拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

エース手前


160510.jpg




すばらしい有原の投球でした。
内に外にビッシビシ決まるストレート。
落差のあるフォーク。
目線を変えるカーブに、切れ味のあるカットボール。
なんですかこの投手は。
頼りがいありすぎでしょ。
ちょっとダルの安定感ある投球思い出しましたよ。
それくらいすごかった。
まさにエースと言いたくなるピッチングでした。

しかし、まだエースとは言えない部分も。
それはスタミナ不足。
完全に6回あたりから怪しくなって、7回にガス欠。
8回は気力だけという結果に。
本人も初回から飛ばしていったと言ってるのでしょうがない部分もあるけど、それでもちょっと危なっかしい。
もっと楽に投げられるようにならないと。
だけどそれは来年以降の話。
今年はこの感じでいいんじゃないですかね。


その有原にエースの座を奪われかけている大谷ですが、ここはバットで魅せる。
バックスクリーン横の壁に直接ぶち当たる、第6号ホームラン。
これで日本人トップのホームラン数となりました。
しかし打数から考えたら異常ですね。
ほぼ普通のバッターの半分の打席数なわけですから、単純に考えればレアードと同じかそれ以上のホームラン数という事に。
ちょっと規格外。
相手の攻めも、カーブ、ストレート、スライダーと全てインコース。
ただ、球界でもトップクラスの飛距離を持っている、インコース打ちの上手い大谷に、単純なインコース攻めはどうなのかと思ったけど。
まぁナメんなって感じのホームランでしたね。


その大谷に完全に主役を奪われたのは、ファイターズの4番目の打者、中田。
この試合は完全に置物になってしまい、最後もとらえたかと思われた打球がおじぎしてレフトのグラブへ。
すごく悪いという感じもしないだけに、このスランプは厄介。
ただ、ほんのちょっとしたきっかけで活躍しそうなだけに、ガマンするしかないのか、それとも・・・


有原がエース級の活躍をして、大谷が4番のような打撃を見せ、高梨がクローザーのような締め方を見せた。
ぼやぼやしてると仕事場取られちゃうよ。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10