拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ドラマを作ったのは高梨



160401.jpg



静岡での試合は劇的な幕切れでした。




大谷が2度目の登板。
屋外が続きますが、どういうピッチングをしてくれるのか楽しみでした。
しかし、最初の登板と大して変わらない立ち上がり。
じゃっかん前回よりコントロールがいいくらい。
この状態を、どこら辺で修正できるようになるのかが個人的な注目となりました。


初回の攻撃。
西川4球、賢介ヒットでランナー2人を置いて迎えた中田の打席。
カウント2-0から甘いスライダーを逆方向に叩く中田。
ボールは強風に乗ってスタンドイン。
本人も普通のライトフライと思っていたくらいだから、いいホームランではない。
けれど気分は良くなったと思うので、これをきっかけに楽に打ってくれればなぁというホームランでした。


さて大谷ですが、ず~っとフラフラしたピッチングが続きます。
しかも右バッターにインコースを要求しないので、しっかり踏み込まれてしまう。
これはもうそうなんですかね。
投げられないなら大問題だし、投げさせないなら意味がわからない。
アウトコースだけで抑えられる、リスクマネージメントだとか言うなら結果が出てないし。
今に始まったことじゃないけど、アウトコース頼りの配球は、その場しのぎでしかないと思うんだよなぁ。
ただ大谷にとってラッキーだったのは、ホークスの福田・本多・カニザレスが仕事をしなかった事。
この中の1人でも普通に仕事してたら試合はわからなかったでしょうね。

6回まで投げて、けっきょく大谷は修正できず。
内容的には前回より悪いピッチングとなりました。
もうそろそろ本気を出してほしいんだけれども・・・


8回表。
マーティンが登板するが、ピンチを作って失点し、途中降板。
ただ、コントロールがおぼつかなくて、自滅してというものではなく、ある程度低めには集まっていましたから、まぁまだ使える使えないは早いかなと思います。

マーティンの後を受けて登板したのは、なんと増井。
ここが監督の怖いとこなんですけど、増井が静岡出身というのもこの継投にあるはずなんですよ。
またドラマを演出するのかと思って見ていたら、増井がまったく増井らしくない。
まるでプレミア12の準決勝で、松井の後を受けて登板した時みたいな増井がそこに立っていました。
とうぜん抑えられるはずもなく、デッドボール出してワイルドピッチで同点という笑えるけど笑えない投球をやってました。
ドラマを思い描くのは勝手なんだけど、あんまりうまくいった事がないというのを自覚してほしいなぁ。


9回表。
嫌な空気の中、この試合の主役が登板します。
中継ぎ起用されている高梨。
流れを呼びこむとはまさにこの事というピッチングを見せてくれます。
力のある投球で三者凡退。
コースは甘いけど相手が意識しても打てないストレートと、そのストレートを意識してくれる事で生きる変化球。
見ている側にも落ち着きを与えてくれる投球でした。


9回裏。
ホークス森が回跨ぎの続投だったんですが、球が浮いてるなというのは感じてたんですよね。
調子が悪いのか、マウンドが合わないのかわかりませんが、これはチャンスあるなと思っていたら、谷口がヒットを打ってチャンスを広げると、中島が冷静に4球を選び、浮いた変化球を陽が逆方向に弾き返してサヨナラ。
劇的な幕切れとなりました。

ただこれ最後にボールを追ったライトは吉村なんですよね。
ビデオを見てみると、ジグザグに追いかけているんですよ。
あんな守備じゃ追いつくわけがない。
もし、もっといい野手が入っていたらあるいはというサヨナラヒットでした。
やはり守備は大事ですよ。


けっきょくドラマを作ったのは増井ではなく高梨。
やっぱ狙って作ってもダメなのよね。
何はともあれ初戦を取りました。
カード勝ち越しを早く見せてもらいたいので、頼むよメンドーサ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04