拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

ノーアウト満塁の三振

 
150928.jpg



レアード寿司大繁盛ですね。



しかしレアードがこんな感じになるなんて、オールスター前は考えもしなかったなぁ。
シーズン開幕当初はよく打ったんだけど、だんだん攻略されて打てなくなる助っ人はたくさんいますけど、だんだん打てるようになる助っ人はそういないですからね。
そういう意味では来シーズンも頼りになる助っ人ですね。


この試合の先発はマサル。
低めにもしっかり決まってたし悪くなかったんですけど、失投をスタンドに運ばれてしまいました。
例えば中村勝であればカーブがもう少しコントロール出来ればなぁとか、鍵谷であればストレートの威力が戻ればとか、斎藤佑樹であればフォークの精度が上がればとか、ここからさらに勝てる理想の形みたいなものが思い浮かぶんですけど、マサルのピッチングからはそれが感じられないんですよね。
だって悪くないピッチングなのに簡単に弾き返されて、スタンドまで軽々と運ばれてしまうんですもん。

ただこの日はストライクゾーンが狭い審判だったからというのも打たれた理由だと思います。
コントロールが命のマサルにはストライクゾーンの広さは大きく影響するので。
しかし逆に言えば、ストライクゾーンが広くないと通用しないとも言えるんですよ。
ちょっと心配なんですよねぇ。

マサルだってこの日のピッチングは悪くなかったと思ってるはずなんですよ。
それが4回投げて被安打7の2HRで3失点。
最近の引退ラッシュもあるので、もしかしたらと考えてしまいました。
個人的には大好きだし、マサルにもう一度輝いてほしい。
だけどマサルファンは今年とまでは言わなくても、来年くらいは覚悟を決めておいた方がいいかもなと思ってしまいました。
これが単なる杞憂に終わればいいなとは思っていますが。


この日の個人的に好きだった場面は、8回表。
ノーアウト満塁で中田が三振したシーンです。

2点を追う終盤の8回。
ノーアウトで4番中田に回ってきました。
ここで中田が考えるのは2つ。
一発でひっくり返す打撃を選択するのか、それともヒット性の当たりを狙って繋ぐ野球をするのか。
引きつけて逆方向に強く打ち返す打撃を選択すれば、間を抜けて同点か逆転まで狙えるし、最悪でも犠牲フライは狙えるかもしれない。

だけど、お互いが調整みたいなメンバーでやってて、勝敗すら意味のない試合なのに、ここで日本代表の4番を張ろうかっていうバッターが当てにいく消極的なバッティングを選択するようなら、結果を出したいというのが4番のプライドを抑えたって事でしょ。
もし当てにいくバッティングを選択するようなら、今年の中田はもうこのまま終わるなと思ってました。
それが初球にここ最近見なかったようなフルスイングですよ。
相手が森という事もあって、ストレート一本に絞れたというのも大きかったと思いますが、それを見てホッとしました。
結果は三振でしたが、三振した球はバツグンのところから落ちるフォークだったんでしょうがない。
それよりもスイングが全部レフトスタンドに向かっていたというのが嬉しかったんですよね。
三振でしたけど、よくやった!と思わず声が出てしまいました。
やはり中田の魅力の第一は豪快なスイングですからね。
見てても気持ちの入らない試合で、こういう選手のがんばりを見せられると、さらに応援したくなりますねぇ。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08