拝啓ファイターズ様へ

ファイターズを中心に、他のスポーツや身の回りのことなど書いていこうというブログです。

 

エゴイスティック


150620.jpg



マサルのコントロールが悪ければこんな感じ。


初回にマサルがコントロールしきれていない時点で負けは覚悟しました。
コーナーに投げ分けれてこそマサル。
それが浮いてコントロールがつかないのでは、大野がリードしようが近藤がリードしようがいっしょ。
だから早い段階であきらめが出来た分、楽に試合が見られました。


ただ、勝敗が気にならなくなったとはいえ、良いとことか悪いとことかは気になりましたので、いくつか。

まず岡ですが、岡が三振する場面というのはほぼ毎回同じ感じで三振してる気がします。
それは球種がどうこうではなく、三振があっさりしすぎてるという事なんです。
大事な場面であろうが、大量得点でリードしててもビハインドでも同じ三振。
投手と駆け引きしてる感じがまったくない。
打ちにいったけど当たりませんでしたという感じだけが伝わってくる。
しょうじき7番とか8番バッターの感じ。
クリーンアップとか6番とかいう勝負強さが求められる打順に入るバッティングをしていない。
もう少し考えるバッティングをしないと、安定した成績が残せないんじゃないかなぁ。


浅間の守備は見守るしかないでしょう。
初回に今宮の打球をダイビングして取れませんでしたが、たぶん杉谷とか谷口、岡なら取っていたでしょう。
まだ打球判断が出来ておらず、この当たりも膨らみながら取りに行っていたので追いつけませんでした。
高校野球で経験してきた打球の速さや飛距離が、プロではまったく違う事に戸惑っているのかなと思います。
こればっかりはもう経験なんで、バッティングと同じように、早く守備もプロ仕様になるのを待つしかないですね。


白村が4回からロングリリーフしました。
結果は2回2/3を投げて2失点だったんですけど、内容が良かったんですよねぇ。
内容が良いといっても、コントロールが良かったとか、相手を計算通りに打ちとったとかいう技術的なものではなく、向かっていく姿勢、気迫というのが良かったんですよ。

4回に柳田に高めのストレートをホームランされるんですが、しょうじき柳田をかわして打ち取れる球が無いからストレート勝負なんですけど、これも気持ちが出てて良かったんですよねぇ。
柳田クラスを打ち取るのは大変なんですよ。
だからといって逃げまわっていたんじゃ成長は無い。
特に白村みたいなタイプは相手に向かっていってこそです。
結果はインハイを狙ったボールが真ん中高めにいって打たれましたけど、あれがもう少し高いか、インコース寄りなら打ちとっていたでしょう。
力勝負をしないと、いつまでたったって成長なんて出来ませんから。

ただ、こういう失敗が選手を萎縮させる場合があるんですが、白村は違いましたね。
ここから内川、イ・デホと連続三振ですよ。
しかも怒ったような顔して投げてましたからね。
いいじゃないですか、こういう光景って。

そして6回の柳田との再戦。
4球目にインハイを投げるんですが、さっき打たれてるのもあるから白村も力んで柳田の顔面付近に飛んでいきました。
これにのけぞった柳田の顔が「この野郎・・・」に変わったのがわかったから、もうワクワクしちゃって。
点差もあるし、柳田はもう一発ぶち込んでやるというオーラが出まくりだし、白村も今度はねじ伏せてやるってオーラが出まくってました。
大野もちゃんとわかってて、ここからストレートしかサインを出していません。
フルカウントからの6球目、アウトコース真中付近に渾身のストレートを投げる白村。
それをフルスイングする柳田。
空振り三振。
4回に続き、すばらしい勝負でした。

試合とか、点差とか関係なく、この瞬間は白村vs柳田だけが行われてる感じがスゴい良かった。
江川vs掛布みたいな。
伊良部vs清原みたいな。
そんなワクワクする勝負がここ最近では「チームプレー」という言葉に追いやられてしまっている気がします。
こいつだけは力でねじ伏せたい。
そういうのが伝わってくる対戦が本当に少ない。
それが無いからダルは海を渡っていったわけです。
こういうのがあったっていいじゃないですか。
スポーツマンシップ? そんな「おためごかし」みたいなのはもうお腹いっぱい。
エゴが出てる勝負をもっと見たい!
そう思わせてくれる対戦でしたねぇ。



この試合でテラステラスと言う人が多いんですけど、ホークスというのは過去と違ってホームランバッターよりも中距離ヒッターが多く、球場の広さもあってホームランが少ないチームだったんですよ。
それを球場持ってる孫さんが改修してホームラン出やすい球場にしたわけでしょ。
これはいわば企業努力みたいなもんじゃないですか。
だからそれに対して怒る気なんてさらさら無いし、そういう事をトップダウンでドーンとやれるのはスゴいなと思います。
逆にウチは球場の広さがあったから、守備を重視する事で勝ててきたわけで、企業努力という点では変わらないと思うんですよね。


札幌ドームは三セクなんでそんな簡単に改修なんて出来ませんが、狭くするという案が出たら大反対しますけどね。
守備重視は崩してほしくないので。



スポンサーサイト

Comments

Body
プロフィール

コンサどん

Author:コンサどん
スポーツが大好きな44歳(旭川・男)
おっさんの仲間入りを果たし、ちょっとうれしく思う道民です。

FC2カウンター
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08