拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

中村好投だけど、中村っぽい

 
160413.jpg 


中村の先発に注目が集まったこの試合。
結果をいうと期待には応えられたんじゃないかなと思います。

3ランくらいましたけど、全体的に球はコントロールされていて、1人で勝手に崩れるいつもの中村ではありませんでした。
これは次もチャンスもらえると思います。
ただ2アウトからランナーを出すとピンチになるというのは相変わらずで、これはもう精神的なものなのかなぁ。
いい投球しても、次が悪い投球というのが中村にはよくあるんで、次もしっかり投げて信頼を勝ち取ってほしいですね。


中田がだいぶ良くなってきました。
まだまだミスショットも多いけど、しっかり打ててます。
ただ昨日の試合は、中田が打っても賢介が調子悪かったので繋がらなかった。
なのであんなにヒット打ってるのに勝てなかったんだと思います。

ウチはおかしなもんで、調子が悪い選手というのが試合ごと、投手ごとに変わるんですよね。
当たり前と思われるかもしれませんが、それでもそれなりにまとめるとかが無い。
絶好調の試合が続いても、ダメなときはまったくダメ。
バントとかもうまくいかないし、進塁打すら打てない選手もいる。
これでは打線の組み換えようが無いので、難しいんですよね。
なんかいろんな意味で若いのかなぁウチは。


中田のホームクロスプレーで、あれは走らせてはいけないという意見も多いですけど、私が見る限りではしょうがないのかなと。
コリジョンルールの適用で、いくら今までの感覚でまったく間に合わないタイミングでも、ちょっとそれれば余裕でセーフという場面も出てきます。
今までの感覚よりも、かなり遅いタイミングでも可能性はあるとなれば、回さない場面というのは少なくなります。
さらに今回は激突してしまったんで問題になったんですけど、あの場面で監督が指摘したのはたぶん、走路に入ってキャッチしたのは走塁妨害じゃないかという事だと思います。
そうなるとタイミング的にアウトとか関係ないんで。
ここらへんがみんな勘違いしてるんですよね。

送球をキャッチするために、走路に入ってしまうのはオッケーです。
これはコリジョン適用前からありました。
今回の場合は、キャッチャーが走路に最初から足が出ていたので、それを妨害とするか、キャッチのための動きとするかが微妙だったんで時間がかかったんですよ。
そしてキャッチのための動きだったと判定したためアウトになったと。
だからかなり微妙であり、中田の足が遅いとか、回した白井コーチが悪いとかいう問題とは違うんですよね。

まだまだ大多数のファンは、去年までの感覚で野球を見てしまうのでしょうがないんですけど、これがあと10年くらいたったら、若いファンに『ホームの激突ありだったんですか!なにそれ!』とか言われるんでしょうねぇ。
怖い怖い。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな45歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11