拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

意図が伝わらない


150705.jpg


意図がわからない。



チャンスを逃し続ける試合は今日に始まったわけじゃないからしょうがない。
だけど相手にチャンスを与えるのは論外だ。

この試合で相手にチャンスを与えたのは大野だった。
4回にディレードを見ぬいたまでは良かったが、悪送球で走者にぶつけて同点にしてしまうミス。
送球でミスするのなら、打てない大野より打てる近藤の方がいいに決まってる。
投げたところで間に合うかどうかのタイミングだし、3走を刺しにいってミスするというのは、即失点に繋がるミスなので、投げたいのであればとにかく慎重に投げなければいけない場面。
何を焦ったのかしらないけど、こういうミスはバカくさい。

そして何と言っても9回だ。
先頭のサンチェスに対しては、絶対に初球気を付けなければならないのに、鍵谷に簡単にストレートを放らせてヒットを打たれたところからおかしくなる。
バントしにきたバッターにストレートの4球出したり、2ストライクを簡単に取った聖澤に対して3球勝負を挑むような意味の分からない焦った勝負をしていて、鍵谷と同じように大野がパニクってるように見えました。

そしてサヨナラの場面。
相手はスクイズ失敗で浮き足立っているバッター。
1塁は空いており、次のバッターは打率の低い森山。
精神的優位に立っているのはコチラであり、何も焦る必用はないのに、このバッターが歩くとそれこそ負けるとでも言いたいようなストレートのゴリ押し。
鍵谷が自信のある球だというのはわかっているけど、その全力の球で空振りが取れず、ほぼファールにされていた。
落とせば空振るのは明白なバッターに対し、押しきれないストレートで勝負するバッテリー。
何をしたいのかがまったく見えない状態で迎えた8球目。
ストレートしかないというスイングをされてサヨナラ負けになるわけですが、この強引な勝負の先にバッテリーが何を見ていたのかがまったくわからない。
久々に首を傾げる負けでした。


ちょっと前に大野は良いと書いたばかりなのに。
なんか雑な仕事だったなぁ、今日は。

スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10