拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

2016.03.10 vsライオンズ オープン戦

 



最近、打線で心配する事が多かったんですが、なんとか先の方に光が見えてきたような試合でした。



先発は吉川
左バッターである秋山のインコースに突っ込んだのを見た瞬間、思わずニヤけてしまいました。
いいですねぇ。ボールの力もあるし。
まぁ審判のストライクゾーンが広かったというのもあるけど、サイドにビタビタッと決まるボールは見ていて興奮するくらい。
今年は頼むよ。

2番手は高梨
前回の札幌ドームではコントロールも悪く、いい感じで来ていただけにちょっと心配になるものでした。
しかし、今回の高梨にはなんか自信みたいなものを感じましたね。
鎌ヶ谷だったからかなぁ。

吉川と同じようにストライクゾーンの広さが有利に働いたのですけど、アウトローにビシっと決まるストレートは見ていて気持ちが良かったほど。
特に相手バッターが変化球に空振る形が、完全にストレート待ちの空振りなんですよね。
変化球のキレが良くてというものじゃない。
という事は、それだけ高梨のストレートというものが相手バッターに強烈な印象を与えてるという事だと思うんですよね。
とにかく期待感が上がるピッチングでした。

3番手はマーティン
ボークにワイルドピッチ、マウンドでイライラといろいろ出た登板になりました。
いろいろ出たから良かったんじゃないですかね。

4番手は加藤
右バッターに対するインコースのコントロールがクッソすばらしい。
中継ぎで使うのかなぁ。

5番手は増井
増井っぽい投球。
安心できるわけでもないけど、不安になるわけでもない。



打者ではが良かった。
追い込まれてから唯一来た甘い球を逆方向に弾き返したり、アウトローの球を体勢崩しながら振りぬいてレフトオーバーなんていう肉体改造の成果を示してみたり。
確かに打撃でいうと石川慎吾が1歩も2歩もリードしているんですが、守備を見てみると圧倒的に岡がリードしています。
広い札幌ドームと足・肩を考えたら、ほぼ並んでいると言っていいんじゃないですかね。
ここからがレギュラー争奪戦でしょう。

近藤も、らしさが戻って来ました。
なんか噂では外野の練習もしているとか。
そうなると外野手争いはどうなるんだろうか。

中島はだんだん角度が良くなってきてる気がします。
叩きつける打球も出てきたし。
でもまだまだでしょうけど。



近藤、岡、横尾と、アピールする若手野手が出てきました。
こういった若手に続く選手が現れるのか期待したいと思います。


スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06