拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

有原を救ったプレー


150820.jpg



はい、カード3連勝です。
でも毎回言ってるようにどうでもいいです。
とにかく自分たちの試合をして勝つだけ。



1・2戦では、マリーンズのミスを逃さずに点にしてきたファイターズでしたが、この試合はこちらにミスが出て失点します。

初回、マリーンズはランナーを1塁に置いてエンドランでしたが清田が三振。
ランナーの角中も、送球を見る限り余裕のゲッツーと思われましたが判定はセーフ。
送球にミスはありませんでしたが、中島がキャッチする場所とタッチが甘く、角中に触れられなかったのが原因でした。
けっきょくその後にデスパイネがヒットを打って失点。
悔やまれるプレーとなってしまいました。

いつも思うのですが、何故かウチはグラブタッチが優しいんですよね。
衝撃でボールをこぼすのはいけませんが、上から下に叩き落とすくらい、相手をぶん殴るくらいの気持ちでいかないと。
そのタッチのゆるさでアウトのものもセーフになったのを何度か見ました。
逆に言えば、タッチが厳しければ、セーフのものも雰囲気でアウトと言ってくれる可能性があるわけですよ。
そういうのも考えてやらないと。
2回にも中島はタッチが甘くゲッツーに出来ませんでした。
せっかく他球団のファンにも名前が売れてきたわけですから、こういうのは無くしていかないとね。


先発の有原は、とにかく変化球が決まらず初回から苦しむピッチング。
相手打者は明らかにストレート狙いというのはわかっているのですが、変化球が入らないからカウントを悪くしてしょうがなくストレート勝負をし、結果的にいい当たりをされる。
捕まるのは時間の問題と思ってました。
しかし、3回にそのフラフラした有原が立ち直るきっかけとなるプレーが飛び出します。


3回の表に、ミスをした中島がそのミスを取り返すべくタイムリーを放ち同点とすると、続く賢介が同じようなタイムリーで逆転に成功。
2対1として3回の裏を迎えます。
しかし、得点をもらってもまだ有原はフラフラしている。
荻野に対して投げた7球目のストレートはド真ん中。
左中間まっぷたつと思われた打球は、西川がダイビングキャッチで好捕。
有原を助けます。
ダイビングといっても、しっかりキャッチできる状態になってから飛び込んだもので、ギャンブル的なダイビングではありません。
下半身に粘りのあるダイブでした。

助けられた有原ですが、まだパッとしない。
真ん中に入ったカーブをまたもや左中間の深いところに運ばれる。
西川が背走しながらまたもナイスキャッチ。
ピンチを西川に2度救ってもらいました。
この2つのプレーが大きかった。

次の4回表に陽の走者一掃ラッキーポテンヒットで5対1と突き放すと、その回から有原の変化球が決まりだしました。
ストレート狙いだったマリーンズ打線は変化球を低めに集める有原を打ちあぐねます。
結果的に9回に交代しますが、9回までいけたのが良かった。
4回から修正が出来ましたが、調子が悪くてもこれを2回途中で出来るようになれば安定してローテを任せられる投手になるでしょう。
まぁそれが難しいんですけどね。
でも有原の潜在能力なら出来ると思ってます。



いい野球が続いてます。
とにかくこれを続けていきましょう。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06