拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

なでしこジャパン 終わらない戦い




日本代表である「なでしこジャパン」が準優勝で終った。
結果的には大差だったけど、何が足りなくて何が通用するのかがわかった試合だったので、これはこれでいい気がする。


なでしこジャパンは大きな大会の決勝終了後にドラマがある。

前回大会のワールドカップでは追いついて追いついてPKで勝利を手にし、震災で元気が無かった日本に勇気を与えてくれた。
ただ、試合終了後、たくさんの日本人選手が喜びに湧く中、宮間だけは打ちひしがれているアメリカの選手に声をかけて回っていた。
それが非常に印象的で、震災で自分がつらい目にあっていても他人を思いやり、大きな暴動や略奪などは行わなかった日本人と重なって、世界から賞賛されました。


オリンピックの決勝ではまたもアメリカとの対戦となりましたが、今度は力負け。
ワールドカップでは試合終了後も冷静だった宮間が泣き崩れて起き上がれないというのが映しだされました。
澤から受け継いだキャプテンという重圧が大きかったのかもしれません。
しかし、表彰式では選手全員が手をつないで入場し、明るい笑顔でメダルを受け取るところが話題になりました。


そして今回。
試合終了後、ピッチに倒れこみ泣き崩れる選手は殆どいませんでした。
早いうちから大量失点していたので、気持ちの整理がある程度出来ていたというのもあると思います。
けれども見ていていちばん感じたのは、選手の中の悔しさが、ピッチに倒れこむのを許さなかったんじゃないかという事です。
みんないい顔してるんですよ。
喜ぶアメリカ選手を見ながらまだ戦ってる顔してるんです。
ベテランの選手は落ち込んでる選手を慰めていますが泣いていないし、若手の選手は試合を見つめてる目でセレモニーとか見てるんですよね。
終った顔してないんですよ。
すばらしい事ですよ。
ちょっとしびれたなぁ。



前回のワールドカップ。
下馬評ではアメリカ圧倒的有利と言われましたが、それを覆すプレーで勝利しました。
オリンピックでも同じように言われましたが、1点差の惜敗。
しかし、この2試合と、今日の試合が圧倒的に違うところは、選手のプライドです。

オリンピックの決勝で負けましたが、笑顔で表彰式に出られたのは「私達はがんばったよね」という充足感があったからでしょう。
ワールドカップ優勝と言っても、まだまだ私達はチャレンジャー。
こういう楽な気持ちがあったからこそ笑顔が出るわけです。
未来の女子サッカーというものを背負っていますが、それは背負ってるだけで重さは感じていないんですよね。
悪い言い方ですけど。

しかし今日の試合も同じようにアメリカ有利と言われましたが「誰がなんと言おうと私達は日本代表だ」というプライドが今までとまったく違ったんだと思います。
それはこの試合にかぎらず、トーナメントの試合終わりでも、ただただ喜ぶだけではなく、選手同士ピッチ上でその日の試合の問題点を確認しあうという光景が何度も見られた事で伺えます。
私達はこんな試合をしに来たんじゃないんだ。
もっと良いサッカーが出来るはずだ。
自分たちのレベルを把握しているからこそ反省するわけです。
それがこの試合では序盤からパニクってしまい、自分たちがやりたいサッカーが出来なかった。
こんなはずじゃない。これは私達のサッカーじゃない。
そう思いながらプレーしていたのでしょう。
前半途中ぐらいからパスが通り始め、やっと日本のサッカーが出来るようになった事も大きかった。
なぜこのサッカーが最初から出来なかったのか。
たぶんその思いは選手全員が思ったでしょう。
けっきょく試合は終了。
やりたいサッカーがなかなか出来なかった自分に対する怒りと悔しさが「こんなところで寝転がって泣いてられるか」という事になったんだと思います。


オリンピックの笑顔の表彰式から笑顔のない表彰式へ。
それだけ選手は成長して自信もつけたんだなって感じました。


たぶんまだ選手たちは戦ってるんだと思います。
そしてこれはアメリカを圧倒するまで続くのでしょう。
強くなりますよ、女子サッカーは。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10