拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2016 ホーム開幕戦

 



夜中にブログを書こうとしたんですが、完全に寝落ちしました。
やっぱ勝利に浮かれてビールを飲んだのが効いたのかな。



160327_201603301228455f2.jpg



ホーム開幕戦。
マウンドを任されたのは吉川。
先頭バッターの吉田が動けないくらい、キレイなアウトコースのストレートで三振に仕留める好スタート。
気合入ってるなと感じさせるものでした。
そのあと小谷野・糸井と抑えて三者凡退。
すばらしい立ち上がりでした。

対する相手バファローズ先発は西。
先頭の陽が初球を簡単にショートゴロ。
しかし、ショートの中島が待って取ってゆるい送球で内野安打となりました。
このワンプレーから流れは一気にファイターズへ。

続く西川はセンター返し。
賢介はバントせず4球を選び、ノーアウト満塁。
中田は犠牲フライ。
最低限は最低限なんですが、相手のミスから広げたチャンスで得点するというのが大事なので、意外とこの得点は大きいんですよね。
しかもホーム開幕戦の初得点が中田でしょ。
これはいいスタートだなと思ってました。
そのあと近藤がヒットを打って、大谷が犠牲フライで2点目。
大量点とはいきませんでしたが、上々の立ち上がりだったと思います。

相手のミスからという攻撃でしたが、どうも今年は各チームで守備に目をつむって攻撃を優先しているのが気になるんですよね。
中島の場合はどうしようもなくというのはわかるんですけど、そこにその選手入れるの?とか、期待の選手なのはわかるけどとか。
まぁこちらにしたら流れを変えるチャンスが大きくなるのは歓迎ですけど、それでいいんですかねぇ。


試合に話を戻します。
2回も西を攻め立てて2得点。
吉川の好投もあって、流れは完全にファイターズでした。
西も鋭い球を投げていたんですけど、ここっていうとこで甘くなったりしていて普段の西ではなかったですね。


試合を決めたのは大谷の一撃。
甘めのインサイドとはいえ、逆方向のいちばん深いところに叩きこむのですから、大谷にはインコース突っ込んどけなんていう甘いリードは許されないと証明した一撃でした。
すごいです。


これで勝負は完全にファイターズ。
あとはゆったり見ようかななって思ってたら吉川がパカスカ打たれ始める。
8対0なんてスコアになってしまえばまず負ける事なんてないんですよ。
相手が何点か取ったところで点差があるんだから勝ちパターンの投手は突っ込めない。
そうなればいくら点を取っても投げるのはどうしたって能力が落ちる投手が投げますから、また相手に点を取られて点差が広がるというのが普通なんですよ。
だけどこの試合はホーム開幕戦であり、マリーンズとの3連戦で不安視された打撃で打ち勝つ試合なんですよね。
だからすごく良い形で終われるに越したことはないんです。
しかし、点差が吉川の緊張を切ったのか、長打を連続で食らって降板という情けない結果。
ある意味、吉川らしいとも言えるんですけどね。
いつまでたっても『左のエース』になりきれないのは、ここらへんの精神的弱さがあるからなんでしょう。
それまでが素晴らしいピッチングだっただけに、本当にもったいない降板でした。


鍵谷も投げましたが、これもなんとも言えない結果。
前回よりもストレートがベルトより上に集まっていたのでまだ良かったんですが、甘い球が多かったり4球を出したりと、どうも不安定。
かと思ったら、外国人2人相手に完ぺきな内容で打ち取るという、ほめて良いんだかなんだかよくわからない。
もう少し落ち着いてくれたらいいのに。


何はともあれホーム開幕戦を勝利で飾れました。
今日も勝って良い形でホークスと戦いたいですね。

しかしなんでバファローズはファイターズと相性が良いディクソンをぶつけてこなかったんですかね。
まぁこっちは助かりますけど。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10