ファイターズらしい野球で勝利しました。



先発の吉川は、賢介のミスもあって初回からピンチを作るのですが、岡田のレフトフライを西川がキャッチ。
普通のレフトならギリギリという左中間の当たりを、余裕でキャッチしてしまう判断と足の速さ。
すばらしい。

1回裏。
中田がフルカウントからインコースに食い込んでくるような球を反応で打つと、ボールはレフトスタンドへ。
久しぶりのホームラン。
フルカウントだったし、ランナーも得点圏だったので、一発狙おうという気持ちは中田に無かったはず。
なのに反応でスタンドインさせたという事は、やはり状態は別に悪くないと思うんですよね。
まぁ東京ドームというのもあると思いますけど、けっきょく今の打ててない状況というのは、技術ではなく気持ちとか、感覚なんでしょうねぇ。


次の打席に大谷が立ったのですが、この打席のバファローズバッテリーの攻めが気になった。
ストレートの4球を出すんですけど、全てがインコースであり、全てがぶつけてもしょうがないという気持ちが見えるボールだったんですよ。
現にキャッチャーは大谷に被って構えていたし、2球目のストレートなんて完全に当たったと思いました。
しかし足が長いもんだから、腰を引いて後ろにちょっとズレるだけで避けられちゃうんですよね。

大谷のインコース攻めるななんてケチな事は言いません。
柳田の時だってウチもやってるし。
ただ、この1打席を捨ててでも、大谷にインコースを意識させたかったんだなっていうのは伝わってきたので、やってくれるなこの野郎とは思いましたよ。
しかし、大谷はこれを逆に利用してしまいました。

大谷の第2打席。
当然のようにインコースの厳しいところに構える伊藤。
しかし投げきれずに真ん中に飛んで行くストレート。
インコースを意識していた大谷は、ちょっと足を外にステップしてしまうのですが、修正して振りぬくと、打球は逆方向に高々と舞い上がりスタンドイン。
怪物ですね。
どのタイミングでも、持ってっちゃうんだもの。
しかも第3打席はインコースにきっちり投げられたボールを、腕たたんでバットを体に巻きつけてしっかり引っぱってライト前。
インコース投げても打っちゃう。
インコース投げて足動かそうとか無駄に思えるバッティングは、ちょっと怖さを感じますわ。


西川が好守備を連発していたのを見て発奮したのかどうか知りませんが、今度は近藤が魅せました。

6回、モレルのファールフライを、エキサイトシートに突っ込みながらキャッチする好プレーを見せると、今度は宮崎のファールフライをジャンプしてフェンスにぶつかるものの、しっかりキャッチ。
球場の拍手を浴びていました。
守備で投手を助ける。
それがこの日の外野は出来ていましたね。


ホームラン攻勢での得点はファイターズらしくないけど、守備をしっかりというのはファイターズらしい。
この2つで今日は完勝という事でいいんじゃないですかね。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08